2018年01月25日

靴買いました。

最近、なんとなく気分がすぐれない。毎年、この時期は気分が落ちることが多いのだけど、今年は特に浮き沈みが大きい。
いろいろ乗り越えなくてはいけないことも山積みになっているし、自分で解決できないことは待つしかないし、とにかく悶々とした日々を送っています。

こんな時は買い物をしてストレス発散という乙女のようなことをしてきました。

って、ただ欲しかった靴が安かったという話で、ストレスの行は何の関係もありません。だって、ストレスが無くても靴は買っていたと思うし。

今回購入したのは、PALLADIUMというフランスのブランドの靴です。

ここの靴はずっとチェックしていたのですが、フランスの靴って、AIGLEの時もそうだったんだけど、とにかく足幅がなくて、日本人の足には合ってないと思います。いや、私の足には合ってない!(病院で偏平足と診断された経験ありw)

なので、試し履きが出来ない状況で買うのは・・・と気が引けていました。

今日、たまたま通りかかった靴屋さんが新装の為にセールをしているということで、時間もあったから飛び込んでみました。

いろんな靴がとても安くえぐりまくっていたところ、このPALLADIUMを発見!しかも、防水のPAMPA PUDDLE LITE WP。そして、40%OFF!!!

IMAG0308.jpg


ただ、27.5cmしかない。。。しばらく悩みましたが、小さい靴は履けないけど、大きな靴は履けるという理由で買いました(笑)その後、プレゼントで頂いたソールがあることを思い出し、付けてみたらぴったし!!

IMAG0310.jpg


これまた偶然にソールのサイズも27.5ということで、本当に運命の出会いと思うくらいです。

IMAG0311.jpg


なにか一つ一つが恰好よろしいです。

あまりに安いので、モデルもわからないちょっとチープなやつも買いまいした。

IMAG0309.jpg


普通の布地で、コンバースのオールスターみたいな感じ。

IMAG0312.jpg


こちらはサイズも豊富にあったので、27cmを購入。

ちなみ私は長さは25.5くらいです。ただ、幅があるので大体26〜26.5を買います。RALLADIUMは1〜2サイズ大きいものを買うのが良いですね。甲の高さもあまりないですし。

ということで、靴熱が少し上がって、さらに物色してたら、いい色のラコステを発見。

IMAG0307.jpg


かなり欲しかったですが、いくら安いと言ってもいっぺんに三足も履けないので諦めました。

久しぶりに買い物をして、少しだけ心にゆとりが出来たような気がします。

明日は、天気と相談して少し釣りに行ってみようと思います。

では!
posted by D.Tanaka at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2018年01月19日

不満タラタラ

最近、とても良くないリズムに陥っております。

ストレスなんて無いとか言いながら、押しつぶされそう。。。酒に逃げても仕方ないことも知っているけど、パーッと飲んで忘れたいこともありますね。(絶対に忘れることはないけど)

ここ数年で一番良くないリズム。。。

釣りに行っても釣れないし(笑)←これは自分のせい。

卓球しても、カットマンのナックルカットがわからないし(笑)←これも自分のせい。

仕事というか、職場の人間関係に不満を勝手に抱いている。それは、その人を支配しようとしていることも理解できる。けれど、割り切れない自分が居る。とてもお節介になっているんだろう。バッサリ切ってみるか。いろんなしがらみを。

こんな時はひたすらドライブを打ち込むのが一番なんだけど、すぐミスるからそれもストレスだわ(笑)

ということで、ストレスって存在するかも?って思ったりしてます。


いや、これはストレスとは呼ばない!!!じゃあ、なんて呼んだらいいんだろう?

少なくとも、全ての悩みは人間関係であるというのは間違いない。

開放されたいと願うのではなく、それを受け入れる術を知りたい。そして、実践したいと思う。

posted by D.Tanaka at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2018年01月10日

今年は減水傾向

今年の菅野は、減水傾向です。ここ数年は満水の冬が多かったので、ちょっと嬉しいです。他のレイクも少なめの様みたいですね。

水が少ないとショアラインを平行に釣ることが出来るようになるので、ハードベイトの展開が組みやすくなります。

お勧めはジャークベイト。バスに気付かせて、寄せて、食わせる。

立場的に、メインとしているのは、NORIES、DUELとなるわけですが、いろいろ理解するために最近は、他社のものも使いうようにしています。

特に最近のお気に入りはこちら。

IMAG0276.jpg


ONE TEN Rシリーズです。

ONE TEN Rは弥栄でグッドサイズを連れてきてくれました。

24019967_864494693724847_896967318_n.jpg


動きはもちろん良いですが、なんといってもキャストが楽。琵琶湖生まれですからね。なので、風の強いときなどは重宝します。

ただ・・・購入をネットでしたんですが、同じようなカラーになってしまいました。リアル系のルアーなんだけど、正直差がわかりません。。。でも、レンジ別で使い分けるなら同じカラーで揃えても良かったかもしれないです。


ロッドは、HB640MLとHB560Lを使っています。最近はラインは12lb(QUICKSHOT FC)が多いです。太いラインに比べ伸びも少々ありますが、それを加味して使い分ければいいわけで。

今年はジャークしまくりますよ!

