2014年06月10日

キャスト杯 その後・・・

ウクレレを拉致し、今度は自分がフロントをキープすることにしました。

大会後の答え合わせの意味もある後半戦。

今回の大会で一番気になったのは、とある選手の2匹。これは完全にクオリティーが違っていたのです。しかも、釣り方を聞くとライトリグだという・・・。私はてっきり中層の巻きだと思ってました。それだけにダブルでショック。だって、それらしい場所をやっていれば、25cmくらいは混じってきてしまう釣りだから。それが、1600クラスを2匹って。

重さとか、大きさじゃなく、太り方というか、とにかくコンディションが素晴らしかった。



そのエリアのポテンシャルを見るべく、ダイラッカを投げまくってみました。しかし、バイトは無し。。。タイミングはあると思いますが、ここでは見つけられませんでした。でも、ダイラッカは勝負が早いのでこういった時でもチェックは早いです。

そして、優勝者のエリアへ。真似してフットボール系を投げるもベイトの入りがイマイチ。。。

そこで粘ることなく、さらに下流へ。

ここは試合中に気になっていた場所でしたが、他の選手が入っていたので諦めた場所でした。まあ、ウクレレは「一声掛けて入れてもらおうよ〜。」って言っていたんですがね。私は「いや、あのオーラは釣れているオーラだ。だから邪魔してはいけない。それにダイラッカがこっちにはあるじゃないか!!クロナーク!!!」ってテンションで拒否しました。 ←これが間違いw


そのエリアに入り、魚探を掛けると・・・「OH!wonderful!!」って感じの映像でした。

そして、ドン!!

IMAG0840.jpg

ウクレレもドン!

IMAG0842.jpg

続いて、ドンドン!!

IMAG0844.jpg

ドンドンドン!!!!

IMAG0846.jpg

締めでドン!!

IMAG0847.jpg

という感じで、小一時間で5匹、ウエイトは目測ですが7000gは超えていたでしょう。

少し離れたところをやっていた河口さんも余裕の1500gオーバーが来ていました。

時合だとは思いますが、この爆発力は恐ろしいです。。。



ちなみにルアーは私がオーバルヘッド3/8ozにエスケープツイン。ウクレレは1/2ozテキサスのエスケープツイン。つまり、エスケープツインという事ですよwww 

他のワームも試したかったのですが、ここでタイムアップ。。。

スロープを出たのもギリギリでしたわ。。。


今回の釣行はいろんな事が学べました。やっぱりバスフィッシングは面白いです!
posted by D.Tanaka at 17:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 小野湖
この記事へのコメント
その場所は なんとかストレッチって
名前があったと…
入る時には その人の許可 か
入場料がいるかと…河口アイランドみたいに

…w

色々 情報ありがとうごさいました( ´ ▽ ` )ノ
ロケもよい感じに成立しました。
また連絡します。
Posted by ガッツ at 2014年06月11日 07:46
ガッツさん

入場料はウクレレに請求してくださいw

ロケ良い結果だったみたいですね!小野湖様様ですね!!
Posted by D.Tanaka at 2014年06月12日 05:40
河口アイランドは、所有者が漁業権放棄したらしいです。

でも小野湖は最高です!朝夕のプライムタイムが狙えたらもっと最高!
Posted by maki2 at 2014年06月12日 10:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/99435699

この記事へのトラックバック