2019年05月29日

今回のヒットルアー!

今回のヒットルアーのコーナーです(んなもんはない。)

今回、生見川ダム釣行でのベストフィッシュは、こちらでした。

4ECB83B3-4046-4B9C-8826-A3AD8BE484E0.jpeg


推定で50(目測)、ウエイトは、計ったけど忘れた(笑)という魚です。すいません。大会以外では数値にあまり興味が無くて、すぐに忘れてしまうんですよ。。。(歳のせいではない)

で、この魚をキャッチしたのがこちら。

AF503FE9-D0CE-4B36-A10F-2A62166F470F.jpeg


あれ?NORIESのジグじゃないと思った方!正解です。

DEPSのスーパーヘッドロックジグです。たぶん。。。

これは、FGダディーが使いたいという事が先にあって、それに合ったフックサイズのジグが欲しいと思い、近くのお店を数点はしごして見つけた唯一のジグなんです。(つまり、品揃えの悪い街で、もっと頑張れと言っています。)

パッケージもすぐに破棄したので、恐らくハイパーフットボールジグだと思うんですが、選ぶも何もこれしか大きめのフックのジグが無かったんですから。しかも、ラストの1個(いや、マジで品揃え・・・)

カラーのチョイスは、トレーラーに合わせて・・・じゃない!これしか無かったんだって!!!(品・・・)

偶然にも、児玉くんの残していった(笑)FGダディーがウォーターメロンだったので、ベストマッチになりました。そして、あの魚。うん、丸く収まればそれでいいです。流石ですよ、釣れるルアーだけを売るプロ意識!(嫌みマックス)

でも、実はこのフック苦手だったんですよ。フックポイントです。正面からみて、逆Tの時になっているやつです。真円の方が好きなんですが、このフックはしっかり刺さってました。もう少し使ってみて、問題なければ1群入りさせてあげようと思います。(つか、ガンターフットに3/0、4/0があればなぁ。。。)

使い方ですが、基本はスイミングです。スイミングというと横の動きだと思う人が多いと思いますが、フォールであっても、このスカートボリュームとトレーラーのスライドがあると、若干手前にカーブします。カーブフォール?カーブスイミング?まあ、どっちでもいいんです。魚に興味を持たせる動きになっていれば釣れるんですから。こんな感じで、岩盤のちょい沖に浮いているバスをキャッチしたわけです。

これからの時期にお勧めのセレクトなので、是非使ってみてください。

あ、今回のタックルはこちら。

6CCEC2A8-F7A3-422D-A560-B96DC38D8902.jpeg


ロッドは、LTT620PMH、リールはクロナークのノーマル、ラインはTB CARBON 14lb。

はい、ジグ用ではないです。どちらかというと、私のチャターセッティングです。

でも、中層で泳がせて釣るんですから、ジグ用である必要はないです。(ところで、ジグ用って何を基準?)

今回の釣行のようにロッドの本数が限られるときには、とても重宝する1本です。ちなみに最初はPE付けてフロッグ投げてました。で、朝一にこれぞという場所でフロッグに反応が無かったので、リールごと変えて使いました。実は、こうやってリール変えている人多いんですよ。もちろん、プロらしく同じロッドを数本持ち込めばいいんですが・・・リール変えた方が準備も楽でいくないですか?(生粋の面倒くさがりです)

ということで、良さそうなジグと、間違いのないトレーラーの話でした。
posted by D.Tanaka at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186063283

この記事へのトラックバック