2014年07月22日

FeeDバスペアトーナメント

広島にあるプロショップFeeDさん主催のペアトーナメントに参加してきました。

パートナーはロードランナー使いのS薗くん。タッムルを見させてもらうと、コツコツと揃えているようで、最近のはやりに飛び乗っているのではなく、自分に必要なアイテムを揃えている印象。

でも、とっても久しぶりの釣行だったらしく、メインのロッドを忘れてしまって朝から落ち込んでいましたw


さて、今回の参加者は30艇60名。広い弥栄で30艇だとそんなにエリアもバッティングしないし、気にすることないかな〜なんて、思っていたのですが、自分がメインで考えた小瀬エリアにかなりの数が集結!そして、ここはいいのでは?と思うところにはしっかりとボートが居ましたね。でも、ちょっと時間が経てば、ちゃんと自分の釣りが出来るくらいなので、フィッシングプレッシャーというほどの話ではありません。

私は魚が釣れないのは、エリア選択や、技術の問題がほとんどだと思っています。確かにボートがあるということでのプレッシャーは掛かることがありますが、それもどうにでもなること。事実、自分のボートのシェードに入ってきたバスをサイトで食わせたこともありますから。関東などのメジャーレイクならいざ知らず、山口県のバスフィールドのフィッシングプレッシャーは知れていますよ。

朝一は軽く巻いて反応を見たのですがイマイチ。そこで、シュリルピン6.5のベイトネコで探るとすぐに小さなバスが。「なんだこのサイズは!!」と笑いながらリリースしたのですが、あとで気づいたのですがキーパーでした(笑)優勝しか考えてなかったので(朝のうちは)

その後、釣れども釣れどもノンキーばかり(25cm以下)。BIHADOUでも、B-HIRARA DEEP68でもノンキーです。

そんなこんなで、S薗くんに2匹のキーパーを釣ってもらって終了w

はい、私なんの貢献も出来ませんでしたorz

これはエリアを大きく外したなぁなんて思っていましたが、予想通りで小瀬は壊滅だったみたい。でも、予想外だったのは、美和は無いだろうと思っていたのですが、上位(しかもハイウエイト)がしっかり出ていましたね。数、サイズともに出ているということはばっちりだったという事です。

やはり、バスフィッシングは難しい〜!!

1406021593596.jpg


今回釣れたのはこれくらいの小物ばかりでした。

いや、写真の人物が小物だと言っているわけではないですよw

今回は菊レレペアにも負けちゃいました。参りました。




posted by D.Tanaka at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームフィッシング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101898601

この記事へのトラックバック