2017年11月23日

調子に乗って心理学(笑)

釣りネタが乏しいので、今日も心理学。

いや、これが心理学の分野なのかもわからない。いわゆる素人のつぶやきなので、○○心理学とか、○○派とかいうのもわかりません。ただ、自分の考えの軸は、前から書いているようにアドラー心理学であり、それを大介流に解釈(都合よく)しているものであり、本流から見れば、かなり逸れていると思われます。

と、言い訳したところで好き勝手書きます。

フロイトは、性衝動というものに着目し、いろんな理論を言っております。生物においての性衝動、いわゆる性欲は種の発展に直結するものだと思うので、それ根源とするのは自然なものかもしれません。それが生き物であるなら。

私は人間とその他の生物は分けて考えているので、人間の行動のベースが性衝動であるというのはいまいち理解しかねます。←もしかしたらフロイトが言いたいこととか違うかもしれません。

んで、最近私が考える欲求の根底は、「支配欲」ではないかと思うんです。

あらゆるものを支配したいという欲。

相手に、自分の思い通りになって欲しいと思う事。例えば、子供に幸せになって欲しいということ。これはわかります。だから、公務員になって欲しいとか、相手の収入はいくら以上だとか。。。ここまでくると、相手を支配していると言えると思います。

この支配欲はどこから生まれてくるのか?と考えた時に、もしかしたら赤ちゃんの時ではないかと。赤ちゃんが泣くことで、ほとんどの場合でその場を支配することが出来ます。それを繰り返していくうちに学んでいくのではないかと。泣くという行為は、ある時期から戦略的に使われるようになります。物を買って欲しい時か。それは親を支配しようとしているのではないかと。

言葉で伝えることで、相手を説得出来ればよいのですが、それが出来ないときは泣くという行為で勝負するのです。

大人になると、さすがに泣くという手段はなかなか使えないので、今度は怒るとかキレるとか、そういう感情を利用し始めます。その目的は、相手を支配すること。つまり、根底で泣くことと、怒ることは同じ幼稚性を持っていると思います。

あれ?動物は??という事になりますが、私が考える支配欲は人間特有のものではないかと思っています。それも、一般的な家庭での話。悲しくも世の中には、あまり親に世話してもらえなかった子や、愛されずに育ってしまった子供も居ると思います。そういう場合は、少し違った形になるのではないかと思います。しかし、この学習する欲、つまり、後天的な欲は見逃せないと思います。性欲のような先天的な欲とは、別種のものだと思います。もちろん、性欲も一線を越えていくと、自分を満足させるものとなり、それは支配欲を同時に満たすものになると思います。

日本人はコレクトするのが好きだという話もありますが、私の周りでもロッドを揃えたり、卓球グッズを統一メーカーで揃えたりする人が多いです。コレクションのコンプリートと同じように、ある種の支配欲が働いているのでは無いかと思いますが、どうでしょう?


この支配欲は、さまざまなところで問題を起こすことがあります。相手や場面を思い通りにしたいという気持ち。そして、それが満たされないことで生まれるフラストレーション。

「なんでわかってくれないかな。」とか「それは常識でしょ!」とか「空気読めよ。」など。

相手に勝手に期待して、不満を述べる。


と、ここまで好き勝手書いておきながら、オチがないんです(笑)この考えが全く纏まってないので。

なので、私も常に自分の支配欲に悩まされながら生きてます。ただ、そのたびに「自分勝手な支配欲で不満をもってないか?」と自分に問いかけています。良いか悪いかわかりませんが、泣いたり怒ったりすることはとても減りました。その分、淡々としているように思われます。でも、心の中では結構情熱的なんですよ(笑)

ということで、ちょっと尻切れトンボな話でした。

おしまい。
posted by D.Tanaka at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイスケ的心理学

2017年11月21日

ストレスは蓄積しない

先日の忘年会で「最近、大介的心理学書いてませんね。好きなんですけど。」と言われました。
社交辞令かもと思いながらも、気分良くなったので、久しぶりに書きます(笑)

さて、「ストレスは蓄積しない」という話です。もちろん、自分の考え方であって、真実とかそんな話ではないです。

ストレスという言葉は、物理からきた言葉であり、金属疲労のような感じだと思います。なので、こういう使い方でいうなら蓄積します。私が言いたいのは、心のストレス。まあ、どちらかというとストレスというもの自体を否定しているのですが・・・いや、ストレスが溜まるということを否定しています。ストレスは溜めるものであって、溜まるものじゃないと。まあ、この話はまた次回にでも。。。

んで、何かを見たり、されたりで、ストレスを溜めていく。そして、それが積もりに積もって爆発すると。

例えば、犯罪とか、暴力とか。「ストレスが溜まって・・・」なんというのは良くある話。ニュースでも結構聞きますね。

私は、まずそんな言い訳は聞きたくないし、聞いたところで解決もしないから、そういった言葉は無視です。原因としてストレスがあり、その結果として犯罪があるという図式を否定します。
犯罪を犯したいという目的があり、その手段としてストレスを溜めていくという図式だと考えます。

本人にその自覚が無くても、そういうことです。

そして、ストレスを溜めていくと書いたけど、実際には溜まってなくて、その機会をうかがっているだけです。タイミングが良ければすぐにでも実行します。溜まったことにして。キレやすい人とかいうけど、勝手にキレているだけです。他の人が挨拶というコミニュケーションツールを使うかの如く、キレたり、暴れたりというコミニュケーションツールを使っているだけです。それはツールを知らないか、使い方を知らないだけ。

話はちょっとずれるけど、「ストレス解消方法」とかありますよね?あれも私は否定です。何かの問題があり、それをストレスと感じるなら、その問題を解決するしかないからです。いくら大声で歌っても、魚釣りに行っても、そのストレスの原因は解消されません。もうひとつは、その問題は解決しないのものと理解することです。簡単にいうと"諦める"とか“時間に任せる”とか。今時点での解決を放棄します。そのどちらかかな。まあ、好きな釣りとか卓球をしているうちに、いろいろと考えたり、悟ったりで、解決放棄に向かう事もあるので、一概に無駄とは思いませんが、直接的な解決にはならないと思っています。

まあまあ、話がまとまらなくなってきましたが、要はストレスなんていう偶像に支配された生き方はもういらないんじゃないの?ということ。こんな言葉遊びを言い訳にされても納得できるもんですか。だったら、自分も最初からストレスなんて言葉は必要ないです。形の無いものに、言葉を付けると、それで意味を持ち、形になってしまいます。もしかしたらどこかの原住民にはストレスというような言葉はないかもしれません。その世界にはストレスという概念がないのです。そういう世界があるとしたら・・・・。まあ、ストレスという言葉が生まれる前の世界や古い日本にはもちろんないわけで。

医者が「ああ、風邪ですね。」って言った時点で、やぶ医者決定みたいに、ストレスなんて便利な言葉(医者や問題を起こしたい人にとって)は、もう放棄して生きようと思っています。

でも、昔のブログとか見たらたぶん書いているでしょうね。私も(笑)

でも、過去は過去。これからはストレスフリーな生き方をしたいと思います。あ、ストレスフリーという言葉自体が、ストレスを認めているのか。。。言葉って難しいですね。

幸せに生きるために、つまらない概念は捨てていってもいいんじゃないですか?という話でした。
ちょっとわかりにくいですかね。久しぶりに書くのでまとまりませんでした。ごめんなさい。
posted by D.Tanaka at 23:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ダイスケ的心理学

2017年11月20日

一昨日のukulelesson

一昨日の夜はPBTの忘年会でした。

まあ、おっさんたちの酒飲みなので、ここで書くほど大した内容でもない(笑)

23621963_1258334537645722_2918373459992082522_n.jpg


まあまあ楽しく、美味しく過ごせました。

ただ、最後の〆に出てきた鴨鍋。ちゃんと説明してくれないから、鍋の前に出てきた鴨の切り身を"たたき"だと思って、ばくばく食べてました(笑)ちょっと噛みきれないなぁ〜なんて思いながらも、柚子胡椒をのっけて。途中で鍋に入れるものだと気付き、入れてみると凄く美味しかった(笑)


盛り上がりながらも、昨年同様に、ささっと二次会はエスケープして、HOTEL UKULELEへ。

23622176_1258334714312371_5271778000835176561_n.jpg


至れり尽くせりのお部屋であります。

ただ、「ちょっと飲みましょうか」という割には、馬鹿みたいにお酒を買うウクレレ。なんでも、足りないというのが何よりも不安らしい。それで忘年会のビンゴゲームの用紙をあんなに買ってたんだ。18人でのゲームなのに100枚くらいあったんじゃないの(笑)その性格だからか、エスケープツインも大量に買い込んでいるようです。


さて、翌日の釣りの方です。フィールドは丸山ダム。という事で、相変わらずの旧ザク艇(10ftジョン)。しかも、今回はチェアーを忘れたという。。。サイヤク。

「朝は巻きですよ。」という先生(ukulele)の言葉通り、6XDでバッチリキャッチ!

23658816_1258468250965684_3791278094229141251_n.jpg


この間ハンドルを変えたカルカッタ100もすこぶるいい感じ(ちょっと異音がするけど。。。)巻きには、このハンドルチューンは良いですよ!

そして、パワーロールでも!

23795783_1258468100965699_8419829990099275725_n.jpg


こちらはLTT690PHにて。このロッドとの相性は最高ですね。このあとバイトは無かったんですが、ディープの立ち木にコンタクトさせる釣りには本当に良いです。ちなみにラインはT-7 18lb。太めのラインだと立ち木に食い込まないので良いですね。あと、根掛かりしているライトラインに負けることもありませんし。

そして、最近お気に入りのスライダーワームでもキャッチ!

23621731_1258468140965695_3360396166987498794_n.jpg


やっぱりいい仕事してくれますね。


その後は、風がとても強くなり、ボートポジションをキープするのも困難に。。。

シャローの展開も厳しいということで、先生お勧めのディープを中心に周りました。

ライトリグで弥栄の練習をしたかったんですが、風が強すぎるのでエスケープツインのテキサスで。シンカーは1/2oz。この釣りで4匹キャッチ!

ただ、あまりのディープなので、釣った時にはお腹がパンパン(エアーで)。なので、すぱっとキャッチ、さくっとリリースです。もし、浮くようだったらすぐにエア抜きです。写真を撮ったり、サイズを計ったりする間もありません。この時期のディープの魚は気を使いますね。少しでも元気に戻ってもらいたいので。特に小さな個体ほどエア張りには弱い気がします。

そんな感じでukulelessonは終了。lessonの内容は、あえて伏せますが、冗談抜きでとても為になるものでした。自分では気付けないことを、気付いてくれる人が居るといことはとても有り難いことです。ぼんやりとわかっていることも、相手が居て話をすることで明確になります。

なぜ今年、自分が大会で釣れないのかも理解出来ました。いろんなことが繋がりました。

だからと言って、最終戦で釣れるとは限りませんが、これを機に復活したいと思います。

ukulele先生ありがとう!!!


posted by D.Tanaka at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他のフィールド

2017年11月19日

一昨日のlesson

一昨日は菅野にてBassersLessonでした。

受講者は2回目のU様。恥ずかしがり屋さんということで画像加工です。

今回はテーマというものはあまりなく、今の時期の魚を探していく形になりました。

相変わらずの増水で狙いが絞り込めず少し苦戦しました。

それでも、いいエリアに入れば、それなりに返事あり、やはりパターンを煮詰めていくという作業は大事です。

お互いにいい魚をミスしてしまいましたが、とても楽しいlessonとなりました。

1507.jpg


エスケープツイン使いとして頑張ってください!(笑)

私も良い魚をゲットできました。

1501.jpg


でも、ミスった魚の方がデカかった。。。

ジャークベイトにも反応あり!

1502.jpg


ゲストのTADAMAKI132にもバイトありましたが、残念ながらフックオフ。でも、バイトからバレるとこまでしっかりと見届けました(笑)

今から楽しい時期になっていきます。皆様のお越しをお待ちしております。

<12月の予定>
予約不可日 3日、10日(PBT)、25日〜27日
posted by D.Tanaka at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Bassers Lesson

HB680Mについて


U様、返事が遅れて申し訳ございません。
なぜか私からのコメントがエラーになってアップ出来ません(涙)
なので、記事としてアップさせて頂きます。



HB680Mですが、旧HB680Mと比べると軽くなっているのもあって、感度が上がっています。テーパーは変わらないと思うんですが、キャスト時のウエイトが乗りやすくなって、より柔らかく感じます。
なので、クランクなどもとても使いやすいです。もちろん、チャターもOKです。
ということで、私のボートから降ろすことのないロッドとなっております。
LTT680MHとの比較ですが、二本を同時に使用してないので、感覚的なものですが、HB680Mの方がティップの戻りがゆっくりなので、より軽いものがいけます。具体的にはフラチャット10gやディーパーレンジ3/8ozなど。私としてはシングルフックをしっかりと貫けるバットパワーが嬉しい限りです。
参考になれば幸いです。
posted by D.Tanaka at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?

2017年11月17日

やっぱり人が大事

最近、ベアリングをYTフュージョンに変えている理由の一つが、人の勧め。

あまり人の意見を聞かない私ですが、その人となりを見ていろいろと判断しています。

前にも書いたと思うけど、商品の性能とか機能以前に、その人が見えてこないとなかなか使うということにならないです。もちろん、アメリカのメーカーに知り合いが居るわけもないんですが、そこはお勧めとしてくれるショップさんとかアングラーを見て購入したりするわけです。雑誌もそうですね。知らないライターの記事よりは、知っているライターの記事の方が信用できます。

今回ベアリングを考えているときに、相談したのが福岡にあるショップのグリーンフィッシュです。

ホームページはこちら。 http://green-fish.net/


実は一度も行ったことは無いのですが、ここの店員の波戸口さんはPBTやGFFOなどフィールドで逢うこともあり、いろいろと相談に乗ってもらっています。

彼も大のYTフュージョン推しだったこともあり、いろいろと詳しく聞くことが出来ました。

こういった小さなショップは、商品を売るという事だけを考えていたのでは、大型店には太刀打ちできません。私も小さな果実店で働いていたので、このあたりの苦しみはよくわかります。

では何を売るかと言えば、知識と技術です。果物にも技術はあります。

そして、フットワークの軽さ。釣り人としてフィールドに立つことはもっとも大事なことだと思います。


今回は大会で一緒になることもあり、注文していたベアリングを現地で受け取ることが出来ました。釣りに行ってないお店だとこうはいかないですね。もちろん、使用感などもメーカー的なものではなく、個人の感想として伝えてくれます。私も一応プロスタッフの端くれとして、いろんなことを伝える立場ですが、自分の意見を大事にしています。

これこそが人となりになり、1対1での関係だと思います。ちょうど、ユーザーとメーカーとの間の潤滑油みたいなものです。その潤滑油は、リールオイルのように様々な種類があり、自分に合ったものを見つける必要があります。なので、プロスタッフもたくさん居るわけです。小売店も多くあるわけです。

これからもいろんな人と繋がって、いろんなことを吸収し、釣りの楽しさを伝えていきたいと思います。

posted by D.Tanaka at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年11月15日

lessonでのタックルレンタル

bassers lessonではタックルのレンタルが出来ます。

タックルを持ってないという場合は、もちろんですがサポートしていただいているDUEL、NORIESの商品を使ってみたいという事でもOKです。

それと、サポート外ですが、自分が良いと思ったものを使ってみてもらうこともあります。

最近ではベアリング。

特にYTフュージョンのベアリングがお気に入り。

IMAG0115.jpg


こんなのとか。

IMAG0114.jpg


こんなの。

写真を見てもわからないと思うけど(笑)

IMAG0116.jpg


これとかベアリング見えないしw

最近お気に入りのベアリング達でした。

あ、メンテもね。

IMAG0117.jpg


他にはISOも使ってます。要所で使い分けしてます。

メーカーが言っていることは、100%の正解ではなく、正解の一つにすぎません。

現場で各自が判断すると、いろんなことが理解出来るようになります。

自分にあった釣り方、使い方。

そのお手伝いが少しだけでも出来れば幸いです。

<11月の予定>
予定あり日(予約不可日) 18日(lesson)19日。

<12月の予定>
予約不可日 10日(PBT)

上記以外は大丈夫なので、まずは連絡お願いします。

申し込みはフェイスブック(メッセンジャー)及びメールでお願いします。
申し込み、お問い合わせメールアドレス bassers_lesson〇potberry.jp です。
(注)〇を@に変えてください。
posted by D.Tanaka at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年11月13日

釣れない事と裏腹に

大会では釣れないことが多く、結構討たれているんですが、それとは裏腹に釣りを理解したい欲が増えています。

lessonをし始めてから、どう伝えるのかを勉強しています。インプットした情報をアウトプットしなければ意味がありません。

出来ることと、伝えることは別なのだと本当に思います。

今日は、昨日仕入れたベアリングをセッティングして試投しに行ってきました。

川上の湖畔で、児玉君とニヤニヤしながら時おり沸いてくるワカサギにドキドキしながらいろんなルアーを投げてきました。

ベアリングが変わると飛距離やフィーリングが変わります。そして、巻き心地も変わります。オイルが変わってもそうです。

これは卓球のラケットやラバーと同じで、何が一番性能が良いのか?ではなく、何が一番自分に合っているのかを見つけないといけません。もちろん、ロッドとセットで考えます。癖のあるロッドや、限定的な使い方しか出来ないロッドはリールを選びます。

そういった総合的なことも勉強中です。


今回たくさんルアーを投げてみましたが、新たな発見も多くありました。

以前は気づかないことも、今では気付けます。

何も感じなかったルアーが、今では素晴らしいことに気付きます。

TVでこんなことを言ってました。

「変わらないことを目指すならば、変わり続けなくてはいけない。」と。

今はその意味が分かる・・・ような気がします。まだまだかも。いや、まだまだだな。


つか、ブログ書くなら写真くらいとっておけばよかったわ(笑)
posted by D.Tanaka at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年11月12日

PBT第四戦終了

疲れました。しかし、釣れん。。。今年はと言っていいのかわからないけど、とにかく魚との距離がある。

魚の気持ちに近づいているという感覚がない。

そして、大会においての感がない。

釣りの精度は悪くないと思っているんだけど、大会においての攻守がちぐはぐなんだな。

前回の大会は動けなくて失敗した。今回は動いて失敗したように思う。

今年の弥栄戦は、いまだキーパー釣れず。ホントに情けない。

でも、パートナーの皆様のおかげで、来月の最終戦も楽しめる状況になっている。とてもありがたいことです。

しかし、討たれるなぁ。。。釣れない大会は辛いよ。

最終戦まで約一か月。出来ることをコツコツと。

頑張るぞ!
posted by D.Tanaka at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2017年11月09日

週末の準備を

久々の更新。ネタがない。。。

ので、週末のPBTの準備でも。

流石に水温も下がってくるし、なかなか厳しい大会になると思っています。

しかも、今年の弥栄と相性が悪い。実は第一戦、第三戦とキーパーをキャッチ出来てません。

なので、基本に戻ってしっかりと地に足の着いた釣りをしたいと思っています。

ということで、今回はスピニングを3タックルも持ち込みます!!!なぜ、3タックルかと言いますと、スピニングリールが3つしかないので(笑)ロッドはたくさんりますが、一度にスピニングを持ち込むこともないのでリールは持ってないんですよ。しかも、モデルも相当古い。

IMAG0108.jpg


メインのスピニングは、上のストラクチャーST640LS-Ft。ソリッドティップモデルです。これにT-7 5lbという組み合わせ。これでほぼスピニングの釣りは済まします。もう、ジグヘッドからネコ、スプリットなどなど。

それと、スピニングで使うハードベイト系には下のハードベイトスペシャルHB640LS-Sgt。シャキットグラスですね!これにPEを入れたり、フロロを入れたりですが、今回はT-7 5lbで合わせました。理由は、ほぼソフトベイトで使う事を想定したからです。



IMAG0109.jpg


残りの1本は、下のハイブリッドバキュームHV660MLS。現行モデルだとHB660MLS-Sgtですね。大きな違いはガイド。それにより文字通りシャキッとなっています。
写真の旧モデルは、モタットグラスなので、Mgtです(笑)ボヨーンと投げるには良いですw

ラインはArmored F+ PRO BASS 1号。リーダーはフロロ 6lbです。

メインとしてはジャカブレードなどの鉄板系ですが、ライトキャロにも使用。

ラインは最低でも4lb。これからの時期はデカい魚も釣れやすくなるので5lbです。もちろん、ディープのフラットなどは3lbなどが使いやすいと思います。でも、確実に魚をキャッチするということを第一目的としているので、今は3lbという選択はないです。

細いラインじゃないとバイトが減るという話を聞きます。でも、それは太いラインじゃないと食わない魚が居るという事を知らないのだと思います。同じ魚に対してどうかという事ではなく、別の魚を引っ張ることが出来るということ。釣りって本当に複雑だと思います。
もちろん、太ければ太い方が良いという話ではないです。でも、どちらを(太い方と細い方)使いこなすのが難しいのかと言われると、私は太い方だと思っています。そして、どちらの方がルアーを湖底に残さずに、どちらの方がバスを確実にキャッチできるのか。言う間でもないですね。

っと、話が逸れました。

まあ、結局まだまだ思案中ということです。今年は迷うからダメなんだろうな。。。少し頭を空っぽにして考えてみます。

では。
posted by D.Tanaka at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき