2019年07月18日

久々で卓球の話

はい。卓球の話です。釣りの人は退席をお願いします(笑)でも、共通している部分があるんで、お暇でしたら最後まで読んでください。

今の自分のメインラケットは、STIGA社のカーボネード45です。中国の女子が数名使っています。陳夢選手が有名ですかね。結構、好きな選手でとても参考にしています。

カーボネード45は、アウターカーボンですが、打球感はそんなにカンカンというほどでもなく、どちらかというと木材っぽく使えている気がします。以前は、エバンホルツZを使ってました。こちらの方が飛ぶ感じがしましたが、エバンホルツはテンションを貼っていたので、今の自分のレベルでは判断しかねます。。

フォアは、粘着ラバーを使っています。キョウヒョウターボオレンジ(特厚)です。以前はキョウヒョウのプロ3を使ってましたが、それからNEO3にして、ターボオレンジになりました。次は省狂ブルースポンジかもしれないですが、そこは財布が許しません。。。

バックは、テンションなんですが、いろいろ使って、今は、ブルーファイアーM1ターボ(特厚)です。まあまあ硬いです。たぶん、普通の人は「合わない!」っていうんじゃないかと思います。フォアでも硬いという人もいるくらいですから。ちなみにメーカー表記で50°です。
バックは、自分のプレーの生命線なので、ロゼナつかったり、ラグザ7つかったり、翔龍つかったりしましたが、今は硬めのテンションに落ち着きました。

ちなみに、重量は193gだったかな?アマチュアでは重めだと思います。

キョウヒョウを貼っていると、「うわ〜凄いですね!これでゴリゴリ回転掛けてくるんですよね!」とか言われます。

私が粘着を使う一番の理由は・・・サーブとレシーブです。そして、3球目。

もうね、一般の市民戦レベルの大会って、ほとんどこの3球目までなんですよ。それで決まらなくても、その時点で、優劣が付いているような形でラリーになります。だから、この3手目までをいかにうまくやるかが大事なんです。引き合いなんて、10本に1回あるかどうかですから。

そして、バックは・・・ツッツキとブロックです。硬いラバーはとにかく切れます。台上では弱く当ててもラバーが勝手に飛ばすことはないです。切れるのでストップも止まります。ブロックも簡単です。ま、そもそもそんなに強回転のドライブ打つ人が少ないので、コースをつくブロックが正確に出来るかが大事だと思います。

そのブロックを安定させるのが重量です。ただ、実は、ちょっと肩が痛いな〜なんて思っていて、少し・・・少しだけ軽くしてもいいかなと悩んでます。


さて、この間のタックルの話と同様ですが、道具は目的があってこそです。釣り以上に卓球の世界ではトップ選手が、同じようなメーカーで契約していて、同じようなラバー、ラケットを使っています。(同じかどうかは・・・・w)

では、それが自分にとって最高なのかというと・・・それはちょっと違うのではと。そもそも練習量が違います。そして、求めるプレーが違います。だって、対戦相手のレベルも違うわけですし。

これを釣りに当てはめると・・・・トッププロが使っているから。(練習量は?)あのプロが琵琶湖(例えば)で60釣っていたから。(あなたが行くの琵琶湖?)

憧れはわかります。それは絶対に必要です。私も田辺さんを尊敬しているし、馬龍は好きだし、林高遠はもっと好きだし、でも、TIMO BOLLが握手してくれたら失禁するかもしれないし。。。と、まあ40過ぎたおっさんでもドキドキするわけですよ。

でも、それが出来るかは別なのです。釣りは卓球と違って、練習と試合というのはトーナメントに出てない限り分けられないです。自分もプライベートでは、いろんな釣りをします。でも、トーナメントでは一番得意なパターンにはめるようにしますし、それを見つけるようにします。

だって、3球目のフォアループドライブが得意なのに、わざわざアップサーブ出さないでしょ。練習はいろんなことを想定してやりますが、試合は一番効率のよい得点方法でやり切った方がいいのです。

その為に道具をセレクトするということ。これはその競技を理解するための最短だと思います。

正しい道具選び。そして、それはレベルアップと共に変化もしていきます。もしかしたらしばらくしたらカーボネード245になっているかもしれないです。ディグニクスでぶいぶい言っているかもしれないです。それは自分のスキルアップあっての話です。

そして、道具は値段じゃないです。それが理解できるまでに自分は相当時間が掛かりました。でも、卓球をするようになってから凄くわかってきました。

あなたに合った道具ってなんですか?
posted by D.Tanaka at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年07月17日

自分にとってのエスケープツイン

この間の田辺会の時の話。

どうやら世間では私は“エスケープツインしか投げない人”という事になっているらしく。。。否定しようと思ったが、80%は間違ってないので、まあいいやと思ったりしてます。

プチセミナーでも言いましたが、エスケープツインしか投げてないというのは、ことテキサスにおいて、ビッグエスケープやリトルを使うことがほぼないのです。最近はチビツインは導入してますが。

というのも、自分が考える自分のテキサスで釣るバスのほとんどは、その3兄弟の使い分けでの差がないと判断しているのです。

結構、ややこしい話になると思うので、整理しながら理解してください。

バスが100匹います。このうちテキサスで釣れるバスが40匹だとします。同じシンカー等のタックルで同じ動作をすれば、ワームが違えば必然として差が出ます。その差で使い分けるとして、4兄弟でそれぞれ10匹が反応するとします。しかし、アクションやシンカー、ロッド、ラインなどを使い分けることで、3割の誤差というかゆらぎが起こるとします。ワームの大きさとして、ビッグ>オリジナル>リトル>チビとなっているので、ビッグの魚は、オリジナルで3割くらいは釣れるかなと。そんな感じでとらえています。逆にリトルの魚も3割はオリジナルで釣れると。前後の兄弟から3割ずつもらえると16匹は釣れるぞと。まあ、そんな感じで考えています。本当はきっちり使い分ければいいんですが、それを探る時間よりも、自分の感覚を重視しているわけです。

また、ワームのパーツに注目すると、ワームの動きを止める側のパーツは食わせというか、“見せる”側のパーツだと思います。そして、抵抗になりにくく、水流を逃がすパーツは“見せない”側のパーツだと思っています。そういう意味では、オリジナルは一番見せないワームだと思います。ゆえに私は重たいシンカーこそが威力を発揮すると思っているんです。スライドやエスケープアクションは、シャクった時にでるか、落とし込んでいくときに出ます。落とし込みが何よりも自分がキーとしている動きなので、これをコントロールするための、シンカーなのです。落とし込むには絶対的なウエイトが必要なのです。

こうしてみると、エスケープツインだから釣れるというより、自分が出したいアクションがあり、それを忠実に再現できるのがエスケープツインということです。道具は、目的によって使われるものであり、道具が先になるものではないんです。マイナスのビスに、どんなに高価なプラスドライバーがあってもなんの役にも立たないということです。

もちろん、最初はトライ&エラーです。形から入るのは当然だし、真似することが何よりも近道だと思います。でも、その先にあるものを掴むには、その意味を知らなければいけないと思います。

自分はテキサスリグの釣りを理解するだけでも物凄い時間が掛かっています。もちろん、好きだという事もありますよ。けれど、それだけ使い込んでいることに自信はあります。30cmの水深から15m以深まで同じタックルでいけますから。しかも、釣りのスピードは比較的早いです。丁寧ですけど。

まだ、少しだけトーナメントを楽しむ気持ちがあるので、テキサスという釣りに拘っている部分もあるかもしれません。もし、完全に引退したら一年中スピナーベイト投げているかもしれないです。この釣りも理解したいです。その種類と自分で簡単にいじれる魅力がありますから。

自分の釣りの必要な道具は何か?それが分かった時に、ロードランナーやNORIESのルアー達、またDUELのライン、ルアー達をセレクトしてもらえるととても嬉しいです。けれど、必ずしもそうではないこともあると思います。それでよいと思います。本物は自分の中での本物です。本当に良いものに出会えると、ストレスなく釣りが出来、結果として釣果は上がります。でも、釣果だけを求めるのが釣りではないですし。だから、やっぱり答えは自分の中にあるんですよね。

結局、まとまりのないブログになってしまうんですが、最近は本当に言葉にするのが難しい領域に行きつつあります。もっとシンプルにしないといけないと思うんですけど。

たまに、こういうブログも書いて自分の思考を整理しています。
posted by D.Tanaka at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年07月16日

田辺会

田辺会。。。。濃すぎる内容でした。

余りに強硬なスケジュールで組んだために、その後体調まで崩してなかなかブログにアップ出来ませんでした。。。トホホ。

今回は、K玉くんをお抱え運転手にして、9時に周南発。途中渋滞&豪雨もあり、13時半頃に到着。

それから、店内をまったりして、田辺会の始まるちょっと前に、和哉くんと私でプチセミナー。和哉君のセミナーは現場に即した実践的な感じがしました。若いっていいですね(笑)

私は・・・相変わらずの精神論的な(笑)最終的に大事なのは、感覚って言ってますからね!その感覚を養ったり、フォローするのが道具の役目。道具ありきではないという、プロスタッフ失格レベルのトークでした。でも、本当の事だと思っていますから。そして、その感覚をより理解したり、会得したりしやすい道具ってあるんです。そういうことですよ。

さて、田辺さんの内容は・・・これまた完全オフレコということで、とっても濃いディープなものでした。

笑いあり、笑いあり、笑いありの内容でした(笑)

とにかくとってもご機嫌だった田辺さん。とても幸せな時間でしたね。

しっかし、会う度に、さらに前に前に進んでいかれる姿は、本当に脱帽です。いったいどこに向かっているのか、全く想像もつきません。でも、一貫してぶれない芯がある。だから、たくさんのアングラーに支持されるのでしょうね。魅力の塊のようなお人です。時々お茶目な姿を見せてくれるのも魅力の一つですよね!

時間を共有出来るだけでも幸せだと思える人ってなかなかいません。次にまたここで田辺会があるときは、絶対に参加されることをお勧めします。
私も、ちゃんと宿をとって、次の日に仕事など入れないようにします(笑)


私の拙いセミナーも数名の方に響いてくれたようで、セミナー後に質問を頂きました。とても嬉しい事です。

上手く説明できないこともありますが、いつでも質問してもらってよいです。役に立たない事も、理解されないことも多いですが、よろしくです!

では!
posted by D.Tanaka at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年07月12日

明日はKNOXVILLEにて田辺会です!

明日は、福岡のKNOXVILLEにて、田辺さんのパーティーナイト(意味は分かってない)が開催されます!

F2A9E6D9-7B2F-4B7B-A38D-D1004C59CF7C.png


予約制なので、19時からの入場は飛び込みは無理だと思うんですが、それまでの時間は通常営業だと思うんで、是非遊びに来てくださいね。


19時までは、田辺会の“辺”を“中”にこっそり付け替えて、お店をジャックする予定ですよ!(嘘)

私は、昼過ぎくらいからお店でまったりとしている予定です。もしかしたら某店長にこき使われてヘトヘトになっているかもしれないです(笑

もの好きな人は、遊びに、話に来てください。今は釣りよりも卓球の話の方が濃い話できそうだけど(笑

山口の釣りの事や、PBTの事、もちろん、NORIESの大介流の使い方などなど、なんでも聞いてください!


実は私、KNOXVILLEに行ったことがありません。お初なんです。

なので、私もとっても楽しみです。

という事で、自分も思いっきり楽しむ予定なので、明日はよろしくお願いします!

では!
posted by D.Tanaka at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年06月28日

ご無沙汰です。

実は車を買いまして。。。以前のプラドくんがなかなかのご老体になっていたので、今回の車検前にご勇退して頂きました。

いままでありがとう!!!これと言った故障もなく本当に助かりました。21年、29万キロでした。

で、新しい車はRAV4です。

D9ljHwGVAAAQLBJ.jpg


買い替えのタイミングが急だったので、発売前に契約というかなり博打な買い方をしました。

なので、内部の状態も全く分からなかったんですが。。。。

結果としては大満足です。

タダ・・・ヒッチメンバーが無いんです!まだ国内主要メーカーが作ってないんです!!!

なので、アメリカのCURT社のものを注文しているんですが、これもまだ届いてないので。。。

ということで、釣りに行けてないので、卓球三昧です。

今週は、週5の練習でした。

その結果、筋肉痛で動けません。。。。肩がやばす。

早くヒッチ来ないかなぁ。。。

釣り欲が溜まりまくってます!
posted by D.Tanaka at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年06月23日

最近好調ですね・・・周りは。

SNSの普及でたくさんの人の釣果がすぐに手に取るようにわかります。

最近の山口県・・・釣れ過ぎじゃないですか?

二ケタは当たり前。サイズもキロは当たり前みたいな感じになってます。唯一、あまり良い結果を聞かないのが小野湖かな?たぶん、釣れてない情報が回り過ぎて、みんな他のレイクに行っているというのがあるんでしょうけど。

で、自分の釣果はというと・・・あんまり釣れてないんですよね。5本釣ったという記憶があまりないです。

でも、なんというか満足度が高いんですよね。特別な釣りで釣っているというわけではないですし、いつものジグだったりテキサスだったり。クランクやチャターで釣れると嬉しいけど、嬉しい理由はそのルアーだからじゃないんだろうな。

自分の思い描く形になっていれば、それだけで満足度は増します。これは人それぞれの感じ方なので、どうこういうものではないですが、最近感じることなんです。

若いころは、数だったりサイズだったり、表面的なものにとても捉われていました。

今は、それはどうでもよいようになりました。長さも重さも量らない事も多いです。一応、写真には残していますが、より大きく美しく見せるために撮っています。こう書くと、インチキだ!という見方も出来ると思います。でも、美人の写真ってそんなもんじゃないですか?画一的な定規の上に並べられたものではなく、綺麗に着飾って、つまり魅せることでの写真ではないかと。

自分は記録として写真を撮っているわけではないので、バスが全身入っている必要もないし、メジャーも重さもいいのかなと。まあ、気になった時は計りますけどね。それが良いとか悪いとか、そういう話ではないです。どうやら自分が関心を持たなくなっているという話です。

一日釣りに出かけて、自分が思う釣りで、満足出来ればそれでいいのかなと。

まあ、それでも気持ちはトーナメンターなので、やっぱりまともなウエイトで3匹は釣りたいと、常に思ってますよ。1匹じゃまぐれになってしまうのではないかという不安は拭えないので。

歳を重ねることで、魚への向き合いかたも少しずつ変わってきたのかなと感じた、ここ最近の自分でした。

まあ、良い魚に出会いたいという欲は変わりませんけどねw
posted by D.Tanaka at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年06月20日

抽選方式の卓球大会

昨日は、周南市の卓球大会に参加してきました。

A9F3D2DE-981A-4314-A18A-78996AF31EDC.jpeg


年に2、3回ある大会だと思うんですが、詳しくはわかりません。

特徴は、当日抽選でパートナーを決めます。クラスはA〜Dまで分かれてて、女性率は高めです。あと平日の大会という事もあり、平日休める人や専業主婦、リタイア組、それかニートwとか、まあ参加できる人は限られてくるんだと思います。

初めて参加した時はBクラスで、予選を抜けられず、予選落ちのペアのトーナメントで優勝して、フレンド賞を頂きました。2回目はAクラスで、3位だったかな?何か忘れたけど何か貰った気がするw。3回目は結構良かったんですが、結局何も手に出来なかった記憶があります。

過去3回出てみて分かったのは、この大会で必要なのは個人の技量よりも、パートナーを生かすことができるかどうか。つまり、ペアを引っ張る側がちゃんとしたリーダーシップをとって戦術をとれるかという事です。

そんなことで挑んだ4回目。

遂に決勝まで行きましたが、無念の準優勝でした。

064A25A9-4A11-4CD7-8499-ED741BDAE91A.jpeg


結果は、予選リーグは5組の総当たり。

@3-2A2-3B0-3C3-1で2勝2敗でした。2位以上が決勝トーナメントに出場だと思ってたんですが、実際何位だったのかわかりませんw 

ともかく決勝トーナメントに上がれました。

で一回戦。

なかなかミスのないペアでしたが、ここは3-0で勝利! パートナーの方と同じチームの方が相手だったようですが、作戦通りで上手くいきました。

2回戦も3-0で勝利! 相手が上手くコンビネーションがとれてないのはすぐにわかったので、そこをついてミスを誘い1セット目から有利に進めることが出来ました。

そして、決勝。実は予選リーグの第三試合0-3で負けているペアです。
この敗戦から新たな作戦を立てたんですが、力及ばず再び0-3でした。クヤシイ。。。

なす術無しという感じですが、もっとあったのかもしれないです。実際、2セット目、9-10で自分のサーブミスは勿体なかった。何を出してもダメだという気持ちになり、より強い下回転を出してのミス。パートナーを信じれなかった自分の負けです。これは反省。

まだ一番高いところが残っているので、まだ楽しめそうです。



この大会って、抽選という事は初めからわかっているんです。だから、どんな人が来ても上手くプレーする技量が問われます。そして、どの参加者も同じ時間を共有し、楽しむことを望んでいるはずです。

今回、パートナーに不満をもって、相手にも不愉快な態度でプレーする方が見られました。とても悲しいことです。勝ち負けよりも最後までよいプレーをしてほしかったと思います。コートに立つ4人が楽しめて、それを見ている人まで楽しめるのであれば、こんなに幸せな事はないじゃないですか。

自分は心から楽しめることが沢山あってとても幸せだともいます。

A3DC9863-C147-485A-A7D9-2E74D96F2B2C.jpeg


バスの歯型と卓球の豆の手のひら。そして、体は筋肉痛で疲労困憊。

でも、とても楽しかったです。パートナーになってくださった方ありがとうございました。

また参加したいと思います。
posted by D.Tanaka at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年06月05日

忙しい。

しかし、時間がない。やりたいことが多すぎて困るわ。

釣りも卓球もみーんな本気だから困る。

釣りの方は、PBTが減水の為に延期になった。TOP50も延期だそうで、今年は水不足が深刻になりそうですね。。。

あとはGFFOの準備もしないと。。。あ、受付は2か月前からですよ。またアナウンスしますね。

卓球も、試合組んでるし、今度こそ満足な結果になるといいなぁ。

この間買ったSLXはすこぶるいい感じだけど、やっぱり自分色にしたくなったんでちょっといじりたい。

73E3A9E4-2608-4036-870B-D01E3E39D3AC.jpeg


こんな感じで。


あとは。。。

06140BC6-B625-4E2E-86DF-8886D8DAA46A.jpeg


これを・・・SLXじゃないですけど、導入してみます。素材の差を感じられるのか!?

やりたいことが多すぎて困ります。。。
posted by D.Tanaka at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年05月25日

明日は新たな場所へ

明日は人生初の釣り場へ。

A7FFC6C5-7F16-4408-A134-163E9410EF12.jpeg


小さなボートでの釣りになるので、タックルは絞って4つ!

〇HB640MLには、おNEWのSLX MGL。ラインはフロロ(TB CARBON 14lb)
〇HB680Mには、13メタニウム。ラインはカーボナイロン(QUICKSHOT CN 16lb)
〇LTT680Hには、メタニウムMGL。ラインはフロロ(T-7 18lb)
〇LTT620PMHには、カシータスMGL。ラインはPE(HARDCORE SUPER8 2.5号)

というセレクトです。

2947D518-DB57-490B-AA98-64DAFBE6E00E.jpeg


なんだかんだでカシータスMGL好きなんですよね(笑)

もうちょっとガッチリしてくれればいいんですが。。。
SLX MGLに34mmスプールがあれば・・・いや、スコーピオンMGLが70サイズだったら・・・あ、メタニウムMGLでいいのか。。。

でも、セッティングは本当にいろいろあります。それを探っている時も楽しい時なんですね。
posted by D.Tanaka at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年05月13日

討たれまくったクラシック。。。

久々にやられました。。。自己嫌悪に陥るくらいに。いや、スッキリとしているくらいに自分の力のなさを痛感しました。

今回は7時間みっちりやれるシステムを考えました。競技時間と帰着時間を別にしたわけです。だから、本当に最後の1投までやり切れました。が、もう最後には真っ白になって何も考えられないくらいに打ちのめされてました。いつもなら「あと1時間あればどうにかなるのに!」って思っているんですが、今回は「あと何時間あっても自分には無理だ。。」という気持ちになってました。やはり、その時点で負けなんですね。。。準備不足です。

プラはとても厳しい中で厚東で一匹釣ってました。でも、絶対に勝てる感じじゃなかったんです。

S__3285031.jpg


なので、プラでやっていない三連〜下流へメインエリアを組みました。優勝ウエイトを4200と想定していたので、1500をマックスとして、1400、1300、というような配分になります。最低ラインがキロジャストだと、相当厳しい戦いになるのは間違いなかったので。

結局、明確なバイトは1つ。それで830gで終了でした。

今回は自分の引き出しのなさが最大の敗因ですね。たぶん、大会じゃなくても釣れてないです。フィッシングプレッシャーは関係ないです。

とにかく討たれて疲れました。。。

けど、新たな試みは良かったと思います。Facebookという限られたメディアでしか配信出来てませんが、手作り感ある大会として精一杯の努力だと思います。

これだけキャッチシーンをたくさん配信できたのも嬉しい限りです。ファイトも三者三様、キャッチまでいろんなことが分かりますね!
大会という緊張感のなるなかでの一挙手一投足は、偽りがないので一番見ていて為になるものです。
この辺りは、完全に私の好みになってしまうんで、わがままに付き合ってもらっている参加者には申し訳ないという気持ちもある・・・んですが、実は結構それぞれの選手の応援や称賛も頂いています。

言葉にはものすごい力がありますが、動画にもあります。

もっとプレスも自分のカラーや味を出して、クラシックを盛り上げてくれたらと思います。

ま、今回プレスに「なんかしゃべれよ!」とか「気の利いた事言えよ!!」と常に突っ込まれていた私が言うのもなんですけど。。。釣れてないときは、本当に喋れません。。。苦しかった。。

そんな感じのクラシックでした。参加された選手も、スマホ片手に頑張っていただいたプレス、またPCやスマホで結果やファイトシーンを見てくださった方、本当にありがとうございました。

来年も新たな改善を加えて盛り上げていこうと思います。
posted by D.Tanaka at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年04月25日

久々です。

それなりに頑張ってます。いろいろと忙しいのは相変わらずで。

今日は、娘が帰省していいます。目的は運転免許証の取得。

無事に一発合格だったようです。私は、一回ミスしたので、私よりも優秀ですね。

そして、先程新免の運転を体験してきました。

まあ、実技は自分よりも下ですね(笑)

何事も経験だし、運転はセンスも問われるものだと思います。

ただし、どこを磨けばよいのかを理解してないと、何度練習を繰り返しても良くなりません。

卓球で間違ったフォームで何度も練習しているようなものです。問題は回数ではないのです。

センスが良いと言われる人は、最初から出来ているわけでなく、要点を見つけるのが上手いのです。

これはどのジャンルでも言えることなんですよね。

間違ったことを繰り返さない事。少しでも視点を変えつつ変化していくこと。

結果が出なかったら、変えることも大事です。もちろん、それ自体間違ってなければ辛抱してやり続けることも大事。難しいところですけどね。


娘が免許を取る歳になったんだと思うと、自分も歳をとるわけですね。

感慨深い夜です。
posted by D.Tanaka at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年04月16日

やっぱりLTTが好きだわ。。。。

今日は完全な独り言。

今回の大会でストラクチャー2本と、LTTでジグ、テキサス系の釣りを組みました。
具体的には、ST6100MHに3/8ozテキサス、ST680MHにジグ、LTT680Hに1/4ozのジカリグ。
スライダーワームで1本釣った後に、LTT680Hで追加。

そして、巻きジグの釣りにシフトしたために、LTT680Hにクランキンジグ3/8ozをセット。ジカリグはメインだったので、ST680MHにジカリグを結び変えました。

そして、三匹目をキャッチ。でも、若干の違和感。。。

良いとか悪いとかじゃなくて、個人的にテイストが好きじゃないんですね。間が作れないというか。

自分は釣りにおいてリズムって大事だと思っています。そのリズムが作りやすい道具が好きなんです。

感度なら絶対にストラクチャーです。軽さもそうです。ただ、LTTのテイストが好きなんですよ。

それを大会というある意味極限に集中した状態で使い分けると・・・「あ、自分の体はLTTなんだ。」って思っちゃったんです。

なので、その後再びLTT680Hにジカリグを結び変えて、1500g、1200gと連続キャッチに繋がるわけで。

誰にでも勧められる話ではないと思います。でも、自分に合ったものがあるという事がとても嬉しいと思ったんですよ。大会中にね。

ちなみにリールはハイギアです。エクストラハイギアじゃなくて。これもリズムなんです。誰がどう言っても巻き取りが早いのはXGです。でも、自分のリズムはHGなんですよ。

自分なりの理由や理屈はあるんですが、とてもわがままな理屈なんで自分の中に納めておきます。ただ、LTTで釣りをすると、自分が嬉しがっていることに気付くんです。やっぱりロードランナーだろ!って。

本当に良いロッドだと思います。無理に勧めませんけどね。分かる人にだけ分かってもらえばよいと思っています。
posted by D.Tanaka at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年04月09日

良いリールとは

よくシマノとダイワってどっちがいいですか?というような質問を受けます。

正直、好きな方を使ってください(笑)

ただ、自分はシマノが好きなんです。いろいろ理由はありますが、本当に細かな事だったりするので。ちなみに性能の差とかではないです。

自分が考える良いリールとは、狙ったところに投げられるということです。これはロッドも同じなんですが。

「それは技術でしょ?」という人もいると思います。確かに技術によるものが大きいです。でも、フィーリングというものがあるんです。「もうひと伸び欲しい」という人もいますよね?あれも実際と想像の差が生んでいる感覚だと思います。

卓球をしている人は分かると思うんですが、「このラバーは球が深く入る」という感覚があると思います。卓球をしてない人からすると「本気で叩けば遠くに飛ぶんだから、深く入れたければ力を入れればいいのでは?」と思うかもしれないです。

でも、自分のスイングというものがあって、そのスイングの中で狙ったところに打ち込むわけです。そこには回転とスピード(2項対立として適切ではない気がする)があって、そのMAXでどんな球が打てるのかという話なんです。

リールも飛距離の話が出ますが、実際は自分の考えるところに投げることが出来るという事が何よりも大事です。飛んでいるルアーは、空気抵抗やラインの抵抗、そしてリールのブレーキ、サイミングなどでコントロールされて目的地に落ちます。このすべての感覚がイメージと一致するがよいリールなんです。

ラバーには音に拘ったものがあります。大きく気持ちの良い音がなると、球が速く感じます。打っている方も気持ちよいですが、受けている方も音にごまかされることがあります。

リールも異音がなれば、距離感が狂ってきます。これは快適なリールと言えませんね。

自分の感性に合ったリール。つまり、気持ちよいリール。これが自分に合っているという事です。

何が良いのかではなく、何が自分に合っているか。そして、それは使いこなせるのか。です。
まずはいろいろ使ってみないと分からないと思います。そして、自分の好きな道具が見つかると、それは本当に至福の時です。

リールの話ではないのですが、今回の大会で、改めてLTTの凄さというか、自分に合っていると感じる一幕がありました。本当に良いロッドだなと。

ストラクチャーシリーズが合う人もいると思います。私はLTTでした。だから、どちらもラインナップにあるんのです。それがNORIESです。

自分に合ったタックルが見つかりますように。。。

posted by D.Tanaka at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年04月06日

明日は大会です。

明日はキャスト杯です。

久しぶりにグッチーさんと出場してきます。

ペア戦じゃないんですが、おじさんは歳をとると寂しくなるので、二人で仲良く戦ってきます!

昔は一人で戦うことが好きだと思っていた時もあり、「後ろいいですか?」と大会の時に言われると、少し躊躇することもありました。でも、今は全然ウエルカムです。

シェアウエイトではないので、後ろから魚を抜かれると、自分にとってはマイナスなのかもしれないですが、なんというか、そういうのはどうでもよくなっています。でも、決して釣れなくていいと思っているわけでもなく、勝てなくても仕方ないなんて思ってません。

プラにも入ってませんが、全力で1位、2位を絞り出せるエリアを探しに行きます。小野湖のポテンシャルはそれくらいありますからね!

久々の大会です。楽しんできます!
posted by D.Tanaka at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年04月05日

祖母の通夜

昨日は祖母の通夜で帰省していました。

享年91歳。大往生と言っていいと思います。
数年前から痴呆も進んでおり、身内が行ってもわからない状態だったと聞いています。ただ、いつも笑っていると。

数年前にお見舞いに行った時も、力いっぱい手を握ってくれました。そして、人を間違えては大笑いしていました。最後まで笑いが絶えない人生だったのではないかと思います。

もちろん、看病していた身内には壮絶な事もあったと思います。それでも、やはり最後にしっかりとみんなで送ってあげられるという事はとても幸せな事だと思いました。

人の死は必然です。必ずやってくることです。しかも、それは順番ではなく、突然来ることもあります。

だから、今を精いっぱい笑って過ごすことが大事だと思います。
嬉しいから笑う。可笑しいから笑う。それは当然です。でも、笑っているから嬉しいという事もあります。
意味はなくとも笑っている。笑っていることが意味を持つのでしょう。

乗り越えなくてはいけない苦難や壁があります。涙を流して乗り越えることもあると思います。でも、出来るなら笑って行きたいです。

こんな時にしか会えない人もたくさんいました。恐らくその中には、もう会う事もない人もいると思います。
人の出会いも、出会う事が大事なのではなく、それをどう繋げていくのか。つまりは自分の行動が次に繋がるのです。

幸せにしてほしいと思っている人がいます。でも、幸せって自分でなるものです。受け身でしてもらうものではないんですよね。

最近は人の出会いに感謝することが多いです。そして、人が好きです。

気難しい顔をしてみていることも多いですが、基本人が好きです。

今年は(も?)いろいろと勝負の年。一瞬の無駄もしないように生きていきたいと思います。

ちいさいおばあちゃん(子供のころはこう呼んでました。ひいばあちゃんが、おおきいおばあさん)今までありがとう。ゆっくりと休んでください。
posted by D.Tanaka at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年04月01日

新元号

新しい元号は、“令和”です。

はい、どこのブログでもこのネタで持ち切りだと思います。

私は好きですよ。この元号。

ちなみにREIWAみたいです。なので、生年月日欄は、T(大正).S(昭和).H(平成).R(令和)となるわけですね。

4月になり新しい年度になりましたが、1月で平成は終わるんですね。ちょっとややこしいです。

4月1日と言えば小野湖の解禁日(解禁という表現が適切かはわかりませんが)です。

今は満水のようなので、少し釣りにくいかもしれないですが、ボートは降ろしやすいはずです。

そして、4月の小野湖は7日にキャスト杯。そして、14日がPBT第一戦です。

一般の方は9時(大体)の搬入になりますが、大会申請をされている場合は、大会参加者のみ先におろすことが出来ます。お間違えの無いようにお願いします。

今年の冬は例年にないものだったので、どんな春になっているのか楽しみです。


PBT第一戦の受付はすでに始まっています!例年になく遅い動きだしです。。。。現在のボーターが6名。このままではノンボーターの方が参加出来ない状態です。

PBTには抽選でペアになるというユニークなルールがあります。確かに見ず知らずの人と釣りをするのは気が引けるという人も多いです。でも、PBTでペアになったり、知り合ったりしてその後一緒に釣りを続けている人多いですよ。

それから、人を乗せることで、ボートポジションやキャスト技術の必要性など、普段気付けないことも気付けます。そして、事故を防ぐことができます。

PBTが抽選ペアを続けている一番の理由は、オカッパリからスタートしたアングラーを、ボートフィッシングという沼に引きずりこむことです(笑)
ボートってちょっとハードルが高いと思ってませんか?でも、実際はそうでもないんです。そんなに維持費も掛かりません。それでも、「置き場がない。。。」とか「車が小さくて・・・」という人もいます。

そんな人が小野湖で釣りをするには誰かに乗せてもらわないといけません。でも、最初はだれでも一人です。

もうどうすればよいかわかりますね?(笑)

ボートを持っている人は是非PBTに出て新しい仲間に出会ってください。いつもと違う釣りを間近で見れるという事が、どれだけ早く成長することが出来るか。何倍も速く答えを探すことが出来ます。

今、PBTに出続けてくれる人は、そんな魅力にはまっている人です。だから、気兼ねなんてしなくていいんです。誰もがスタートがあると分かっている人たちなので。

どんなレベルの人でも楽しめる大会を作っていこうと思います。その為にも、いろんなレベルの人が必要なのです。

PBTでは選手もスタッフも募集しています。また、映像編集、カメラが扱える人も募集しています。
10年を経て、PBTは変わっていかないといけません。みなさんの力を貸していただけると嬉しいです。

ぜひよろしくお願いします。
posted by D.Tanaka at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年03月17日

春ですね

全国的に春なんでしょうか。良い釣果が各地で出ていますね。

あっという間に3月も半ばです。

4月になると、キャスト杯に、PBTに各地の大会も始まります。

PBTでは、開幕戦及び年間の申し込み受付も開始しています。

http://www.potberry.jp/

皆さんの参加をお待ちしています。

PBTの特徴と言えば、なんといっても抽選でペアが決まるという事。

これが逆にハードルになっていることも理解しています。

知らない人に気を使いながら釣りをしたくないとか、勝てる相手じゃないと嫌だとか。

いろんな意見があると思います。

PBTでは、大会の結果も大事ですが、大会、そしてバスフィッシングのプロセスを大事にしたいと思っています。

そして、次の世代や新たにボートフィッシングを始めたいという人を応援しています。誰もが“最初”はあったはずです。誰もが最初に失敗したり、最初に助けてもらったことは覚えているはずです。

そんな素敵な最初をPBTという場で体験してほしいと思います。ただ、それは受け身では体験できません。積極的に、釣りに、魚に、相手に向き合って、自ら勝ち取るものです。

私が出来るのは、そういった場を設けるだけです。それ以上は何もできません。

PBTは10年が経って、増えたり、減ったりでそれなりに続いています。大きく参加者を増やすにはいろんな方法があると思います。でも、この抽選ペアという形は譲れないものです。

参加者が少なくなっても、この場を求めてくれる人が居るのであれば、出来る限り頑張っていきたいと思います。

これからもよろしくお願いします。
posted by D.Tanaka at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年03月04日

三送会

3/2に息子の通う高校の卓球部の三年生を送る会に参加してきました。

参加してきたと言っても、保護者会の副会長だったので、今回はお客様ではなく運営側。ちなみに司会でした。

2時間、ウーロン茶を数回飲んだだけで立ちっぱなし、しゃべりっぱなしでした。

でも、こういう仕事は嫌いじゃないので別段疲れてないんですよね。


お約束の親からの手紙、子供からの手紙は、分かっていても感動ですね。水戸黄門並みにオチまでわかっているんですけどね。やっぱり必要な事なんでしょうね。

卒業式にも参加して良かったらしいのですが、その感動は来年に残しておいて、その間に寮の片づけをしていました。最初は息子の部屋だけやっていたんですが、卒業生の保護者の方から「よその子も自分の子のように世話してあげてね。」という事を思い出し、すべての部屋のゴミ(ゴミをわかるもの)とペットボトルを処理しました。たぶん300本くらいあったのでは?ゴミも大袋で10くらいか。。。

確かに大変だけど、頑張る子供たちの為と思えば、半日くらい頑張れますね。

その後は練習を見学して、夜ご飯を息子と一緒に食べて、一路山口へ。帰宅したのは0時前。。。

翌日は6時起きでBassers Lesson。雨もあって流石に疲れたけれど、とても楽しい釣りでした。
これはまた明日に。

相変わらず走り回ってますね。確定申告もしなければ。。。

では!
posted by D.Tanaka at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年02月26日

落ち着きを取り戻して

今年の2月ほど釣りに行かなかった年はないかも。1月の釣行もかなり少なかったです。

なので、キャッチした魚も数えるほどです。

年末の引っ越しや、いろんなことが重なって、いまいち落ち着いた生活が出来てないです。

4月から開幕するPBTの準備もあります。もちろん、9月のGFFOもです。しっかりと時間をかけて準備しなければいけない事ばかりです。

ブログも動画も、さぼってばかりですいません。


ちょっと休憩する時間が必要なのかも。

今日は、久しぶりに卓球を休みました。体力づくりの意味合いもある卓球ですが、ちょっとやり過ぎちゃって体が悲鳴を上げています。でも、休むという事が苦手なので、体を休めると精神的に参っていきます。困ったもんだ。

とにかく睡眠かな。

今日は、大切な卓球仲間が転勤で、春から移動になることを知りました。結構ショックです。。。

釣りも卓球も、いや、仕事も、すべての事が、人あっての事。

今の人の繋がりに感謝です。そして、その繋がりは永遠ではないのですから、もっと今を大事にしないといけないですね。ちょっといろいろ考えちゃった今日でした。

では。

posted by D.Tanaka at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2019年02月03日

ご無沙汰更新

随分と空いてしまいました。生きてますよ。

巷では、フィッシングショーやBPTの開催などバス関係もとてもにぎわってます。個人的にもちょこちょこチェックしてましたが、今年も息子の卓球の応援もありリアルタイムで味わう事が出来ませんでした。

子供と時間を共有できるのも僅かなので、今はそっちを優先したいと思います。

来年のショーには参加出来るかなと思います。

冬の釣りもちょこちょこ行ってますが、結果が芳しくなくアップ出来ません。。。

動画をとる気力もなく。。。

という感じで、いまだに落ち着かない日々。いかがなものか。

早く春にならないかな。
posted by D.Tanaka at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき