2018年01月29日

PBT2018ルール変更点

昨日、ルールの変更点についてアップしたのですが、とても大事なことを書き忘れていました。

それは、ルールブックの第4条の3項、<ボート上ではライフジャケット(国土交通省型式承認品に限る)を着用すること。>という点です。

ライフジャケットの着用はこれまでも順守だったわけですが、その種類が国土交通省型式承認品ということです。

簡単にいうと桜のマークがついたものじゃないといけませんよ!ということです。

詳しくは、国土交通省のHP(http://www.mlit.go.jp/report/press/kaiji06_hh_000146.html)を見て欲しいのですが、PBTとしては、どのボートに乗るのかは当日までわからないという事と、ボーターであっても、抽選や不測の事態で他のボートに乗ることもありうるということで、すべての選手に適応するということにしました。

私も仕事がらライフジャケットを着用することが多いのですが、この桜のマークがあれば安全なのか?と言われると、そこは疑問しかありません。でも、これがルールである以上は守っていかないといけないということです。

まあ、いろいろと思うところはありますが、こういうことはまず目的をはっきりさせることです。それは“事故を防ぐ”ということ。そのためにどうするのかという事です。義務になっていることは果たしたうえで、足りないものは各自で足せばよいのですから。

ライフジャケットの着用は船舶だけというわけではないです。陸であっても、砂浜であっても必要であるならするほうが良いでしょう。その判断が出来ないと思われるなら、周りの人が手助けする方がよいでしょう。特に子供の場合は。大人もですが。

登山などで軽装のまま山に入りとても大変なことになったというニュースをたまに見ます。キャンプで中州に取り残されるとかも。どのジャンルであっても、それ相応のものがあるということです。

分からなければ聞く。そして、周りをみてみる。これはとても大事です。

話が逸れましたが、今期のPBTでは桜のマークが必要ですよ!という話でした。

<補足>国土交通省型式承認品のライフジャケットですが、タイプがあります。

小型船舶機構の表を参照にしてください。

http://www.jci.go.jp/inspection/houteibihin_heisui/raijyake.html
posted by D.Tanaka at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182271245

この記事へのトラックバック