2016年06月30日

少ない時間を有効に使って・・・

相変わらずの多忙です。でも、それを言い訳にしていては何もできないので、行動あるのみです!

今日は夜勤なんですが、仕事がないので自宅待機で明日の準備をしています。

1467288225096.jpg


明日は、久々に釣りに行ってみようと思います。時間が短いので、何かテーマをもって挑戦して来たいと思います。まあ、純粋に楽しむというのも大事なことなんですけどね。

夕方は部活。そして、夜は夜練習。。。明後日は、卓球の練習会(1日)。まあ、引率なので、自分が汗をかくわけではないのですが。


という感じで、今年は相変わらずの忙しさ。動けば金も飛ぶ!(笑)でも、今年やらなきゃ、いつやるんだ!!ということなので、精一杯走り切りたいと思います。
posted by D.Tanaka at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年06月29日

LTTのロッド袋

今更ながら、これは!と思うことがありましたので紹介します。もしかしたら、ノリーズユーザーからすると常識だったかも。。。

それはロッド袋です。

ロードランナーのLTTシリーズのロッドの袋は、メッシュで出来ていてリールをつけたまま保管することができます。一応ですが。。。

1467206027125.jpg


きっちりしているわけではないですが、保管できなくもないという感じ。

市販のロッドメッシュカバーのような伸縮性はないもののラインを通したままでも、ほかのロッドと絡まることはないので良さげです。

main.jpg


これは自分も愛用しているGEECRACKの商品です。


まじまじとLTTのロッド袋を見ていると、「あれ?マジックテープ??」そう、これ外せるみたいです。

1467206014809.jpg


うむ・・・悪くない。なんと良い仕様なんだろう。。。今まで気が付かなかったのが悔しい。。。

どうしても、グリップ部分まで覆いたいのであれば、リールのフロント部分にマジックテープを縫い付けるか、スナップボタンを付けるのもよいと思います。

ともあれ、個人的には不要だと思っていたロッド袋。これからは使っていきたいと思います。

NORIESさん、いい仕事してますね〜(笑)





posted by D.Tanaka at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?

2016年06月27日

新たな家族

最近、新たな家族がやってきました。

ニホントカゲのプリンさんです。ちなみに息子が命名。センス疑います。。。

1466752770618.jpg


この子が来るのに伴い、大きい水槽にいたドジョウたちは川にお帰りになっていただき、小水槽にいたギギの「ギギネブラ」さんは大水槽に移動。悠々と泳いで・・・いえ、やっぱり土管の中でじっとしています。なんとも、絵にならない魚です。

もう一つの60cm水槽には、あいからずウナギの「うなこ」さんと、手長エビの「エビータ」さんが共同生活をしています。今は小赤を20匹入れても1週間持ちません。食欲旺盛です。

ホントは、ヒョウモントカゲモドキがとても気になって仕方ないのですが、今の生活では到底世話する時間も
作れないので、写真を見て妄想して楽しんでます。あとは小赤を買いに行ったときに眺めるだけ。

maxresdefault.jpg


かわいすぎです。しかも、カラーバリエーション多すぎ。

いろいろ検索してみてください。

釣りとは関係ない話でした〜。





posted by D.Tanaka at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年06月25日

フリップ・コ・ギル

今日も短文ブログ。

1466752751258.jpg


パッケージから出してもない写真で申し訳ないですが、やっと自分にも使い切れるサイズが来ました(笑)

オリジナルのサイズでも釣れなくはないのですが、「これぞギルワームの力!」というようなはまり方をしたくて、いろいろとやっているうちに迷走していました。

このコギルは、正直ギルパターンじゃなくても釣れるワームです。先日の弥栄戦でもキーパーはキャッチしましたし、菊川湖でも釣れてます。

欠点というか、気に入らないところは、ロングキャストをすると空気抵抗でスライドするところ(笑)
名前通りフリップ中心(ピッチングやちょい投げくらいなら問題ありません)で使うのがベターですね。

フックに関しては、3/0のオフセットでやっていますが、扁平ボディーだけにミスも起こりやすいと考えます。なので、もっとよいバランスやセッティングがあると思うので、これはいろいろ試してみます。まあ、いまのところほとんどミスはないですが。

シンカーはちょい軽めの5〜7gくらいがよい感じですね。ヘビダンとかも面白いかもしれませんね。



posted by D.Tanaka at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?

2016年06月24日

美しいカラー

今日は短文で。

何という理由もないけど、美しいと思ってしまったグラデーション。

1466752744029.jpg


ワームと違って、いろいろな要素があるスピナーベイトなので、この状況下ではコレ!というようなことは決めがたいのです。

それだけに、スピナーベイトは直感で選ぶことが多い。もちろん、投げてみて水に馴染まなければ変えることも多いですが。

スカートの色も大事だし、ブレードのカラーも。そして、ブレードの大きさ、バイブレーションの強さ。

深い・・・。

1466752762709.jpg


今のお気に入りのタックルはHB640MLにナイロン20lb。ラインは、コブラでもクイックショットFNでもよいです。とにかくある程度の太さが大事。

シャロースピナーベイトは、キャストの精度とレンジキープがキモですよ!

では。
posted by D.Tanaka at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?

2016年06月22日

ラインの太さ

今回の大会のレポートをPBTのHPにアップしました。

試合の流れは、こんな感じです。その中でラインの太さについて少し触れていますが、もう少し掘り下げて書いてみたいと思います。あくまでも、私の経験からきている意見です。


今回メインとしたのはスピニングのフロロ5lbと、ベイト(巻き用)のナイロン20lb。

1466573013715.jpg


おそらく弥栄をメインとしているアングラーからすると、太いと感じるのではないだろうか。大昔にNBCに出ていたころはスピニングで3lbを使っていたこともありました。しかし、釣り込んでいくうちにわかったのは、ラインの太さは自分が取れる魚に食わす上では関係ないということでした。

そして、アメリカのプロたちがそうであるように、使える範囲内で一番太いものを使うというのがベストなチョイスだと思うようになりました。使える範囲というのは、それぞれが感じることなので、具体的な太さはありません。ただ、より太いものの方が切れないのは確かで、結果としてキャッチ率があがるのは紛れもない
事実です。ならば、より細いラインをいかに扱うかではなく、より太いラインをいかに扱うのかを考えるほうが、より勝ちに近づくと思ったのです。これは発想の転換ともいえるものでした。

1466431705498.jpg


例えば、水深10mに1.8gのダウンショットでアプローチする。この時に4lbと3lbでは操作感はかなりの差が出ます。では、5lbでは?いうまでもないです。私はカバーの有無や、狙っているサイズによって変えますが、5lbが最低必要だと思うなら、3.5gのシンカーにして操作感をあげます。場合によってはスピニングで7gまで入れることもあります。本当なら6lbや7lbを使うほうが、さらに良いと思うのですが私の技術では、その領域に達してません。

シャローカバーを打つ場合もそうです。キャストのしやすさなどから12や14lbを使用している人がいます。しかし、20lbを入れている人とはアプローチの精度が明らかに違うのです。それは投げられることだけではなく、その個所で食わせた時のキャッチ率が大きく違うからです。

つまり、キャッチに至るまでの話をすると、タックルのチョイスをした時点で、成功率は大きく変わっているということです。食わせられないと思うなら、ほかの魚を探せばよいだけです。しかし、食わせてラインブレイクした魚は、カウントにもなりませんし、釣り戻すのは至難の業といえるでしょう。

ここまでは、今までも語られてきたことだと思いますが、最近私が感じるのは、太いラインの方が明らかに使いやすいと感じるケースが多いということです。つまり、キャッチ率だけではなく、釣るための手段としてラインの太さが必要だということです。これはかなり釣り込んでこないと気が付かないところかもしれません。慣れも多くあると思います。でも、太いラインを常に使ってきた人が、細いラインを使うと・・・正直、キャストも決まりにくいです。ラインの特性やキャスティングの方法など、様々な要因はありますが、これは今感じている事実です。

まずは使ってみることからおすすめします。考えるより行動が大事です。タックルの中では、一番手軽に変えられるものがラインだと思います。そして、より大きな変化をもたらすのもラインです。

ラインの世界は深いです!
posted by D.Tanaka at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年06月20日

PBT第2戦 優勝!!!<遅報>

え〜昨日の話です。遅いですがPBT第二戦優勝しました。

13493232_641482569342656_1292009903_o.jpg


詳しくはレポートなどいろいろ書こうと思っているのですが、時間が。。。

大会の運営もやっているので、集計もあるし、計算もあるし・・・と言い訳ばっかり言っていても仕方ない!

ちゃんと時間作って、頑張ります!

今回のキッカーフィッシュをキャッチしたタックル。

1466431705498.jpg


ストラクチャーST620MLS-Ft。久しぶりにスピニング握って試合したけど、やっぱり良いロッドです。ソリッドティップなんだけど、ソリッド部分の長さが絶妙!

個人的にはグリップが細すぎて、ファイトの時に力が入りにくいんだけど、それ以外はとても気に入っている。

そして、ラインはDUEL T-7 5lb。この5lbというのはとても大事なところ。思うにみんな細いラインを使いすぎて、コントロールできてない気がする。<細い>ということのメリットとデメリットを理解すると、もっと魚は釣れるようになる。細いことのデメリットは切れやすいとか、そんなシンプルな話だけではないことを、知っている人は実は多いと思っている。

ルアーは安定のハッスンです。最近ハッスンで結果を出しているから、聞いてきた人もいたけど、正確にはハッスンSF。つまり、チョイ太い方です。シンカーは2.2g。フックはボディーガードHDの#3。身切れ防止のチューブは必ず入れる人です。

とまあ、こんな感じ。

あとは後日。。。




posted by D.Tanaka at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2016年06月18日

バタバタ。。。。

明日はPBT第二戦。

準備が・・・。

プラも入れてないので、タックルも絞れないし、明日雨だし、ジャパンオープンの動画もみたいし(笑)

ということで、ずっとバタバタ・・・。

さっき、釣具店に行って足りないフックを買い足しました。

でも、何かまだ忘れ物がありそう。。。

一日が早すぎる〜!!!

明日は頑張ろう。
posted by D.Tanaka at 22:04| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年06月13日

アクアダディー釣れる!!

あー時間が足りない〜。卓球している場合じゃないか(笑)

今日は夜勤明けの仕事を昼までやって、川上でアクアダディーで納得の釣りをして、卓球。そして、夜の散歩からの今(笑)もちろん、明日も仕事で早い!

レポートも溜まっている。。。ヤバイ。。。

1465824690074.jpg


でも、簡単にしてしまうにはもったいない釣行だったので、時間を見て掘り下げていこうと思います。

ダディー(ポーク系というの?)はあまり好きじゃなかったルアーですが、今回でかなり好きになりました!
これは通常のワームとは少し違うものだと感じました。

そして、安定のハッスン!

1465824680974.jpg


やっぱり釣れる!しかも、サイズがいい!!

なかなか癒された釣行となりました。

え?弥栄のプラ?

ケセラセラで頑張ります。。。。どうにかする!!



posted by D.Tanaka at 23:06| Comment(2) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?

2016年06月12日

最近気になるルアー

流行に疎い私は、いつもブームが遅れてきます。

最近、このルアーすごいなぁと感じたものがあります。

それは、ガンタージグフリップ。

gunterjigflip.jpg


「今更何言ってんの?」

って感じですが、急にググっときたわけですよ。

やっぱりデカイフックは大事だなと。今年の春はチャンスな状況が多い中で、ばっちり外しちゃった感があり、来年こそはと思っております。まあ、これからの季節をちゃんと釣らなきゃいけないんですが、どうしても気持ち的に春のシャローを引きづっているわけです。

あ〜春の小野湖に戻りたい。。。

じゃあ、トレーラーどうするかなぁ〜って思っていたら、こんなルアーが届きました。

1465737391838.jpg


1465737400429.jpg


アクア素材とワーム素材のポーク系ワームの"アクアダディー"。なんだか意味が分からん(笑)

実はポークは苦手なルアーなんですが、このワームは触感がいい感じ。

とにかくいろいろテストしたいと思います。

釣り行きたい!!!



posted by D.Tanaka at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?

2016年06月08日

ハッスンのセッティング

私がハッスンを使うのは、ほとんどがネコリグです。他にはジグヘッド、ノーシンカーといったところ。なので、使うのもナチュラルシンキングがほとんどで、たまにノーマルを使う感じです。

1465245476387.jpg


今回のセッティングはこちら。
ROD:NORIES structure 640M-Ft
REEL:SHIMANO アルデバラン7 (夢屋ライトスプール)
LINE:DUEL T-7 10lb
HOOK:studio100 #2/0
SINKER:JACKALL 2.2g

ほぼこの組み合わせです。シンカーは1.8〜3.5gくらいで使い分け。フックは、常に良いものを探していますが、ガードとの相性もあり、今はここのフックで落ち着いてます。

ラインは7〜10lbですが、細いことにアドバンテージを感じることがないので10lbが一番多いです。

これよりもラインを細くする場合は、スピニングタックルとなります。ラインを細くする理由は、ディープを釣るためです。シャローであるなら細いラインを入れる必要はありません。

使い方は、投げてフォール&ポーズが一番多いです。もちろん、シェイクもしますし、ずる引きもします。ワームの釣りは、その時のフィーリングでやりますので、これといった使い方は決めていません。

ロングワームを苦手としている人も多くいるようですが、思っているよりも小さなバスも釣れますし、フッキング率も悪くないです。何よりも魚を呼べる。これ大事。

今年はもう一度、ハッスンを見直していこうと思います。
posted by D.Tanaka at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年06月07日

菅野釣行

昨日は菅野に行ってきました。とても楽しい釣りでした。

レポートはこちら。
POTBERRY

最近、ネタも少なくなりアップを怠っているので、一回の釣行ネタを掘り下げて考えてみようと思います。

1465245487989.jpg


このグッドサイズは久々のハッスンフィッシュ。やはり、ハッスンは釣れます。というか、でかい魚を呼んできてくれます。本当に使いやすいロングワームです。今は生産が止まっている商品ですが、なにやら再販もあるのか?と思われるポストもチラホラ見受けます。とても期待値が高まります。まあ、私は大量のストックがありますから、数年は大丈夫な感じですが(笑)でも、今の技術で作れば、マテリアルももっと良いものができると思います。とても楽しみです。

ということで、明日はそのタックルセッティングを書いてみたいと思います。

posted by D.Tanaka at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