2018年07月05日

学ぶは真似ることから始まる

物真似が出来る人はセンスが有ると聞いたことがある。

つまり、キモになる部分、要点を端的に見つけ、その動きが出来るということだ。

上手い人には必ず理由がある。でも、上手いという人が何もかも同じというわけではない。普遍的な理論は必ずあるのだが。

特に体というのは替えが効かない。脳はいくらでも鍛えることが出来ると思っている。反射神経もそれなりに鍛えられると思う。筋肉も鍛えられる。でも、体そのものを作り上げている骨とか筋とか、要は根幹の部分はどうしようもない。

簡単に言えば、身長はどうしようもない。。。

例えばサイトフィッシングにおいて、目線の高さは素晴らしいアドバンテージになる。サングラスよりもシークレットブーツの方が大事かもしれない(笑)

卓球でも、リーチの長さなど、どうしようもない部分がある。

ただ、小さいことが有利になる場面も少なからずあると思っている。それを生かせる展開に持ち込めば勝機はぐっと近づく。そして、そうなるための練習を意識してやっていかないといけない。好きな事だけをしていてはダメなんだと思う。

釣りも同様で、自然環境は一度たりとも立ち止まることなく、刻々と変化している。その中で、自分に出来ることを、ミスなく行う事が出来れば結果は自ずとついてくる。これがとても大事な事だと思う。

出来ないことを一生懸命考えても仕方ないのである。自分に出来ることは何か。そして、その出来ることに反応する魚を探すだけである。

話が複雑になってしまった。。。

タイトルに戻すと、自分の体格にあった選手を真似ることで、気付きがあるということ。小さい選手が勝つために何をしているのか。もちろん、出来ては無いけど、それに近づくために努力することが大事なんだと思う。

釣りも同じなんだよね。実は。ホントに深いです。
posted by D.Tanaka at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183744863

この記事へのトラックバック