2017年04月26日

連日の釣り。菊川釣行。

昨日は菅野、今日は菊川。

今日は朝から雨。これは雨パワーをお借りして春爆を楽しみましょう!ということで、昨日に続いて児玉くんと一緒に行ってきました。

児玉君は、昨日パワーロールの虜になったので、今日も朝からテンション高め!(見た目には変わらないw)

実は、昨日は春爆予定ということで勝負をしていました。ルールはキーパー1匹につき1Pで、その合計で競うもの。ただし、キーパーは2000g(笑)その結果は0対0でドローでした。

なので、今日も勝負です。ルールは同じですが、キーパーは1500g。500gごとに1P増える。ただし、ナマズを釣るとマイナス1P(笑)

近場をちょろちょろっと流してメインのエリアへ。私にいきなりのバイト!しかし、アームを伸ばされてバラシ。。。でも、キーパーは無かったようです。続いてキャッチしたのは1350g。

18119788_1343981829004902_468059588_o.jpg


ディーパーレンジ1/2oz。とても良い魚ですが、ノンキーです。。。

そして、児玉くんにビッグバイト!

18119769_1117230901756087_1202525483_o.jpg


1850gでキーパーです。ただし、1P。ルアーはパワーロール。本格的にパワーロール使いになっております。ロッドはもちろん、LTT690PH。

それを横目でみてから、私もパワーロールに持ち替え(笑)てからのビッグバイト!

どう見てもキーパー。「それ2Pあるんじゃないですか?」「いや〜そこまではないよ。」なんて、余裕をかましていたら、なんとフックオフ!!!雨の日は魚がやたらとジャンプします。油断は禁物ですよ!←自分に言い聞かせ。

この食わせ方がなかなかおしゃれなもので、それを説明したら、児玉君に盗まれました(笑)

エリアを変えてからですが、これまたキーパー。。。

18159504_1117524398393404_2077197797_o.jpg


1520g。しかも、この魚は死んでいたと思われたフナに向かって投げたキャストで釣ったのです(笑)それを一部始終見ていたので、悔しいやら悲しいやら。。。

それからうろうろするも反応なし。

そこでファーストエリアに戻り、再びスピナベゲーム。

ドカンと来ましたよ。児玉君に。。。

18159973_1117305738415270_979468203_o.jpg


これまた1520gで1P.ついに3Pの差となりました。

どうしたものかと悩みましたが、やっぱりスピナベゲームしかないと、巻き続けました。

すると、ゴツンというバイトがありましたが乗りません。。。悔しがっていたら、ほぼ同じ場所に投げた児玉君に!

「デカいです!!!」





ええ、デッカイナマズでした(笑)

おそらく私のスピナベにバイトして、テンションアゲアゲになったナマズさんが食らいついたものだと思います。これでマイナス1P(爆)

のこり時間も少なくなったので、またまた釣れた場所へ。

すると、状況が一変していました。ずっと雨が続いていたのですが、それでも一日の変化はあるんですね。

18159438_1344211852315233_899064650_o.jpg


遂に私の1600オーバーのキーパーが。ルアーはエスケープツイン。ゴミが多くてスピナベに絡むので、テキサスをチョイスしました。

これで1P差です。

残り30分を切ったところで、遂にバイトを捉えた!!

18175570_1344212512315167_274536689_o.jpg


ちょっと痩せている。。。。ウエイトは1400g・・・。ノンキーです(泣)

あとは児玉君にナマズが来るのを望みましたが、何もなく終了〜。

結果 田中1P 児玉 2P ということで、敗北となりました。

朝のキーパーをばらさなかったらドローだったんですけどね。


今日は、パワーロールの力をまざまざと見せつけられました。こうした状況では、本当に強いです。

キャストアキュラシーと落とし込みなどの小技が使えるLTT690PHはベストマッチですよ。

ということで、一日雨の中釣りをしてから、卓球の練習に行きました(笑)
疲れていたけど、釣りの調子が上がったら、卓球の調子も上がるという不思議な現象。

明日は仕事で、練習もお休み。たまには体休めないとね。

では。
posted by D.Tanaka at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2017年04月25日

夜勤明けの菅野釣行

今日は9時過ぎから菅野へ。同行者は児玉君。彼も夜勤明け。お互いお疲れモードですが、釣りになったら元気です。

水は大増水&濁り。

これはナ〜ベ〜日和でしょう!と、最初から巻きゲーム。

ところが、想像以上にバイトが遠い。。。

しかし、あるエリアに入ると、いきなりバイトラッシュ!!


