2016年08月28日

PBT第四戦 詳細 続き

そんな感じで迎えた当日。

今回のパートナーは広島の小田さん。MOLIXマニア(?)な感じです。どのブランドであれ、好きなものがあるということは良いことだと思います。それだけ自信をもってキャストを続けることができるので。疑心暗鬼のままでやり続けるのは辛いですからね。

プランは煮詰まってなかったのですが、やはりミドルレンジ以深がキーになると思いました。ただ、ベイトがうまく絡まないので食わすのは難しく、5フィッシュ取れればよいかなと。

少し寄り道をしながら、まずは中野のピンへ。ピンの位置を説明しながら二人でキャストしていると、小田君にビッグバイト!!バイトのイメージが難しかったようで、うまくフッキングが決まらなかったようです。ジャンプでポロリ。。。。キッカーになるサイズだっただけに残念。。。

その後は、大介塾に突入(笑)まあまま、クマ/ミチペアに突っ込まれましたよ。でも、気づきがあるときに伝えないといけないと思ってしまうので。もし、こういった展開が苦手な人は、スタート前にお伝えください。出来るだけ我慢しますから(笑)

何度か入りなおしたものの、やっぱり続かない。ということで、ふじもんフラットに移動。先行者はなし。そして、ベイトもなし。たまにベイトは周るもののイマイチ。そのうち、フジモンがやってきた。本家が頑張っても釣れないのだから、やっぱりいないのかも。。。と思いながら、最高のゴリゴリハードボトムにエスケープツインを入れたら、これまた最高のバイト!!!ロードランナーがバットからブチ曲がるくらいの〜ナマズ! 〜゜・_・゜〜  ←ナマズで変換したらこんな絵文字が(笑)

完全に挫けました。。。仕方なく、沈橋へ。先に入っていた人もいたので厳しいと思っていたが、案の定橋でバイトなし。でも、この付近にいるバスが寄るスポットを狙うとバイトが!しかし、すっぽ抜け。。。歯形びっしり。。。サイヤク。。。

気を取り直して、いろんなアプローチをし、完全フリーフォールで1300gクラスをゲット!かなりホッとしました。釣れた水深は、わからなかったのですが、エア抜きが必要だったので、やはりミドルレンジだと確信。
ボトムに落ちた瞬間のハッスンのアクションにイチコロだったようです!

そして、風の当たるバンクの小さな岬。ここも最高のスポットを丁寧に。。。。ゴン!!キター!!!!

〜゜・_・゜〜

本日2匹目のな〜ま〜ず〜。。。 

かなり心折れました。。。

もう一度、中野のピンを狙うも不発。

あとは大場所のタイミングだけと、小田君に告げ、ダムサイト横の岬へ。入って数投目で1500g越えをキャッチ!  キテル!!  ふと、周りを見回すとロッドを曲げているボートが。これは時合?

ということで、ランガン。

公園回り〜赤土バンク〜で一投目で1200g!!リミット達成!!!推定4000g。これは表彰台に絡んだか!?

しかし、ここで戦略を誤りました。欲が出たわけではないのですが、残りの時間を動くことが出来ずにタイムリミットに。残り5分を切り、「今日はありがとうございました。」とパートナーの話をし、ロッドのドラグも緩めて、片付け体制。もう、ファーストフライトを帰着している状態。

みんなが帰ってくるので、会場前は混雑するので、少し距離を置いて順番待ちをしながらの、捨てキャスト。

ゴン。。。「え?」   バスだ!!!

デカイ!!!

1640g!!!(BF賞獲得w)


終了3分前、会場から30mの事件でした。これで一気にウエイトもアップし優勝となりました。まるでドラマのような展開でした。

1472198497253.jpg


ランディングをする時間も惜しいくらいのタイミングだったので、一気に引き抜きましたがラインはこの状態。それでも切れないT-7。信頼が出来るということは本当に素晴らしいことです。

ちなみにロッドはこちら。

1472198516425.jpg


ストラクチャーのST6100MHとST640ML-Ft。

説明はいらないでしょう。本当に数々のビッグフィッシュを連れてきてくれます。まさに釣れるロッド。

ということで、最高のラッキーだった第四戦でした。

もちろん、年間レースも独走!このまま最終戦を走り抜けます。
posted by D.Tanaka at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176653312

この記事へのトラックバック