2016年07月30日

気分転換にテナガエビ釣り

今日は部活が終わってからテナガ釣りに行ってきました。
部活の方ですが、なんとか秋県体の周南市大会も団体優勝し、次に繋げることができました。とても感慨深いです。でも、3年生メインの部活なので、夏休みから運動会まではとりあえず休止ということです。とりあえず、お疲れさまですね。

バスに行けないストレスをテナガで発散してきました!

1469886501097.jpg


美味しそうでしょ!!塩だけで旨さ!自然の恵みに乾杯です。

今回のエサは、カニカマです。針持は良くないけど、手も汚れないし、腹が減ったら食えるし(笑)
そんな感じでこの釣果です。

1469886508516.jpg


ほかにもカニカマでカワアナゴが釣れました。

1469886525491.jpg


1469886516396.jpg


なかなかのサイズです。

実はバスもカニカマで掛けたんですが・・・取り込みに失敗しました。あまりに針が小さかったです。。。

ほかにもウナギをこんなとことで見つけました。

1469886533906.jpg


水深1mもない水たまり(?)です。穴釣りで食わせたものの、こちらも取り込みで失敗!

やっぱり、しっかりとしたタックルセレクトは大事ですね。

ということで、久しぶりの家飲みで、少ししびれている私です(笑)

たまにはこんな日もよいですね。
posted by D.Tanaka at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年07月26日

PBT第三戦を振り返って 続き

キロ弱をキャッチしてから展開です。

厚東上流へとにかく向かってみることに。先行していたのは藤高/酒生ペアと、波戸口/須藤ペア。この時点ではそれぞれ1匹つづキャッチしているくらいだろうか。
大体、最上流に陣取る藤高氏だが、この時は夫婦岩よりやや下流あたりでした。もしかしたら最上流はダメかな?と思い「最上流どう?」と聞いてみると「まったく見えないよ。ダメ。」と返事。
でも、これは私をはめるためのウソに違いない!!と最上流に行ってみたが、何もありませんでした(笑)たまには、藤高氏も信じてあげないといけないようです(笑)

この水を好んでいるという推測だったが、ことごとく予測が外れ。流れの当たるアウトサイドをメインで考えていたが、あまりのバイトの無さにインサイドに移動。かなり迷走しています。しかし、ここで私の待望のバイトが!!! 


推定25cm。。。。

ベイトも多く、魚の活性は高そうだけど、何かが違う。。。そして、山崎君にバイト!「来ました!!!」グッドサイズの・・・・ヘラ(笑)しかも、口フッキング。まじで何かが違う。。。

それから、あれやこれやとやっていると、ふと民家前のエリアに惹かれました。ここは全体でみると、少し川がチョークしているんです。水深とか、カバーとかではなく、もっと大きな目でここをセレクトしました。もちろん、立木にベイトがいれば問題なんですが。。。

立ち木を丁寧に探ると、私にバイトが。しかし、すっぽ抜け。。。。歯形から見てもそんなに大きくないと判断。がっくり来ていると「来ました!!!」と山崎君。「ジャストキーパーでもいいから・・・」という気持ちで見ていると、バシャン!(あれ?キロくらい?)ドバン!!(あれ??1500あるか??)ドボーン!!!(いや、2kgあるか!?)すぐにランディング体勢に入りました(笑)

私が肘まで突っ込んで、ランデイングに入っているのですが、ここでも山崎くんの魚の誘導は「あっぱれ!」でした。張らず緩めずで、暴れることなくハンドランディング成功!!

「ワンモア!!!」と投げたベイトネコに待望のキーパー!!

1469525878022.jpg


このタックルについては後日。

この魚が700gで、約3600gのウエイトに。土砂組がどれくらいのウエイトを持ってくるのか分からなかったけど、4kgあれば表彰台はいけると思っていたので、なんとか入れ替えをと頑張りました。

橋脚まで降りてから、再び少ない時間を民家前に使い、結局入れ替えならず。。。残り時間をみてストップフィッシング・・・・だったのですが、会場付近の気になるところで1分くらい釣れる!
魚探を見ながら、「ここです」と、真下に落としてもらい、(私も落としている)ややドラッギング気味(というか、会場に向かっている)にアプローチ。

「やっぱり来ませんね・・・じゃあ、終了で・・・」と言いかけたくらいで「来ました!!!」(え?まじで??どんだけ釣るの?)しかも、グッドフィッシュです。

すぐにランディンぐの体勢になり、時計を見ながら時間勝負!!無駄なランディンぐは出来ないくらいのギリギリでした。ランディングすると、すぐに700gと入れ替えて、ハイバイパスで一気に帰着。締め切り30秒前という、本当にぎりぎりのキャッチでした。ここまでのドラマはないでしょう。

これで勝てれば最高だったんですが、上には上がいまして。。。しかも、4630gと400gも引き離されて。。。これには完敗。

でも、山崎君が居なかったら、私は完全に撃沈でした。

魚はいるけど食わせられない。私だけ。つまり、自分の魚じゃなかったということなんです。これは強がりでもなんでもなく、事実としての話。そして、どうするかといえば、@食わせる力をつけるA自分の魚を探すのどちらかですね。Aはプライベートで、一人でも出来ることですが、@はパートナーあって気付かされること。だって、釣れなかったら居ないと一緒ですからね。

まあ、いろいろあったけど、いろんな刺激をもらって、いろんな気付きがあって、また一歩前に出れたと感じられた一戦だったわけです。

やっぱり、トーナメントは楽しい!! 

目の前の状況をプラスにするも、マイナスにするも自分次第。それにはコミニュケーションも大事。これがペア戦で戦う一番大事なことかもしれませんね。
posted by D.Tanaka at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2016年07月25日

PBT第三戦を振り返って。

やっと一段落しております。また、すぐにバタバタするんですけど。。。

一週間経ってしまいましたが、PBT第三戦を振り返ってみたいと思います。結果は2位ということで、とても上出来でした。年間成績も暫定1位となりました。

13640859_654343294723250_134017148972545372_o.jpg


今回のパートナーは山崎くん。第二戦から参加してくれているなかなかのイケメンです。東京からの転勤でこちらに来たようで、ところどころに都会もんの風格があり、田舎者の私としてはドキドキしてしまいます(笑)

山崎君のことは、第二戦でペアになったウクレレ氏から聞いており、期待値も高い!ただ、小野湖は初めてということで、朝の準備中に小野湖の特徴についていろいろと話をしました。

表彰台では、ちょっと面白可笑しく喋らせてもらいましたが、実際にはラインのセレクトやアプローチはすべて山崎君の判断によるものです。アベレージサイズだったり、その場の状況で、使い分けていました。そして、それは立木(正確には立木から少し離れてはいましたが)スポットの1950gに繋がるのです。安心してキャッチできるラインだったり、タックルシステム。それは個々に違うものだと思います。けれど、自信をもって使うことが出来なければ、大会において、それは意味を成しません。その点においても「あっぱれ!」ということです。

そして、釣りのセレクトは、自分の釣りと被らないように、ややフィネスなものを入れていたと語ってくれました。ペア戦の基本ともいえる戦術ですが、これも「あっぱれ!」です。まあ、自分は釣れまくっている山崎君の真似ばかりしていましたけどね(笑)


さて、当日のプランですが、まず下流は却下。理由は入流水が生きると思っていたことと、このゴミ。

13713393_654339151390331_2005168517_n.jpg


このゴミが下流に行くと釣りになりにくいと思ったことと、表層だけかもしれないけど、このあたりで水が喧嘩していると感じたのです。そこで、狙いは土砂崩れか、厚東か太田。でも、土砂崩れは奴が行くっていてったので。。。

13680391_654343454723234_9133263579687939881_o.jpg


司会者「ゆうたん」です。前日プラでもよい結果だったようで、「来るなよ。」オーラを朝から出してました。そして、当日の自分のフライト。。。。これはさすがに無理と判断。

正直、スタートしてからもまだ悩んでいたんですが、周りの動きを見て厚東を決断しました。

キーは水だと思っていたので、この水を嫌うのか好むのか。つまり、上下(表層と下層)(上流と下流)のどちらかを早めに判断しなければいけないと思いました。まずは、ドシャローからチェック。濁りが取れていくであろうインレットが絡むシャローです。しかし、ここではギルバイトしかありませんでした。でも、ギルはスーパーアグレッシブです。ガンガン当たってきます。ということは水は良いんです。ただ、バスとリンクしていない。。。

ギルが居るならギル食いバスもいるんじゃね??ということで、私は最近お気に入りのフリップコギルをセレクト。ギルの猛攻に会いながらもなんとかキャストを続けます。すると「居ました!ギル食いバスですよ!!」と山崎君にナイスキーパーが。キロを少し切るくらいでしたが、ホっとする一匹です。

「いい仕事するね〜!!ルアーは?」

「はい!!ブルフラットです!!!!」

「あ、そう。。。。」

なかなか、ツボがわかってますね(笑)PBT向きな人ですよ。。。。

勢いに乗ったかと思われたのですが、この後かなり長いノーバイトが続きます。。。。

長くなるので続きは明日。






posted by D.Tanaka at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2016年07月20日

明日は中学校卓球選手権大会

日曜日・・・釣り。月曜日・・・卓球。火曜日・・・仕事。水曜日・・・仕事&卓球。そして、明日、明後日と卓球。

中学校の外部コーチとして、素人ながらに右往左往してきましたが、明日、明後日が大本番。全国に繋がる唯一の大会です。もちろん、私はサポートです。主役は子供たち。いかにやる気を出させるか。いや、出していただけるか。

最後には、「卓球をやっていてよかった。」と言えるような部活にしたいと思います。

卓球と釣りと、頭を切り替えていかなければいけないです。どちらも本気だから。

明日はミラクルが起きるように頑張ります!

posted by D.Tanaka at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年07月18日

PBT第三戦 2位!!

昨日は疲れて、集計&UPなどなどで倒れてました。

昨日のPBT第三戦は、パートナーに助けれて2位となりました。ペア戦ならではの展開でしたが、とても勉強になることも多く、良い経験が積めたと思います。

13698235_654338921390354_6266223000011753777_o.jpg


今日も遠方への用事があるので、詳しくは後日。

しかし・・・考えてみると・・・自分の魚は居なかったなぁ(笑)

posted by D.Tanaka at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2016年07月16日

明日はPBT第三戦

YOUTUBEで昔の音楽を流しながらラインを巻き替えるというのが、私のルーティンかも。

プラにしっかりはいって、今の状況を考えながら準備するときもありますが、今回のようにプラにも入れないときは、自分のモチベーションが一番大事。結局はその日の魚と向き合うわけだから。自分の魚を自分の釣りで釣れれば、結果はついてくる。そんな当たり前のことに気づくまでどれだけ時間が必要だったのだろう。

トーナメントだからって、魚は変わらない。バスはアングラーの数なんてカウントしないし、メーカーもわからない。最高のタイミングで最高のルアーを最高のアクションで入れる。そんなしびれる展開で、釣りができれば、それで釣れる魚は絶対にクオリティーフィッシュなのだから。

音と記憶はリンクしている。明日はバスプロを目指していた頃に、戻って楽しみながら本気で遊んでみたいと思う。

ということで、ペアになった人・・・思い出話ばかりで、現実を見れない夢見るおじさんになっているかもしれないけど、ちゃんと頑張りますので(笑)

大事な折り返しの第三戦。息子も一人で頑張っているのだから、私も頑張ろう。
posted by D.Tanaka at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2016年07月15日

久々のポスト

相変わらずのバタバタです。今月の末までは仕方ないのだけど。。。

今週末はPBT第三戦。プラも全く入れてません。。。情報もほとんどなし。うわさ話だけで脳内プラしております(笑)

今年までは・・・と思って、なんとか踏ん張っています。体力的にも、精神的にもきついときもあるんですが、なんとか頑張りたいと思います。

まだ、いろいろ準備があるので、この辺で。。。
posted by D.Tanaka at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年07月09日

弥栄戦の戦利品

PBTの大会は優勝すると、そのフィールド近くの協賛ショップの商品券がもらえます。内容は参加者の数によって変動するのですが、この間の弥栄戦はそこそこの参加者だったので、まあまあ嬉しい額でした!

ちなみに弥栄戦は広島のFeeD、菊川、小野湖は山口/宇部のCASTです。

今回はFeeDの伊藤くんにお世話になり、お気に入りのジャングルジムのビーンズシンカーとシマノのハンドルセットを送って頂きました。

1468069397935.jpg


大量のビーンズシンカー!!!!!

このビーンスシンカーは、とても感度が上がるので使い場所によってはロッドを変えたのかと勘違いするくらいの差があります。ただ・・・ホール内のライン保護用のチューブの強度があまりに無い。。。。でも、どうしても、気に入っているので我慢しきれずにジャングルジムさんに改善要望のメールしちゃいました(笑)
とても高感度のある返信対応でした。すぐには変わらないようですが、何らかの対応を考えているということでした。それまでは自分でなにか対策を考えたいと思います。

さて、ハンドルパーツの方ですが、これは13メタニウムXGのハンドルです。つまり、48mm長ですね。

これを取り付けたのは・・・・クロナークCI4+(ノーマル)。純正では42mmが付いているのですが、もっとゆっくりしたリズムで巻きたいのと、巻き上げの時にトルクが欲しいことから48mmに変更しました。ノブも変更したいけど、今は純正で。

1468069390427.jpg


そして、クロナークCI4+に付いていたハンドルを08メタニウムDCに移植。08メタニウムDC(07メタニウムも同様)はストレートのハンドルが付いているのですが、クロナークのオフセットが格好いいのでね!

1468069384482.jpg


ただ、ちょっとだけスタードラグが干渉する(するかしないかくらいだけど)ので、小さなワッシャーを間に入れました。

リールにハンドルが近くなった分、巻きが安定する・・・らしい。正直、私には分からないレベル。でも、理屈的には理解できます。だから、良いんでしょう(笑)

リールって、メカだから、男の子心を擽るのかもしれませんね。メタルパーツがいっぱいだとワクワクします。



posted by D.Tanaka at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年07月08日

第6回 Grand Fishing Festa ONO <告知>

今年もやってきました!GFFO!!

第6回GFFOチラシ.jpg


今年は定員160名(80組)です。さらにスケールアップして、いろんなアイデアを盛り込んでおります。そして、参加費は据え置きの6000円/1組。お買い得です(笑)

今のところ決まっているのは、優勝賞品のサウザーボート(パントタイプ)!!!
他は今から(笑)なので、提案や意見があれば伝えてください。昨年からの要望でも結構です。
ローカルトーナメントだからこそ、フレキシブルに動けるのです。
みなさんで大会を作っていきましょう!!

今年の参加申し込みは7月10日より開始です。
尚、通常のPBTの大会と異なり、GFFOの参加はポスターのQRコードからお申込みください。
メール、電話では申し込み出来ませんのでよろしくお願いします。

今年も、すでに協賛の賞品がたくさん届いております。この場を借りて、感謝申し上げます。
PBTのフェイスブックにて、内容はご紹介していく予定なので、そちらも楽しみにしておいてくださいね!
posted by D.Tanaka at 22:31| Comment(1) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2016年07月06日

気になる小物 その後

この間アップしたフックとワームホルダー。

フックは、いろんな角度を測ったりして、いろいろ妄想しております。

1467790024714.jpg


ベンドカーブすべてに意味があると思います。シンプルなものだからこそ、その差が大きくなります。なので、シンカー一つとっても差が出ることがあるのです。

例えばオフセットフックは、当然ながらオフセットしています(笑)そのオフセットの角度、アイからの長さなどすべて違います。もっと言えば、軸の太さ、素材等々、まあ、きりがないですね。

フックポイントをワームの中に隠すタイプは、いうまでもなくフッキングの時に出てきてもらわなくてはいけません。しかし、簡単に出てしまうようでは釣りになりません。フッキングの仕草、パワーもそれぞれ違えば、アクションの強さ、キャストの着水まで、人それぞれ。だから、その人にとっての最高があるんだと思います。ほんのちょっとの違いが、大きな差になることを知っている人と、そうでない人とは結果として雲泥の差が出るのは間違いないです。


さて、このリューギのフックですが、巷で言われているように深く刺さるのが特徴です。これはばらさないフッキングです。ただし、ライトラインを使う人や、ファイトが強引な人は注意が必要です。深く刺さるということは、バスの歯にラインが当たることも多いということ。滑ってバスの口先に刺さるタイプとは違うということです。

何が最高なのかは、人それぞれ。しかし、ちゃんと理由があるはずです。屁理屈でもいいからそれを考える。そんな過程がとても大事だと思うし、とても大好きな時間です。



posted by D.Tanaka at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年07月04日

気になる小物

今日は3時間うなぎを焼いていた私です。疲れました。でも、ウナギ職人へ一歩近づきました(笑)

さて、今日は短文で。

最近、気になっている小物を。

1467637586821.jpg


スポンサー外なので、そこまで掘り下げて書きませんが、ちょっと良いなと。

理屈より、結果で良いなと。それが何故なのかを理解できれば、さらに一歩前に進めると思います。

小さなものでも、大きな差になるバストーナメントという競技。

あくまでもストイックに。


posted by D.Tanaka at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2016年07月02日

菅野釣行 

昨日の釣行です。

夜勤明けということで、短時間だし、川上に・・・と思っていたのですが、なんとスロープへの道が土砂崩れのために通行止めだという話。仕方ないので、最近好調だという菅野に変更。

9時過ぎに家を出て、ボートを浮かべたのが10時。川上だと30分なので、倍も時間が掛かります(笑)

前日に児玉君がスロープ付近でよい釣りをしたということだったので、今回はあまり移動せずに釣り込むことにしました。

流し始めていきなりバイトラッシュです!!!でも、乗らない。。。あれ、フッキングで飛んできた(笑)

1467380741898.jpg


フラチャットにチャター系にすこぶるよいというMOLIXのRAシャッド。でも、サンプルパックの中のRAシャッドだったから3inchなのかな。。。少し小さかったです。4.5inchがちょうどいよいかも。しかも、次のバイトでしっぽだけかじられて終了(笑)今度は製品を買ってこよう。

とりあえず凸はなくなったし、巻いて釣れるようなので、どんどん巻こう!っと思っていましたが・・・やっぱり目の前のゴージャスカバーを見るとスローダウンしますよね(笑)

1467380707470.jpg


一通り巻いたけど何も出ないので、フリップコギルに変更。するといきなり40UP。

1467380764136.jpg


いるじゃないか!さらに丁寧に探ると・・・今度は50UP!!

1467380753537.jpg


最高のフッキングです!しかし、良い食いっぷりです。

もうおなか一杯になりかかっていたんですが、違う展開もしてみようと、クリークの奥へ。いい感じのフローティングカバーがあります。遠目に見ると・・・ゴン太(ぶと)な奴が・・・どうみても50後半。もしかしたら60?いや、コイかも。とりあえずニンジャスイマーを遠投!ビターン・・・ワンアクション・・・ゴボ!!!食った!!フッキング!!!!!!ミス(笑)ガーン・・・。

ルアーは手前のフローティングカバーに。外そうとゆするとガボン!!!!また食った(別の個体)!!!!!フッキング!!!!!!!!!ミス(笑)今度はルアーが飛んできてボート直撃!!!

1467455368372.jpg


チーン・・・・・・・。。。。。。南無。。。。

とてもドキドキした数分でした。しかし、あれはコイだったのかバスだったのかわかりません。コイも浮きルアーに反応することがありますから。カバーのバイトはバスだと思うんですけど。。。

その後は、まったく反応がなくなったので、クランクに持ち替えてショートポイントを中心に巻き巻き。。。

1467380688135.jpg


いい魚です。ハードコアクランクXX2.5+。とても投げやすくて気に入っています。巻きのスピードはちょっと遅めが良い気がします。ちなみにロッドはHB760L。ラインはクイックショットFC12lb。

S字あたりまで下って、投げた倒しましたが、何度か追いがあったくらい。いまいちなのか。。。

残り時間も少なくなってきたので、もう一度クリークに入り直しましたが、今度は魚は見えず。。。ニンジャスイマーを入れるも魚は浮いてこない。そこで、フローティングカバーにエサ(エスケープツイン)を入れ、シェイクしていると・・・・グ、ググ!!

1467380678335.jpg


最後に綺麗なバスをキャッチすることができました。満足の結果でした。

15時30分に納竿して、部活に急ぎました(笑)

30cmに満たない魚も多くみられ、昨年の産卵が上手くいっているではないかと思います。
いつまでも大事にしていきたいフィールドです。

















posted by D.Tanaka at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2016年07月01日

癒され、疲れて、心地よい。

今日はなかなかハードな一日でした。やっと、お風呂に入りゆっくりしています。といっても、明日も卓球の練習会ということで、早く休まねばと思っています。

菅野の方は、なかなか満足いく釣行でした。詳しくは後日書きますが、新たに導入したLTT680Hで初50UPをキャッチしました。しかも、フリップコギル。

1467380753537.jpg


オリジナルのフリップギルは未だに使いこなせてないのですが、コギルとの相性は抜群です。いろいろやっていくうちにエスケープツインとの使い分けも出来そうな気がしました。それと、セッティングも結構出来てきて、試合でも導入できる感じです。

試合では、絶対にミスがないという自信がないとダメですから。(それでもミスは起こるので)

記憶が新鮮なうちに書いてしまいたいですが、明日もありますので、この辺で。



posted by D.Tanaka at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき