2014年07月17日

NORIES HPのレポート

先日の小野湖釣行のレポートがNORIESのHPにUPされました。
↑クリック!!

是非ご覧下しださいませ。

そして、是非お買い求めくださいませ。

前回のレポートでも書いたのですが、この手の釣りの一番すごいと思うところは、カバーに当てることなく気難しいバスに口を使わせるということなんです。

例えばリップレスクランクと呼ばれるバイブレーションプラグ。ラトリンジェッターのようにスローロールも出来るものもありますが、通常は中層をただ巻きで使う事が多いと思います。ウイードに引っ掛けて切るというようなリアクションの釣りもありますが、リザーバーなどでは中層をひたすら引いていても釣れます。

これが自分の考えるタイトな動きの巻きです。気づかせない速さという意味ではノンラトルの方がよいと思います。それと対局なのが、フルサイズでラトルインのラウンドタイプクランクですね。つまり、大きな動きで、大きな音で、大きな波動で見せて寄せて食わす。けれど、あまりにインパクトがあるので状況がよほどよくないとなかなか食わせられない。そこで、カバーを使ってイレギュラーな動きを出して食わすと。

クランクというカテゴリーをシンプルに考えるためにこういった尺度で測っています。これが正しいとかそういうのではなく、自分の尺度の話ですよ。

リップレスクランクを1とし、フルサイズラウンドを10とすると(ん?こんなネタBasserにあったかなw)B-HIRARAは4くらいで、DeePは5くらいになるんですね。つまり、どっちもありのポジション。良くも悪くもどっちつかずの魚も反応させられると思っています。

それと大事なのがロッド。基本は早い釣りほど柔らかいロッドを使う。スローな釣りほど強いロッドを使う。また、早い釣りほどロングロッドというのもありな話。これはティップセクションが長いために食い込みがよいのと、ラインスラッグを使うことができるメリットが大きいですね。
ライトリグやテキサスなどソフトルアーの釣りは繊細で、巻きの釣りはアバウトなイメージがあるかもしれませんが、ボトムにつけない釣りはとても繊細だと思います。

なかなか文章にすると難しいところですが、参考になればと思います。

posted by D.Tanaka at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームフィッシング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101771605

この記事へのトラックバック