2018年04月30日

自分を知るには

昨日、一昨日と出雲に行っていました。息子の応援です。結果は、団体こそ2位ですが、ダブルス、シングルと本戦出場を逃すという結果になりました。私自身、とても落胆しましたが、落ち着いて考えてみればこれが今の実力です。相手も努力しています。ここからどう這い上がるかが大事な事ですね。一緒になって落ち込んでいても仕方ないので、いろいろと考えてみました。

今回の(今回も)一番の敗因は、いつものプレーが出来てないこと。これの原因は何か。やはり、相手があるスポーツなので、相手に呑まれてしまって、自分を見失うのかなと。だから「自分のゲームを!」とか「落ち着いてしっかり!!」という応援をしてきました。でも、ちょっと腑に落ちない。。。

ふとテレビを見ると、体操で新旧交代というか、内村選手が11連覇を逃すというニュースをしていました。

あれ?相手が居ないスポーツでも自分を見失う事があるのかと。。。そりゃ、緊張しますからね。当然と言えば当然だ。

そこで、ひとつの考えが出てきました。それは、自分を見失うという事は、「いつもの自分と違うと感じること」からかもと。。。でも、考えてみれば体や心のコンディションは常に違うのだから、同じであるはずはない。

「いつもは出来たのに。。。」とか「こんなミスをする自分じゃない」とか、そんな風に見失っていくのではないかと。これは相手を見ているのではなく、自分を見ているから起こるのではないかと思ったのです。

つまり、理想の自分との比較で、現実の自分に失望することからメンタルは崩壊していくのではないかと。

試合において、大事なのは今の状況における自分を認めること。対人競技であれば、相手に対して自分のプレーはどうなのかを知ることではないかと。例えば自分のフォアドライブが全然走らないと感じていても、相手がそれをミスしているのであれば使いべきだし、最高のドライブをカウンターされて苦しくなるなら、へなちょこでバックドライブの方が有利な展開になることも実は多くあることです。

もちろん、試合のレベルはいろいろあるなかでの話であり、すべての状況で当てはまるものではないと思います。

そう考えるなら、選手に対して有効な応援は「相手をよく見て!」かもしれません。

相手を観察し、その有効打を考えることで、相手に合わせたプレーが出来る。つまり、自分は無色であり、相手のカラーに合わせて色を付けると。カメレオンのように。それが、“理想の自分と比べない”ことかもしれないと。。。理想の自分なんて、この世には居ないのですから。

もちろん、どの色にでも出来るというのは、たくさんの練習の上に成り立つのは言うまでもないです。メンタルだけで勝てるほど甘くない世界はあります。

そう考えれば、釣りにおいても同じで、今日は巻く感覚があると思えば、バスの多くは反応しなくても、巻き続ける方が結果が出ることがあります。魚に合わせるのが基本中の基本ですが、私は自分のリズムというのをとても大事にしています。結局のところ、湖中のすべての魚を釣るわけではないので。また、大きな魚ほど気まぐれというか、同じパターンに当てはまらないことが多いようにも思います。まあまあ、コアな話なので、理解しがたいこともあると思いますが、自分のリズムではない釣りをしても、結果としてばらしたり、ラインブレイクしたりしてしまって試合が纏まらないことがあるんです。釣ったからこそ迷ってしまうとか。。。

釣りと卓球をセットで考えるのが、今の自分のテーマなので、どちらも理解できる人じゃないと良くわからないブログになってます(笑)

ということで、これはあくまで仮説なんですが、自分を見失わない為にということを書いてみました。明日には違う事を言っているかもしれません(笑)
でも、自分を客観視するというのは、矛盾を孕んだ言葉だと思うのです。それを可能にするのは他人との比較だと思うのです。他者を見ることで、自分を見失わない・・・というか、自分を知るということ。

結構、よいアイデアだと思うんですが、どうですかね。

では!
posted by D.Tanaka at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイスケ的心理学

2018年04月27日

すがの〜

今日は夜勤明けで菅野。なので、10時で湖上の人です。

ちなみに貸し切りw 人気ないなぁ。。。

んで、小方様と久々の釣行でした。

まあ話がメインになるのは間違いないわけで、とても楽しい釣行となりました。

魚の方は3バイト2フィッシュ。

IMAG0554.jpg


ファーストフィッシュは、最近勉強中のチャターで。

タックルはこちら。

IMAG0555.jpg


私はこのタックルがとても合っているようです。6ft2inという長さは短く感じるかもしれませんが、フッキングまでの動作をコントロール出来るので、結果としてバラシが無くなりました。もちろん、そのためのリールもちょこちょこと細工。そして、ラインも大事です。ラインはフロロ16lb(QUICKSHOT FC)です。

いろいろ試しましたが、いまのところこれがベターです。ベストはまだあると思いますが、探し続けてみます。

もう一匹は、これまたマイブームのガンタージグライト。

IMAG0556.jpg


余裕の50UPでした。

IMAG0560.jpg


ジグに対して、少し苦手意識があったのですが、一気に払拭出来ました。

このジグとチャターは自分の中で一気に消化した感じです。

この春は、本当に発見ばかりで楽しいです。試合の結果はなかなか厳しいものがありますが。

IMAG0558.jpg


シーズンの最後に笑っていられるように楽しんで頑張ります。

今回のファイトシーンはGoproで撮ったので、また編集してアップしたいと思います。

では!
posted by D.Tanaka at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2018年04月24日

GOPRO

やっとGOPRO編集しました。

まだまだ全然ですが、とりあえず形になりました。

もっと素材を集めて頑張ります。

ただ、このブログには容量的にアップ出来ませんでした。

なので、フェイスブックを張り付けておきます。

私のフェイスブックは、基本友人限定にしているので、公開記事しかみれません。

大したこと書いてませんが、是非友人申請してくださいね。

https://www.facebook.com/daisuke.tanaka.712714/videos/1370339546445220/?hc_ref=ARRTVaeG6Vv4NsvDqX8m1iHAr6O6-Xzy5afVytRhGuxek_nS_obWkNy1PhsvxsttXLM

では!
posted by D.Tanaka at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2018年04月23日

自己満足・・・じゃないんだなこれが。

思うところあって購入しました。

IMAG0549.jpg


アベイルのハンドルノブ。

しつこいようだが、第一戦のバラシから出来る限り学ぼうとしている。

“失敗は成功の母”と言われるが、何もしなければ何も起こらない。唸って苦しんで生まれてくる。何事も発見は難産なんです。

ハンドルやノブのチューンはかなりポピュラーなものだと思う。ハンドルは長さを変えれば、誰でもわかるくらいに変化する。でも、ノブって・・・。って思っている人いません?実は大きな違いがあるんです。

ただ、実感は出来ても理論的に説明できないのは、私的に気に入らないので、あまり多くを語らずに、ただただ「カッコいいでしょ!」と言っておきます。でも、凄く大きな差があると思っていますよ。ふふふ。

IMAG0550.jpg


クロナークCI4には、スプールとカラーを合わせたレッド。いい感じでまとまってます。

IMAG0551.jpg


メタニウムMGLは、シルバー・・・ではなく、あえてシャンパンゴールド。なかなか高級感ありますね。

IMAG0552.jpg


そして、メタニウムはグリーン。これはロッドカラーに合わせてみました。

はい。ノブキャップに関しては、完全に自己満足です(笑)

これでバラシは激減するはずです。ふふふ。

ただ、ワーム、ジグ系には入れていません。巻きのバラシを減らすんです。

いつか理論化したいですね。

では!
posted by D.Tanaka at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?

2018年04月22日

最近の悩み

今日は車の試乗をしてきました。

そろそろ、愛車が厳しくなってきたので、次を探しておこうかという事です。
悩むけどCX-8いいですね!

どうするか悩みます。


そういえばGOPRO。いろんなアプリを使ってみるんですが、いまいち良いのがありません。無料で何とかしようと思っているのがいけないのか。。。良い情報教えてください。

これも悩み。

そして、今日のお昼は調子に乗って、バイキングに行きました。そんなに頑張らなくてもいいのに、無理に食べてしまうのが貧乏性の悲しいところ。
案の定、ただいま腹痛と戦っております。。。

この痛みをどうするか悩みます(笑)

くだらないブログですいません。ちょっと体に力が入りません。。。ふぅ。。

posted by D.Tanaka at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2018年04月20日

人の繋がり

前回の大会後に「今回の大会中にエリアが被った時に、自分のボートの入り方は問題なかったですか?」とわざわざ聞いてきてくれた選手がいました。

もちろん、問題はなかったですし、もし、問題があると自分が感じたのであるならその場で言ってます。あとで言うのであれば本人に「あの場合は、こうした方がいいよ。」という程度。←これは、自分は納得できるけど、他の人はそうでもないかもね。という、とっても親切な人だと思います。

後に本人にも言わずに、周りに言うのはマナー違反というか完全にダメ。話のネタとか笑い話にするくらいなら良いけど、本気で思うならその場で解決するべきです。←これは、解決しなくてよいと判断しているので、その怒りは相手の行動から来ているのではなく、自分が怒りたいために相手の行動に着目していると考えます。なので、問題は相手ではなく、本人にあり。


こうやって相手に聞くというのはとても良い事だと思うし、素晴らしいと思いました。
なかなか出来ることじゃないです。それも、パートナーとそのことについて話し合って、入るポジションを決めたとも言ってました。

これがペアが居ることの大事さだと思います。難しいことは一人で判断しないで、周りと相談して決める。
そうやって、一人の時でも周りに気を配って釣りをすればトラブルは起きにくいと思います。


こんな事を書いてますが、自分が出来ているかというとまったくです。よく批判も受けます。その都度、反省しています。完璧にすることなんてできません。相手がどう思っているかなんて理解も出来ません。だから、相手のことを思い行動。それが違っていたら謝る。それだけです。間違わないようにしたいとは思いますが、完全にすることは不可能ですから。

出来れば「こんにちわ!」とあいさつが出来ればほぼ大丈夫です。そのタイミングで相手がクレームを入れてこなければOKです。でも、微妙な距離とかあるじゃないですか。大きな声で挨拶するには遠いなと。そんな時は、相手を見て会釈ですね。それで相手も会釈したら了承です。←これは自分の解釈です。それでも納得できないという人もいるかもしれません。

良かれと思って行動している側と、良いと思ってない側。これは100%の一致することはないと思います。たとえ、言葉で話しても決裂することだってあると思います。でも、その話し合いや決裂も大会や釣りの面白さだと思って楽しんでしまえばよいと思います。

「今日は釣りは上手くいったけど、交渉術がいまいちだったな。もっとしゃべれるようにしなくちゃ!」とか。

卓球のダブルスだってそんなもの。それぞれのプレーが良くてもコミニュケーションが上手くできなければチームとして機能しません。どちらも必要な技術という事です。

なので、釣り大会におけるエリア交渉も必要な技術だし、パートナーを納得させることや、楽しいムードにすることや、いろんなこと全てが必要な事だと思ってやってみればよいと思います。

自分もまだまだ足りない部分が多く、日々反省ですが、こうした機会を少しでも作りたく思って、大会を企画しています。気になることがあれば遠慮なく聞いてください。

話は変わって、川上や菅野が好調です。lessonありません(笑)お待ちしています!!!

では!!
posted by D.Tanaka at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2018年04月18日

私の中のチャターベイト

結局のところ、チャターベイトってなんなよ?と。

今回の大会でばらした魚があまりにもインパクトが強く、このことから逃げちゃだめだと思いだした。そこで、極限まで考え抜くことにした。

まず、ルアーはフラチャット10g。トレーラーはRAシャッド5”。まあまあ大きめのトレーラーだと思う。
ロッドはHB680H(旧型)。リールはメタニウム(ノーマルギア)で、ラインはQUICKSHOT FC 14lb。

このタックルセットは、スピナーベイト用として組んでいる。つまり、自分はこのフラチャットセッティングをスピナーベイト的に考えていた・・・のか?と。実はそこまで考えてなかったわけです。巻きだからこれでいいしょ?と・・・。

じゃあ、使い方はスピナーベイト(といっても色々あるんですが)的なものかというと、ボトムをスローに巻くというもの。つまり、スローロール。じゃあ、このウエイトのルアーをスローロールさせるとしてこのロッドを使うかというと・・・たぶんない。いや、スピナーベイトというか、ジグ的な使い方だ。ヘッドは7gでも全体パーツを入れるとそれ相当になるし。

いやいや、そんなことを考えていたらチャターってなんだろうかと。。。

チャターからブレードを外したらラバージグだな。スピナーベイトからブレードを外したらラバージグだよな。だけど、スピナーベイトとラバージグは同じロッドでやらないよな〜とか。(でも、同じロッドで出来ます。ただし、コツというか気にするポイントが違う)

結局、行きついたのはチャターってとても幅が広いルアーで、どの魚を狙うかでタックルは自ずと変わってくる。そして、決まってくるということ。スピナーベイトもディーパーレンジやパワーロールが1/4から1ozまであるように、一本のロッドで語れるほど単純じゃないのはわかっている。なのにチャターは簡単に考え過ぎていたなと。。。

いろいろローテーションした結果、先のRAシャッド(ただし、フラチャットは1/2に変更)はRR680Hで落ち着きました。私の中のジグ系ロッドです。その結果がこれ。

IMAG0543.jpg


バイト深いです。これは完全にテンションゼロになってから合わせました。つまり、送り込んでいる状態。バスは離さないんですよね。だって、ラバジやテキサスも簡単に離しませんからね。

そして、昨日の魚であるこいつや

IMAG0540.jpg


こいつ

IMAG0544.jpg


は、LTT620PMHで。ただしリールはクロナークCI4のスペシャルチューンモデル(大介的なw)。

これは巻き続けフッキング。もちろん、バイトは深い。

ちなみにフラチャット1/2にmibroのダブルウィップ5”。

フラチャットは1/2がお気に入り。自分の使い方ではね。なので、他のウエイトもちゃんと使いこなさなきゃ。なぜそのウエイトがあるのかという田辺さんからの挑戦状を紐解かなくては!

そんな感じでいろいろと試行錯誤して、3フィッシュに行きついたわけです。どれも満足度の高い魚でした。

バスフィッシングしてるな〜って思いました(笑)でも、エリアはいつもの・・・って感じなので、このチャター理論で新しいエリアを開拓出来ればいう事なしですね。

まあ、文章に出来ないことも多々あるわけで、これより先は有料ですよ(爆)

ということで、あのバラシから多くの事を学びました。あのバラシがあったからここまで考えれたわけで、これまた一つステップアップしたぞと。

やっぱり鼻血が出るほど悩まなきゃダメですね(笑)

では!
posted by D.Tanaka at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2018年04月17日

いろいろあった雨の川上

今日は、夜勤明けで川上に行ってきました。仕事が長引いたので昼過ぎからの釣行です。

実は某O氏から「17日暇?」と連絡があった。事実仕事なので「明けだけど、仕事」と送ったら「相変わらず使えねぇな。」とだけ返事。また面倒なことになりそうだから放置した(笑)

んで、川上に着いてみると、某O氏の車が。。。ヤバイ。。。。

まあ、こっそり釣りすればいいでしょ。と思っていたら、ランチングのタイミングでスロープに(笑)

「おい!どういうことだよ。俺は人間不信になるぞ!」と(笑)

まあ、相変わらずのこんな感じの会話でしたが、「実はチャターを理解したくてね。。。」といったところ、ソッコーで食いついてきた(笑)

IMAG0541.jpg


そして、私の人格否定8割、釣りの核心2割というトークで、これまたググっと来たわけです。

某O氏を知らない人は、なんのことだかわからないと思いますが、腹を割って話をするとなかなかなんです。まあまあ心傷つけられますが、凄く大事なことも言います。打たれ強くないと本当に挫けますがね。

ちなみに今回のグッときたセリフは「お前はワームの力で釣ってるな(チャターを)」です。
参りましたね。そう考えたこともなかったけどこれは事実。これっていいかえればチャターの部分(ブレードとヘッドとスカート)で釣っている人もいるわけです。同じルアーでも違うという事。深い。。。


ちゃんと釣りを開始するまで、小一時間O氏のチャター理論を聞き、自分の考えと人格を否定され、その中で答えを見つけていきました。

IMAG0540.jpg


そして、この一匹。量ってないけど1800くらいか。凄くいい感じの魚でした。

自分の狙う魚。そのポジション。アクションetc。。。いろんなことが混ざって、重なって釣りが成立する。

そんな当たり前のことを見失っていたことに、今さら気付きました。

PBT第一戦のバラシは、必然のバラシだったわけですね。とても納得。そんな釣りをしてしまったことに反省。。。何かにトライするのはプラでやっておかないと。。。

何年もバスをやってきて未だにこんな感じですからね。

ちょっと長くなったので続きは明日にでも。
posted by D.Tanaka at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2018年04月15日

悔しいったらありゃしない

今日の第一戦。

ナイスなビッグフィッシュをやらかしました。。。

前回のクラシックでも勝てる魚をばらしてしまい、バラシには結構気を使っていました。

今回はスピニングではまたやらかすと思って、巻きで対応したのですが、そのセッティングが出来てない状態で使ってしまいました。完全に自分のミスです。

ラインブレイクではないだけマシですが、フラチャットでジャンプというか、首ふりだけでやられると結構ショックでした。タックルバランスを次戦までに考えます。

ちょっと嬉しかったことは、今回2kg越が3匹ウエイインされたのですが、そのすべてがNORIESルアーでした。

優勝&BF賞となる2110gはエスケープツイン。二位もエスケープツイン。三位はクリエス1/2ということで、小野湖の魚はNORIES大好きということが分かりました。(自分がミスらなければ4本目でした)

15艇30名で釣りをして、ここまで偏るのも凄いなと。

まあ、いいかえれば「で、プロスタッフ何してんの?」という事なんですが(笑)

魚には行きついているものの、結果が出せないことに苛立ちすら覚えています。

時間をつくって、もう一度一からやり直すつもりで頑張ります。

あ〜悔し!!!
posted by D.Tanaka at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2018年04月14日

明日はPBT2018第一戦

明日は待ちに待った開幕戦です。

今日はしっかり体を休めて明日に挑みたいと思います。

ちょっと風邪気味だからなぁ。。。事故が無いように気を引き締めていきたいと思います!

では、明日参加される方よろしくお願いします。

お手柔らかに!

では!!
posted by D.Tanaka at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2018年04月12日

ナックルベイトって知ってる?

4月にYO-ZURIブランドから発売されたNEWルアー。

その名も、ナックルベイト。

今回のクラシックでも、タックルに組んでました。

そして、密かに「これはまっちゃうんじゃないか?」と期待を寄せていたのです。

当日は、残念ながらメイントしていたエリアが、水温低下&濁りでつぶれちゃって機能しなかったんですが、これからの季節かなり期待できそうです。

詳しい使い方はこちらから。



トレーラーの種類でまだまだいろんな使い方が出来そうですね。

自分が思っていたよりも、早めのリーリングが良いかな〜?

皆さんもゲットしてみてくださいね!

では!
posted by D.Tanaka at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | DUEL

2018年04月10日

PBT CLASSIC IX 2017 D.TANAKAの動画

プレスの児玉くんがGoproで撮影した動画が上がってきました。




まあ、自分に突っ込みどころ満載ですが、とりあえず見てやってください。

もう少し撮り慣れなければいけませんね。

あと、思っていた以上にエレキの音ってするんですね。ボートに反響しているのが気になりました。
posted by D.Tanaka at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2018年04月08日

PBT CLASSIC IX 2017 二位でした。。。

今年も二位です。悔しいです。。。

1523192999706.jpg


でも、自分のミスがあったから仕方ないです。ファーストフィッシュは手にぬめりだけをつけて消えていきました。焦ったからなぁ。。。反省。

朝は激寒で霜まで降りてました。気温は1℃。

IMAG0520.jpg


そして、エレキのプロップナットが割れる。。。不吉。

IMAG0521.jpg


それでも、終了20分前に起死回生の2kg!!

IMAG0526_BURST002_COVER.jpg


必然からのキャストはガンターライトwithエスケープツイン。

IMAG0527_BURST002.jpg


あの状況では、これしかないと即断した結果でした。

最高の瞬間でした。

今回はプレスで乗ってくれた児玉くんがgoproで撮影してくれているので、のちほどご紹介出来ると思います。

しかし、疲れた。。。もう2位はごめんだ!!!

須藤君、おめでとう!!!来期は負けないぜ!!!
posted by D.Tanaka at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2018年04月06日

明後日はPBT CLASSIC IX

明後日はPBTクラシックです。早いものでもう9回目となります。

大会を企画、運営するものとして、この大会だけはなんとか出場したいと常に思い続けているわけですが、今回もなんとか参加できることになりました。一応、連続出場です。危ぶまれた年もありましたが。

この小野湖をたった8人だけで使う(もちろん、9時以降は一般の方も釣りをされます)大会というのは、とても贅沢なものです。

とても狭き門です。昨年のクラシックチャンプの名もありません。ディフェンディングチャンピオンですらシードを貰えないという厳しさです。(繰り上げの特典はありますが)

人一倍想いの強い大会なので、2度もプラに入りました。それなりに煮詰めました。そして、今日の雨。。。しっかり、リセットされたことでしょう(涙)でも、少しのヒントでもあるのは、自分のゲームをする上で大事な事です。

やっぱり試合は面白いですから。

どんな結果になるかはわかりませんが、精一杯楽しんで来ようと思っています。

今年は動画の配信もやるようです。いろいろとチャレンジしてます。

いろんなことから地方からバス業界を盛り上げていこうと思っています。

あと、series戦という年間5戦の大会も4/15からスタートします。こちらは誰でも参加できるペア戦(パートナーは当日抽選)です。まだまだ申し込みOKなんで、ぜひ参加してみてください。お待ちしております。
posted by D.Tanaka at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2018年04月03日

小野湖プラ

夜勤明けで高速を使って小野湖に行ってみました。

今週末のプラです。

29744521_1355786847900490_7093483392234091042_o.jpg


キャスト杯の時と違って、今日は魚はご機嫌でした。ちゃんとリミット達成。悪くないです。

でも、例年のような巨バスに出会えない。な〜んか違うんだよな。

30124148_1355880191224489_8271521435809820732_n.jpg


もう風に舞って桜も散っているというのにね。

このまま天気が続いたら水温20℃も超える勢いです。恐ろしあ!

今日もサンカクTサンで釣りました。なかなか相性良いですね。

今日は、BIGフロロカーボンの12lbでやってみましたが、ライン的には問題ないです。ただ、自分のリールでは10lbまでが良さそうでした。シャロースプールを入れているので。

シンカーやラインでいろんなセッティングが出来るのも魅力のひとつですね。

本番までにもう一回は入りたいと思います。

やる気があるのではなく、やる気を出すためにプラです。

頭で考えるよりも経験を大事にしていきたいと思います。

歳をとると頭でっかちになってしまうのでね。

では!
posted by D.Tanaka at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 小野湖

2018年04月02日

キャスト杯第一戦

昨日はキャスト杯に参加してきました。昨日アップする予定でしたが、さすがに疲れてバタンキュー(死語)でした。

結果は、その他大勢の一人って感じです(笑)

結果はこちら→ キャストブログ

しかも、その魚もなんだかわからない狙った魚じゃないという。。。

o2304172814162368918.jpg


ちなみにルアーはサンカクティーサン。程よく釣れる良いワームですね。

ロッドは、ストラクチャー640ML-Ft。

一般的なベイトフィネスロッドよりも強めなので、あまりに軽いリグは使いにくいですが、サンカクTサンに3.5gネイルシンカーだととても良い感じです。もう少し重めにして、やや強めのラインで使うというのもありかも知れません。ただ、適度なシンカーが見つかってないので探したいと思います。

しかし、今週末のクラシック。

見失いまくりです。。。どうしたものか。。
posted by D.Tanaka at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 小野湖