2019年03月19日

PBTについて

先日のブログに質問がありました。

Q:参加費以外に掛かるものがありますか?

A:まったくありません。

PBTでは、ボーターの方への謝礼はルールに盛り込まれておりません。もちろん、お気持ちということで各自が行われるのは問題ありません。ただ、一律いくらという取り決めもありませんし、ほとんどの方がされてないのではないかと思います。

ノンボーターの方は、自分の釣りの道具だけを持ってきていただければよいのです。もちろん、ライフジャケットは必須です。帽子、サングラス、レインウエアなどはあるとよいです。もし、ライフジャケットもないというのであれば、貸出いたします。(数に限りはありますがほぼ大丈夫です)。

食事や薬なども各自で用意してください。いわゆる“弁当とケガは自分持ち”というスタンスですので、けがのリスクなどをお考えの方は、各自で保険に入ることをお勧め致します。

朝の準備、終了後の片付けも、出来る限りで結構です。手伝っていただけるととても助かりますが、用事があるとか、シャイなので・・・など、出来ない場合は、本当に大丈夫です。

こういう風に書くと、ボーターの負担が大きいと思います。そうなんです。釣っても(もちろん、釣ってもらう事も多いです)、成績はシェアですから、ボーターは負担に対して対等ではないと言えます。でも、前回書いたように、未来のバスフィッシングを考えてくれる人がPBTには集まっています。それが正解なのかはわかりませんが、私のわがままに付き合ってくれる仲間がいます。本当に感謝しかありません。

遠征のついでに参戦というのも楽しいと思います。いろんなスタイルがあって良いと思います。いろんなバスフィッシングの楽しみ方があります。PBTはその一つです。あまり難しく考えずに一度参加してみてください。

ちなみに副賞は、地元の釣具店の商品券です。この商品券の使い方も、とても有り難いことにいろいろ配慮して頂いております。なので、遠くからだから貰っても使えないよ。。。という方にも対応できます。

今年で11年目になるPBTをよろしくお願いします。

では!
posted by D.Tanaka at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185735186

この記事へのトラックバック