ちなみにTADAMAKI112はただ巻かずにジャークさせても秀逸です。ハーフフロートがあるといいんだけどな〜。

posted by D.Tanaka at 22:24| Comment(2) | TrackBack(0) | つぶやき

2018年01月07日

防寒着

昨年末に防寒着のポストをしました。

http://bambi.sblo.jp/article/181833643.html

なかなか納得のシステムだったのですが、先日の田辺さんの取材時に確信に変わりました。

田辺さんも「北海道の取材よりも寒いぞ!」と、手を温めるために休憩を挟むほどの寒さでした。取材陣も、カイロなどの寒さ対策をされていましたが、初日が終わって、ライトダウンを買いに走ったほどの寒さ!

ちなみに私は、初日はアウターが古いシマノの防寒具、二日目はユニクロのシームレスダウンパーカー(2年前に購入)。ちなみにカイロは無しでした。

もちろん、釣りをしている田辺さんの方が手先は寒いと思います。私はポケットに入れていれるので。

ちょっとモコっとしてしまいますが、やはりダブルダウンシステムはいけているなと。

取り扱いの難しさはありますが、やはりダウンという素材は最高だと思います。特に安いダウンが多く出回っているので、2年くらいで回せるのであれば、高いクリーニングをしなくても良いかも。(ただし、安いダウンを作るために、どんなことが行われているかという問題は残る。。。)

指先の寒さという問題はあるんですが、これは我慢してます(笑)NORIESのグローブはかなり良いので、それをダブルで使う事はありますが、まあまあそのままでいけてます。

と、ここまで書いて思ったのは、防寒のシステムがよいのか、自分が寒さに強いのかも?と思いました(笑)

でも、普段はかなり着こむ方です。ただし、卓球はすぐに半袖短パンになります。すぐに汗をかくので。

ん〜なんか書いていてわからなくなりました(笑)


ユニクロがもう少しアウトドアに特化したブランド展開をしたら、ちょっとした事件レベルになりそうな気がしますね。もしくは、その分野をワークマンに期待!

雨が降らなきゃ、シームレスダウンで十分なんですけどね!雨雪は流石にきついです。。。

そして、明日は雨。。。頑張ろう!
posted by D.Tanaka at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2018年01月02日

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

元旦にアップすると埋もれるので、あえて二日にアップしました(笑)

相変わらずの文字ブログなので、ちょっとの変化が大事です。

さて、一年の計は元旦にありということで、今年の抱負を。

釣りにおいては、やはりPBTでAOYを再び取り返すことです。昨年は初戦からずっこけてしまったので、大会は着実な展開を軸に、じぶんらしさも出せていければと思います。

それから、もう少しほかの大会とか、周りを見たいと思います。ただ、これはお金と時間の関係もあるので、上手く調整出来ればと思います。

あとはBassersLesson。もっといろんな釣りを展開できるように、自分の釣りの底上げもしていきたいと思います。

卓球は、あまりのめり込まないないようにコントロールしたいと思っています。毎日、動画を見て、素振りをして、筋トレしているで(笑)あまりやり過ぎると大会に出たくなって、バランスが取れなくなってしまうので(笑)でも、もう少し体を絞ったら、良い球が打てるかも!?なんて、思っている自分が居てます。まあ、健康のためにも、少し絞り込もうと思っていますが。


こうやって文字にしてみると・・・昨年と変わりませんね(笑)やっていることは変わってないけれど、同じことはやってこないので、いつも新鮮な気持ちです。釣りも卓球も、いつも上手くいくものではないです。だから、努力するし、だから面白い!

自分はいつも通りのペースで生きていても、子供は成長するし、齢も取る。物は壊れ、失い、また、何かが生まれる。変わらないものなんて、ないのだと思う。ならば、常に変化し続けていくのが良いのだと思う。

大きな船の横を並走すると、止まって見えるように、自分が走っていても、変わらないように思う。でも、自分が変わらない(止まっている)時は、周りが自分を追い抜いていくもの。だから、変わらないと感じるときは、実は前に進んでいる時。ゆっくりでもいいから前に進んでいきたいと思います。

ということで、今年のテーマは“人生スローロール”(笑)

慌てず、ゆっくりと、自信をもっていきたいと思います。“心をローギアに”でも良いかな(笑)

今年もよろしくお願いします。

RIMG0549_959-150x150.jpg


posted by D.Tanaka at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年12月31日

大晦日

2017年も残すところ、わずかです。

今年もいろいろありました。

一応、釣りblogということで、釣りに特化したことを書きたいと思います。(適当に今年の写真を交えながら)

IMAG1176.jpg


昨年末から始めたBassersLesson。おかげさまでたくさんの方と知りう事が出来ました。そして、多くの菅野バスと遊ばせて頂きました。

自分の持っているノウハウをすべて伝えるという事で、まだまだ試行錯誤の真っ最中ですが、それなりに形になってきたと思います。ただただ“釣ってもらう”という事ではなく、次につながる釣りをしてもらうというコンセプトで始めた現場型の講義です。

IMAG1214.jpg


じっくりとお客様(受講生)の釣りを見ることで、自分で理解してなかったことや、改めて知ったことなどがありました。そして、それを言葉にするということの難しさも感じました。
こういったことは、前もって用意することもありますが、ほとんどは当日の釣りの中で見つけ、伝えることが多いです。ある意味、即興的なものなので、自分のセンスが問われるものだともいえます。それ故に、実力不足で満足して頂けなかったことがあるのは、反省をしつつ、次に繋げていくという思いです。

IMAG0147.jpg


釣りに対する考え方や、向き合い方を考え、自分の中でも整理しきれないこともありました。
そのせいなのか、大会の方は散々な状況が続きました。今年は本当に苦しい年でした。

IMAG0554.jpg


でも、思い返してみれば、結局のところ今までと大きく変わることもなく、やっぱりいつまでたってもバスはバスであり、そこに居る一匹とどう向き合うのかという事を見失ってはいけないと思いました。
確かに“入れ食い”に遭遇すると、それはとても気持ち良いものです。でも、苦しんで苦しんでキャッチした一匹を大事にしたいと思います。

18222568_825044007646065_7636095850475534095_n.jpg


卓球で例えるなら、ダメもとで振り切ったドライブよりも、狙って決めたカウンター。同じ1点ですが、綿密な戦略の上にある1点は、次の1点を生みます。相手の動きや気持ちを読み切った得点は、その試合が終わっても自分の糧になっています。そんな一匹を追い求めていくことが、次のステップに繋がると思います。

20030779_1216331415178903_2025390227_n.jpg


今年はGFFOで田辺さんと大会に出場し、年末には取材同行もありました。私にとって、目標とするアングラーの一人であり、釣り人という枠を除いても、尊敬する人です。
いろんな所作、言葉に触れて、いつも勉強させてもらっています。今の環境は、本当に驚きますし、感謝しかありません。

1502286571756.jpg


気がつけば、バスと出会って、もう30年余り・・・。歳をとったものです。それなりのキャリアになりました。
でも、田辺さんはいまだに「バスを掛けて焦っちゃうときあるだろ?」って言います。そうなんです。何年やっても、何匹釣っても、ドキドキはあるし、いつもと違う自分が居るんです。そこにある非日常がとても楽しいんです。偉大な魚だと思います。

21587019_1164299450338432_347115170698089087_o.jpg


これは本当に最高の思い出でした。もう思い残すことはないです。(まだ死にませんよ)

IMAG1046.jpg


道具に対しての理解度も深くなった年でした。いままで漠然と理解していたことが、具体化しました。
今更なのかと、自分に呆れることもありましたが、今後は迷うことは少ないと思います。また、これも私、独特の考え方かもしれませんが、lessonを通じて皆さんにお伝えできればと思います。

1888.jpg


そんな感じの2017年。振り返ってみれば、相変わらずいろんな人に迷惑を掛けてきました。本当にすいませんでした。

でも・・・おそらく2018年も変わらないと思います。(反省はしますが。)

IMAG0203.jpg


それでは、良いお年をお迎えください。
2018年も、よろしくお願いします。
 
                                      田中大介
posted by D.Tanaka at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年12月30日

残り二日

今年も残り二日です。いや、一日と1時間30分くらいでしょうか。

今は息子も島根から帰ってきており、今日は夜勤明けでしたが広島に行ってきました。嫁と息子の買い物のドライバーでした。私は、結局何も買わず終い。。。

ただただ歩いて体力をつけただけでした。帰りに温泉に行けたのは良かったですが。久しぶりにゆっくりしました。

しかし!明日も仕事です。そして、明後日も。。。不定期な仕事なので仕方ないですが、わずかな息子の帰省にまったく合わせられないという事に、かなり気持ちが萎えました。まあ、卓球場も空いてないので、打つことも出来ないんですけど。大事な大会も近いので、極寒で釣りとか出来ないですし。


今年はいろいろありましたが、息子の進学はやはり大きな変化でした。少なからず自分のフィールドワークには影響しました。良いか悪いかなんて、人生が終わってみなければわからないものなので、今は良い方に意味付けておきます。おかげでいろんな経験も出来ましたし。もちろん、来年も応援を中心に援助していきます。

そして、長女は受験生です。こちらも大事な節目。

親は祈るしかないですが、頑張って欲しいものです。


今という時間は、二度と戻ってこないです。これから訪れる出来事も一回きりのもの。ならば、人生楽しまなくては損ですね。

今年は、少し後ろ向きな事もありました。来年はもっと前を向いて行きたいと思います。

相変わらずの文章ブログですいません。
posted by D.Tanaka at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年12月20日

気が付けば残り11日ですか。。。

年末のネタがないときは、こういったカウントダウンか、一年の思い出を書き綴るのが常套手段です。

しかし、今年もあっという間に終わりますね。

年末までの予定を書いてみても、結構びっちりでした。そして、年始も。

釣り納めも、なんとか行けるかどうか?という感じですし。。。最後はグッドサイズで絞めたいなぁ。


実釣ネタがあまりないので、思い出の話になってしまいますが、今年はとにかく天気に翻弄された一年でした。

PBTは、延期に続く延期。なので、プラもしっかりすることが出来ず、苦戦しまくりました。

これまでもPBTは、プラをしっかりと行ってプランを立てるのではなく、当日の魚を考えて動くという事を第一に釣りをしてきました。でも、今年はそういった準備も出来なかったり、中山湖という新しいフィールドが入ったりと、今まで通りとは行かないことがあって、なかなか本戦でアジャストすることが出来ませんでした。

でも、釣るも、釣らないも実力です。

今年のPBTは、とにかく釣れない大会が多く、総ウエイトでは過去最低だと思います。でも、参加している人は全てイーブンの条件です。

運が全くないとは言いませんが(すべての勝負ごとに運は少なからずあるので)、運だけでどうにかなるものではないと思います。勝負の世界において運で決まるのは、本当に実力が均衡している場合のみだと思っています。

運も実力のうちとは、昔から言います。これが真実かどうか知りませんが、運だからということで片づけるのは好きではないです。チャンスはすべて同等にあると思います。それを掴むのか、逃すのかの違いです。勝負が出来るだけの、土台があるなら、必ずそのチャンスが来ます。それを掴む準備が出来ているかどうか。

ただし、その土台がないなら、もっと努力するだけです。自分の足りなさを運のせいにしてはいけない。


PBTの自分の結果と、息子の卓球を見てきて、いろいろと感じたものがありました。反省し、気付きがあるなら、前に進めます。努力の方法がわかっているから。でも、調子が悪かったとか、運がなかったとかいうのであれば、そこでお終いです。そんなことを言う強い人がいるかもしれません。でも、どこかでしっかり努力しているものです。

今日もいろいろと頭を使ったので、夜はしっかり打ち込んできます(笑)
体の疲れと、頭の疲れは別物です。
posted by D.Tanaka at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年12月18日

人のふり見て我がふり直せ

16、17日と出雲に息子の応援に行ってました。

2538.jpg


16日はちょっと寒いかな?くらいでしたが、その夜から防風&雪という状況。

そして、朝にはこの景色。うん、山陰だよね!って納得。

昔、「野音でやるからには雨くらい降らなきゃ!」みたいなことを言ってたアーティストが居ましたが、せっかく山陰に行ったんだから雪くらい降らなきゃね(笑)晴天の山陰なんて面白くないですよ。

ということで外は寒い日でしたが、体育館内は激熱でした。

2536.jpg


まあ、息子の試合は・・・ちょっと寒くなるような出来だったので、ここでは触れませんが、チームとしては最高に盛り上がりました。

2537.jpg


ただ、インハイと違って、次につながる大会じゃないのがなんとも残念。この先輩たちとの試合もこれが最後だと思うと、とても寂しいです。

ということで、しっかり応援しながらも、どこかで冷静に選手のプレーを見ている自分が居ました。出来るだけ客観的に何が良くて、何が悪いのかを。

もう人に卓球を教えることはないので、自分の為に勉強しています。強い子と弱い子と何が違うのかを。

それを今日の練習でやってみたら、面白いように入りました。

「今日はえらく簡単に打たれるなぁ。」とパートナーが漏らすくらいに。

上手い選手のプレーって、とても簡単そうにするので、全然凄くないように感じてしまいます。でも、実際には相当な練習の上に成り立っているし、その簡単に見えるプレーに支えられて、ファインプレーが生まれます。

ということは、「簡単に打たれる」というのは、出来てきていることかと。ちょっと嬉しくなりましたね。

でも、これが続いて自分の身にならないといけません。釣りも一緒。

たまたま釣れたという事が、狙って釣るに変わらないといけない。

偶然を必然にする作業。とても難しいし、時間も掛かりますが、目標が明確になっていれば、向かっていくことが出来ます。

なんとなく〜ってやっていたら、なんとなく〜な結果しか生まれません。

タイトルですが、この“人の振り見て我が振り直せ”は、反省の意で使われることが多いです。でも、自分を前が前に進むときも同じで、良い例を見て、真似をすることがとても大事だと思います。

今年も残りわずかですが、相変わらず欲張りに生きています。最近、体がちょっとガタついてきているけど、やりたいことが多すぎるので、だましながらやっていこうと思います。

あ〜試合に出たいなぁ。。。

あ〜釣りに行きたいなぁ。。。

寝ている暇がない(笑)
posted by D.Tanaka at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年12月14日

CDの整理

師走の忙しい日々ですが、ちょっとスイッチが入っちゃって、家じゅうのCDの整理を始めました。

以前は普通にCDを買う生活をしていたのもあって、家中にCDがとっち散らかってます。。。しかも、嫁のも合わせると300くらいはあるんじゃないかと。。。

んで、好きなものだけを外付けのHHDに落として聞いていたんですが、そのデータが、これまたでたらめな入れ方をしていて(私?)、気になって整理したら、半分くらい消えちゃった。。。

ということで、CDがどこにあるのか探していたんですが、こうなったらとことん落としてやろうと。

ということで、夜な夜なCDをいじくり倒してます。

しかし、懐かしいCDが沢山出てきますね。

自分と嫁はの音楽趣味は対極なので、まったく合いません。

例えば、自分は中島みゆき派。嫁はユーミン派。でも、私はさだまさしは好きだけど、嫁は千春を聞きません。。。

今はCDをショップで買う人も少ないのかな?時代は変わりましたね。。。

釣り具店も老舗が閉店になる時代ですからね。。

変われるものは変えていく。変えられないものは受け入れていく。


しかし、自分の音楽趣味は80年代で止まっているな(笑)

昔は〜って言っている時点でじじぃ決定だな。釣りでも「この間は・・・」っていう時は、10年くらいの範囲は含まれているから(笑)

明日は、少しだけ釣りに行ってみよう。気分転換も大事、大事!
posted by D.Tanaka at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年12月12日

安堵&安堵

大会が終わっても、収支だったり、HPへのアップだったり、来期の計画だったりと、まったくゆっくりできないのですが、今年ほど痺れたシーズンは無かったので、本当に安堵感でいっぱいです。

大会中に釣った1匹。実はプラの時にキャッチ後に死んでしまうという魚をディープからキャッチしており、立ち木エリアであっても、ランディングはゆっくり慎重にすると決めていました。

しかし、やっぱり、バイトがあると抜いちゃいますよね・・・・。ボートにあげてから「しまった!」と思ったので、なんというか、喜びとか、ガッツポーズとか、そいう心境ではありませんでした。

あとは、魚が心配で、心配で・・・。出来るだけエア抜きはしたくない人なんですが、今回は慎重に魚の状態を見極めて、パシュっとしました。

あとは、何度も確認して。。。

やっぱりディープの魚は苦手です。釣るのは嫌いじゃないけど、大会ということになると出来るだけリスクを減らしたいので、シャローで勝負したい方なんです。

今回はディープのウエイトとシャローのウエイト、そして数などを天秤にかけて、シャローを選択しました。

状況としては、シャローの日だったと思うんですが、経験不足なんでしょうか、最後まで目的の魚にはアジャスト出来ませんでした。今年の弱さを物語ってます。

それでも、信頼のテキサスでキャッチできたことは、何よりも嬉しかったです。ショートバイトも多くあったようですが、プラの時にキャッチした魚もバイトはしっかりありました。やはり、自信のある釣りがあるという事は、何よりも強いと思います。魚に合わせていくというのは基本だと思いますが、それをやりきらなくては絶対に結果は付いてこないので。

25152253_2000012156681720_8448899425393117864_n.jpg


今回、プラを通して一度も美和には入りませんでした。美和のディープが釣れているという情報もチラホラ聞こえてきました。でも、入った人がすべて釣っているわけではなかったですし、何よりもテクニカルすぎます。今の自分には到底勝負できないと思っていました。

そして、優勝ペアのコメントを聞いて、「行かなくてよかった〜」って思いました(笑)絶対にあの水深はやらないですから。魚探の水深が15mで設定してありましたし(笑)

湖の中にはたくさんの正解があって、どれを選ぶかはアングラーが決めることが出来るのです。それがバストーナメントの楽しいところ。正解はたくさんある。その中で一番釣ってきた人が、一番のパターンとなるのです。やっぱり、バスフィッシングって奥が深いですね。

もう12月の弥栄はPBTで大会をすることはないと思う(延期の延期のみかな)けど、もし再びチャンスがあるなら、もっとスキルアップしておかないと勝負できないですね。今年の冬はもう少しジャークベイトを勉強しなおします。今回560Lを久しぶりに投げてみたら、とても気持ちよくなってしまいました(笑)

では!

あ、lesson空いてますから〜。待ってます!


posted by D.Tanaka at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年12月09日

はぁ〜

明日は、なんだかんだで遅れまくったPBTの最終戦です。

実はとっても憂鬱。。。ここまで調子の出ないシーズンは過去になかったからです。

もちろん、自然相手のスポーツなので、上手くいくときも、そうでないときもあると思います。

でも、でも!!!今年はあまりに酷すぎです。。。

弥栄の大会においては、一度もキーパーサイズ(30cm)をキャッチしておりません。こんなシーズンは本当にないですね。唯一の弥栄以外の大会だった中山湖でも、50cmくらいありましたが、それ1匹のみ。つまり、今シーズンのキーパーは1匹しかキャッチしていないのです。

釣れないムードになるのも無理もないですよね。。。

過去の最低成績は2013年の7位でした。でも、ギリギリ“神7”(当時はクラシックは上位7名でした)には滑り込みました。

今年のクラシックは参加延べ人数の関係で、上位8名となります。そして、前年度の年間優勝者及びクラシック優勝者は、ボーダーライン+3位までがラインとなります。私は昨年度の年間優勝者なので、11位までに入れればなんとかclassicにはクオリファイ出来るのです。

そして、今の順位は13位。。。まあまあ、ヤバイ順位です。

でも、ほかの選手との位置も結構シビアなところ。

とにかく今年は釣れない大会が多く、ウエイトポイントを稼ぐことが出来てない選手が多いのです。それだけに最終戦で一気にまくることも可能なんです。

ともかく明日は全力でやります。タックルも絞りました。8タックル(笑)でも、釣りとしては結構特化してあるんで。

不安しかないですが、良い報告が出来るように頑張ります!

