2016年10月20日

昨日は菊川湖

PBT最終戦のタックルについて書こうと思ったのですが、昨日の釣行もなかなか深いものがありましたので、まずはそちらから。

夜勤明けなので、湖上に浮いたのは10時すぎ。

スロープでは、ちょっと混雑していたのですが、心よく譲っていただきました。ありがとうございます。

今回のテーマは弥栄でのディープ攻略の練習。

練習といっても、ここは菊川なので、弥栄の魚は釣れないのですが、自信のあるセッティングを出すことが何よりも大事だと思っています。このセッティングも、時期や状況によって変わるのですが、"今"という旬をしっかりつかむことを考えています。

下流に向かいながらベイトの濃いところを探していきます。ベイトはピンではなくエリアで溜まるような場所が良いです。そのエリアの中で一番良いと思うところに、一番強いリグを入れていく。これが私の一番好きなスタイルです。

ということで、ベイトの溜まったエリアのショートポイント。ここしかないでしょ!?という場所に、最近お気に入りで、弥栄で不発だったFGダットを入れると・・・ココッ、ドン!と来ました!!!
1500gクラスのグッドサイズです。これを待ってました・・・・って、ばれました(ショック)
まあ、こういうことの繰り返しでセッティングは決まるんですが・・・。もう、このセッティングは使いません。どんなセッティングかは書きませんけど、微妙な違いでバイトの深さって変わるし、キャッチ率も変わるんです。

それから、河口岬に行ってみると、素晴らしいゴージャスベイト。これはいけます!

そして、ドドーン!!

1476781763738.jpg


やっぱり釣れるFGダット。

1476781771680.jpg


上手く撮れてないけどいいルアーです。

この時のセッティングはこちら。

ロッド:ST680MH
リール:メタニウムXG
ライン:フロロプラス14lb
ルアー:ガンターオーバル 1/2oz(トラッドブラックブルー)
トレーラー:FGダット(プロト)

その後もベイトはい感じなので、FGダットのセッティングを変えてみました。

1476781781254.jpg


縫い刺しです。しかし、この動きでは反応がありません。やはり、ちょっとした違いで差が出るものです。

それでも、魚探には、バスも映ることからより攻撃的な釣りへ。ダイラッカですね。

14671070_973651239447388_5381842448017732927_n.jpg


良いバイトから、よいファイトでした。これはかなり合ったセッティングかもしれません。

ロッド:LTT690PH
リール:クロナークCI4(ノーマルギア)
ライン:T-7 20lb
ルアー:ダイラッカ(プレミアムゴールド)

バイトからフッキングまでの間が自分好みでした。以前の菊川釣行でも、小さいバスを弾くことなくキャッチ出来ましたし、これは良いかもしれません。数を釣っていかないと分からないことも多いのですけれど。

そして、写真はないけど、エスケープツインでもキャッチ。これはかなり煮詰まっているので、安心して使えるセッティングです。

ロッド:LTT680H
リール:メタニウムMG7DC
ライン:T-7 16lb
フック:キロフック3/0
シンカー:ビーンズ1/2oz(ペグなし)

これも好き嫌いが分かれるかもしれません。でも、私はこのセッティングは"釣れる"セッティングだと思います。

そして、最後にベイトフィネスのスルーダウンショットでばらしました。。。これはフックに難ありですね。リグはとても良いので、このあたりのセッティングもいろいろ試してみようと思います。少しだけ、ショートリーダーバージョンも気になりますね。

では!








posted by D.Tanaka at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177321851

この記事へのトラックバック