2019年08月20日

SLXはいいリールだけど。。。

最近お気に入りのSLX MGL(面倒なので以下SLX)。

ブログやネット界隈でも良いという評価ばかりです。なので、自分はダメだという点を書きます。ひねくれものなので。

と、その前に。

良くリールのギア比がどうとか言われますが・・・スプール径が違うと巻き上げ長は変わるし、当然キャストの距離で変わるし(基本的にカタログの巻き上げ長表示は、スプールにマックス巻いた状態らしいです)、その巻き量でも変わります。なので、同じ条件下では、その比較にはなりますが、実際にその長さを巻き上げているのかというとどうなの?ってところです。

自分が基準としているのは、ルアーを回収しているときにトップガイドに「ガチ!」って当たるようなスピードは自分のリズムに合ってないので嫌いです。目で見て巻き上げたら流石に当てることは無いですが、次のキャスト方向を見ながら釣りをするので、リズムって大事なので。

そういうところから、自分は打ちものにはハイギア、巻き物にはノーマルギアというのがベースです。

が・・・SLXはスプール系が32mmということなので、巻き上げ長がメタニウムに比べて短いんですよ。まあ、詳しくはシマノのHPみてください。自分で調べてみると面白いですよ。
で、そのあたりも加味してラインの巻き量を調整するのが大事なのですよ。

で、話を戻します。

SLXですが。。。フロロの16lb以上はかなりきついです。私は。新品ラインだと浮きたがります。やっぱり34mmっていいなぁというのが率直な感想。でも、フロロでも14lbだとかなりいい感じ。という事で、以下の使い分けに落ち着いております。

ラインが12〜14lbならSLX。14〜16ならメタニウムMGL。それ以上は、13メタ(本当はバンタムMGLと言いたいところだが持ってない。。。。)

自分はオープンウォーターでも14〜16が基本なので、SLXだけではちょっと厳しいなと思いました。

あとは、巻き感。マイクロモジュールの好みですね。

自分は好きなので、静かな巻き物ではマイクロモジュールがいいです。なのでスピナベ、チャターはMGLがいいなと。。。クランクならまだSLXでいけるかな。あとはラインをフロロからナイロン系にするとノイズが若干無くなります。なので、トップ、ジャークベイトの14lb使用はSLXが一番活躍するんではないかと。あとは打ちものの14lb以下使用時ですね。

まあ、値段から言えば最高だし、14lb使用はある意味ジャパンスタンダードと言えるものだと思うんで、まあ、世間的にウケるリールだなと思いますね。買っておいて損はないかなと。

で、打ちものならEXです。これはスプール径が小さいので思ったよりも巻き上げスピードがないので。でも、ハンドルも短いし、ちょっときつい(重い)と思うなら、HGでもまあいけますね。自分はHGとNG持ってます。

キャストに関しては・・・文句の言いようがないレベル。ブレーキシステムも良いんでしょうけど、スプール径とスプールが良いです。純正でこのレベルを出してくれると本当にありがたいと思いますね。

ということで、一言でいうと・・・買いです!って話でした(笑
posted by D.Tanaka at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186451439

この記事へのトラックバック