ファーストフィッシュは児玉くんのパワーロールをひったくったこちら。

18120484_1116653275147183_1921588472_o.jpg


続いて私のディーパーレンジにも。

18120491_1342713102465108_1639258630_o.jpg


これは春爆スピナベディ? 続くかと思ったんですが、その直後に私がミスってスピナベ終了。。。

とにかくシャローに魚は上がっていると思うんですが、そのシャローがないんです。増水しすぎていて。
かといって、ワーム系ではなぜかバイトが遠い。。。

そこで、エリアをあれこれ変えていくと、やっとライトリグでまずまずのサイズをキャッチ。

18159453_1343200202416398_1173851436_o.jpg


ルアーはラッテリー(改)。まあ、どんなチューンかは、今どきのものとだけ書いておきます。

そのクリークでは、明らかな50UPまで目視できるも、バイトに至らず。。。


そこで、朝のエリアに戻る。

水温も17℃を超えていい感じ。

5mくらいに落とし込んだエスケープツインをつまんだのはこちら。

18159311_1343199842416434_1728865657_o.jpg


カバードーン!!!

ワームへの反応が良くなったのでワームをローテ。

18175558_1343200082416410_1373090533_o.jpg


すぐに答えが帰ってきました。

その後も、写真サイズ以外をキャッチ。

オスなのか、小さな個体はシャローに上がっているようですが、ビッグママには出会えませんでした。

次はアジャストさせたいです。

でも、弥栄のことを考えたら幸せな釣行でした(笑)

疲れすぎて、夜の練習はさんざんでした。。。体力ないわー。。。
posted by D.Tanaka at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2017年04月24日

PBT開幕戦

あ〜忘れてもいいかも(笑)

久しぶりにやらかしました。。。

ゼロ申告というやつです。PBTで2回目のデコ。どちらも春の弥栄。鬼門ですね。。。


今回は、プラも出来なかったということで、いろんな情報から“勝負する!”と思ってました。というのも、キーパーを捕りに行くリスクとキッカーを狙うリスクはそう変わらないと思いまして。

ということで、朝は小瀬を選択。しかし、水の悪さから、途中のシャローで様子見。

しばらく粘りましたが、上がってくる魚も見えないので美和へ。

美和は相変わらずの水色なので、サイトも出来きそうじゃないので、水温の上昇をキーにエリアを選択。

そして、これが失敗。

結局、数回入りなおすもバスのタイミングに合わずでした。

最後に5mラインを丁寧に探ると、ノンキーが。。。

やはり、デカい魚はシャローだったと思うんですが、なんともエリアを絞り込めずに大外ししたというわけです。

大会後に、優勝者のキッカーエリアを一流しすると、すぐにキーパー(500gくらい)が。
魚は小さかったけど、すぐに反応があるということは、良いエリアだったということでしょう。

やっぱり水なんだよなぁ。。。

違いの分かる男になりたいです。宮本亜門のように(古い?)

ということで、初戦から背水の陣になってしまいました。

辛い!!!
posted by D.Tanaka at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2017年04月22日

明日はPBT開幕戦

布団に入ってブログ書いてます(笑)

準備も終わって、あとは休むだけ。なぜか股関節と膝が痛いです。明日が卓球の試合じゃなくてよかった。でも、バストーナメントも、立ちっぱなしなのでちょっと心配です。

明日はシーズンの良いスタートを切れるように攻めの釣りで頑張りたいと思います。

クラシックの反省も込めて、丁寧(これをディンニンと読むひとは卓球人)な釣りを心掛けていきたいと思います。

楽しみで眠れないかも(笑)子供か!!

では!
posted by D.Tanaka at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2017年04月20日

何事も恰好から・・・

「恰好ばかりつけて・・・」なんて言葉よく聞きませんか?

私は、そんなに悪いことだとは思ってないんです。

見た目ばかりというのは問題もありますが、仕草や姿勢など、真似から学ぶことはたくさんあるので。

それに、本人のやる気が変わる。これはとても大事なことだと思う。そして、責任も。

卓球はアマの大会でもちゃんと公認ユニフォームを着るけど、釣りの大会はそういうのがないですね。
公認とかはどうでもよいけど、もうちょっと大会らしいウエアをメーカーは出してほしいと思います。

サポート選手が着るユニフォームと一般販売のユニフォームのように。


今週末はPBT2017series第一戦。

ということで、これが戦闘服。ちなみにプロスタッフオンリー。

IMAG0528.jpg


来週は周南市市民戦。

ということで、これが戦闘服。ちなみに一般販売。ちょっと高かった(笑)

IMAG0529.jpg


どちらも格好良いです。

そして、どちらも本気!

明日はライン巻き替えて、ラバー張り替えて(届けば)準備しなきゃ!

posted by D.Tanaka at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年04月17日

リールメンテ続き

今日もリールのメンテしてました。

IMG_20170417_155044_909.jpg


同じリールで揃えると、メンテの手順も覚えて早くできるし、比べて悪くなっている箇所もわかります。なんなら、パーツを交換してみて不都合もわかりますし。

ちなみに取説になるパーツ表はほとんど見ません。困ってから見ることにしています。それは、パーツ一つ一つの意味を知りながら組み立てるためです。最初は時間がかかりますが、理解できると組み立て不良の場合でも、どこが悪いのかがわかってきます。

使用頻度にもよりますが、マイクロモジュールのリールは、一年に一度はグリスアップした方が良いですね。雨が続いたときは、より豆に。

あと、ちょっとしたことですが、雨の時にデッキの上に置くときは、リールのスプール面を上にして置いた方が良いです。よく見たらリールの下には水抜きの穴があって、逆に置くとそこから水が入りやすいのではないかと思うのです。実際にはどこの隙間からでも入ってくるのかもしれませんが。

とにかく機械系には水分は厳禁です。濡れたら早めに乾かしてグリスアップというのが良いですね。


な〜んて言いながら、気の向いた時にしかメンテしないのですけどね(笑)

あと、案外汚れているのが、レベルワインダーのクロスギア。汚れていなくてもグリス切れのことも多いです。ここは柔らかいグリスか、粘度の高いオイルか悩むところですね。

ベアリングも一時は、あれこれ変えていたんですが、最近は落ち着いています。というのも、シマノの純正ベアリングは結構良いなと思い出しまして。。。確かにフィーリングが変わるものも多いんですが、それが望んだものかというと、やっぱりそれぞれかなと。。。

それよりもハンドルやノブの方にお金をかけた方が変化としては大きいのではないかと思っています。
まあ、一番変化が大きいのはスプールなんですが、スプールって高いから、交換するくらいならハイエンド買えるのでは・・・とか、思うと・・・(笑)

根っからの貧乏性なので、ハイエンドを買うと逆にパーツ交換するのが惜しくなるし(笑)

ということで、そこそこの中古とかを自分好みに組み立てるのが楽しいと感じだした今日この頃です。

では。
posted by D.Tanaka at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年04月16日

リールメンテ

先日の釣りもそうだけど、最近釣りと言えば雨に打たれる。

雨は魚も釣れるし、大好きなんだけど、リールには良くない。雨水でオイルやグリスは流れるし、雨水に伝って汚れも入り込みます。

最近のシマノリールはメインギアがマイクロモジュールになっているので、この汚れやグリス切れにとても弱い。でも、言いかればメンテさえしていれば快適です。

私は今はシマノのリールしか持ってません。理由はいろいろあるけれど、一番は自分でメンテナンスが出来るという点。「え?他社リールでも出来るでしょ?」という声が聞こえてきそうですが、“私が”というのが大事なところ。他社のリールはメンテをしても、改善されたと感じることがない場合もあるんです。でも、シマノはなんというか、作りなのか、クリアランスなのか、詳しいことはわかりませんが、自分のメンテでもその差を感じることが出来る。それがとても大事なのです。

飛距離などはベアリングとか簡単な交換で差が出ますが、巻き心地などは、それぞれが求めるものが違っています。なので、グリスの質や量も使い分ける方が良いと思います。ちなみに私はコンクエストをあまり使ってません。巻きのメインは13メタニウムです。ラインの太いものが入れたいときはクロナーク。そして、巻きのトルクが欲しいものは、カルカッタです。(ほんとはコンクの方が良いのでしょうが、ここは懐具合の問題です。)

どれが一番という話ではなく、自分の求めるものが何かという話です。それを使いこなすことが上達への近道だと考えます。自分のイメージする動きが出せるか。



ちなみに私のリールメンテは、面倒なところは触りません(笑)不都合に直結するところだけ触ります。なので、メンテのプロがされているそれとは違うと思います。それでも、自分が触ることでわかることも多いので、自分ですることが多いです。それで、どうにもならないときはメーカーに送ります。だいたい、パーツ交換になります。つまり、メンテでどうにもならない状態という事ですね。

1台あたり30分くらいかかってしまうので、今日は2台しかできませんでした。
この程度で良かったら、メンテの方法も教えますので、見かけたときは声をかけてください。
では!
posted by D.Tanaka at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年04月15日

やっとはめれた!川上釣行

今日は夜勤明けで昼から釣行でした。メインは手負いのウクレレのリハビリ。手負いというか足負いだけど(笑)

今日は何か新しいことがしたいと思いながらも、春からはめきれないスピナーベイトが気になっていました。
クラシックでもスピナベは3タックル組んでました。3/21の釣行でパワーロールフィッシュをキャッチしたものの、いまいちはめられてないことが気になっていました。結局、クラシックでも不発。何かタイミングが合わないという日々が続いていました。

今日はワカサギの遡上もあると思い、各インレットを中心に釣り込むことにしました。まずはスロープ上流へ。

水深1mくらいになるとボトムが見えるくらい綺麗になってました。ふと目をやるとバスが水面でパクっと何かを食べました。おそらく産卵後のワカサギではないかと。すると、そのままバンク沿いの小さな木にステイしたので、そのちょっと向こうに一番信頼をおくホワイトのディーパーレンジをキャスト。すぐに反応して「バク!」っと声が聞こえそうなほどに思いっきりバイトしてきました。

IMAG0140.jpg


痩せているけど長さのあるグッドフィッシュでした。スポーンとかそういう個体ではないです。
自分がはめたいというパターンでもないです。上手く食ってくれたというくらいの話です。

その後、バイトもないので、段々畑の主であるK氏と合流し、情報交換しながらの釣り。やはり、本格的なベッドタウンは出来上がっておらず、一段深いところにいるような感じ。

そこで、ディープ隣接の岩周りにジグヘッドをフォールさせると、ラインが走る。

IMAG0141.jpg


これまた久々のリトルレディーフィッシュ。ワカサギパターンでは定番のワームですが、最近ご無沙汰でした。ちなみにこれもクラシックで結んでいました。でも、一投も出来ませんでした。
ラインはArmored F+ PRO BASSの0.3号。マーカーが付いているので、こういった釣りには本当に向いてます。

早々に二匹キャッチし、ほかのクリークを見に行きます。サギもいるし、鯉も差していて、あとはワカサギという状況ですが、スロープ上流に比べて圧倒的に少ない。ので、バスの姿も見えません。ナマズはいましたがw 中野はおかっぱりが居たので、奥まで入れませんでした。

四熊の橋付近は、雰囲気もあってとても良さそうだったのですが、反応はありませんでした。何かのタイミングで化けそうな感じなんですが、手に負えませんでした。

再度、段々に行くも不発。残り時間が少なくなってきたので、もう一度インレットに方向へ行こうと、ブレイク沿いにディーパーレンジを入れると、ドン!っと思い描いたバイトが!!!

IMAG0147.jpg


この一匹で確信しました。「だから、ワーム食わないんだ。」と。

そして、連発。

IMAG0148.jpg


雨もぱらついて来ましたが、ゾーンに入っているのでやめられません。

完全に釣れ方を理解したので、ウクレレに説明しながらの3匹目。

IMAG0149.jpg


まだ釣れそうだったけど、ウクレレに釣ってもらうためにルアーチェンジ。

そして、そのレイダウンミノー110Fでもキャッチ。

IMAG0150.jpg


でも、レンジが違うので魚も違う。わかりやすい。

雨はさらに強くなり、雷も。。。

小さなインレットに絡むレイダウン。

自分がジャークベイトを通し、ウクレレがスピナベを通した後の、シャローロールでもんどり丸見えバイト!

IMAG0152.jpg


これがスピナーベイトの釣りです。

投げて巻くだけではないキモがあります。だから、差が出ます。

いつもハマるわけではないですが、それを理解しているのと、そうでないのでは雲泥の差が出ます。


ということで、あっという間に4フィッシュ追加して終了としました。

おそらくもっと釣れたと思うんですが、なにせ雷が。。。

もちろん、自宅に着いたら雨も止んだというオチですけどね(笑)

久々に良い釣りが出来ました。満足満足!

lessonでもこんな釣りが出来る(ことがある)ので、ぜひおいでませ!

では!
posted by D.Tanaka at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2017年04月13日

組み合わせ

何を合わせるか・・・。

悩みますね。フォアのラバー。ラバージグではありません。卓球の話です。

私の卓球用具は、息子のお古なので選ぶという選択肢はありません。ラケットは壊れない限りこれを使うしかないのです。ラバーは消耗品なので、2か月くらいで交換しているのですが、息子がおいていったテナジー05(特厚)に変えたところ、びっくりするくらい打ちやすくて威力がでる。もちろん、ミスも増える(私の技術の無さが原因)のですが。

ただ、このラバー・・・高いんです。卓球をメインでやっている人でも高いと感じるくらいなのですから、サンデーアングラー的な卓球人(なんていうの?ホビープレーヤーかな?)の私には高嶺の花。。。ちなみに1枚8000円くらいです。両面張れば16000円・・・。ちょっとしたリールが買えますね!

さすがにそれは厳しいということで、替わるラバーを模索中なんです。先日は翔龍(ヤサカ)を打たせてもらったんですが、スピンは良い感じですが、さすがに飛ばない。それでも、粘着の中では飛ぶ方らしいですが。それに、一番気になるのは、ラケットが違うという事です。そのお借りしたラケットは、自分が使っているインナフォースZLCではないのです。となると、気に入ったラバーを張ったところで、実際はどうなのかわからないのでは?と思ってしまうんです。


これは釣りも同様で、昨日お勧めしたラインも使うロッドやリール、リグによっては「え?感度ないなぁ。」なんてことになったり「バイトを弾きまくっちゃう!」なんてことも。

要はトータルバランスが大事。そのトータルバランスは実戦でしか得られないと思います。高感度ライン、高感度ロッド、超ハイギアが使いにくいのと同様に、高反発ラバー&高反発?ラケットだと、使いこなせるのか?という話になります。

もっと言えば、一番の目的の、そのセッティング釣れるのか?ということ。使いやすいのと、釣れるは似ているようで違うことも多いですから。打ちやすいのと、勝てるのは違いますし。←自分のレベルだと、ミスで負けることがほとんどなので、打ちやすい=ミスしない=勝てるというのは事実です(笑)

こうして考えれば、卓球と釣りって似ている(勝手に思っているだけ?)と思います。

道具を使っても、使われるな!

これ大事。

では!
posted by D.Tanaka at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年04月12日

Armored F+ PRO BASS

以前も紹介したこのライン。いろいろと使ってみて、ちょっと良かったものがありましたので紹介します。

slider1-1.jpg


ウルトラPE×フロロカーボン×シリコンという通常のPEラインとは違うライン。

それがArmored F+ PRO BASS です。

私が愛用しているのはベイトフィネスでの使用です。

IMAG0123.jpg


クラシックのプラで釣った魚です。

サイズはいまいちでしたが、バイトの出方はフロロとは違うフィーリングで、とても新鮮でした。

ラインのたわみはなく、ロッドティップにダイレクトに来ます。なので、ソリッドティップの方が良いと思います。

それともう一点。それはシンカーの重さをちょっとだけ重くすることです。

フロロと違いの一つなんですが、比重の違いがあります。それは、リグの引っ張られる方向が違うという事です。フロロはボトムに対して、やや平行に引っ張られるのですが、PE系のラインは、かなり上方向に引かれます。それ故にボトムとの抵抗が少なく、ノー感じになりやすいです。

それを利点と考えれば、より水抵抗の少ないラインで、より重たいものを入れるわけですから、ディープ攻略には最適とも言えます。

それと、私がベイトフィネスで使う理由として、スプールの総重量が軽くなるという事。これは大きなメリットだと思います。

ただし、スプールの強度に対してどうなのか?という疑問も残ります。私は、その点と、高切れ防止のためにドラグはやや緩めです。それでも、伸びがないのでフッキングはかなり決まります。

モノフィラ系とは違うので、ファイトなどの違和感もあると思いますが、そのアドバンテージを得るためには、そこは練習しかないと思います。どんな技術も練習なしでは得られませんから。

もうちょっとデカイサイズを釣っていかないと何とも言えないところもありますが、今期の新たな武器になることは間違いないと思います。

あと、このタックルだけは左巻きを使っています。でも、投げにくいです(笑)

ということで、Armored F+ PRO BASSをよろしくお願いします!
posted by D.Tanaka at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?