2019年06月13日

菅野釣行

今日は久々?の菅野です。

この間の雨でとても景気の良い話を聞いていたので、ずっと行きたかったんですが・・・このタイミングになってしまいました。

ボートを出してみるとまだ濁りあり。これは巻きで決めるぜ!って意気込んで最上流まで行ったんですが・・・・無!最上流にはゴン太の50UPは居ましたが、数はそう居らず。。。

何より巻きにチェイスすらなし。。。でも、ベイトはたくさんだし。こういう時は、なかなかエリアを見切れないですね。

でも、本当に何も起こらないので、中流域へ。

途中、50後半がテキサスのピックアップで追ってきたものの厳しい。

さらに下がるとちょっと水が変わってきました。

さっきのピックアップフィッシュをヒントにスポットを選定して、「やっぱり、おったなぁ!」の魚がこれ。

S__3596307.jpg


得意のエスケープツインのテキサスです。

このパターンありだなと思ってやってみるけど、次が続かない。。。

覚えようとしたジグストをやってみたら、ばっちりバスの口から飛び出てくるし(笑)でも、食うんだな、あれ。ちゃんと覚えたいメソッドですね。


残りの時間は巻きで決めようと思い、水だけを意識してランガンするとやっと、やっと釣れました。

S__17383485.jpg


チャターも、フラチャットでトレーラーをローテしたけど、反応がないのでレディバランスに変更。レディバランスの時は、フックサイズが欲しいので、フラチャットの手曲げバージョンか、フックサイズの大きいジャックハンマーを使っています。今回はジャックハンマーでした。

やっとSLXでまともな魚をキャッチ出来ました。いと嬉し。


それから、エビ食いバスをクランキンで狙い撃ち。

S__17383484.jpg


これは本当に嬉しかったなぁ。イメージと実際が合致した瞬間ですね。

クランクは、DUELのハードコアクランク2+。ブラックバックチャートも良い色です。

久しぶりにHB680Lでキャッチしましたが、これまたいい曲がりで気持ちよいの一言でした。



途中、ブログを見てますよ!という方とお話が出来ました。嬉しい事です。さぼらずに書こうと思いました(笑)ネタを作るもの大変なんですが、何より卓球が忙しいという事もあり(爆)
これからもよろしくお願いします。

で、残りの時間は、午前週にやられた最上流へ。思いっきり巻きまくって、討たれてきました。。。
いや、あの水はない!!自分には無理っす。。。

ということで、今日は3フィッシュでした。簡単じゃないじゃないか!!

バズでドッカーン、ドカーンってしたいです!!!

では!

posted by D.Tanaka at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2019年06月06日

NORIES アパレル

NORIESの今年の夏アパレルが発表になりました。

t_shirt_15.jpg


なかなか特徴的でイカした(死語)のデザインです。

>2019年ノリーズアパレルの新作「ノリーズTシャツ15」登場!
フロントに“サギ”を大胆にデザイン。コットン100%素材のTシャツに NORIES×TechStardのダブルネーム。
カラーはホワイト・ネイビー・グレーの3色。



ということです。

田辺さんの大好きなサギを大胆にデザインしたTシャツです。こんなTシャツはなかなかないですよ!

logo.jpg


なぜサギなのか。

それはHPにもありますが、

>>ノリーズTシャツの2019年モデルは、NORIES×TechStardのダブルネーム。
バスフィッシングにおいて非常に重要なベイトフィッシュの居場所を教えてくれるスペシャルサポーターである“サギ”を大胆に2羽配置したフロントデザイン。ショルダーとバックにはダブルネームロゴがさりげなく主張します。コットン100%の定番素材で、使うシーンを選ばずに着用できます。

サギはバサーにとってのスペシャルサポーターなんですよ!!
なかなかグッとくる言い回し。こういうのすっごい好きです。

今度からサギを見つけたら、応援してもらっているつもりで頑張りたいと思います!

では!

posted by D.Tanaka at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | NORIES

2019年06月05日

忙しい。

しかし、時間がない。やりたいことが多すぎて困るわ。

釣りも卓球もみーんな本気だから困る。

釣りの方は、PBTが減水の為に延期になった。TOP50も延期だそうで、今年は水不足が深刻になりそうですね。。。

あとはGFFOの準備もしないと。。。あ、受付は2か月前からですよ。またアナウンスしますね。

卓球も、試合組んでるし、今度こそ満足な結果になるといいなぁ。

この間買ったSLXはすこぶるいい感じだけど、やっぱり自分色にしたくなったんでちょっといじりたい。

73E3A9E4-2608-4036-870B-D01E3E39D3AC.jpeg


こんな感じで。


あとは。。。

06140BC6-B625-4E2E-86DF-8886D8DAA46A.jpeg


これを・・・SLXじゃないですけど、導入してみます。素材の差を感じられるのか!?

やりたいことが多すぎて困ります。。。
posted by D.Tanaka at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年06月04日

ちょろっと川上釣行

昨日の事ですが、夜勤明けに川上に行ってみました。

時間もあまりないので少ないタックルで決め打ちの釣り。

ここはやっぱりFGダディーでしょ!
ということで、風の当たるバンクを狙うと、幸先良いグッドフィッシュが食ってくれました。

43C5E5AD-EB5A-42CA-80F3-9F6323655478.jpeg


最初は沖のブレイクを狙っていたんですが、不発なのでバンクにシフトすると比較的簡単に食ってきました。
ロッドはLTT680H。ジグは最近のお気に入りのハイパーフットボールです。

ということで、今度はチャターへ。お気に入りのSLXを今日はHB660Mにセットしてトライです。

ちなみにディーパーレンジ1/2ozに凄く良いです。32mmスプールは、キャスト時にクルクル回ることが少なくなりますよ。あとは巻きのリズム感だけ合えば良いんですが、これは釣れてくれないと分からないです。
釣れるリズムを大事にしたい人なので、このセッティングで釣れるリズムを見つけたいんですよね。

しかし、チャターは不発。水がクリアなので日が高くなるときついのかもしれないです。という事で、再びジグへ。

10AF6023-3AE3-4080-9CE0-93A2D08EDDB1.jpeg


今度は50UPが食ってくれました。

2615592C-E764-4E38-BB02-BE9B315B5B12.jpeg


ボトムで食いましたが、バイトも十分です。もう少し早い時間ならチャターでもいけたのかな?SLXで釣りたいからちょっと悔しいw

それから大きくエリアを見てみるも、巻いて釣れるような魚のポジションがありません。

仕方なく、フォールの魚を探してみると・・・

9F1530B5-E1B5-441E-9065-D26357C3318F.jpeg


グッドサイズが食ってくれました。

エスケープスイムツインです。これを1/2ozのテキサスで使っています。かなりアンバランスに見えますが、フットボールヘッドだと思えばそうでもないです。釣り人側のイメージと、バスが食うものは関係ないですから。固定観念にとらわれないようにするのを最近は心がけています。
ロッドはLTT620PMH。しかしこのロッドは万能ロッドですね。最近のお気に入りです。

7788A386-F399-4ECC-9B35-36036F491A30.jpeg


ちょっとわかりにくいけど、今どきではちょっとない大きなガイド。これも意味あってのセッティングですから。

それから巻きまくってみるも、反応ないので、LTT620PMHにSLXを付け替えて無理やりテキサスで釣る作戦に!

するとココっと小気味良いバイト。そして、ススっとラインが走ります。

ロングロッドではないし、ギアもノーマルなので、しっかりと巻き取ってからのフッキング!

決まった!!!

ググ・・グイグイ・・グルングルン・・・???

AA2D716B-4590-4A25-A0EA-FD55656B5FDC.jpeg


ナマーズでしたw

落ちがついたので、これで納竿しました。

SLXは生見川で小さいのを釣りましたが、グッドサイズの入魂が出来ません。

悔しいのでちょっといじってみますw

では!
posted by D.Tanaka at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2019年05月29日

今回のヒットルアー!

今回のヒットルアーのコーナーです(んなもんはない。)

今回、生見川ダム釣行でのベストフィッシュは、こちらでした。

4ECB83B3-4046-4B9C-8826-A3AD8BE484E0.jpeg


推定で50(目測)、ウエイトは、計ったけど忘れた(笑)という魚です。すいません。大会以外では数値にあまり興味が無くて、すぐに忘れてしまうんですよ。。。(歳のせいではない)

で、この魚をキャッチしたのがこちら。

AF503FE9-D0CE-4B36-A10F-2A62166F470F.jpeg


あれ?NORIESのジグじゃないと思った方!正解です。

DEPSのスーパーヘッドロックジグです。たぶん。。。

これは、FGダディーが使いたいという事が先にあって、それに合ったフックサイズのジグが欲しいと思い、近くのお店を数点はしごして見つけた唯一のジグなんです。(つまり、品揃えの悪い街で、もっと頑張れと言っています。)

パッケージもすぐに破棄したので、恐らくハイパーフットボールジグだと思うんですが、選ぶも何もこれしか大きめのフックのジグが無かったんですから。しかも、ラストの1個(いや、マジで品揃え・・・)

カラーのチョイスは、トレーラーに合わせて・・・じゃない!これしか無かったんだって!!!(品・・・)

偶然にも、児玉くんの残していった(笑)FGダディーがウォーターメロンだったので、ベストマッチになりました。そして、あの魚。うん、丸く収まればそれでいいです。流石ですよ、釣れるルアーだけを売るプロ意識!(嫌みマックス)

でも、実はこのフック苦手だったんですよ。フックポイントです。正面からみて、逆Tの時になっているやつです。真円の方が好きなんですが、このフックはしっかり刺さってました。もう少し使ってみて、問題なければ1群入りさせてあげようと思います。(つか、ガンターフットに3/0、4/0があればなぁ。。。)

使い方ですが、基本はスイミングです。スイミングというと横の動きだと思う人が多いと思いますが、フォールであっても、このスカートボリュームとトレーラーのスライドがあると、若干手前にカーブします。カーブフォール?カーブスイミング?まあ、どっちでもいいんです。魚に興味を持たせる動きになっていれば釣れるんですから。こんな感じで、岩盤のちょい沖に浮いているバスをキャッチしたわけです。

これからの時期にお勧めのセレクトなので、是非使ってみてください。

あ、今回のタックルはこちら。

6CCEC2A8-F7A3-422D-A560-B96DC38D8902.jpeg


ロッドは、LTT620PMH、リールはクロナークのノーマル、ラインはTB CARBON 14lb。

はい、ジグ用ではないです。どちらかというと、私のチャターセッティングです。

でも、中層で泳がせて釣るんですから、ジグ用である必要はないです。(ところで、ジグ用って何を基準?)

今回の釣行のようにロッドの本数が限られるときには、とても重宝する1本です。ちなみに最初はPE付けてフロッグ投げてました。で、朝一にこれぞという場所でフロッグに反応が無かったので、リールごと変えて使いました。実は、こうやってリール変えている人多いんですよ。もちろん、プロらしく同じロッドを数本持ち込めばいいんですが・・・リール変えた方が準備も楽でいくないですか?(生粋の面倒くさがりです)

ということで、良さそうなジグと、間違いのないトレーラーの話でした。
posted by D.Tanaka at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?

2019年05月27日

初生見川ダム

昨日は、初フィールドの生見川ダムに行ってきました。

このダム自体の存在は知っていましたが、弥栄の近くというくらいしか認識が無く、記憶の片隅にあるくらいでした。

数日前に田辺さんから電話があり「Basserで行ったんだけど、お前も自分の目で見てみろよ!」(1時間くらい話をしたんですが、要約するとこの一言です)と。

まずは行動という事で、電話でアクセスしてレンタルをすることにしました。

レンタルボートはこちらです。

TRCP RENTAL BOAT https://www.revive-corporation.com/

電話にて予約し、初回は事務所にて説明&登録です。2回目以降は現地集合で良いとのことでした。

今回お借りしたのは、クイントレックス10FTパント(だったと思います。)
久々の10ftパントという事で、結構苦戦しましたw
でも、魚探とラダーを持ち込んでいたので、結構快適でしたよ。魚探は、釣りのスタイル次第です。無くてもいいって言う人も多いのではないかというくらいのフィールドでした。ちなみに自分は魚探とサングラスはないと、水を被ったアンパンマンくらいの力しか出ないので、無理をしても持ち込みます。
あとは、ラダー。これは必須だと思います。

ラダーが良くわからないという人は、こちらをみてください。

KAKEDZUKAさんとこのHPです。 http://kakedzuka.com/topics/rental-boat-rudder/

私は自分の14ftのアルミにも付けています。これがないとカビの生えたショクパンマンくらいの力になってしまいます。


現地スロープに着いてから簡単な説明を受けて、いざボートへ・・・・・・長い!!!w

今は大減水しているので、このスロープが結構あります。バッテリーや大きなタックルケースなどは、運搬車で運んでいただけるので大丈夫ですが、それでも道具は少ない方がベストです。

今回は二人での釣行でしたが、前もって“ロッドは4本、ケースは1個!”と決めてました。まあ、ケースは小さなものを入れて2個くらいになっていたし、食事の袋なども入れると結局それなりの荷物になってしまいましたが。。。

さて、釣果の方は・・・たぶん二ケタは釣れました。

4ECB83B3-4046-4B9C-8826-A3AD8BE484E0.jpeg


これはFGダディの50UP!(って、相変わらずメジャー持ってないんで目測w)
やっぱり、FGダディは釣れますぜ!

あとは、エスケープツインのテキサスやら、チビツインのキャロやら。

C6E57428-8ECA-4950-AD53-2E5D18462904.jpeg


5C488820-D8CE-461E-8A74-19CB266AE657.jpeg


9DA60DFE-5739-47B6-9C1D-C32A8E597CAA.jpeg


アングルも似すぎて、どれがどの写真なのかわからなくなりましたw

他にはレイダウンミノー110JPとハードコアクランク2+でも小さい奴でしたがキャッチしてます。

一緒に行ったパートナーも4〜5匹グッドサイズをキャッチしていました。

もう少しシーズンが進めば、ハードベイトで釣りやすくなると思います。今回は濁りも風もあったんですが、
ふわっとワーム系の方が良かったです。

あと、今は減水でシャローがありますが、満水だと結構バンク角度はきついところが多いように感じました。

7時〜16時までたっぷり遊んで、またあのスロープを帰ったら膝ががくがくになりましたよw

という事で、新しいフィールドに行くといろんなことが学べて楽しいかったという話です。

では!
posted by D.Tanaka at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のフィールド

2019年05月25日

明日は新たな場所へ

明日は人生初の釣り場へ。

A7FFC6C5-7F16-4408-A134-163E9410EF12.jpeg


小さなボートでの釣りになるので、タックルは絞って4つ!

〇HB640MLには、おNEWのSLX MGL。ラインはフロロ(TB CARBON 14lb)
〇HB680Mには、13メタニウム。ラインはカーボナイロン(QUICKSHOT CN 16lb)
〇LTT680Hには、メタニウムMGL。ラインはフロロ(T-7 18lb)
〇LTT620PMHには、カシータスMGL。ラインはPE(HARDCORE SUPER8 2.5号)

というセレクトです。

2947D518-DB57-490B-AA98-64DAFBE6E00E.jpeg


なんだかんだでカシータスMGL好きなんですよね(笑)

もうちょっとガッチリしてくれればいいんですが。。。
SLX MGLに34mmスプールがあれば・・・いや、スコーピオンMGLが70サイズだったら・・・あ、メタニウムMGLでいいのか。。。

でも、セッティングは本当にいろいろあります。それを探っている時も楽しい時なんですね。
posted by D.Tanaka at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年05月24日

SLXのインプレ

SLXって書いているけど、正式名称はSLX MGLみたい。言いにくいったらありゃしない

C94CB959-43B6-461B-8DB4-6BA31BF6CF53.jpeg


ロードランナーと合わせてみたらこんな感じです。いいですね。

この機種のライバルと言えば、カシータスMGLになると思うんですが、一番の違いはスプール径。カシータスMGLが34mmに対して、SLX MGLは32mmです。他機種でいうと、アルデバランは32mmで、メタニウムは34mmです。つまりキャストに対してのフィーリングはアルデバランのイメージでほぼ(スゲー曖昧だw)良いと思います。

現行のアルデバランMGLを使ったことがないので、比較はできませんが、自分が持っていた2代前くらいのアルデバランよりは良いと思います(当たり前か)

結局は、ブレーキシステムの向上とかいろんなことが作用してくるので、単純比較は出来ないのですが、ラインがオーバーランして膨らむようなことも少なかったです。

あとブレーキは、とても調整しやすく思いました。逆風でスピナベを投げているときに、0.2刻みで外部ブレーキを調整すると、全く糸が膨らまないキャストまで持ってけます。そして、飛距離もあまり落ちてません。
メカニカルで調整すると、飛距離も落ちますが、なにより巻き感が変わってしまうのであまり好きではなかったんですが、SLXは、いまのところ外部だけでいけそうな感じです。

飛距離に関しては、ボートフィッシングを想定しているので満足です。細いラインで大遠投するなんてことは、100%ないので、実用レベルにあるのかという事だけをいろいろしてみましたが、とても良い感じでした。

A3A1D61D-64AA-494C-89FD-6B20B17B006F.jpeg


クラッチの切れ具合もよいです。もちろん、サムレバーはプスチックで、ゴムの滑り止めもないですが、滑って使い物にならないなんてことはないので、見た目の問題だと思います。値段相当です。

シンプルな色味でありながら、ところどころにカラーパーツが使われていて、印象はよいです。

2170DF53-FF8C-4578-9F82-1619A918AD0C.jpeg


個人的にハンドル長が好きではないので、いずれロングハンドルに変えると思います。

と、今のところ褒め捲っていますが、ここからはダメな点。

まず、メインギア。これはマイクロモジュールではないので仕方ない部分。いや、10年前なら絶対に気にしない程度です。ただ、今のリールがとても良くなっているのでどうしても比べたら・・・という話です。
例えば車の静寂性などという話も、10年前とは比べ物にならないと思います。あとは、乗る人の感度もありますよね。そんな感じです。

カシータスの時は、グイングインというメインギアのゴリ感、シャリ感ではない、ドライブ感(すごく良い言い方)がとても強く感じられたんですが、これはそこまでなくスムーズです。

ただ、リグの回収とか、とても早く大きな負荷を掛けた時は、少し感じます。リールのとても細かいところまで調整出来る人は、もしかしたら生まれ変わらせることが出来るかもしれないです。とにかく、最低でもいまのフィーリングはキープしてほしいというところ。カシータスがプラボディーだったのに対して、こいつはHAGANE。なので、ボディーが歪むことも少ないと思われ、期待したいと思います。

次にベアリング。カシータスはS AーRBが2個入ってたの対して、こちらはゼロ。個人的にシマノのベアリングは悪くないと思っている人なので、純正でS A-RBが無いのは残念。でも、「どーせ交換するでしょ!」という人は、こういう部分で余分なお金を掛けてないのは良いと思います。いずれにしてもベアリングは消耗品なので、ある程度したら交換ですね。その時に、どんなものを組むのかを考えるのも楽しみですね。

そのほかのベアリングの位置は、本当に最低限といところ。簡単に足せるのはハンドルノブ内ですね。これで4個プラス。そして、ウォームシャフト。まだばらしてないけど、パーツ表を見る限り足せると思います。でも、カシータスの時に思ったのは、私の感度ではここをベアリングにしても大差ないという感じでした。まあ、自己満足的に交換するかもしれないですが、注油などの手間を考えれば、プラカラーという選択も悪くないと思います。ということで、簡単に5つのベアリングが足せます。

そして、一番重要な価格ですが、定価21000円ということで、15000円前後が実売価格帯の様です。
カシータスの時も感じたんですが、この価格帯のリールをあまり置いてない気がします。もしかしたらシマノから何かの指令がでているのかもしれないですし、お店としても利益率の低いリールを置きたくないのかもしれないです。なので、お店にない時は、注文する方が良いと思います。

細かいところで比較すると、このリールにすべて入れかえることは無いですが、今メタニウムでやっている釣りの何個かはこれで出来ると思います。あとは、あまり出番の多くない釣りのためのサブリールとか、故障の際の効果用にもっておいて損はないと思います。
個人的には、12lbあたりのラインを巻いて、10g以下ルアーを投げる釣りかなと。あとはワーム全般はいける気がしました。ジャークベイトのようなキャスト時にバランスを崩しやすいルアーもありだと思います。
一方、スピナベなどやや重さのあるルアーは、細かい調整をすれば大丈夫です。ルアーとスプール回転が同調すれば、きれいに飛びます。スプール径が小さいので、無理やり引っ張られている(スプールが)感じもしたので、重たいものを投げるときは、外部ブレーキで良いので少し触ってあげると良いと思います。

最後にパーム感。

9B464C3D-A85D-4536-A5CC-BAF4464B0DA0.jpeg


私の手の大きさが分からないので、これでどうなんだという話ですが、とてもコンパクトです。それでいて190gというのはとても嬉しい。バンタムの時も感じたのですが、これくらいのウエイトでコンパクトになるととてもキャストが決まる感じがします。

ということで、まずは一個買ってみろ!というリールです。

もし、買って納得がいかなかったら?その時は、遠慮なく私が頂きますので、「プレゼントします。」とのメッセージを付けて、元払いで送ってくださいね!(笑)

参考になれば幸いです。では!
posted by D.Tanaka at 07:05| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?

2019年05月23日

買い物

今日はいろいろ忙しい日でした。でも、キャストのNくんから「SLX入荷しました!」との連絡を受け、居てもたってもいられなくなり、仕事の合間に買いに行きましたw

FC2400D7-E03F-4408-9145-2EFBBD875E2B.jpeg


ジャン!

なかなかかっこよいです。

で、インプレですが、夕方に投げに行ってみました。
詳しくは後日。

端的に言いますと、買いです。ただ、値段相応です。

メタニウムやバンタムを越えることは無いと思います。トータルとしては。

それでも、このリールだからという部分もありそうです。


で、キャストに行くといろいろ見たくなるものです。手にしたくなります。となると買ってしまいますねw

B0CFDBE6-FD50-47EE-9FD2-25ACF8CEA11B.jpeg


スライダーワームとスラッゴーです。

別に懐かしさから買っているわけではないです。釣れるから買うんです。

もちろん、NORIESのワームたちで十分と言えば十分です。自分の釣りは成立します。

でも、ちょっとした閃きを大事にしたいと思うので、今年はいろいろと使っていこうと思います。

スラッゴーは、40代のバサーにはお馴染みと言っていいと思います。当時は似たようなワームが沢山あったように思います。実際どれでも釣れてましたしw

そして、スライダーワーム。

特にこのカラー!

4A2C4F36-D73F-40B0-952B-E77598AEDE34.jpeg


結構ヤバめですね。ただ、もう少し早い時期に欲しかった。。。

なかなか見ないカラーですが、どこかで活躍してくれると信じて投げてみたいと思います。

では!
posted by D.Tanaka at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?

2019年05月21日

最近のジャークベイト事情

ここ最近のジャークベイトの考え方です。もちろん、田中大介的なものでありバスフィッシングの普遍的なものではないです。

以前はジャークベイトロッドは何か?みたいな感じで考えていました。言うならHB560Lがそれ。でも、今は、HB630Lの時もあるし、HB640MLの時もあるし、はたまたHB630LLの時、LTT620PMHの時もあります。

S__3317851.jpg


これはHB640MLの時ですね。


そして、ラインもフロロ(メインはTB CARBON BASS)で12lbから16lb、ナイロン系(QUICKSHOT CN)では、14lb〜20lbを使い分けてます。

結局のところ、使うルアーで変えているというのがホントです。

具体的に例を挙げると、HB630LLにフロロ12lb。これはワンテンR+シリーズで使っています。
HB640MLにフロロ12〜14というのがベーシックですが、12lbはFLAT110SP〜95SPで使うことが多いです。14lbだとレイダウンミノー110JPとか。この差は何かというと、ルアーの抵抗です。

抵抗が少なく、すぐにスライドしていくようなルアーは細めでもOK。というかその方が使いやすいです。
で、ググ〜っと水を噛んで攪拌させるようなジャークベイトは、ちょっと太めが良いです。

あと、首をグインと振るタイプも、あまり細いラインは使いにくいです。ターンした時にラインを拾ってしまうので。ちょっと柔らかめのロッドに、あえて太いラインで首ふりを抑えて悶えるようなアクションにすることもあります。

結局、どのアクションが一番釣れるのか?という事になると、それは、その時々で違うとしか言いようがないです。つまり、バスに聞けと。

もしジャークベイトをメインとして組むなら、ロッドもセッティングも、一つでは無理です。でも、ジャークが良い時は、少々違ったアクションでも、それなりに答えが返ってくるもんです。

あと、リズムが大事な釣りなので、一番大事なのはトラブルがない事です。なので、ナイロン系の太いラインは飛距離も出来にくいですが、トラブルも少なくお勧めのセッティングの一つです。

まずはいろいろやってみるのは大事です。

なんて書きながら最近、はめてないなぁと思いました。

もう少ししたらフローティングが効くようになりますね。楽しみです!

では!
posted by D.Tanaka at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?