2020年01月20日

今年3回目の阿武川釣行

さてさて三回目。
今日はlessonという事で、ウインターバスの攻略を。

ウインターと言っても水温が12℃を越える異常な状態。でも、水温が高くても魚は冬の動きになるので、それを追いかけていかなければいけません。

冬だからディープというわけではなく、状況によってはシャローもあり。むしろ、冬のシャローはハマれば強力なパターンになりうるのです。

大きな岬を簡単にチェックしてから、その横のポケットにテキサスを入れると微かなバイト。送り込んで魚だと確信してからフッキングしましたが、木化けしてしまいました。でも、早々に反応があったのは良い傾向。

次のポケットのカバーに入れると、明確なバイト。

BD3E7D21-0BEF-4A1E-B6C3-80F2181976AC.jpeg


ファーストフィッシュは40を欠けるサイズでした。
STN6100MHの入魂フィッシュ。嬉しいですね。

それから、シャローカバーを中心に回って行きますが反応が途絶えました。

カバーのちょい沖で、まあまあの魚。

40F3F709-700D-4F1E-8A10-6B0CDDE1A31F.jpeg


これは7mくらい。魚のポジションがまばらで難しいです。

それから、シャロー際の立ち木で1匹。これも40ちょい。

年始に良かったエリアに行くも反応は薄く。。。14mで食わせましたがすっぽ抜けました。バイトが浅いようです。

ガレ場での反応が無くなったので、インサイド側のなだらかなバンクへ。

759A8FE3-95A5-46CC-83E9-0CC27E8D0F83.jpeg


多分、今日一の魚。

本当にここのバスは綺麗。そして、ヘルシー。

その後、夕方のチャンスに掛けましたが、なにも起こらず終了。

ゲストさんも1匹キャッチされました。もう少しエリアを絞りきれれば複数キャッチして貰えたかなと思いましたが、冬の魚のイメージを掴んで頂ければと思います。

また、釣りが終わって、肘の痛みがあるという事で、改善策や原因などをお伝えしました。無理のある体の使い方は、楽しい釣りが台無しになりかねません。自分の体の使い方がどうなのか不安な方は、ぜひご相談下さい。

バスフィッシングは、釣りの中でも動きが多いので、よりスポーツに近いと思います。道具を使いこなす事、体を使いこなすこと、そして、戦略。なかなか言葉で伝えることは難しいのですが。。。

次はHB600Lを入魂したいと思います。
posted by D.Tanaka at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2020年01月18日

今期の武器が届きました。

今期、新たに導入したロッドが届きました。

78C7F433-4916-4488-AF91-8069194CD1B7.jpeg


ストラクチャーNSXとハードベイトスペシャルです。

番手は。。。。

03DF0D1F-AEBD-4055-B81E-611A7F5B695A.jpeg


HB600LとSTN6100MH。

HB600Lは説明不要の名竿ですが、実は所有するのは初めてです。ちなみに600以外のLパワーはすべて持ってますが。
今回、6ftという長さをチョイスしたのは、今期のPBTのレギュレーション変更に伴う、バックシートの可能性を考えてです。ショートロッドの有効性を考えたわけです。
こちらのロッドについては、また後程。

今回はSTN6100MHについてです。
このST6100MHというロッドは、初期のストラクチャーシリーズから所有しており、ガイドがノーマルチタンモデル、セミマイクロモデルも使ってきました。

そして、今回のNEXT STAGE。

86BE2982-BF2E-4034-BD8C-FF45C9F05F53.jpeg


グリップも当然変更されてます。トリガーの位置が少し変わっています。

6E7829C0-F5FE-4F54-BCCF-29B815AADD45.jpeg


フォアグリップが短くなってブランクセクションが長めにとってあるのはより曲がる部分が大きいのではないかと思います。

そして、一番の違いともいえるガイド。

F51E66B5-F0B5-4D4C-B5DA-9D909693667C.jpeg


2B589150-07AB-435C-A2CD-29BE361BEC0B.jpeg


サイズ、位置、数、すべて変更されています。

これはとても楽しみです。想像ですが、ガイド数が少なくなり、ガイドが大きくなるということは、より曲がるロッドになっているのではないかと思います。曲がると言っても、全体にパワーを受けた時に曲がるのであり、ティップだけが極端に曲がるわけではない・・・はず!

そして、「え?」っと思ったのがこれ。

4CC9293B-90D6-4DCF-A190-3D0C26D757C9.jpeg


ガイドの付け方が逆なんです!一瞬ミスかなって思ったくらい。でも、これが正解なんでしょう。
この違いでどう変わるのかわかりませんが、ここも考えられた結果でしょうから、それを感じられるか楽しみです。


なぜ同じ番手を?と思う人もいるかと思います。
それは、最近あまりロッドを持ち込まず、1本である程度同じようなウエイトや同じようなルアーを使うことが多くあり、その時にその差がより分かると感じたからなんです。
自分に合うロッドが見つかったら、それをいろんな釣りに使っていくことで分かることが多くあるということに今更ながら気付いたといいましょうか。。。
これは自分の釣りがどうなのかという話なので、全ての人に当てはまるわけではないです。というか、絶対に当てはまらないと思いますね(笑

結局のところ、結果が教えてくれるでしょう。釣果が上がるか、釣りが楽しいと感じられればそれは正解といえるのかなと。

ルアーは無限にありますが、ロッドは持っていく本数は限られます。だから、自分の軸になるロッドを持ちたいのです。さて、このSTN6100MHはどんな顔を見せてくれるのか。

楽しみで仕方ないです!
posted by D.Tanaka at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | NORIES

2020年01月17日

フトハッスン発売!!

やっと発売されました。。。。長かったなぁ・・・マルキューにお願いし続けて何年だろうかと(笑

ここ最近、なぜか結果が出てない(スピニングをあまり使わなくなったというのもある)んですが、自分にとってハッスンは一年中使うルアーです。

なので、初回販売ですが、まあまあ送ってもらいました。

DFD9C475-27AB-443D-97C6-3452DCD9853B.jpeg


全色保有してもいいのですが、迷うだけなので数色をセレクト。その中でお勧めの3色を紹介します。

って、写真写りが良くないんですよね。。。パッケージから出せばいいんだけど、お休み前にワームって触りたくないじゃないですかw

まずはスカッパノン。

6C5FD8C4-9895-43AB-B72E-3F620EDC1157.jpeg


もうちょい濃い目の方が好きなんですが、これは必須カラーです。コーラかダークチェリー、ブラッドなど、この系統のカラーは外せませんね。それとこれはシンキングマテリアル。塩多めなのでちょっと軽めのシンカーでも使いやすい。

次はモーニングドーン。

E5801F9C-4860-4C4D-BAA1-EAAC5730C110.jpeg


これはいい色合い出てますね。ちょっとネオンっぽい色合い出てます。それでいてシンキングマテリアル。これは嬉しいです。以前のハッスンSFの時も、ほとんどシンキングマテリアルを使って結果出ていたので、このマテリアルのカラーバリエーションが多いのは良かったです。

そして、パープルウイニー。

E1906E4B-8587-4BF2-BF80-6DC57FB86A26.jpeg


カラー的には一推しです。やっぱり40代以上のアングラーはパープルウイニーに弱いんですよw。特にロボワーム世代は!
ただ、これはレギュラーマテリアルなので、少し沈むのが遅い。その変わりよりナチュラルに動きます。あとは発色がすこぶるよい!これはハンドポワードじゃないと塩入が出来ないと思うので仕方ないかなと。あとハンドポワードになると、どうしても真円が作れないので。。。(技術的には出来るのかな?自分が知らないだけかも)まあ、予算もある中で、これは良い出来だと思います。


使い方ですが、メインはネコリグ。特に1/16oz以上のウエイトが大介的なお勧めです。
あと、少し気になっているのは、フットボールヘッド7g辺りを使ったジグヘッド。もともとジグヘッドもよい結果を生んでいるんですが、フォールで回転するのがいまいち好きじゃないんです。あとライトテキサスもいいけど、これも回転するのが。。。ということで、フットボールヘッドはどうなのかと。
この辺の釣具店で見た事ないんで、購入して使ってみたいです。7gだったらベイトで出来るし。3.5gならスピニングかな。。。

ということで、ウインターシーズンでも釣れるロングワーム、フトハッスンをよろしくお願いします!
posted by D.Tanaka at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | NORIES

2020年01月10日

2020年2回目の阿武川

速攻でいってきました。2回目の阿武川。
阿武川レンタルオープンしてから、なんとか凸らずに来てますが、そんなところに拘っても仕方ないので、今日は最近行ってないエリアへチャレンジ。

早速、レンタルの内田さんから情報収集。「最近、佐々並エリアへいった方は、釣れてませんね。。。」と雲行き怪しいお言葉。。。

でも、それならとドSの血が騒ぐ。

ということで、今日は佐々並1本勝負!

スタートから一気に行かずに、手前からじっくりとやり込んでいきます。

まずはジャークベイト&フカベイト。阿武川は比較的クリアなので、魚を引っ張ることが出来れば目視出来ますからね。。。。って、何にも来ない。。。

結構時間をかけてみたが、何も起きない。と、ここで気付く。このペースだと絶対に最後まで到達できないと。。。

そこで、まずは佐々並の最上流までと移動しますが・・・ここで風が。。。

そこで、今回は最上流ではなく“大藤エリア”の支流の方へ行くことにしました。

このエリア、もしかしたら初めて(もしくは数十年前にきているかも)という場所ですが、すごい好きです。魚が居るのかはよくわからないですが、雰囲気が良いです。

昔の人が生活してた感じも残してあり、現代に取り残された感があります。でも、ほとんど自然に埋もれている。まるで、ジブリ映画に出てくるような感じ。

どん突きには、インレットもあって、「これは夏にいいな。」と思ったんですが、内田氏によると「あそこは雨が無ければ枯れます」とのこと。残念。そう考えれば、佐々並は基本的に水が動きにくいエリアなんですね。

ベイトもほとんど目視できず。魚探からもそんなに大きな群れが浮いているわけではないです。基本、山口のフィールドはワカサギレイクなので、阿武川は本当に難しく感じます。ベイト依存ではない魚を追いかける楽しさですね。かと言って、シャローのカバーは、膨大にあり巻いても打っても、簡単じゃないと。

ただ、基本的に魚は多いので、間違った攻めをしてなければ、答えは返ってきます。

989A5FC6-37C9-4370-BB0D-A10E3A10AF7C.jpeg


ファーストフィッシュは、傷の無い綺麗な45cmでした。明確なバイトでバスの活性も悪くないように思います。

そして、同じエリアから40cmくらいのを追加。これは大きな倒木のディープ付近で鬼シェイクで食わせました。技ありの1本!

それから、気になっていたフラットエリアで少し時間をかけるも不発。

最後に、岩盤を丁寧にやってみようと、ガンターオーバル1/2ozにFGダディというビッグフィッシュに狙いを絞った釣りを試してみると、フっとウエイトが無くなり、ちょっと聞いてみるとかすかな重み。フッキングしましたが、フック手前の歯型のみ。。。

最後に別の岩盤を攻めましたが、何も起きずにタイムアップ。

やっぱり難しいです。

でも、自分の釣りで探し出した1匹は本当に嬉しいです。

今回は(も)、ヒットルアーはエスケープツインのテキサス。ウエイトは1/2oz。状況がどうであれ、これが自分のパイロットルアーだと自信をもって言えます。特に水深があるエリアでは、ファストムービングよりも早くチェックできるので。

段々と厳しくなってくるかと思いますが、利用者もちょっと少なくなった冬の阿武川。お勧めです。
posted by D.Tanaka at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2020年01月08日

新春2回目の釣行

年明け6日に阿武川に行ってきました。息子と。

過去に60も出ている阿武川湖。冬なら狙いにいくでしょ!と、鼻息荒く行ってみたんですが・・・結構渋い!

結果から申しますと、二人で7バイトの4匹。バスが離すのが早いというか、噛みが甘くてすっぽ抜けが多かったです。

かと言って、ハードベイトのレンジでは魚を探せずに。。。

釣れたのはエスケープツインのフリーリグと、フトハッスンのネコリグ。

ENllXfjU4AA5IcT.jpg


やっぱりフトハッスンは厳しい状況でも魚を呼べる。

でも、いろいろと消化不要な感じも否めない釣行となりました。

悔しいのでまた行きます。今年は暖冬で雪の心配が今のところないので良いです。雪情報が出回ったら、しばらく阿武川通いはお休みになるかな。。。

それまで魚を探す楽しさを追及していたいと思います。慣れたら安定した場所をやっちゃうからね。

まだやり切っていないエリアも多くあるので、探検のつもりでやってみたいと思います。
posted by D.Tanaka at 12:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のフィールド

2020年01月04日

初釣り

1/2の事ですが、菊川湖に初釣りに行ってきました。
半日なのでデコ覚悟でしたが、なんとか1匹釣れました。
年末に釣れていた状況とは大きく変わってました。31日に時化たのが少し影響していたのかもしれないです。

ENRaoWUUwAAuFIa.jpg


釣れたのは中野のディープ。普段はあまりやらないところです。

時間もあまりないので、実績のある場所を何度か入り直して、タイミングを計りましたが、結局何も起きませんでした。バスフィッシングって難しいです。

今年は基本に大事にする年にしたいと思います。

年末にフカベイトで新たな釣りの刺激を受けたわけですが、それでもやっぱり基本は大事だと思うんです。

その上に成り立つ攻めの強い釣り。いろんなスタイルで楽しめるバスフィッシングですが、やっぱり私はベースの釣りを切り離せないなと改めて感じました。

ということで、今年はテキサスリグをもう一度見直してみたいと思っています。フリーリグやヘビダン、リーダーレスダウンショットも含め、もっと広く使い分けてみたいと思います。

あとはジャークベイト。この釣りもいろんなタイプが混在するので、なかなか難しい釣りだと思います。その中で、自分のジャークベイトを確立したいと思います。

今年はとにかく楽しい釣りがしたいなと思います。
posted by D.Tanaka at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2020年01月01日

あけましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。

今年も相変わらずだと思います。いろんな人に迷惑かけて、我がままにやっていくと思います。
楽しいことをいつまでも続けられるように。

今は大事。未来も大事。だから、今のちょっと先をみていきたいと思います。
過去は過去。変えられないものは、ちょっとだけ横に置いておきます。

本年もよろしくお願いします。

                                 田中大介

posted by D.Tanaka at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年12月31日

大晦日ですね。

大晦日から元日にかけてゆっくりしているのは、今の会社に入って初めてのことかもしれないです。勤務シフトがあるので、仕方ない事ですけどね。なので、今日明日とのんびりと過ごしております。

昨年と同じように、仕事、家庭、釣り、卓球とわけて書いてみます。

仕事は、相変わらずでしたね。特にこれと言った変化もなく。今年は変化の年になるかと期待したのですが、それを会社も時代の望んでないようなので。。。という事で、来年は、流されるがままにやっていこうと思います。もちろん、自分の仕事は精一杯恥じないように頑張ります。ただ、会社を変えようとか、周りに理解されようというようなことはもうやめようと思います。自分自身の次のステップに向かっているのかもしれないですね。

家庭としては、息子が来春で高校を卒業します。そして、東京の大学へ進学することがきまっております。娘はまだ高知の大学なので、まだしばらくは仕送り生活です。あと数年は頑張って稼がないといけないわけですね。
あとはとにかく健康でありたいと思います。病気になると、気持ちも滅入ります。時間やお金だけじゃなく、いろんなものを失ってしまうのです。なので、少し健康管理も考えていこうと思います。ま、元日まではそれは置いておいて、自堕落な生活しますけどね(笑

釣りとしては、PBTとしては年間2位ということでまずまずだったのかなと。優勝もシングルだったけど1回は出来たので。ただ、釣りの内容としては、あまり記憶に残るようなものではなかったようにも思います。最終戦で最後の最後に絞り出した1匹は忘れられないものになりましたが。
GFFOは、盛大に出来たのではないかと思っています。そろそろ運営も若返りして行って欲しいという願いはありますが、まあ、自分が出来る限りは頑張っていこうと思います。大きなイベントはやるだけでも大変ですが、続けていくのはもっと大変。何か新しい試みもやっていきたいですね。
個人的な釣りとしては、ロッドの理解度が深まった年だったかもしれません。ベスト3本を挙げるなら、HB640ML、LTT650M、ST6100MHですね。何かに特化し過ぎないロッドは本当に使いやすいと思いました。専用ロッドという言葉はありますが、ルアーに合わせたものという専用ではなく、自分に合わせた専用ということが意識できた年でもありました。これはとても深いテーマだと思います。

卓球は、相変わらず市民オープン戦だけ楽しみました。来年は県の大会や他市の大会にも行ってみたいと思いますね。時間が許せばですが。もっと多くの人と出会って行きたいと思います。
用具としても、ロッド同様に自分専用と呼べるレベルまで煮詰めれたのは本当に良かったと思います。信頼できる用具が見つかると、ダメな時は自分の技術だと判断できるので。つまりは練習あるのみですね。まあ、その練習が、本当に無駄にならない練習なのかという点は、専門家の力を借りないといけないですけど。ということで、卓球はいろいろ教わって行きたいと思います。

こんな感じの2019年でした。2020年はどんな年になるのかな。
楽しい事で溢れかえる年だといいですね。

それでは、良いお年を!
posted by D.Tanaka at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年12月30日

釣り納め

今日は釣り納めで菊川湖に行ってきました。
夜勤明けなので10時過ぎに到着。

釣り納めは毎年の事ですが、息子とお年玉争奪戦となってます。
私が釣り勝てば、お年玉は超減額。息子が勝てば増額ということですねw
ちなみにルールは、最大魚勝負。

最近の菊川湖と言えば・・・そう、フカベイトです。天気も持ってこいの曇天。これは期待せずにはいられません。

が、まずは上流からチェック。。。

昨年、息子が終了間際に起死回生の2kgUPをキャッチしたブレイクも今は減水の為に不発。。。
簡単にチェックして、ディープへ。しかし、ここもパッとしないので時間を掛けずにメインのところへ。

息子に地形を説明し、バンクにあるキースポットを説明し、ついでにフリーリグの利点、使い方を説明した、数投目。

D91338A9-23E2-4270-AE79-9C8B513E29DB.jpeg


エスケープツインのフリーリグを抑え込んだのは2110gのスーパーキッカー。。。
いきなりの先制パンチがあまりに強烈ww

しかし、このエリアの状況があまりに良いので粘ることにし、手変え品変えアプローチ。
そして、ジャスワカをコクーンっとひったくっていきました。

839459F3-4E33-4C86-BA94-ED82DAB0BD8F.jpeg


久々のスピニングでのファイトはドキドキでしたね。
ちょっと足りないかなと思ったけど・・・やっぱり1960gで足りない。
でも、凄くないですか?ワンエリアでこのポテンシャル。

それからバイトが遠のいたので、少しテンポ早めにバンクを打ちながら下流へ。

児玉エリア(リスペクトを込めて)で、サイトをしてみるとバスを確認!やっぱり居る。。そして、もう一匹。

ボートをUターンして、フカフカフカ・・・とやると、ぼわん!!!とバイト。「うお!?ミスったんか!!」とルアーを見ていると、バスも見ていましたwそして、パク!!!
ステイで食いました。

2762F40C-B028-4A03-89AF-D20AAC087F3C.jpeg


冬のトップ。アリですね!おそらく自身初の12月トップの魚。しかも、コンディションの良い1600g。
本当にビビりました。そして、嬉しい!!!

こうなると息子も「それで釣る!」と言って投げます。そんなに簡単には釣れないでしょ。と思っていたが、1時間余りでこれ。

2658A65A-D7BE-405B-B12F-949588A91B27.jpeg


ちょっと痩せていたけど、これもポーズしているやつをパクっと食いました。このルアーの食わせる力は半端ないですね!

このままエリアを変えてさらに攻めます。
でも、二人でシャローをやっても仕方ないので、自分はバックシートからディープを。

土バンクの岬からフォールで追加!

0CD34915-9706-48E7-B78E-2A34887A4757.jpeg


スーパーコンディションでこれまた1960g。抜きあげようとして失敗してしまったくらいの太りっぷりでしたw

スコアとしては有り得ないくらい良いのですが、息子のウエイトを越えられません!!

最後に、朝のエリアに入って、粘ってみたんですが、私にはノーバイト。
息子は2バイトを失敗www

でも、このエリアのポテンシャル凄いです。冬はハニースポットを見つけると連発出来るので楽しいです。

ということで、今年は最高の釣り納めとなりました。ただ、高額お年玉を請求されるのは免れそうにないですが。。。
posted by D.Tanaka at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2019年12月29日

今年も残すところ僅かに

令和元年も残すところ2日とちょっと。
あっという間の一年でした。

今年一年どうだったかと思い起こしてみると、これと言って特別な感じは無かったかなと。
というか、思い起こす時間もないくらいにバタついてました。

いろいろとやりたいことも多くあるので。

釣りに関しては、数十年ぶりのフィールドだった阿武川ダムですね。

利用の仕方も、あの当時とは様変わって、しっかりと管理されたものになっています。といっても、これも安泰という話ではなく、暫定的な運営とのこと。なので、ルールを守って、多くの人が利用していくのが良いと思っています。施設としてのキャパはもちろんありますが、フィールドのキャパはとても大きいです。なので、エレキだけでもエリアがバッティングすることも少ないです。確かに長距離移動は疲れますけどね。

でも、私としてはとても大好きなフィールドです。今後の山口県のダム湖利用のモデルケースになるかもしれないです。小野湖、弥栄湖、そして、阿武川湖。マイボートを利用でき、行政に認知されたフィールドは大切に利用していきましょう。

卓球は、とにかく楽しくやりたいので、自分の技術向上、チームのレベル向上を考えてやってきました。生涯スポーツらしく長く楽しめるようにやってます。
用具としては、やっと信頼できるものが見つかったのは良かったです。ラケットはダーカー(特注)。フォアは、ドニックブルーグリップV1。バックはドニックブルーファイアM1。硬さや粘着などいろいろ試してここに落ち着きました。

釣りと卓球は通じるところが多くあるので、どちらも深く楽しんでいきたいです。
来年は卓球の試合増やしたいなぁ。


PBTとしては、私は年間2位でフィニッシュ。今のシステムでは最後の年だったので、出来れば年間取りたかったんですが、これもPBTらしいのかもしれないです。
来年は年間4戦、そして、ペア固定も出来る(全戦ではない)形になり、私としてはより裏方にシフトしていこうと思っています。決して本気で大会に出ないというわけではないです。ただ、結果よりもプロセスを重視して、もっとステップアップしたいと思っている人の受け皿になればと思っています。なので、少しパワーダウンしたように見えるかもしれないです。でも、たぶん楽しんでやっていけると思います。


過去の自分の行動や思考を、今の時点で考えても無意味だと思っています。その時点で最上だと思ったからこそ、その行動をしているので。反省は出来ても、過去は変えられませんからね。
なので、今からの行動が大事だと思います。環境が変わるのと同じように、個人の考えも変わります。
来年の自分はどんな答えを出して、どんな活動をしているのかわかりません。

ただ、その時の最善と思えることをしていると思います。それは今後も変わらないと思います。
本音ではやりたいことしかしてないので。やりたくない事をしている時間はないです。
人の一生なんてあっという間ですから。

さて、残りは2日です。あと2日もあります。この2日間を有意義に過ごしたいと思います。
posted by D.Tanaka at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき