2016年05月31日

LTT690PHインプレ

久々の更新です。本当にすいません。

前回菅野に行き、LTT690PHをいろいろと使ったインプレを書いてみようと思います。

LTT_top.png


まず、このロッドを導入しようと思ったのはビッグベイトでの使用を考えてでした。

私の使うビッグベイトは、ニンジャグライダー、ニンジャスイマー、そして、ヒラクランクシリーズ。
その使用感は・・・・すいません。語れるほど使えてないです。何しろビッグベイト素人なもんで、いろんな人に聞きながら、なんとか使っている状態です。

そんな中、とても気に入ったのはキャスト性能の高さです。元々ロードランナーはキャスト性能の高いロッドだと思うんですが、その中でもこのロッドは群を抜いていると思います。もちろん、ヘビーウエイト対応としてですが。ライト〜レギュラーウエイトだと、なんといってもVOICE HB680L。これは比べるものがないくらいに素晴らしいと思います。

1464698286672.jpg


今回はLTT680Hと比較してみます。

1464698280495.jpg


全体のレングスはカタログ通りで2cmほどの差。

しかし、一番大きな違いはダイヤ(直径)です。LTT680Hが2.1mm/10.7mm(ティップ/バット)に対し、LTT690PHは2.8mm/10.5mmです。

ティップダイヤが2.8mmというのはジャングルスティックと同じでシリーズで一番太いモデルとなります。それに対してバットダイヤは10.5mm。このバランスがキャストをとてもやりやすくしているのだと思います。

そして、ガイドの仕様も違います。

1464698273575.jpg


LTT680Hが7番ガイドからダブルフットになっているのに対して、LTT690PHは4番ガイドからダブルフットです。シャープ差では、もちろんLTT680Hの方に分がありますが、実際LTT690PHでテキサスをしてみると、とても使いやすいことが分かります。その理由は、いろいろありますが、まずは使ってみることで理解してもらえると思います。

まだまだ使い込んでいかないとわからないことも多いですが、今のところLTT690PHに関しては、7.0ギアくらいで、ロングハンドル&パワーグリップが良さそうです。というのは、ロッド全体のトルクでフッキングするため、結構巻き代があるように感じます。

このあたりが、撃ちにも巻きにも対応できる部分だと思います。本当は2,3本用意してリールで差をつけるのが一番だと思いますが。

ちなみにラインはフロロ18lb。これでビッグベイト、ビッグスピナーベイトのスローロール、ジグ、テキサス、ビッグスプーンをカバー出来ます。となると5本体制ですね(笑)

ということで、一押しのロッドLTT690PHでした。








posted by D.Tanaka at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?

2016年05月24日

久々の菅野

今日は児玉君と菅野に行ってきました。

その内容はこちら。

POTBERRYのHP
14640849510532.jpg


少し痩せてはいたものの58cmはやはりデカイです。

今日は6時から18時と約12時間釣りしていました。

さすがに疲れました。。。でも、今日はとても楽しく釣りをすることができました。

写真サイズではなかったけど、LTT690PHにも入魂できましたし。

このロッドは、ビッグベイト、ヘビースピナーベイトからジグ、テキサスまで幅広く使えます。特にエスケープツイン使いの私としては、そのあたりの使用感が気になっていたのですが、とにかくキャストが決まるロッドです。かなり気に入りました!

この汎用性の高さは、ロードランナーならではです。個人的にはHB680Lに並ぶ名竿の予感がしています。やっぱり、ロッドのセッティングは深いです。

本当に良いロッドです。オススメ!!
posted by D.Tanaka at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2016年05月23日

明日は傷心バスフィッシング

明日は久々の部活もない休日。

ということで、ゆっくり一日釣りをしてきたいと思います。といっても、いろいろテストしないといけないので、結局仕事みたいになってくるんですけど。。。

タイトルの傷心ですが、これは卓球部の話です。

先日の結果は、息子がシングルでなんとかベスト16に入って選手権のシードを取りましたが、あとはダメ。団体も、まさかの一回戦負け。。。ショックを通り過ぎて、呆然としてしまいました。

でも、考えてみればこれも私の責任です。明日からテスト週間で、部活は休みなのでゆっくりと考えてみたいと思います。

さて、釣りのほうは、ニンジャグライダーで釣りたいと思っています。でも、エスケープツイン投げちゃうんだろうな(笑)

とにかく楽しく過ごしたいと思います。
posted by D.Tanaka at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年05月20日

明日は春季県体

久々の更新です。死んでいたわけでないですが、いろいろと忙しく考え込むようなことも多くあった週でした。

二足の草鞋を無理やりはいている私ですが、その一つの中学校の外部コーチの仕事も佳境に差し掛かってきました。明日は春季県体。そして、6月になると選手権予選、7月に選手権本戦と秋季県体予選。この秋季県体予選の団体で優勝出来なければ、そこで部活が終了する子たちも多くいます。ここに勝つとなんとか10月まで部活は続けられます。なんだか首の皮だけでつながっている契約選手みたいです。

明日の春季県体は、上位に入れば、シングルも団体も選手権のシードが取れます。なので、一つでも上の結果がほしいと思います。

今日も部活に行って、あれやこれやと指導してきました。我ながらこの場違いなところで、頑張っているなと思います。いや、頑張っているというか楽しんでいるなと。

息子からしても、私は全くというほど卓球は上手ではないです。学生のころも遊び程度にやっていたくらいで、試合なんて出たこともありません。なので、自分の卓球歴は息子と同じくらいです。でも、練習量は半分以下、試合経験なんて以ての他。でも、マシンを打ちまくって肘が痛むくらい(打ち方が悪いんでしょう)やってます。打てない子が、なぜ打てないのか考えています。どうすれば打てるのか。どうすれば理解してもらえるのか。不器用なりにやるしかないんです。

なぜそこまでしてやりこむのか。それは、本気の大人を見せてやりたいと思うのです。"上手になったらやる"のではなく、"上手になりながらやる"です。まずは行動です。時間も周りも待ってくれないのです。今しかそのチャンスは無いのですから。実際に、この中学校の卓球部は廃部が決まりました。今後、いくら望んでも出来ないのです。

今はとても大変ですが、引き受けて(最初はこちらから申し出ましたが)本当によかったと思います。本当に貴重な経験をさせてもらっています。中学生という多感な時期も改めて感じることが出来ました。私がやり残したことを、伝えにタイムスリップしているようです。でも、ほとんど伝えられないです。もどかしくも思いますが、それも仕方ないことかも。でも、伝え続けます。一つでも伝えられるように。
周りにどう見られるかなんて考えなくなりました。かっこ悪い親父で結構。それで、何かが伝わるのなら本望というものです。

やって出来ないことはないとか、やれば勝てるなんて言いません。でも、やらなきゃ勝てないのは確かです。そして、やることで勝つという結果よりも大事なことを見つけられます。結果はあくまでもついてくるものです。

いろんな役目や立場を背負い込んでいる私です。なので、どれかを一生懸命すると、ほかに迷惑をかけてしまいます。職場にも、家庭にも。サポートしていただいているメーカーにも。とても申し訳ないように思います。とても感謝しています。

明日は子供たちを戦力でサポートしてきます。
posted by D.Tanaka at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年05月15日

いろいろ感じた一日。

今日は休みを取って、義兄のちょっとした手伝いをしてきました。

周南市の果てまで行ってきました。4年に一回のお手伝いですが、こんな時にしか行かないところもあり、時間の経過を感じて、とても新鮮な気持ちになれました。

そのついでに石船温泉に行ってみました。お昼過ぎということもあってお風呂はがらんとしていました。

サウナでゆっくりしていると、初老のおじさんが入ってきました。

「こんにちわ。お邪魔しますね。」と。今時、先行者に挨拶してくれる人も少ないので、嬉しい気持ちになりました。

それから、いろんな話をしました。温泉の話から、母のこと、兄の事、そして、現在の生活のことなど。内容は差し控えますが、けっして楽で平坦な人生ではなかったようです。でも、その言葉からは恨みや妬みは感じられず、今を感謝して、温泉という小さな贅沢を楽しんでいると思いました。

口癖のように「ごめんなさいね。」というのがとても印象的でした。「こんな話を聞かせてしまって、ごめんなさいね。」と。

私は、こういう話は好きなので、ついつい聞き入ってしまいます。とても楽しい時間でした。秘密の温泉場も教えていただけましたし。

最後に、「では、お先に失礼しますね。」と声をかけると「いえいえ、ごめんなさいね。」と(笑)

名前も、素性もわからない人でしたが、お互いに楽しいひと時を過ごせたのではないかと思います。

また、どこかの温泉で逢えるとよいなと思います。

また、明日もどこかの温泉に行っているのでしょうね。

posted by D.Tanaka at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年05月13日

ハードコアミノー フラット

今日はDUELの名品の紹介です。

DUELは隠れた名品が多いのですが、その中でも最近特に釣果が出ているハードコアミノー フラットです。

a4ae7db7f08b6b0afac2ad1afdb902d710.png


このジャークベイトは、なんといってもキャストが楽!風が強い時や、よりディスタンスがほしい時に重宝します。そして、ただまきでもとてもよく泳ぎます。

ビルの位置が、まあまあアイに近いですが、それでもアイとは独立した形状なのです。これの意味は分かりますよね?

そんな感じで、私はレイダウンミノーやTADAMAKIシリーズと使い分けています。

そんなフラットですが、昨年の冬に高知で行われたウインタスクールの時に、卓球界の"浜ちゃんとすーさん"こと、N岡さんとA木さんに、その凄さを伝えておきました。(実はこのお二人は、かなりすごい指導者です。私の卓球の先生です!いつもありがとうございます。)

13226827_921749694604270_4958322748579670954_n.jpg


そして、今回、高知で大爆釣劇を演じたようです。その立役者がフラットだったようです。

13166022_921201977992375_5720371235020121385_n.jpg


なんでも、二日間で50匹以上だったようで・・・うらやましいです。。。

最後にはこんなオチも(笑)

13232980_921202007992372_2958471796157132167_n.jpg


卓球も釣りも、とことん行き着いた先には同じような感覚があると思います。釣りのトップと言われる人と卓球界のトップ指導者は、同じような感じがあるんですよ。言葉には出来ないですけど。

ということで、ハードコア フラット。釣れるジャークベイトです。ぜひ使ってみてください。
posted by D.Tanaka at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?

2016年05月12日

POINT-1 場所移動

魚探強化計画も大詰め。

今日はPOINT-1を移動設置しました。

1463061793752.jpg


以前は写真のようにエレキの付近につけていました。これはエレキにつけてある振動子からの映像でポイントをマークしていたからです。

そして、Elite7Tiを導入したことで、サイドイメージからのマーキングがメインとなると考えたことから、サリアの振動子の近くにすることにしました。

1463061784983.jpg


本当は振動子の真上のほうが良いのですが、それは無理なので少しだけ横に。でも、正確にはこの差分だけはずれてしまうんですよね。誤差が少ないということでPOINT-1を買っているのに、セットでずれちゃうなんてなんだかもったいない気もします。

1463061776804.jpg


少しだけ船体にビス穴は空けることになりましたが、無事に設置完了。

今回はアンテナからのコードに電源線を配置しているものを利用しました。

配線自体も短くてすっきりしています。ただ、動作確認は出来てない(時間の関係で)です。プラスとマイナスを間違えなければ大丈夫だと思うんですが。。。

今回、船体の中を配線通しをしていると・・・・見つけました。。。。そうです。テラフォーマーの死骸です(涙)恐る恐るペンチで取り出し廃棄(といってもボートの横にポイ!)しました。

しかし、奴らは大量に潜んでいるので油断はできません!ああ、恐ろしい。。。

いつまで奴らの攻撃に耐えなければいけないのか。。。M.O手術受けようかなぁ(笑)




posted by D.Tanaka at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年05月11日

PBT第一戦の反省文

少しだけ時間が経つだけで客観的に物事を見ることができるようになります。

今回の大会ですが、プランから思いっきり外してました。相当間違ったプランで釣りをしてしまいました。そんな中での6位という結果。そんな中でのBF賞。これはマグレとか奇跡といっていいレベルだと思いました。

ただ、一つだけ言えるのはタックル、ルアーには微塵の不安もなかったということ。最高のコンフィデンスを持って挑めたということ。こうした自信が魚を呼び込むのだと、改めて感じたのです。

今回の大会の状況は、まさにポストスポーン。つまり、魚の動きはそんなに早くなく、スローな釣りがメインとなります。トップやフロッグもありだし、フローティングジャークベイトもありでしょう。

私はというと、プリかアーリーサマーの釣りをしてしまったのです。私自身は使っているルアーはそんなに変わらない(ほぼエスケープツイン)なんですが、シンカーのウエイトからペグの有無、距離、フックの形状、ライン、ロッドなど細かな調整で魚にアジャストします。もちろん、アプローチも大事です。

一言で説明するのはむつかしいのですが、こうした部分を釣りながら合わせていくのです。しかし、今回はクラシックでもこけていたし、状況を明確には掴めてなかったのです。その結果、全く異なったイメージで釣りをしてしまったのです。本当にバスって繊細な生き物ですね。


ただ、もう一つだけ6位に入った要因があります。それはパートナーの存在です。私はパートナーに合わせることはあまりしません。自分のプランが釣れると思っているし、それに自信もありますから。でも、相手のプランが明確にあり、それが納得できた場合はすぐに試します。自分とは異なった景色を見ている可能性があるからです。

今回は九州の方ということで、あまり小野湖は詳しくないということでした。ということで、自分のプランを通したわけですが、ずっと私のプランに付き合っていただきました。そして、ズレたパターンのアーリーサマーの魚を終了間際に釣ってくれました。この魚は本当に感動でした。

私はランディングネットを積んでないので、BF賞になった魚も、この6位入賞になる魚もハンドランディングです。魚体が見えてからキャッチまでの間はドキドキです。自分が何をしゃべっているかもわからないです。そんな最高に興奮し、最高に楽しめる瞬間を簡単に終わらせたくないのです。完全に自分の自己満足に、パートナーも巻き込んでいます。申し訳ないですが、これが私のスタイルです。

今回のパートナーの魚は、3lbラインでのキャッチでした。私は小野湖では100%使うことのない細さです。4lbも完全なオープンウォーターでしか使いません。それは確実に魚をキャッチしたいと思っているし、ラインブレイクは一番恥ずかしいミスだと思っているからです。今回自分がハンドランディングをしようと、パートナーのラインを手にしたときに「え?細い!!!」と驚きました。そして、少しミスして走られてしまいました。これでブレイクしたら私の責任です。かなり焦りました。。。次のチャンスは逃さないと、両手を精一杯伸ばしてキャッチしました。その瞬間、背中が攣りました(泣)相当痛かったです。もちろん、初めての経験です。ランディングで背中が攣るなんて・・・・。でも、それくらい本気で興奮しました。

今回ウエイインされた魚の中では、そんなに大きな方ではなかったかもしれません。けれど、この魚は私たちに感動をくれました。最高の魚です。とても愛しい気持ちでリリースしました。また元気になって、釣れてくれと。

ペア戦だからこその戦略と喜びがあるのは間違いないです。そして、初対面の二人だからこそ出来ることもあります。すべての可能性がそこにはあります。ボーターだから出来ることもあれば、ノンボーターだからこそ出来ることもあります。同じ時間を共有しているようで、見ている景色は全く違うのです。魚はキャッチ出来なくても、何かヒントになる一言だけでも、展開は大きく変わるのです。それがペア戦の楽しいところです。

今回の大会は、本当にいろんなことを考えさせてくれ、いろんなことを思い出させてくれました。もう一度、初心に帰って、謙虚にバスと向き合いたいと思います。
posted by D.Tanaka at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2016年05月09日

PBT2016第一戦 

昨日は疲れてしまって、何も書けませんでした。

今日も、なかなか疲れが残っているので、何も書けませんが報告を少し。

昨日の開幕戦は6位ということで、昨年の第一戦より一つ順位を上げました。

終わってみれば、プランを大きく外していたんですが、結果オーライでした。


スタートは8番とやや遅めだったのですが、下流へは一番に達しました。しかし、そこからノーバイトの時間が続きます。。。原因は、タイミングもあると思いますが、バスのポジションの読み違いが大きいです。かなり間違った攻めをしてしまいました。その中でも、修正が可能なテキサスの釣りを選んでよかったです。

今回のタックルセッティングは、テキサスが2、ライトリグが1、スピナーベイトが2、巻きジグが2、バズベイトが2。つまり、ラバー系&ワーム系。

ラバー系は、ギル食いのバスの反応が違っていたということをクラシックのプラの時から感じていたので。ただし、菊元さんの攻めがすこぶる冴えていて嫉妬しました(笑)

1462702049593.jpg


自分がやることよりも先に、頭で考えすぎて出来なくなっていたことに気づかされました。他にもかなりの刺激を受けましたが、なかなか文章にすることがむつかしいので、気になる人は逢った時にでも聞いてください。

今回はミスバイトもありましたが、決定的なミスは1回。でも、それは大きな差でした。終了間際にパートナーの波戸口さんが値千金の一匹を釣っていただき、なんとかウエイトが纏まったという感じです。もし、あの一匹が無かったらと思うとゾッとします。。。

それでも、ビッグフィッシュ賞は獲得できたのは嬉しかったなぁ〜。

1462802635017.jpg


年間を通してBF賞を一度は取りたいと思っているので、今期の目標は一つクリア。あとは1勝。

この魚に関してはまた後日。

1462802619574.jpg


今回入賞されたみなさん。おめでとうございます。

個人的には、ウクレレの2位は嬉しかったですよ。置いて行かれないように頑張らなきゃ!


posted by D.Tanaka at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2016年05月07日

明日はPBT第一戦!

明日は第一戦です。今、準備に追われています。

自分の準備もありますが、運営としての準備もあり、バタバタです。

しかも、さっきボートを片付けていたら・・・また出ました。奴が。。。

明日は生餌が乗っているかもしれません(涙)大会中に雄たけびが聞こえたら、ビッグフィッシュをキャッチしたときか、奴らが出てきた時です。ジョジョジョ。。。


ということで、プランも決まらずに、タックルばかりが増えそうですが、クラシックの失敗を反省してしっかりと釣ってきたいと思います。

しかも、今回はスペシャルゲストとして菊元プロが来られます!

b5a281a39d0165b3609d7e31c3a1f0d7-615x820.jpg


PBTとしては"気軽に誰でも参加できる大会"を目指していましたが、こんな大物プロが参加していただけるのはとてもうれしいです。

今回はゲスト参加ということで、ガッツさんと出艇なので参考記録ということです。菊元さんのウエイトを上回る選手が出るのか!それも楽しみ。昨日は相当良い釣りをされていたようですから。

山口県の釣りもどんどん盛り上がってきているようでとても嬉しいです。

人が増えると、同時に増えるのがマナーの問題やトラブル。まずは相手の立場に立って考えることが大事です。

そういう私が、一番配慮がないんですが。。。スミマセン。

さあ、明日は思いっきり楽しんできます!!



posted by D.Tanaka at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2016年05月03日

魚探のセッティングついでに

昨日は取り付けた魚探の様子を見に、2時間だけ浮いてみました。
1462190323606.jpg


こうみるとプロっぽいですね。以前ついていたLMS-520Cは一休みです。

スロープ周りから、対岸の段々のエッヂ、ハンプ、沈みものなど、自分の記憶の中のものを映し出しては、見るという確認をしてきました。

ピンのものは、もちろんはっきりと映りますが、エリアとして分析する能力も高いです。今更ですけど。。。

1462190331389.jpg


この映像でアリアが分かれば、相当な川上フリークですね!

残り30分くらいでちょっくら釣るかと投げたら、いつものツインでバッチリ!

1462190338247.jpg


最近、ショートバイトに悩まされていたのですが、この子はグイグイと持って行ってくれました。こういう子は大好きですw




少し気になるのは200HZの魚探の映像が、なんだか色抜けしているような・・・。

1462190344009.jpg


チャープは想像以上に解析度が高く感心したのですが、色合いがなんとも。。。何か設定があるんでしょうか。

あと、リアにつけた振動子ですが・・・バッチリ水漏れしてました(笑)
沈しないように対策をしたいと思います。









posted by D.Tanaka at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年05月01日

何か対策をせねば・・・

最近、やつらの侵略が凄まじいのです。

私がGB(ゴ〇ブ〇)と呼んでいる奴等です。一般的には"テラフォーマー"と言われています(笑)

家に出てもらっても困るんですが、奴等がボートに侵入してくるんです!!!

知っての通り、よく水が溜まっているボートなので、奴等の生活環境に適しているというのもあると思いますが、本当に奴らは強いです。

ボートカバーを掛けたボート内って、とんでもないくらいの気温、湿度になっていると思います。しかし、奴等は平気です。ジョジョ・・・。

そして、一番の原因だと思うのは・・・バイトパウダーまみれのワーム。

最近、巷で人気沸騰らしいバイトパウダーですが、寄せるのは魚だけではないのです(笑)まあ、天然素材であの匂いだから当然といえば当然ですが。

昨日の作業中も、1匹と1頭でました。ちなみに羽根も生えてない奴は1匹です。そして、ブローチサイズになり、黒光りしている奴は1頭です。格が違います。ジョジョジョ・・・。

私はM.O.手術を施されていないので、キ〇チョールを手にして戦います。でも、ボートが殺虫剤臭くなるとバスが釣れなくなるような気がするんですよ。。。ホウ酸ダンゴとか入れとけばよいのかな。。。

ボートデッキも湿度でキノコが生えてくる季節になってきているし、テラフォーマーの首にキノコなんて・・・リアルにダメ。夢に出ちゃうレベルです。もう勘弁。。。

テラフォーマーと私の戦いはこれからも続く。

今回はあえて文字だけブログにしました。奴らの真実の姿は誰も知らない。。。。

posted by D.Tanaka at 06:58| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき