2019年04月14日

PBT2019第一戦

今日はPBT第一戦でした。

前回のプラが好感触だったので、そのままのプランでいきました。

@巻物は基本なし!
Aテキサスよりジカリグ
Bクルーズの魚を釣ることも考える
C一段下の魚のポジション

といった感じで、あとはその場で見つけるというのはいつも通りで。

フライトは4番。先行者は1番フライトの反田/源ペアだけ。(途中で藤高艇に抜かれましたが)

FD55F18A-7AF3-4BAF-B6F7-05A6DB047C25.jpeg


目的のエリアにはすんなりと入れました。しかし反応なし。プラで2kgをキャッチした場所ですが、プラの時よりも水が悪くなってました。

そこでサイト出来るエリアへ。

最初は見つけられなかったんですが、ボートを止めてみるとスクールもちらほら。ということで、プランBです。

プラでは投げてない(スピニングを持ち込んでないので)のですが、経験から「いける!」と踏んだリグ。

スライダーワームのスプリットショットです。

81B52F2D-2BA7-42A3-A481-1C0B469E525A.jpeg


ショートバイト対策のために、普段使っているストラクチャーシリーズからハードベイトスペシャルのシャキットグラス変えてみました。

これが正解で、1400g超えをサイトでキャッチ!続けて同サイズを掛けるもジャンプでバラシ。。。慣れないスピニング。。。

そして、風が出てきてサイトがしにくくなったのので、カバー撃ちへ。

カバーの根元にうっすらとバスの背中を見つけたので、食わせのジカリグをキャスト。そうプランAです。

0C345133-210B-4ACE-89A7-3D9E167EC084.jpeg


一発で食わせて1400越え。その後、時間は掛かったものの1300をキャッチしてリミット達成!

ちなみにジカリグは7g。このウエイトをキャスティングで精度よく投げるならLTTです。(私は)

それからのプランは悩みましたが、サイトで見えていたサイズに2kgサイズは見えなかったことから、大きくエリア変更を決断。

中流域に行き、ワンドの入り口付近を狙うも不発だったので、ワンドの奥に。ところがここも不発。。。

残り時間も少なくなり、三連ワンドの最初のワンドの最奥へ。今は木が切られているので、シャローの一段下を狙う。そうプランCです。

ロングキャストでふわずるふわずるします。←このニュアンスが大事。テキサスだとズルズルになるんですが、ジカリグなので少しふあなのですよ。

で、1500をキャッチして入れ替え。続いてキャッチするも1200で入れ替えならず。。。

結果、4320gで2位でした。

2EE3C374-528F-434E-9F91-CFC2D11F3DB8.jpeg


パートナーの清水君には、サイトを中心とした釣りにくい展開にしてしまって申し訳なかったです。でも、自分には魚をキャッチする術がこれしか無かったのですよ。。。まあ、最後のラッシュとか、見せれたのは良かったかなと。。。

私たちに600gもの差をつけて優勝をかっさらったのは中崎/伊藤ペア。4920g/3匹は小野湖の歴代3位のウエイトです。今年はややロースコアな年だと思っていたんですが、これには参りました。しかも、まぐれなどではなく、厚東の魚だとウエイトが軽くなることから、下流のプリ狙いに作戦を変更しての結果。ちょっとカッコよすぎません?(笑)まあまあ、クオリティー高い釣りだと思いますよ。

ということで、負けはしましたが、ちょっと清々しいと思ったりしてます。

ということで、スタートダッシュには成功した2019年です。このままの勢いで突っ走りたいと思います!!

posted by D.Tanaka at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185860414

この記事へのトラックバック