2017年04月15日

やっとはめれた!川上釣行

今日は夜勤明けで昼から釣行でした。メインは手負いのウクレレのリハビリ。手負いというか足負いだけど(笑)

今日は何か新しいことがしたいと思いながらも、春からはめきれないスピナーベイトが気になっていました。
クラシックでもスピナベは3タックル組んでました。3/21の釣行でパワーロールフィッシュをキャッチしたものの、いまいちはめられてないことが気になっていました。結局、クラシックでも不発。何かタイミングが合わないという日々が続いていました。

今日はワカサギの遡上もあると思い、各インレットを中心に釣り込むことにしました。まずはスロープ上流へ。

水深1mくらいになるとボトムが見えるくらい綺麗になってました。ふと目をやるとバスが水面でパクっと何かを食べました。おそらく産卵後のワカサギではないかと。すると、そのままバンク沿いの小さな木にステイしたので、そのちょっと向こうに一番信頼をおくホワイトのディーパーレンジをキャスト。すぐに反応して「バク!」っと声が聞こえそうなほどに思いっきりバイトしてきました。

IMAG0140.jpg


痩せているけど長さのあるグッドフィッシュでした。スポーンとかそういう個体ではないです。
自分がはめたいというパターンでもないです。上手く食ってくれたというくらいの話です。

その後、バイトもないので、段々畑の主であるK氏と合流し、情報交換しながらの釣り。やはり、本格的なベッドタウンは出来上がっておらず、一段深いところにいるような感じ。

そこで、ディープ隣接の岩周りにジグヘッドをフォールさせると、ラインが走る。

IMAG0141.jpg


これまた久々のリトルレディーフィッシュ。ワカサギパターンでは定番のワームですが、最近ご無沙汰でした。ちなみにこれもクラシックで結んでいました。でも、一投も出来ませんでした。
ラインはArmored F+ PRO BASSの0.3号。マーカーが付いているので、こういった釣りには本当に向いてます。

早々に二匹キャッチし、ほかのクリークを見に行きます。サギもいるし、鯉も差していて、あとはワカサギという状況ですが、スロープ上流に比べて圧倒的に少ない。ので、バスの姿も見えません。ナマズはいましたがw 中野はおかっぱりが居たので、奥まで入れませんでした。

四熊の橋付近は、雰囲気もあってとても良さそうだったのですが、反応はありませんでした。何かのタイミングで化けそうな感じなんですが、手に負えませんでした。

再度、段々に行くも不発。残り時間が少なくなってきたので、もう一度インレットに方向へ行こうと、ブレイク沿いにディーパーレンジを入れると、ドン!っと思い描いたバイトが!!!

IMAG0147.jpg


この一匹で確信しました。「だから、ワーム食わないんだ。」と。

そして、連発。

IMAG0148.jpg


雨もぱらついて来ましたが、ゾーンに入っているのでやめられません。

完全に釣れ方を理解したので、ウクレレに説明しながらの3匹目。

IMAG0149.jpg


まだ釣れそうだったけど、ウクレレに釣ってもらうためにルアーチェンジ。

そして、そのレイダウンミノー110Fでもキャッチ。

IMAG0150.jpg


でも、レンジが違うので魚も違う。わかりやすい。

雨はさらに強くなり、雷も。。。

小さなインレットに絡むレイダウン。

自分がジャークベイトを通し、ウクレレがスピナベを通した後の、シャローロールでもんどり丸見えバイト!

IMAG0152.jpg


これがスピナーベイトの釣りです。

投げて巻くだけではないキモがあります。だから、差が出ます。

いつもハマるわけではないですが、それを理解しているのと、そうでないのでは雲泥の差が出ます。


ということで、あっという間に4フィッシュ追加して終了としました。

おそらくもっと釣れたと思うんですが、なにせ雷が。。。

もちろん、自宅に着いたら雨も止んだというオチですけどね(笑)

久々に良い釣りが出来ました。満足満足!

lessonでもこんな釣りが出来る(ことがある)ので、ぜひおいでませ!

では!
posted by D.Tanaka at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