2017年05月25日

ネコリグ準備

今週末は、初フィールドに行ってきます。なんでも釣れまくりという事で、これは手返し良くしなければと思い、久しぶりにネコリグの用意をしました。


IMAG0627.jpg


私はチューブがなければ、ネコリグはしないといってもいいくらいに、必ずつけます。以前は、シリコンチューブを付けていましたが、いろいろ考えて、今はこの熱収縮チューブに戻りました。何と言っても安いし、調整が出来るし、歯型は確認できるし。

このチューブの幅が結構大事で、私は使うフックの懐(?)に合わせています。なので、メインフックが変わると、ちょっと掛かりが悪くなったりするので、場合によっては細かく調整します。

ほとんどのフックは、5mmくらいで何とかなるんですが、経験として、細すぎるのはフックが回転してしまいやすくダメです。

ネコリグのフッキングミスで、一番多いのはフックポイントがワームに刺さっているケース。これは、チューブを使ってない場合によく起こります。あとは、フッキングの仕方で変わります。

次に多いのが、フックの懐でワームを掬っている状態。これは刺さりがかなり浅くなるので、ばらす原因になります。これも熱収縮チューブの幅を合わせることで、かなり減らすことが出来ます。

写真のワームはラッテリーですが、私は95%以上ネコリグで使用するので、全部チューブを付けています。
チューブを付ける箇所は・・・テキトウです(笑)
シリコンチューブだと、ちょっとずらすことも出来るんですが、この熱収縮チューブだと、ワームを少し溶かすくらいに熱しているので、場所は変えられないんですよね。でも、この方が安定するので私は好きです。

もちろん、あのワームも作業します。

IMAG0628.jpg


唯一無二の私のマネーベイトです。

ハッスンSF。

この作業をすると、素材の差がとてもよくわかります。熱するときに少し伸ばすのですが、塩の量で全然違うんですよ。

あとは、大量のエスケープツインとポスト用のハードルアーを少々詰め込んだらお終いです。


それから車中泊とか、道場泊(!)とかの準備をして明日に備えます。

少しばかり日常を忘れて、気ままな旅に出てきます。

では!
posted by D.Tanaka at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき