2016年10月18日

PBT最終戦

ちょっと体調不良。。。なので、手短に。

さて、当日です。パートナーは初ペアの三宅さん。最近はソルトが多いみたいだけど、キャリアは十分。ペア戦は、自分の戦略が理解されないと、釣り以前になかなかかみ合わないことが多いです。もちろん、理解されるように説明はしますが、同じくらいの理解力があれば、そういったところがスムーズにいくのも事実。というところも今回は気が楽でした。

エリアは美和。プラから魚を見つけていたのは、美和入り口のワンド群とトナカイより奥のチャンネル。美和方面に進んだのは3艇だったのですが、そのワンド群には田中/須藤ペアが向かっていきます。なので、自分は奥へ。もう一艇の伊藤/上妻ペアは奥まで進みませんでした。ということで、自分たちは結構好きなようにバッティングすることなく釣りが出来ました。ただ、一般の方がとってもいい場所に入って釣りまくられてましたが(笑)

まずは、トナカイ奥のチャンネルですが、さすがに朝から雨ということで、隣接しているシャローをスピナベでチェック。すると、結構早い段階でファーストフィッシュをキャッチ。しかも、約750g。悪くない。そして、立て続けに450gを。いづれもクリSのオリジナル。いつもはディーパーレンジを使うことが多いのですが、よりゆっくり引きたいのと、よりアピールしたいのでオリジナル。シャローロールもありだと思うんですが、キャストがちょっと難しくなるんですよね。それなりにディスタンスも欲しかったので。

それから・・・リミットが揃いました。三匹目は何で釣ったか覚えてません(汗

最奥にはおかっぱりさんが居てたので、それよりも手前で折り返すも、反応は薄いです。

ガレ場(捨てコンクリ場)で、ライトリグを入れるとバイトがちらほら。そして、ハッスンSFで700gをキャッチ!これで1900gくらい。あとは450gを入れ替えると。

それからミスがあったり、ノンキーだったりで苦戦。。。

もう一度、チャンネルの沈橋に入り、500g越えをキャッチ!しかし、自分の不適切なファイトから、最低なデッドという結果に。。。エア抜きの方法もダメでした。。

ケア虚しく、デッドになってしまったのですが、すぐに450gをキャッチ。これはファイトからケアまで慎重にしましたので、元気でした。

それから、もう一度ガレ場付近に絞り、もう一度条件を洗い出し、「だったら、この場所でしょ!」と投げたエスケープツインで一発バイト!少し小ぶりだったけど600gでウエイトアップ。その後は、入れ替えならない魚をポロポロ。

残り時間も少なくなってきたので、帰りながらテキサス撃ち。ここしかないと岩盤を丁寧に、丁寧に撃つとほぼ真下でバイト!これが700g越えでウエイトアップ!

しかし、この後キャッチはありませんでした。結果、2210gで4位。3位に60g差という僅差で入賞を逃しました。

年間成績には影響ない結果になってしまいましたが、ゲームとしては満足しています。ただ、もっと勝負するタイミングがあったのではないかと思います。


う〜ん・・・なんか、思い出を書いているだけになっちゃった。まあ、自分の記録として残しておきます。

また、機会を見て、そのタックルたちについて書いてみたいと思います。
posted by D.Tanaka at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177306632

この記事へのトラックバック