では!
posted by D.Tanaka at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年12月05日

絶対的休日

今日は休日としてゆっくりと時間を使う事を決めました。

と言っても、夜勤明けで10時前まで働いていたわけですが。

その後の時間をどう使うかというのが大事なところで、私の場合、釣りに行くかどうかということです。釣りに行けば、それなりに経験も積めるのですが、今は週末の大会に向けて弥栄ダムに集中しておきたかったので、近所の釣行は控えました。

ということで、超々久しぶりに映画を見ることにしました。

「IT」という映画で、ジャンルはホラーということになっています。実は一人で映画館に行くのも、映画館でホラーを見るのも初めてということで、しっかりと準備することにしました。

ITはリメイクなので、ストーリーは知っています。実はペニーワイズのファンなので。

ということで、平和な日常を過ごして、映画で一気に恐怖のどん底に落とされるという設定で、なるべく幸せに過ごしてみました。例えば、昼食はカレーとか。幸せでしょ。

それから、釣具店に行ってちょこっと買い物をしたり、中古CDを漁って昔を懐かしんだり、無印良品で買い物をしたり。本当に幸せな過ごし方です。

さて、機は熟したので、映画館へ行きました。

13:50からの予定だと記憶していたので、入り口へ行きチケットを・・・「あれ?13:15開始??」ああ、終了が15:40(なので、次の開始が15:50)。。。いろんな記憶がごっちゃになって、時間を大幅にオーバーしてしまったようです。まさに恐怖のドン底ですわ。。。

仕方ないので、一度家に帰り、卓球の準備をしてから、CDをWALKMANに入れたりして、少しでも幸せな気分を作りました。ついでに使用済みバッテリーを売りに。想像以上に高く買っていただき、これまた幸せに(笑)

そして、再度チャレンジ。

ちゃんと15:50に間に合いました。

内容は、ネタバレになるので書きませんが、本当に良い映画です。スティーブンキング原作の映画は結構好きなんですが、スタンドバイミーに通じるものが多くあり、私の人間関係の根幹に通じるものがあると思いました。

ジャンルはホラーだと書きましたが、私はホラーだと思っていません。むしろ青春映画です。熱い友情や、ほろ苦い愛情など、様々な要素が含まれています。そして、ペニーワイズの好演技も光りました。前作は小ばかにしたようなしぐさが多く、それもまた最高に好きだったのですが、今回は違ったペニーワイズを見せてくれました。

そういえばバンドやっていたときも、一度ピエロメイクしたことがったなぁ。ニューロティカをしていたわけではないけど。昔からピエロは好きです。

ということで、映画を見終わり、何とも言えぬ現実と離れた感じで、卓球の練習に行ったのです。ちなみに卓球は、まあまあ好調でした。膝を擦りむいたけど。

こうして、今日の絶対的休日は終わりました。全然ゆっくりできない日でしたが、心はすっかり癒されました。

明日も仕事です。ITの第二章は2019年の秋ごろらしいので、それまで頑張っていこうと思います。

では!

P.S 雨の日の排水溝が気になって仕方ありません。
posted by D.Tanaka at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年12月04日

久々投稿

気が付けば12月ですね。今年も残り一か月です。早いなぁ。

12月になると気持ちだけ忙しくなってしまいます。でも、時間の流れは一緒なはずなんですか。

昨日は弥栄にプラに行ってきました。

24294243_1267841956694980_4341964935469949092_n.jpg


まあまあな感じでしょ。

嫌いじゃないですけどね。この感じ。

この季節にフィールドに立っていなければ見られない風景。

この感じを知っている人は共感できると思います。

決して簡単じゃない時期ですけど。

24232553_1267841876694988_5897013748219283842_n.jpg


大会のプラという名目で、しっかり釣り込んでみました。

話は変わるけど、最近“ピースサイン”っていいかも?って思っています。40歳を過ぎてから多用しております(笑)

かわいいおっさんを目指しているわけではないけど、なんというか無防備な感じが良いというか。まあ、自分の意味づけでしょうけど。ギターを弾いてたころは、ピースマークとか嫌いだったんですけどね(笑)

ダウンロード.png


こういうやつね。

んで、プラの話。

今回は意図せずにディープの魚を釣ったんですが、キャッチした瞬間目が飛び出てしまって、エア抜きも全く間に合わず・・・。正直、初めての経験でした。徐々に対応できずに殺してしまったことはありますが、キャッチした瞬間に「あ、無理かも」と感じたことが。お尻からあぶくが出てる状態です。

いったい何mから釣ったのかわかりませんが、15mくらいは経験あったんで、それよりも深いんでしょう。

1/2テキサスだったから、どんどん落としているうちに深いところに行ったんですね。反省です。

やっぱり、深いところの魚はリスクがあります。大会じゃなくても魚へのダメージは半端ないと思う出来事でした。

もうプラは入れないので、しっかりとイメトレします。

明日から急激に寒くなるようだし。体調管理にも気を付けます。

では!
posted by D.Tanaka at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年11月30日

フックなどを交換したりして

オフシーズンというわけではないけど、時間を見てはハードルアーのトレブルフックの交換をしています。

実は、あまりトレブルフックに関してはこだわりがない方なんです。んが!最近は少し気にするようにしています。

刺さりはもちろんですが、軸の太さや、重さなどなど。あ、でも値段は大事な要素です!一番の消耗部分として交換するわけですか、それを惜しんで交換時期が遅くなるのは本末転倒なので。

ちなみにプライベートでは、結構気合でフッキングを成功させます(笑)でも、大会というのは、実力が100%でないというのを前提とするので、やはり道具には頼りたいのです。

最近はリューギのトレブルフックを使っています。

IMAG0157.jpg


サイズ間違えちゃったけど。。。

IMAG0160.jpg


NORIESのルアーも時代によって、取り付けられているフックが違います。なので、純正のものに変えたり、他社に変えたり。また、スプリットリングを変えてみたり。。。

と、柄にもなく細かな作業をしたりしています。

IMAG0158.jpg


あとは、一年を通して釣れてなかったり、使ってないルアーを2軍ボックスへ移動します。季節として入れ替えというのももちろんあります。

まあ、これ以外にボートに乗せっぱなしのルアーも大量にあったりするんで。。。

今年の冬は、ハードルアーを少し深いところまでやり込んでみようと思います。

でも、まずは再来週のPBT最終戦です。ここはこだわりなく全力で戦いたいと思います。

では!
posted by D.Tanaka at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年11月28日

溜め池を抜く番組

Facebookでも書いたんだけど、やっぱりブログにも書いておこう。

卓球好きな人なら、恐らく好きなTV局だと思うテレ東。

卓球の放送以外でも、なかなか面白い番組が多く、もしかしたら一番見ているかもしれない。

ただ、この番組ですこぶる評価が下がっている。(私の中で)

この件について、ちゃんと書きたいと思っていたんだが、どうしても感情的な話になったり、善悪的な話にされたりと、いまいち納得のいく文章が書けないでいた。

でも、私の気持ちのほとんどを代弁してくれているブログを見つけたので、リンクを張っておきます。

http://river-walk.co.jp/?p=2713

是非、読んでみてください。

このライターさんは、以前田辺さんの取材の時に一緒に仕事をしたことがあるのです。とても丁寧な仕事をしているという印象でした。まあ、結構田辺さんには怒られていましたけど(笑)

他の記事を読んでみても、私と目線が近いというか、とても親近感がある。ウグイの記事とかすごく好き。

バスという生き物だけを見るのではなく、生物全体の中のバスの位置を見ているというか。それは外来種という枠でもなく。それでいて、釣り人や、大きい枠では人間のエゴの部分も理解している。

この記事の中で懸念されているように、一番の問題は子供への影響だと思う。

自分で判断が付かない子供が、“良いこと”として、生き物の命を奪う事を目的とした行為をする。その危険性がとても高いと思う。

気分的にはとても見れるものではないが、駆除を目的とした番組なら、それでも理解は出来る。しかし、この番組の主である目的は、“かいぼり”である。古来から池を管理する方法として行われてきたことである。それ以外にも、見えぬ湖底から何が出てくるのかという期待と不安が面白い。ところが、目的がどんどん変わってきている。何かの力でも働いているのではないかと思うくらいに。

正直、ここに出ているタレントも嫌いになった。もちろん、仕事だろうし、こういった環境のことなど知りもしないのかもしれない。でも、でもだ。やはりイメージダウンは免れない(私の中で)協賛企業もイメージダウンである。(私の中で)

いろいろ言いたいことはあるんだけど、上手くまとめられない。

ただ、戦争は結果として人を殺す。どんな大義があろうとも。そこに政治としてのプロパガンダがあったことも事実。人は簡単に流されてしまう。ゆっくりと考えればわかるシンプルな事も、全体の流れに流されえてしまうと考えることすらやめてししまう。

外来種とか、在来種とかよりも、生き物の命を奪うという事はどういった意味があるのかを考えないといけない。

私も食べるという行為で、たくさんの命を奪っている。その上に私が成り立っている。だから、感謝して食べている。言い換えれば、感謝して命を奪っている。
人間が生きていくということは、大変なことだけれど、とても大事な事だけは見失わないようにしたいと思う。
posted by D.Tanaka at 18:33| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年11月27日

卓球楽しい〜

今日は卓球の日。

今日は!と言っても、週に4回なので、まあまあなペースです。

卓球はあくまで趣味の程度に収めようと思っているので、自分の欲を抑えるのが大変です。性格的に行けるところまで行ってしまうんで。でも、60歳くらいになったら全日本の年齢別とかトライしてもいいかな〜なんて思ったりしています(笑)

今は、自分より上の人の練習の手伝いや、練習に来る中学生の相手をしたりしています。

大会で勝つという目標があるわけではないので、自分のイメージするプレーが出来れば今のところ満足です。

そのイメージするプレーをするにはどうすればよいのかを日々考えています。簡単な筋トレは会社でしてます。←仕事しろ。

あとは、肩甲骨の可動域を増やすストレッチは欠かせません。

今日は、フリーハンドの動きを意識して練習しました。出来ているかどうかは別として、今は丹羽選手を見本としています。←恐れ多い。。。

プレー的には、吉村和弘選手が好きです。やっぱり、山口県から全国に、世界に挑戦している選手は応援したくなりますね。


と、卓球の話ですが、実は釣りも一緒だと思っています。というか、釣りも同様に考えることで、いろんなものが理解出来てきました。同じタックルを使っても、人によって飛距離も、精度も違います。上手いか、下手か?という話で終わらせるのではなく、なぜ違うのか?を理解することで上達は格段に速くなります。

魚を釣るということは、もちろん、魚に対する話にはなるんですが、キャストという動作は魚が居なくても出来ることです。卓球でいえば、サーブ練習のようなものです。イメージ通りのサーブが出来なければ戦略を立てることは難しくなります。

<卓球と釣り>の関係は<サーブとキャスト>であり、<フッキングとレシーブ>であり、<ファイトとラリー>であり、<ランディングとフィニッシュショット>です。ええ、無理やりです(爆)

でも、スマッシュの練習やロブ打ちの練習の前に、サーブやレシーブを安定させることは大事です。釣りにおいてのキャスティング、フッキング。やはり初期設定は大事だと思います。

まあ、この流れだと、何が言いたいのかはわかると思うので、もう書きません(笑)

ただ、募集中ということです(笑)

では!
posted by D.Tanaka at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年11月26日

流石に疲れてます。。。

昨日は夜勤明けでインフルエンザの予防接種にいってきました。

今年はワクチンが不足しているようで、病院を探すのに苦労しました。

無事に家族全員出来ました。

その後は、児玉君のバックシートを強奪しに川上ダムへ。

どうしてもやりたいことがあり、4タックルだけもってトライ。

結果は完デコ。。。。やっぱり、簡単じゃないですね。

でも、先日の丸山ダム釣行からの流れで、何かが見えそうでした。

その夜は、卓球の忘年会。たっぷりお酒を飲んでからの、5時起き(笑)



そして、今日は弥栄プラ。

大会前という事で、詳しいことは割愛しますが、まあまあいろんなことがわかりました。

プラを手伝ってくれたクマちゃんもグッドサイズ!

24020107_1263124890500020_1852617777_n.jpg


実は初めてのエスケープツインフィッシュということで、とても喜んでいました。

あと、印象的だったのは「普段はジグ系には左ハンドルなんだけど、右で違和感なく使えるなぁ。不思議。。。」という言葉。

本人の技術もあると思いますが、一つにロッドの特性があると思います。

それは、いわゆるジグロッドらしくない使い心地です。岩や木にすこしだけもたれさせて使うのがとてもやりやすいナチュラルなテーパーです。

カンカンの感度重視のロッドではないということです。

クマちゃんはソルトガイド(じらまる船長)をやっていることもあって、ソルトの釣りでの感覚の話で盛り上がりました。

魚を釣ることにおいて、とても大事なキモでした。同じような感覚の話が出来るのはとても嬉しいです。

おかげでよいプラになりました。

私もちゃんと釣りましたよ!

ということで、下関でソルトガイドをやっているクマちゃんをよろしくです!

http://yuzunoko.blog115.fc2.com/

これくらい宣伝しておいたら、何か良いことあるかな?(笑)

では!
posted by D.Tanaka at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年11月24日

受講者募集

だんだんと寒くなってきましたね。

寒くなると、どこでも釣れるという事が無くなります。

つまり、正確に正解に行きつかなくては答えが出ません。

そんな時こそ、lessonです!

ということで、受講者募集です。

2週間前までの予約でしたら1000円割引。高校生以下、女性はさらに1000円割引。そして、人数は増えても値段は変わりません。

例えば、休日(日曜、祝日)料金は18000円です。2週間前までに予約をしてていただき、高校生と、女性のペアでしたら、-3000円となりますので、15000円です。同じケースで平日(月〜土曜)なら12000円です。一人当たり6000円ということです。

年末年始は、スケジュールの調整も難しくなりますので、早めの申し込みをお願いします。

まずはお問い合せをお願いします。

<12月の予定> 3、10、25〜29 上記は不可日となります。
posted by D.Tanaka at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年11月17日

やっぱり人が大事

最近、ベアリングをYTフュージョンに変えている理由の一つが、人の勧め。

あまり人の意見を聞かない私ですが、その人となりを見ていろいろと判断しています。

前にも書いたと思うけど、商品の性能とか機能以前に、その人が見えてこないとなかなか使うということにならないです。もちろん、アメリカのメーカーに知り合いが居るわけもないんですが、そこはお勧めとしてくれるショップさんとかアングラーを見て購入したりするわけです。雑誌もそうですね。知らないライターの記事よりは、知っているライターの記事の方が信用できます。

今回ベアリングを考えているときに、相談したのが福岡にあるショップのグリーンフィッシュです。

ホームページはこちら。 http://green-fish.net/


実は一度も行ったことは無いのですが、ここの店員の波戸口さんはPBTやGFFOなどフィールドで逢うこともあり、いろいろと相談に乗ってもらっています。

彼も大のYTフュージョン推しだったこともあり、いろいろと詳しく聞くことが出来ました。

こういった小さなショップは、商品を売るという事だけを考えていたのでは、大型店には太刀打ちできません。私も小さな果実店で働いていたので、このあたりの苦しみはよくわかります。

では何を売るかと言えば、知識と技術です。果物にも技術はあります。

そして、フットワークの軽さ。釣り人としてフィールドに立つことはもっとも大事なことだと思います。


今回は大会で一緒になることもあり、注文していたベアリングを現地で受け取ることが出来ました。釣りに行ってないお店だとこうはいかないですね。もちろん、使用感などもメーカー的なものではなく、個人の感想として伝えてくれます。私も一応プロスタッフの端くれとして、いろんなことを伝える立場ですが、自分の意見を大事にしています。

これこそが人となりになり、1対1での関係だと思います。ちょうど、ユーザーとメーカーとの間の潤滑油みたいなものです。その潤滑油は、リールオイルのように様々な種類があり、自分に合ったものを見つける必要があります。なので、プロスタッフもたくさん居るわけです。小売店も多くあるわけです。

これからもいろんな人と繋がって、いろんなことを吸収し、釣りの楽しさを伝えていきたいと思います。

posted by D.Tanaka at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき