2019年04月18日

今日の菊川湖

今日は、菊川湖に行ってきました。と言っても14時から。
思ったよりも仕事が早く終わったので、気になってたトレーラーのタイヤを交換してもらい、その足で行ってみました。

タックルは特別に組んでいなく、先日のPBT小野湖戦のまま。

なので、メインは借り物のLTT650Mとスライダーワームのスプリットショット。

LTT650Mは、小野湖のプラでも活躍していて結構お気に入り。(このまま借りパクか?)

TB CARBONの14lbを入れていて結構なんでも使える。琵琶湖の若獅子はジャークベイトに使っているし、ライトテキサスにもいける。自分は7gのジカリグでチビツインを使っている。

で、いきなりこの魚。

2A17ABC1-E1EA-4458-8F90-C9175E760C58.jpeg


やばい体の2kg越え。

850C7A46-2F13-45EB-A5C7-88867552C1FA.jpeg


フッキングもばっちり。ほんと、このロッドと相性いいわ〜。(マジでくれないかなw)

あと良さそうなのはチャター系。自分はシャターはジグの延長だと思っているので、結構硬めのセッティングが多いです。このLTT650Mはティップがしっかりしているので自分好みです。あとは実際に釣ってみないと、本当に良いのかはわかりません。これは結果が出なかったので次回以降へ。

途中、UBSCの中層巻きで1300gくらいのをキャッチ。

FAB4872D-FEAB-4AEB-A99D-D0FC35B2B8D6.jpeg


巻きでいけたんで調子に乗って後半は巻き倒したけどダメでした。最近、巻きのリズムが悪いのかな?それともバスが乗り気じゃないんかな。

もう一つの課題のスライダーワーム。

135EADE1-928E-4437-8306-19FB6A090C52.jpeg


しっかり結果出ました。1500gです。

でも、実はこの前に同サイズをばらしているんだよね。。。

原因はフック。先日のPBTでも1バラシしているの反省してませんね。それですぐに変えてからのこの魚です。

5B7BD22D-2293-426D-B406-3B94EA5E42BD.jpeg


どこのフックか忘れちゃったけど、ノガレスかデコイのSSだったと思う。
このフック凄く粘るんですね。釣った時には形が変わってました。でも、この変化は絶対にばれない曲がり方。伸びているわけではないから。やわなフックは嫌いなんですが、こういう使い方もあるんだと勉強になりました。

しかし、スライダーワーム釣れるなぁ。。。今一度、見直す必要ありですね。安いし(笑)

ポストスポーンもライトリグ必要なので、今期はスライダーのスプリットを頑張ってみます。

では!

P.S 今日の釣果は、5B4F。
posted by D.Tanaka at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2019年04月16日

やっぱりLTTが好きだわ。。。。

今日は完全な独り言。

今回の大会でストラクチャー2本と、LTTでジグ、テキサス系の釣りを組みました。
具体的には、ST6100MHに3/8ozテキサス、ST680MHにジグ、LTT680Hに1/4ozのジカリグ。
スライダーワームで1本釣った後に、LTT680Hで追加。

そして、巻きジグの釣りにシフトしたために、LTT680Hにクランキンジグ3/8ozをセット。ジカリグはメインだったので、ST680MHにジカリグを結び変えました。

そして、三匹目をキャッチ。でも、若干の違和感。。。

良いとか悪いとかじゃなくて、個人的にテイストが好きじゃないんですね。間が作れないというか。

自分は釣りにおいてリズムって大事だと思っています。そのリズムが作りやすい道具が好きなんです。

感度なら絶対にストラクチャーです。軽さもそうです。ただ、LTTのテイストが好きなんですよ。

それを大会というある意味極限に集中した状態で使い分けると・・・「あ、自分の体はLTTなんだ。」って思っちゃったんです。

なので、その後再びLTT680Hにジカリグを結び変えて、1500g、1200gと連続キャッチに繋がるわけで。

誰にでも勧められる話ではないと思います。でも、自分に合ったものがあるという事がとても嬉しいと思ったんですよ。大会中にね。

ちなみにリールはハイギアです。エクストラハイギアじゃなくて。これもリズムなんです。誰がどう言っても巻き取りが早いのはXGです。でも、自分のリズムはHGなんですよ。

自分なりの理由や理屈はあるんですが、とてもわがままな理屈なんで自分の中に納めておきます。ただ、LTTで釣りをすると、自分が嬉しがっていることに気付くんです。やっぱりロードランナーだろ!って。

本当に良いロッドだと思います。無理に勧めませんけどね。分かる人にだけ分かってもらえばよいと思っています。
posted by D.Tanaka at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年04月14日

PBT2019第一戦

今日はPBT第一戦でした。

前回のプラが好感触だったので、そのままのプランでいきました。

@巻物は基本なし!
Aテキサスよりジカリグ
Bクルーズの魚を釣ることも考える
C一段下の魚のポジション

といった感じで、あとはその場で見つけるというのはいつも通りで。

フライトは4番。先行者は1番フライトの反田/源ペアだけ。(途中で藤高艇に抜かれましたが)

FD55F18A-7AF3-4BAF-B6F7-05A6DB047C25.jpeg


目的のエリアにはすんなりと入れました。しかし反応なし。プラで2kgをキャッチした場所ですが、プラの時よりも水が悪くなってました。

そこでサイト出来るエリアへ。

最初は見つけられなかったんですが、ボートを止めてみるとスクールもちらほら。ということで、プランBです。

プラでは投げてない(スピニングを持ち込んでないので)のですが、経験から「いける!」と踏んだリグ。

スライダーワームのスプリットショットです。

81B52F2D-2BA7-42A3-A481-1C0B469E525A.jpeg


ショートバイト対策のために、普段使っているストラクチャーシリーズからハードベイトスペシャルのシャキットグラス変えてみました。

これが正解で、1400g超えをサイトでキャッチ!続けて同サイズを掛けるもジャンプでバラシ。。。慣れないスピニング。。。

そして、風が出てきてサイトがしにくくなったのので、カバー撃ちへ。

カバーの根元にうっすらとバスの背中を見つけたので、食わせのジカリグをキャスト。そうプランAです。

0C345133-210B-4ACE-89A7-3D9E167EC084.jpeg


一発で食わせて1400越え。その後、時間は掛かったものの1300をキャッチしてリミット達成!

ちなみにジカリグは7g。このウエイトをキャスティングで精度よく投げるならLTTです。(私は)

それからのプランは悩みましたが、サイトで見えていたサイズに2kgサイズは見えなかったことから、大きくエリア変更を決断。

中流域に行き、ワンドの入り口付近を狙うも不発だったので、ワンドの奥に。ところがここも不発。。。

残り時間も少なくなり、三連ワンドの最初のワンドの最奥へ。今は木が切られているので、シャローの一段下を狙う。そうプランCです。

ロングキャストでふわずるふわずるします。←このニュアンスが大事。テキサスだとズルズルになるんですが、ジカリグなので少しふあなのですよ。

で、1500をキャッチして入れ替え。続いてキャッチするも1200で入れ替えならず。。。

結果、4320gで2位でした。

2EE3C374-528F-434E-9F91-CFC2D11F3DB8.jpeg


パートナーの清水君には、サイトを中心とした釣りにくい展開にしてしまって申し訳なかったです。でも、自分には魚をキャッチする術がこれしか無かったのですよ。。。まあ、最後のラッシュとか、見せれたのは良かったかなと。。。

私たちに600gもの差をつけて優勝をかっさらったのは中崎/伊藤ペア。4920g/3匹は小野湖の歴代3位のウエイトです。今年はややロースコアな年だと思っていたんですが、これには参りました。しかも、まぐれなどではなく、厚東の魚だとウエイトが軽くなることから、下流のプリ狙いに作戦を変更しての結果。ちょっとカッコよすぎません?(笑)まあまあ、クオリティー高い釣りだと思いますよ。

ということで、負けはしましたが、ちょっと清々しいと思ったりしてます。

ということで、スタートダッシュには成功した2019年です。このままの勢いで突っ走りたいと思います!!

posted by D.Tanaka at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2019年04月12日

Lessonの会場

現場型講習会のBassersLessonですが、あまり予約有りません。。。まあ宣伝もあまりしていないので仕方ないですが。実際時間もあまり取れないので、月に何十人も予約を頂いても対抗出来ないのが現実なんですが。
とはいえ、全くないのも寂しいです。。。

ということで、今期からフィールドを弥栄、小野湖も入れていこうと思います。ただ、地形などを把握しきれていないところもあるので、満足のいく結果が出るかは正直不安もあります。なので、基本菅野、川上です。
でも、こちらに来るのも大変という方に向けて、フィールドを拡大していこうと思います。
弥栄湖、小野湖は交通費として、lesson代が1000円UPいたします。ご了承ください。

もっとたくさんの人のお手伝いをしたいと思いますので。

また、ロードランナーやルアー、またDUEL商品を購入前に使ってみたいという方も利用してみてください。
全機種対応できるわけではないのですが、出来る限り対応します。

ちなみにこのロッドは借り物です(笑)
私の周りにもロードランナー使いが増えているので、仲間の力も借りて対応致しますよ!
流石に借り物はレンタル出来ませんが、私のロッドで良ければ一日釣りをするのもOKです!

D313B782-38A6-4038-BDD2-838394C1A2FD.jpeg


何度も言いますが、基本はlessonなので、釣果第一ではないです。次の釣行に繋がるヒントの様なものが提示できればと思います。次のステップに行くためのlessonだと思っていただければと思います。

シーズナルパターン、アプローチ、キャスティング、フッキング、ランディングなどなど。釣りに必要な技術はたくさんあります。釣れてない人、ばらしちゃう人、いろんなお悩みがあると思いますが、原因は自分では気付けないものです。いろんな切っ掛けが作れると思います。

FCB6AD03-86F1-4918-88CE-3FE0119BE468.jpeg


ボートは、14ftなのでフロントに並んで釣ることも可能ですし、2人(私を除いて)での利用も可能です。

これからどんどんと楽しいシーズンになります。是非BassersLessonをよろしくお願いします。
posted by D.Tanaka at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | Bassers Lesson

2019年04月11日

4/10の釣行

今年2回目の小野湖。

パートナーに隊長を従えて。

ファーストフィッシュは1500g。

C1BC2800-8283-409C-A90F-B38CC0229BE7.jpeg


バイトも丸見えのグッドサイズです。

二匹目は、1400g(確か・・・記憶が不確か)くらいのグッドフィッシュ。

3487A5E8-1C60-4152-A24B-2433FDC04597.jpeg


三匹目が遠かったですが、なんとかキャッチ。

D85EB792-FF71-42BF-BA56-CC09D3881A3A.jpeg


四匹目はチビツイン。今まであまりやってこなかった釣りで。これも良いサイズでした。

CB9A6630-504A-4F76-AA9B-CC76178DDDF2.jpeg


そして、5匹目に2140g。

55F1C3B1-C6B6-4E01-B246-AAA1322C2F78.jpeg


大きくエリアを変えてからの1800g。

F1B6B3B1-99C1-4A00-AAFB-71CEB42142A9.jpeg


出来すぎな一日でした。これ以外に確実にバスというが3バイト。

そのうちの1匹は、バイト後にラインが走る。小方のラインに絡む。自分が合わせる前に小方が合わせる。(絶対に自分のルアーじゃないと思いながらも、祈りを込めてフッキングしたらしい)そして、水面でバスがルアーを吐く!(目視で40UPだったらしい)小方のルアーが水面に落ちる。という一連の流れを自分はまったく見てなくて、合わせたら歯型。あとはポチョという音(これは小方のルアーが落ちた音)だけ。何が起こったか理解できませんでした。すべて奴は知っていたんですがね(笑)

なかなかの破壊力の小野湖でした。上から5匹だと、2100、1800、1500、1400、1200、くらいなので約8kgです。同日に出ていた知り合いも結構釣れたという事でした。

でも、今日は結構厳しかったみたい。。。やっぱり春は日替わりなんですね。

日曜日は釣れますように!
posted by D.Tanaka at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 小野湖

2019年04月10日

久々にこの人と

今日は小野湖に行ってきました。

詳しい内容は明日に。疲れて書く気力がないです。
一日釣りをして、夜に卓球しただけなのに。。。

今日は久々にO隊長を誘ってみました、すると「手ぶらで行くからよろしく。」と。

着いてみると本当に手ぶら。タックルも無ければ、ライジャケもなし。雨というのにレインも無し!

まあ、すべて想定内なので、こちらで用意していきましたけどね。さすがにレインブーツな無かったんですが、「気が利かねぇな!」とスタートから罵声。よいスタートがきれましたw

CB6253CC-2343-470E-B957-808EC1ADEDC9.jpeg


車を停めに行っている間に魚探をにらめっこしている隊長。

ハードルアーに拘った今日は、エンジェルシャッドで値千金の一匹!

0BFDFA90-418C-4DA2-B631-3DD8D6D7E986.jpeg


エンジェルハンドならマニアにもウケるんですが。

カタログ落ちしていますが、とても良いルアーです。今でもメインベイトとしている人多いですよ。

タックルは、児玉くんから借りたLTT650M。リールはバンタムMGL。ラインはTB CARBON 14lbを入れていました。このセッティングをしておけばかなり幅の広い釣りが出来ますね。

事実、7gのジカリグでもキャッチ出来ましたよ。

ということで、相変わらず怒られまくった釣行でしたが、とても楽しめました。

また刺激に飢えたら誘ってみたいと思います。
posted by D.Tanaka at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小野湖

2019年04月09日

良いリールとは

よくシマノとダイワってどっちがいいですか?というような質問を受けます。

正直、好きな方を使ってください(笑)

ただ、自分はシマノが好きなんです。いろいろ理由はありますが、本当に細かな事だったりするので。ちなみに性能の差とかではないです。

自分が考える良いリールとは、狙ったところに投げられるということです。これはロッドも同じなんですが。

「それは技術でしょ?」という人もいると思います。確かに技術によるものが大きいです。でも、フィーリングというものがあるんです。「もうひと伸び欲しい」という人もいますよね?あれも実際と想像の差が生んでいる感覚だと思います。

卓球をしている人は分かると思うんですが、「このラバーは球が深く入る」という感覚があると思います。卓球をしてない人からすると「本気で叩けば遠くに飛ぶんだから、深く入れたければ力を入れればいいのでは?」と思うかもしれないです。

でも、自分のスイングというものがあって、そのスイングの中で狙ったところに打ち込むわけです。そこには回転とスピード(2項対立として適切ではない気がする)があって、そのMAXでどんな球が打てるのかという話なんです。

リールも飛距離の話が出ますが、実際は自分の考えるところに投げることが出来るという事が何よりも大事です。飛んでいるルアーは、空気抵抗やラインの抵抗、そしてリールのブレーキ、サイミングなどでコントロールされて目的地に落ちます。このすべての感覚がイメージと一致するがよいリールなんです。

ラバーには音に拘ったものがあります。大きく気持ちの良い音がなると、球が速く感じます。打っている方も気持ちよいですが、受けている方も音にごまかされることがあります。

リールも異音がなれば、距離感が狂ってきます。これは快適なリールと言えませんね。

自分の感性に合ったリール。つまり、気持ちよいリール。これが自分に合っているという事です。

何が良いのかではなく、何が自分に合っているか。そして、それは使いこなせるのか。です。
まずはいろいろ使ってみないと分からないと思います。そして、自分の好きな道具が見つかると、それは本当に至福の時です。

リールの話ではないのですが、今回の大会で、改めてLTTの凄さというか、自分に合っていると感じる一幕がありました。本当に良いロッドだなと。

ストラクチャーシリーズが合う人もいると思います。私はLTTでした。だから、どちらもラインナップにあるんのです。それがNORIESです。

自分に合ったタックルが見つかりますように。。。

posted by D.Tanaka at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年04月07日

