2014年10月22日

ベイトフィネスって・・・

今年はなかなかベイトフィネスが活躍しております。
一時のベイトフィネスブームからベイトフィネス用のリールがどんどん進化して、もはやスピニングはいらないなんて話も聞く。

実際、私もスピニングを持っていく機会が減っているのだが、それはスピニングの釣りをしていないだけであって、ベイトフィネスで代用しているわけではない。

そもそもベイトキャスティングリール(以下ベイト)と、スピニングリールは得意分野が違うからだ。

ダウンショットを例にして考えてみる。スピニングならば使用ラインは4〜5lb。ベイトの場合は7〜10lb。もちろん、私の場合である。

3mくらいのシャローを釣るのであれば、ロッドのストローク+ちょっと糸送りで済むのでベイトでも手返し良く釣りが出来る。むしろ、これはベイトの方が手返しが良いくらいだ。一方、10mくらいになるとベイトでは少々辛い。というか、スピニングの方がはるかに楽に釣りが出来る。スプールから螺旋状にラインが出ていくスピニングと、スプールそのものが回るベイトでは、ラインに掛かるテンションが違うのだから。

キャストにアキュラシーに関しては、若干ベイトの方があるかな〜ってとこ。自分はスピニングのキャストはそんなに嫌いではないので、それなりにテクニカルな場所にも打ち込める。ただし、キャスト後のベールを返す動作や、着水直後のバイトに対する動作など、そのあたりを考えてもベイトに分がある。


とまあ、自分の中で整理されつつあるベイトフィネスだが、やはり対カバーという釣りではベイトが有利。シャローはもちろん、ミドルレンジであっても立木などカバーがある場合にはベイトフィネスの出番である。

他にスピニングの独断場という釣りがある。それはチビメタルの釣りだ。ラインテンションを掛けずに軽いメタルジグをフォールさせるにはスピニングが不可欠だ。もちろん、PEラインも必須。

話をベイトフィネスに戻すが、ラインのポンド数も結構重要な要素。

最近は10lbで落ち着いている。シャローが絶対にない場合は7や8lbを使う事もあるが、基本的には10lb。これはベイトフィネス用のシャロースプールにはそもそもラインがあまり巻けないが、巻かない方がトラブルも少ないからだ。そして、太いラインを使う事でキャスト時のスプール痩せがバックラッシュを適度に防いでくれる。

といったところが最近の自分のベイトフィネス。まあ、ガンガンに使いこなしている人からすれば「え?その程度?」と言われてしまうくらいの話なんですが、自分の釣りの隙間を埋める釣りなので、そもそもそんなに出番があるわけではないんですよ(笑)でも、これだからキャッチ出来たという魚もいるわけで、やはり手放せない釣りだなと思うわけです。

最後に、このベイトフィネスの話をNORIESのHPにUPしてもらったので是非見てください。

http://www.marukyu.com/weblog/nories-staff/2014/10/-st640mft-4.html




posted by D.Tanaka at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲームフィッシング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104825476

この記事へのトラックバック