2016年01月27日

ネタ不足

生きてます。

でも、ネタがありません。

スイマセン。。。

今週末から横浜のジャパンフィッシングショー2016を皮切りに、冬のイベントが続くようです。

12193359_1525586794400263_6405995575115061563_n.jpg



昨年はこの手のイベントに行くことが出来なかったのですが、今年はなんとか西日本釣り博にはいけそうです。

banner_1.jpg


まだ予定なので、なんとも言えませんが日曜日の方で周南方面から行きたいという人が居られましたら連絡頂ければ、同乗でいけます。とりあえず興味あるかたは連絡ください。
posted by D.Tanaka at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年01月19日

釣りの話と釣り具の話

釣り場で話をする時に、『釣りの話』と『釣り具の話』をすることがある。この二つは視点が大きく違う。「どうすれば大きなバスが釣れますか?」という質問に、もっとも適切に答えるなら「大きなバスがたくさんいて、人が少ない場所に行きなさい。」となる。卓球で「どうすれば勝てますか?」なら「勝てる相手しかいない試合に出なさい。」なのだ。

「どうすれば釣りが上手になりますか?」とか「どうすれば卓球が上手くなりますか?」というのは、もっと細かく言うと「どうすればキャストの精度が上がりますか?」とか「どうすれば、ばらさずにキャッチできますか?「どうすればチキータの威力が上がりますか?」「どうすればストップがビタ止まりしますか?」など具体的な話になる。

そして、それらは"自分"がやることの話になる。いや、自分にしかできない事の話。行動が伴う話なのだ。

一方で、相手をコントロールすることはできない。出来ないから不満が溜まる。なので、自分が出来ることをやることが努力というものだし、成長へと繋がるものだと思う。

釣りの場合は、相手は魚だ。なので、コントロールはとても難しい。ゆえに運に頼ってしまう。「簡単に食ってくれたらなぁ」と。卓球だと「ミスしてくれないかな」と。でも、食わす技術だったり、打ち抜く技術を身に付けるのはとても楽しいことだと思うんですが、どうでしょうか?

釣りの話の究極は、釣り場作りだと思う。つまりはプライベートポンド。それはそれで一つの夢であって良いと思う。しかし、同条件下で行われるトーナメントはまた別の話。そうなると、釣り具の話になりやすくなる。もちろん、技術も含めてではあるが。

最近、釣りの話が出来てないような気がする。もっというなら魚の話。

夏に川に入らなくなったからかな。今年の夏は、ムギツクと戯れてみよう。
posted by D.Tanaka at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年01月15日

忙しいです。

基本釣りブログなので、釣りにいけないと更新が怠ります。
新製品の紹介などもしなくてはいけないんだけど、カタログ的なことならHPを見てもらった方が分かりやすいし(笑)なので、自分で使ってインプレをしたいんだけど、何しろ釣りにいけてないので仕方ないです。
でも、それもあと10ヶ月ほどでしょう。それまでは、忙しい日々ですがなんとか二足の草鞋を履いていこうと思います。

明日から父の葬儀の関係お世話になった親族の挨拶回りで、大阪に行ってきます。今日はその準備でプラドのオイル交換をしてきました。

1452861826720.jpg


今年で18年目の24万キロ超え。まあ、慣らし運転が終わったくらいでしょうか(笑)しかし、これといった故障もなくよく頑張ってくれています。物を大事にする人を苦しめる悪税以外は、この車に不満はありません。どうにかならないものかね。。。

それから、髪を切って、水槽の掃除を。

急に寒くなったのもあって、ウナ子さん(我が家のウナギ。性別不詳)もあまり餌をとらなくなりました。

1452861794950.jpg


目の前に餌の群れがあっても知らんぷりです。こんな時は餌では釣れないでしょうね。でも、鼻先で指をチラチラすると、ヌヌっと出てきます。ルアーの力ってそういうものなんでしょう。食性ではなく、好奇心に訴える。ルアーを疑似餌と訳した人は、本質が分かってないですね。ルアーはルアーです。

心配だったテナガさんも現在でした。というか、少し大きくなってました(笑)

1452861801082.jpg


不思議な関係です。魚の世界にもこういうことがあるんですね!

そして、ギギネブラ(我が家のギギ。性別不詳)も元気に育っております。

1452861810200.jpg


掬ってきたときはオタマジャクシくらいでしたからね。とてもかわいいです。でも、この子も餌をとらなくなりました。固形の餌を与えているんですが、あげ過ぎると水槽の隅っこでカビてました。気を付けなければ。。。

水替えをすると急に泳ぎだすんですよね。恐らく喜んでいるのではなく、水質の変化に驚いているんだと思います。私の水替えはドーンと抜いて、バシャーって入れますから。甘やかさないのが大介流(笑)

他にもドジョウの水槽もあって、観察して楽しんでいます。決して綺麗な魚たちではありませんが、とてもかわいい仕草で、見ていて飽きることがありません。







posted by D.Tanaka at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年01月09日

キャッチ&リリース

「バスが小魚をたくさん食べて、バスばっかりになっちゃうんでしょ!」

そんな馬鹿げた話を、テレビなどの無責任なメディアから信じている人も少なくないです。

「何も知らない人たちがそんな事言ううんだよね。」って、バスアングラーは言います。

ということは、バスってそんなに多くないの?


はい。そうです。バスは多く生息しておりません。

だから、アメリカでは保護しているんです。繁殖もさせていいるんです。

アメリカよりも規模も小さい日本の湖では、あっという間に魚は減ってしまいます。それが適正な数という話は、あるとおもいます。でも、だからバスを大事にしなくて良いという話にはなりません。

いたずらに細いラインを使うとか、写真の為に長く水中から揚げてしまうとか、熱いデッキの上に転がすとか。。。何がどうというよりも、それぞれで考えられる事をしましょう。

そして、きちんとしたキャッチ&リリースをしましょう。

これは昨年の冬にエモ兄さんが菊川湖で釣ったバスです。

o0480064013527557059.jpg


とても印象的な模様ですね。

そして、これはこの冬に足立くんが菊川湖で釣ったバスです。

12376753_887781614678477_1516761158651031359_n.jpg


私は同一の魚だと思います。

つまり、エモ兄さんがちゃんとラインブレイクもせずに魚をキャッチし、ちゃんと元気にリリースしてくれたことで、約一年後の足立くんがとても幸せな気分になれたという事です。

もし、キャッチ&イートだったら・・・。

そして、殺す気が無くても、結果として殺してしまっても同じ結果になります。

そのリスクをなるべく下げてあげて欲しいというのが私の願いです。

日本では、バスを保護できるのは、バスアングラーしかないという事実を理解してほしいと思います。



posted by D.Tanaka at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年01月08日

2016年あけおめフィッシュ!! in 菊川湖

やっと私にもあけおめフィッシュがやってきました。

昨年のあけおめフィッシュは1/7でした。オーバルジグwithエスケープツインでした。

そして、今年はエスケープツイン。まあ、そういう事ですよ(笑)いろいろ投げてはいるんですが、やはりコンフィデンスのあるルアーは釣れます。

ということで、今日の釣行の話です。

今日は珍しく仕事が早く終わったので、3時間は釣りが出来るということで、ソッコーで準備して菊川湖に浮いてきました。もちろん、貸切。平日の冬に浮く人は少ないですね。。。でも、それだけに自分の好きなことは出来る!ただ、言い訳もできない(笑)

1452258434158.jpg


今日から寒くなったのですが、水温はすぐには下がらないので、まだ11℃ありました。これからドンドン下がると思うのですが、今年はもしかしたら二ケタをキープするかもしれませんね。

3時間しかないので、あれこれ探している時間もない。なので、今回は最近気になっている右岸(下流に向かって)のチェックをしました。今年は特に左岸のフラットなどが不発で、個人的に左岸での釣果が良くないのです。ということで、右岸を釣りこんでいるのです。ちなみに年末の二匹も左岸です。

1450345197293.jpg


<2015年のラストフィッシュ>ラッテリーにて。

右岸は岩盤が絡む場所が多く、やはりキーはワカサギだと思います。ただ、今はワカサギだけではバイトまで持ち込みことが難しく、プラスαの要素を見つけることが大事です。

今回はシャローカバーでした。ただ、カバー周りをテンポよく打っていたのにはバイトがありませんでした。カバーの少しだけ絡めて、シェイクを続けると、一瞬くわえて、離しました。「うわ・・・」と思って、さらにシェイクすると、二度食いしてくれました。

1452258427787.jpg


嬉しかったので別アングルでもう一枚。

1452258446072.jpg


大した写真じゃないですね(笑)嬉しかったけど、早くリリースしてあげたかったので、写真の確認までしませんでした。でも、サイズは48cm(くらい)の1700g(くらい)なんですよ。もっと立派に写してあげたかったなぁ。でも、デッキに転がしている写真はあまり好きじゃないんです。メジャーに乗せるのも味気ない。何か粋な写真の撮り方ないかなぁ。入水写真はかっこよいけど、今は死にますね。。。

ルアーはエスケープツイン。カラーはダッピ。実は別のカラーが付いていたんだけど、ふとしたひらめきからダッピに変えた途端のバイトだったので、これまたコンフィデンスカラーとしての地位がぐっと高くなりました。
ロッドは3/8ozテキサスに抜群の相性のST680MH。そして、ラインはDUEL T-7 16lb。ラインは食わせられる範囲の中で最大数を使うのが基本です。魚を取り込むまでが釣りです。いたずらに細いラインを使うのはお勧めしません。

シンカーやフックの小物も少しこだわってますが、それは写真をみてくださいね。

その後は、岩が絡む岬でバイトを取ったもののすっぽ抜け。歯形のみでした。それも弱めの。。。やっぱり、バスの吸い込む力が無いんですね。ネコリグとかジグヘッドなら取れたかもしれませんね。もう少し浅かったら、サスペンド系のハードルアーでもいけると思うんですけね。

ということで、2バイト1フィッシュ。バラシ0。バラシはフッキング後でカウントです。

今年は、釣り方を拘らずに、バラシ0を目指すとともに、ラインブレイク0を目指します。ラインブレイク罰金基金でも作って、何かに寄付とかしても良いかも。本当は良いことで寄付したいけど、心が荒んでいるので(笑)

ともあれ、嬉しい2016年の初フィッシュで良いスタートがきれました。









posted by D.Tanaka at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2016年01月05日

少し寒くなりましたね。

今年は暖冬ということで、1月になっても釣果の話をよく聞きます。少しイラつきます(笑)

今年は初釣りでこけてしまったので、フラストレーションが溜まっております。やりたいことが多すぎて、昨日も卓球の練習に出かけたのですが、新春は6日からだというのを忘れていました。真っ暗な体育館を一人で眺めてきました。寂しい。。。

冬休みの部活も時間が合わなくて、出られないし、せっかく高知や島根で得た経験、知識を子供たちに伝えられなくて焦ります。強くなるヒントをたくさんもらったのに。。。

私の中では釣りと卓球はかなりリンクしており、今回も手首の使い方など、とても共感できる話がありました。体を使うスポーツである以上、なるべく無理の無い形の方が故障も起きにくいし、リズムも良くなる。

その結果、ボールは安定して打てるようになるし、魚も釣れるというわけだ。冗談みたいな話だけど、ホントの話です。もちろん、しなりという溜めを利用する打法も、キャストのロッドの溜めと同じ。

物理の話は、詳しいことはわからないけど、経験からくる話なのであながち間違っては無いと思っています。

客観的に物事を見ることで、その現象に対して"奇跡だ!"とか"まぐれだ"とか思わなくなった。むしろ、必然だと感じることが多くある。成功も、失敗も、必ず理由があると。

今年は昨年以上に、時間を作るのが難しいと思う。だからこそ、さらに精度を上げていきたいと思う。そして、時間を大事にしていきたい。

今年は正念場です。
posted by D.Tanaka at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年01月03日

新年あけましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

1451796182770.jpg


今年は喪中ということで、年賀状も、お宮参りもないお正月でした。元旦から行った釣りは、しっかり凸りましたし。。。準備からしっかりしないといけませんね。

年末からの卓球行脚に加えて、新年の熊本温泉弾丸ツアーと相変わらずの忙しい日々を過ごしています。
体はきついけれど、今しかできないことがある。あとで後悔するなら今やろう!というのが、近ごろの私のテーマです。いろんなことに気を配って(私なりに)来ましたが、それも自分が勝手に思っていただけで、周りにとっても、自分にとってもプラスにならないことが多くあるということを知りました。

遠慮というのは、両者の申し合わせのようなもので、摩擦を生まないためには必要なことですが、その申し合わせが生きてなければ、逆に摩擦になることも多くあるのです。

分からないから遠慮するのではなく、分からないから飛び込んでみる。
出来ないから遠慮するのではなく、出来ないから挑戦する。

自分にとってその場が楽に収まる方に、都合よく言葉を使っているように感じます。
だから、楽しい方へ動く。だから、ドキドキする方へ行ってみる。

これが今年のテーマかもしれませんね。まあ、毎年ブログでテーマを書いているんですが、その通りになったことがありません(笑)なので、これもあまり意識せずに、思うままに突き進んでいきたいと思います。


前置きが長くなりましたが、昨日日帰りで熊本へ行ってきました。共働きであり、子供たちも学校生活に部活にと忙しい中で、休みを合わせるのが難しくなっているので、“今しかない!”と急遽、決断しました・・・嫁が(笑)

早朝に家を出て、まずは壇ノ浦でパチリ。

1451796171880.jpg


初日の出というわけではないですが、少し趣のある風景でした。

そして、最初の目的地は、竜門の滝です。

もちろん、滑っている人はいませんでしたが、とても雰囲気の良い場所でした。

夏に来てみたいですね。ちなみにバスはいませんでした(笑)

12459743_1623824017884664_1683419903_n.jpg


「滝の上から飛び降りないでください」と看板がありましたが、まず飛び込まないでしょ(笑)



次の目的地は、豊礼の湯

ここは二度目ですが、湯もさることながら、地獄蒸しが自由にできることが魅力。

1451796159808.jpg


大体20分〜30分くらいで出来上がるので、お風呂に入っている間に出来上がっちゃいます。
食材もロビーに売っていますし、もちろん持ち込みもOK!
ここで昼食まで済ませて、次は・・・熊本!ってなったんですが、さすがに時間も残り少ない(当たり前)。日帰りって忙しいですね。。。

そこで、黒川温泉のよさそうなところを探すも、人!人!人!!!

やっぱり、人混みは嫌いです。。。

そこで、ナビゲーター(妻)の提案で、筌の口温泉へ

ここでの写真は、コインロッカーにスマホを入れてしまったので無いのですが、物凄く良いです!
超おすすめ!!

個人のサイトですが、それなりに詳しいものがあったのでこちらを参照にしてください。

写真にないのですが個人的に気に入ったのは、浴場の入り口にドンと構える石の祠があり、その中に薬師如来が鎮座されている。それも相当古い。そして、湯上りにチーンとお輪を鳴らして手を合わせる。
なんとも言えない時間が流れています。

私は長湯の方ではないのですが、さすがにこの雰囲気に呑まれてゆっくりとしてしまいました。ちなみに女のひとには不評でした(笑)お世辞にもきれいと言えない作りですしね。でも、大事にしていってほしい温泉です。

帰りには定番の桂茶屋へ。

1451796133436.jpg


少しでもお客さんを楽しませようとするスタンスが素敵です。

焼きダンゴを食べましたが、ゆずが効いていてとてもおいしかったです。

とても満足して帰りました・・・・と、〆たいところですが、帰りは大渋滞!もうUターンラッシュが始まっていたんですね。。。20km超えの渋滞は久々に味わいました。

それでも10時30分には帰宅。7時に家を出てからのハードなスケジュールでしたが、とても楽しめました。



posted by D.Tanaka at 14:54| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき