2017年09月12日

別の視点からのGFFO

今回のGFFOは今までの6回とは違ったことがありました。

それは自分が、出場する(参考記録ですが)という立場になり、多くの仕事を仲間に割り振ったことです。

実際には、きちんと割り振れていたものに関しては、ほぼ出来ていたと思います。でも、私が引継ぎや、割り振りのミスをしたところは、参加者に大きな迷惑を掛けてしまいました。これはとても反省しています。

改善できることは、すぐにでも改善し、出来ないことは参加者に納得していただく。要望は出来るだけたくさんあった方が良いと思います。でも、出来ることと、出来ないことをちゃんと見極めることが大事だと思いました。

そして、自分が今回感じたというか、嬉しかったこと。それは私たちのミスを快く許してくれ、笑顔で対応してくれた方があったということです。

何か問題が怒ったときに、いろんな対応の仕方があると思います。大きな声を上げて相手を威圧したり、泣いてみたり、物に当たってみたり、また、紳士的な態度だったり、相手をかばってみたりと。

以前のブログで、参加者が作るイベントだという事を書きました。それは無責任という話ではなく、随所にそういったことでの起点があるということです。

今回のミスが出た時に「なんでだよ?どうなっているのか?!こちらは金払って参加してるんだぞ!」と大声をあげていたら、周りの人はどんな気分になったでしょうか。そういう行動をとることも出来たのです。でも、笑顔で何事もなかったように対応して頂くことで、そのミスもちょっとしたサプライズのようになります。←実際、こういう風に言ってくださいました。

自分人の言動が、周りをどんな気分にさせるのか。

今回、田辺さんが開会式の時に「相手が嫌なことはしなきゃいんだよ。」と言われました。まさにこれです。

21430052_666364520235892_196622327709048564_n.jpg


不満に思ったり、疑問に思ったり、わからなかったり、と自分が不安になることがあります。けれど、その聞き方、言い方、表情で、すべてが変わります。

人が沢山集まるという事は、いろんなことが起きます。それをどうするか。

そんなことをいろいろと考えた大会でした。

本当に自分の不手際で、年に一度の大切な大会が台無しになるところでした。

けれど、今回、様々な仕事を周りに任せたことで、スタッフのスキルは大きく上がったと思います。

間違いなく来年は、もっと素晴らしい大会になると思いました。

個々の目的、団体の目的。

それをぶれることなくやり続けていれば、いろんな人が支えてくれるようになり、前に進んでいくことが出来ます。

21559029_478516549186952_4579118232039827298_n.jpg


大きな会社だけでなく、個人でもいろいろと支えてもらっています。県外からも。

21414678_1900785213271082_2945543684879610339_o.jpg


小野湖というフィールドと、バスという魚あってのイベントです。でも、そこには人が居る。

人が良いものも作るし、壊すこともあるんです。

どうせなら、良いものを笑いながら作りましょう。

21616532_2006900156211347_8967362878218448930_n.jpg


このイベントスタッフは、かけがえのない仲間です。感謝です。

文句ひとつ言わずにきつい仕事をやってくれます。

ぜひ、すべてのスタッフの頑張りをみてください。
posted by D.Tanaka at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180977859

この記事へのトラックバック