キャスト杯の結果

頑張りましたが13位でした。年間を考えてない自分としては何とも言えない結果。でも、60人中で考えれば、そこそこかなと。。。

0B6602A0-0B56-4D2F-9FBB-E467805B0626.jpeg


プランとしては、後ろのおじさんの得意なパターンを主に魚探しを。

AD923B58-4C72-42A2-9D47-404E204A0E28.jpeg


朝一からこんな調子なので、「今日は終わったな。」なんて思っていたら、朝からグッドサイズを抜かれました。

自分も800弱を追加するも、さらにデカイのを後ろから抜かれる展開。

なんとか釣り返すも、自分のは小さい。。。

結果、自分が1660g(だったと思う)で13位、後ろのおじさんは8位(2800くらいだったかな?)でした。

なので、エリアとしては十分上位を狙えたんですが、上手くアジャストしきれなかったのかもしれないです。無駄に時間を使ってしまったの敗因です。

ただ、自分としては苦手だったリグを大会中に使い切れるようになったことが収穫。

大会後には、2バイト1フィッシュで、行ってないエリアでも釣れました。

7C571F37-B075-46E6-A597-82BAF02F6736.jpeg


なんとか来週に繋がるヒントが得られました。

大会は、西岡くんが平成最後のチャンプになりました。

B2DF64EB-1CFA-4525-BEFC-CC72CE2D9FB2.jpeg


春の小野湖と言えば、河口さんだったんですが、今はキング西岡ですね。

今日の状況で5リミットは素晴らしいと思います。というか、羨ましい。。。

来週はさらに状況は良くなると思うんで、今日キャッチできなかったスーパービッグを釣りたいと思います!
posted by D.Tanaka at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 小野湖

2019年04月06日

明日は大会です。

明日はキャスト杯です。

久しぶりにグッチーさんと出場してきます。

ペア戦じゃないんですが、おじさんは歳をとると寂しくなるので、二人で仲良く戦ってきます!

昔は一人で戦うことが好きだと思っていた時もあり、「後ろいいですか?」と大会の時に言われると、少し躊躇することもありました。でも、今は全然ウエルカムです。

シェアウエイトではないので、後ろから魚を抜かれると、自分にとってはマイナスなのかもしれないですが、なんというか、そういうのはどうでもよくなっています。でも、決して釣れなくていいと思っているわけでもなく、勝てなくても仕方ないなんて思ってません。

プラにも入ってませんが、全力で1位、2位を絞り出せるエリアを探しに行きます。小野湖のポテンシャルはそれくらいありますからね!

久々の大会です。楽しんできます!
posted by D.Tanaka at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年04月05日

祖母の通夜

昨日は祖母の通夜で帰省していました。

享年91歳。大往生と言っていいと思います。
数年前から痴呆も進んでおり、身内が行ってもわからない状態だったと聞いています。ただ、いつも笑っていると。

数年前にお見舞いに行った時も、力いっぱい手を握ってくれました。そして、人を間違えては大笑いしていました。最後まで笑いが絶えない人生だったのではないかと思います。

もちろん、看病していた身内には壮絶な事もあったと思います。それでも、やはり最後にしっかりとみんなで送ってあげられるという事はとても幸せな事だと思いました。

人の死は必然です。必ずやってくることです。しかも、それは順番ではなく、突然来ることもあります。

だから、今を精いっぱい笑って過ごすことが大事だと思います。
嬉しいから笑う。可笑しいから笑う。それは当然です。でも、笑っているから嬉しいという事もあります。
意味はなくとも笑っている。笑っていることが意味を持つのでしょう。

乗り越えなくてはいけない苦難や壁があります。涙を流して乗り越えることもあると思います。でも、出来るなら笑って行きたいです。

こんな時にしか会えない人もたくさんいました。恐らくその中には、もう会う事もない人もいると思います。
人の出会いも、出会う事が大事なのではなく、それをどう繋げていくのか。つまりは自分の行動が次に繋がるのです。

幸せにしてほしいと思っている人がいます。でも、幸せって自分でなるものです。受け身でしてもらうものではないんですよね。

最近は人の出会いに感謝することが多いです。そして、人が好きです。

気難しい顔をしてみていることも多いですが、基本人が好きです。

今年は(も?)いろいろと勝負の年。一瞬の無駄もしないように生きていきたいと思います。

ちいさいおばあちゃん(子供のころはこう呼んでました。ひいばあちゃんが、おおきいおばあさん)今までありがとう。ゆっくりと休んでください。
posted by D.Tanaka at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき