2017年04月13日

組み合わせ

何を合わせるか・・・。

悩みますね。フォアのラバー。ラバージグではありません。卓球の話です。

私の卓球用具は、息子のお古なので選ぶという選択肢はありません。ラケットは壊れない限りこれを使うしかないのです。ラバーは消耗品なので、2か月くらいで交換しているのですが、息子がおいていったテナジー05(特厚)に変えたところ、びっくりするくらい打ちやすくて威力がでる。もちろん、ミスも増える(私の技術の無さが原因)のですが。

ただ、このラバー・・・高いんです。卓球をメインでやっている人でも高いと感じるくらいなのですから、サンデーアングラー的な卓球人(なんていうの?ホビープレーヤーかな?)の私には高嶺の花。。。ちなみに1枚8000円くらいです。両面張れば16000円・・・。ちょっとしたリールが買えますね!

さすがにそれは厳しいということで、替わるラバーを模索中なんです。先日は翔龍(ヤサカ)を打たせてもらったんですが、スピンは良い感じですが、さすがに飛ばない。それでも、粘着の中では飛ぶ方らしいですが。それに、一番気になるのは、ラケットが違うという事です。そのお借りしたラケットは、自分が使っているインナフォースZLCではないのです。となると、気に入ったラバーを張ったところで、実際はどうなのかわからないのでは?と思ってしまうんです。


これは釣りも同様で、昨日お勧めしたラインも使うロッドやリール、リグによっては「え?感度ないなぁ。」なんてことになったり「バイトを弾きまくっちゃう!」なんてことも。

要はトータルバランスが大事。そのトータルバランスは実戦でしか得られないと思います。高感度ライン、高感度ロッド、超ハイギアが使いにくいのと同様に、高反発ラバー&高反発?ラケットだと、使いこなせるのか?という話になります。

もっと言えば、一番の目的の、そのセッティング釣れるのか?ということ。使いやすいのと、釣れるは似ているようで違うことも多いですから。打ちやすいのと、勝てるのは違いますし。←自分のレベルだと、ミスで負けることがほとんどなので、打ちやすい=ミスしない=勝てるというのは事実です(笑)

こうして考えれば、卓球と釣りって似ている(勝手に思っているだけ?)と思います。

道具を使っても、使われるな!

これ大事。

では!
posted by D.Tanaka at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179423808

この記事へのトラックバック