2015年08月16日

楽しい菅野釣行 

お盆休みということで、部活もないので、久しぶりに息子と釣りに出かけてみました。

前日は三段峡に行き自然を満喫できましたが、結構な距離歩いたんで、それなりに疲れていたんですが、やっぱり釣りだと頑張れますね!

1439728743646.jpg


1439728767157.jpg


でも、こんな釣れそうな場所で糸も垂らせないのは逆にストレスが溜まるというものです(笑)

ということで、今日は4時に起床して出かけました(笑)

朝はガスもかかっていてとても釣れそうでしたが、セレクトしたスポットの水が悪くあまり良いスタートと言えませんでした。

それでも、いつのもエスケープツインでグッドサイズをゲッツ!

1439727784992.jpg


続けてハッスンでも!!

1439727762132.jpg


調子に乗ってレイダウンプロップで!!!!

1439727748737.jpg


このあたりで、息子は口を聞いてくれなくなりました(笑)負けん気が強いのは誰に似たのでしょうか?

息子はふて寝モードになっていきましたが、私はなんとか良い展開が組めないかとあれやこれやと頑張りました。

なんとか、釣れるレンジとコースを発見できました。するとタイミングよく息子が起き、数投でキャッチ。

1439727735544.jpg


綺麗な40UPでした。

そして、続けて彼のレコードフィッシュとなるビッグフィッシュ!!

1439727723453.jpg


55cmで、2kgバカリじゃ計りきれませんでした。

「デカい!!」とわめいていたので、「手伝おうか?」と声をかけたのですが、「いらんことするな!自分で獲る!!」と言われました。自分で最後までやってこそのビッグフィッシュだそうです。誰に似たのでしょうか??

私的には、バラシそうなハラハラドキドキのランディングでしたが、自分の記録になるような魚を、あえて一人でやり遂げようとする挑戦がとても頼もしく思いました。

まあ、このあとの40UPは見事にランディングでミスりましたけどね(笑)でも、すべては経験をして学ぶもの。大きな舞台でこそチャレンジする気持ちを忘れずに頑張って欲しいです。

しかし、ハッスンは釣れるワームですね〜。私はかなりストック出来ているので良いですが、使いってみたいと思う人も多いかもしれませんね。フフフ。

そして、息子も絶賛のST620MLS-Ft。まったく主導権を握らせることなくファイト出来ていました。素晴らしいロッドだと思います。

その後は、エスケープツインやら、リングマックスバスやら、BーHIRARA DEEPやらでポツポツと追加して納竿しました。

季節は徐々に移り変わっていますね。

それでも、日差しの強いときもありますので、熱中症には注意です!












2015年06月18日

癒され菅野湖

久々の菅野湖です。
例によって夜勤明けからの釣行。そして、夕方は部活という忙しいなかでの短時間釣行。

今日のテーマはエビガエルとダイラッカ。それに、取材で田辺さんが見せて(見せつけて?)くれたフラチャット。

到着してみると、思っていたより水位が下がっている。という事は・・・今までカバーだらけで、どのカバーが良いのかわかりにくかった状況が、数少ないカバーにバスがつくことで判断がしやすくなりました。

今回よかったのは、岩盤に絡むカバー、それとアウトサイドのシャローを有するカバー。
ちなみに今日は相当トップな日だったようで、グリッパーにもグッドサイズがチェイス。他にもエビガエルの回収にチェイスなど。一方でフラチャットは不発。微妙な差ですが、大きな差なんでしょうね。

もっと釣行時間があれば、いろんなことが検証できたのですが。

でも、良いサイズが遊んでくれたのでとても幸せな時間でした。

1434623092593.jpg


1434623077074.jpg


ファーストフィッシュは45cm(くらい)。まずまずの回復具合でした。良く引きましたし。ドカンと出ました。

1434623111650.jpg


セカンドフィッシュは、ちょい痩せの45cm(くらい)。これはチュポって感じの静かなバイトでした。

1434623137953.jpg


サードフィッシュは40cm(くらい)。これは完全放置でドボっと出ました。ちょっとビビりました(笑)

残り時間が少なくなったところで、完全に雨が上がった。なんだかトップに出そうな雰囲気が無くなったので、シェードのパターンへ。

シャローのカバーでも、ダイラッカを際に入れていきます。ファーストフォールだけで誘っていきます。

でも、不発。。。残り時間10分くらいで最後のチャンスを橋脚に。

1434623199024.jpg


ピューン・・・ドボン・・・・ピラッピラッ・・・・ドン!!!

いきなりロッドが絞り込まれました。最高の瞬間です。

1434623168894.jpg


おじぃちゃん(?)フィッシュで、なかなか年季の入った魚体でしたが、貫禄の55cm(だいたい)。

このファイトは橋脚の角にガリガリ擦れながらのファイトだったので、ドキドキでした。

しかも、こんなバスをハンドランディング。キャッチするまで気が抜けません。

掛りが良ければ抜き上げもありですが、今回は口外の柔らかいところに1本掛り。ジャンプは禁物!

ラインの傷も気になります。でも、信頼のDUEL LINE(宣伝w)。一気に取り込みました。

プライベートでもドキドキです。やはり、同じ一匹と触れ合うならば、最後の一瞬まで気が抜けない釣りが私は好きです。バスと対等に戦ったという気持ちになれます。もちろん、自己満足な世界です。

1434623189259.jpg


分かりにくいけど、ラインはボロボロ。でも、最後まで頑張ってくれました。最高のラインです!

やっぱり、バスフィッシングって楽しいなぁ!










2015年03月30日

やっと釣れました(喜)

やっと釣れました。心から嬉しいです。

実は今回の釣行までに11回デコっておりました。ついでに言うとバイトもなし!

自分の釣行スタイルは基本的に、日の出から日の入りまでという形なので、時間で言えば12時間を優に超えます。なので、釣れても当たり前というところもありました。

今年に入って、仕事やら卓球やらで釣行そもののが削られることもあり、いろいろ悩んでいました。でも、何かを犠牲にしては、何をしているのかわからないので、すべてを捉まえるつもりで全力疾走していくことにしました。

なので、短い時は3時間とか2時間という釣行もありました。幸い釣り場から近いという、何物にも代えられない恵まれた環境なので、こういったことも出来るのです。ただ、自分のスタイルでは2時間ほどで今の状況を攻略できるほどのスキルもなく、苦しい日々でした。

時間短縮にあたって、GSPアンテナやロッドなど道具の方も変えていきました。

そして、やっと昨日二か月半ぶりのバスをキャッチしました。

1427666076352.jpg


ロッドは今季導入のストラクチャー ST620MLS-Ft。ルアーはラッテリー5-1/4(ステインワカサギ)です。
ラインはT7 4lb。
自分のライトリグの軸であるネコリグ。そして、私は比較的重い1.8g〜3.5gくらいまで使います。

そんな攻めのライトリグを広範囲でカバーしてくれるロッド。それがこのロッドです。

今年は活躍してくれる事間違いなし!です。

2014年12月08日

ワカサギ釣りIN菊川湖

昨日は菊川湖へワカサギ釣りに行ってみました。

まずは段々畑へ。ベイトはたくさん写りますが、いまいち釣れません。

そこで、地形から絞り込んでいくと・・・もう、入れ食い!!

そういったところで留まっていると、どんどんワカサギが入ってくるのが分かります。

なんとなくバスが口を使うベイトとワカサギとの差や、餌となるギルのポジションとか分かってきますね!

それに魚探の写り方も勉強になります。

実際にワカサギが底べったりだったら下から1,2の針にしか掛かりません。でも、ベイトが上ずるとちゃんと上の針まで掛かるんですよね!

そして、そのワカサギが上ずってきたタイミングで、隣でバスを狙っていたおじさんが連続キャッチ!グッドサイズでした。でも、この時はワカサギも釣れまくっているから、なかなかバスへシフト出来ないわけで・・・ワカサギが落ち着いてから、バスにシフトしても当然時合は終わっているわけで(笑)

ということで、日没までの2時間までを真剣に狙うと・・・

1418018632583.jpg

ま、こんなもんでしょうね(爆)

最高の位置にある石積で最高のバイトでした。以前ならバスが陣取っていた場所なんですけどね・・・。霞のアメナマのように、中国地方でもキャットの猛威がやってきているんでしょうか!?

そして、最後の最後でこの冬ものにしたいと考えているインザベイト7gにビッグバイト!

遠投からのフォールでラインが走りました!遠くでジャンプするもばっちり対応!

しか〜し・・・寒くてリールが巻けないwww

ドラグの調整も出来ないwww

そして、当然のようにボート際の突込みでフックオフ・・・。

甘く見てました。何もかも。

最後のキャッチが決まればいう事なしだったんですが、そんなに甘くはないですね。

なんとか年内にリヴェンジしたいと思います!

1418018621890.jpg

ワカサギは美味しく天ぷらで頂きました。今年の菊川は大きいですよ!

ちなみに写真は、一部で3人で2kg弱ほど釣れましたよ。(3時間くらいで)




2014年11月09日

霞水系釣行

惨敗のアメドリでしたが、大会後の釣行でなんとかキャッチしました。

1415539683989.jpg

ヒットルアーはディーパーレンジ1/2oz。私のフェイバリットスピナベです。

やはりフィールドが変わっても自分のコンフィデンスのあるルアーは効きますね!

と、思っていましたが・・・それは翌日覆されるのです。

1415539728624.jpg

翌日はいろいろ考えたのですが、北浦ではなく霞本湖を狙う事に。利根川まで行ってみることも考えたのですが、飛行機の時間もあり断念。

最初のスポットは不発でしたが、次のアシエリアでいきなりのバイト!!

私じゃないですけど。。

1415137855828.jpg

ナイスフィッシュをキャッチした片桐さん。ブリッブリですよね。え?魚の話ですよw

ちなみにヒットルアーはクリエスオリジナル1/2oz。

透明度が20cmあるなしという霞水系では、スピナベのちょっとした差が大きな差になるという事を理解しました。自分がディーパーレンジを投げた後に、オリジナルでのヒット。しかもバイトは深い。

波動の強さや泳ぐレンジなどちょっとした差を理解できるかどうかで、キャッチに至るのかが決まる。

マディーウォーターならではのシビアさです。ちょっと甘く考えました。



そして、いろいろとランガンするもそのあとはノーバイト。

途中、巨大キャットらしきファイトで楽しみましたが、キャッチまで至りませんでした。一気に70mは走ったかも。T-7は80m巻きなので、もうちょっとで危なかったですね〜w

他にもいろんなことがあり、言葉では出来ないほどの勉強をさせてもらいました。

飛行機もいろいろ面白かったですね。初めてや久しぶりの体験ばかりでドキドキの釣行でした。

1415539711534.jpg

帰りの便も機長の頑張りで無事に到着。

この経験を活かす釣行に早く行きたいのですが・・・次の釣行はしばらく先になりそうです。。。



2014年11月08日

アメリカンドリーム参戦!

PBT最終戦で優勝をし、その勢いのまま飛行機に乗りました。10月に就航したばかりのスターフライヤーです。

何十年ぶりかの飛行機で不安にしていると、三澤さんが見送りに来てくれました。とても嬉しい気持ちになりました。というのも、出発前に皮ひものネックレスをしていたらブチっと切れたものですから。。。

他愛もない話をして、「頑張ってくださいね!」と背中を押してもらいました。

数十分遅れはしたものの無事に羽田空港へ到着。早速今回のボーターである片桐さんにピックアップしてもらい、一路北浦へと向かいました。V6に着いたのは日付が変わった11月3日。そう、大会の当日です(笑)

3時間ほど仮眠をして、会場の潮来マリーナへ。

1415137941302.jpg

久々のバスボートは気持ちよかったです〜!

受付〜ライブウエルチェック〜開会式と過ぎ、スタートへ。

1415137871292.jpg

アメリカンドリームということで、アメリカ国歌を清聴しましたが・・・日本国歌も流してほしかった。両方の国旗も欲しかったかな。。。もちろん、大会の演出という意味合いが大きいのでしょうけど、ここは日本なわけですし・・・。

後日知ったことですが、アメリカの国歌斉唱の時に帽子を右胸に当てている姿見ますよね?あれは市民がする敬礼のようなもので、アメリカ国民が敬意をしめす姿のようです。なので、外国人や永住権のみの人、また、アメリカ国歌(国家?)に反する人などは、脱帽して気を付けで十分らしいです。要するに敬意を示す自由も、反する自由も認められている国という事ですね。それが良い事なのか自分には分かりかねますが。。。

話は逸れましたが、19番フライトで目的地へ。

早速、片桐さんにバイト!!フッキング!!!!ビヨ〜ンwwwバスが飛んできた!!!! 


推定20cm(爆)


当然、ノンキーであります。


んで・・・・・試合終了ww

何も起こりませんでした。

けれど、釣り自体も、大会としてもいろいろと学ぶことの多いツアーでした。


ちなみに・・・晩御飯を一緒に食べた貴パパさん/のりーちゃんペアが6位入賞!!

1415137911361.jpg

僅差でしたね。

そして、そして・・・ニンジャことセンドウさんはトーナメントジャージを2着もゲットwww 昨年もゲットということで、これで3着目か。

1415137925524.jpg

本当にいい味出してます。マリーナでもお話させて頂きました。いつか一緒に釣りをしてみたいですね!

実は同じ鳥取出身ということで、密かに盛り上がったりしましたし(笑)

そんなこんなでのアメドリでした。

JB時代から数十年経って、私もそれなりに上達していると思っていましたが、やっぱり手厳しい水系でした。
でも、北浦というエリアを釣るのは初めてでしたし、自分の釣りの課題も見つかりましたし、やっぱりまだまだだなと思いました。

終わりのないバスフィッシングですね!






2014年01月18日

プロスタッフと一緒 その2

今回もNORIESプロスタッフの足立君と同行してきました。

今回の場所は菊川湖。通称川上ダム。余談だけど、湖の名前と、ダムの名前が違うことって結構あります。小野湖と厚東川ダムとか。菅野は菅野湖で菅野ダムですね。なので、〇〇ダムに釣りに行くというのは、実は少し変だったりするんですね。あと、橋脚と橋桁を間違えていたり、スポットとポイントを間違えていたり。まあ、言葉は生き物なので、通じれば良いという考えもありますが、あまりに間違った言葉を使うのも恥ずかしいものですね。


今回のフィールドを菊川湖にしたのは、メタル系のゲームをしたいということがありました。足立君といえばダイラッカです。

dairakka.jpg

私はこのビッグスプーン系で魚を釣ったことが無いので、とても興味がありました。足立君としても、低水温(今回は9℃台)でどれくらい使えるのかということが興味あったようです。

足立君は河口湖でガイドをしていることもあって、考えがとても整理されています。移動など相談しても、即返事がきます。軸があるというのは、フィールドが違っても自分なりの答えを見つけることが出来ます。それこそがバスフィッシングというものでしょうね。

朝はスロープ前で、ベイトの入り方などを見てジャカやメタルワサビーを入れてました。一方、足立君はとあるルアーをブンブン投げてました。この手のルアーは、私は嫌いなジャンルだったのですが、今回でさらに嫌いになりました(笑)

ファーストフィッシュはやはりこのルアーです。

IMAG0534.jpg

ダイラッカ!

これはキャストからフッキングまでしっかりと見せてもらいました。たまたまですが、私のフットボールと彼のダイラッカは3mも違わないくらいの箇所に入りました。

しかし、バスが口を使ったのはダイラッカの方でした。魚を寄せる力は尋常じゃないですね。それだけに勝負も早い。これはなかなか面白い釣りですよ。

私の方もなんとか面目躍如の一匹をキャッチ出来ました。

IMAG0537.jpg

「またエスケープツインなの?」と言われそうなので、今回のトレーラーはジグツインフリップにしました。このルアーはカタログ落ち(廃盤)だったんですね・・・。良く釣れるワームなんですが、世間には受け入れられなかったのかな。。。ハッスンSFといい、ジグツインフリップといい、私の好きなルアーがどんどん無くなって行きます。悲しい。

あ、そうそう、このジグツインフリップは例のバイトパウダー EBIに漬け込んだものです。やはり、いい仕事してくれました。

ロッドはもはや右腕と化しているST680MH。今回も気持ちよいバイトを捉えてくれました。

その後は、お互いにノーバイトで、やっぱり簡単じゃない菊川湖でした。

しかし、色々な刺激ありの楽しい釣行でした。

2013年12月21日

プロスタッフと一緒(笑)

先日、河口湖でガイドをしているNORIESプロスタッフの足立貴洋くんと釣りに行ってきました。

PC180568.jpg

足立君のブログはこちら。

http://takahiroblog.blog46.fc2.com/

今回の釣行もとても細かく書いてあって、とても感心しました。つか、自分のブログがいい加減すぎるんですけどねw でも、鳥取生まれの私は「じゃけえ」とは言いません(笑)

今年のフィッシングショー大阪でいろいろ話はしていたのですが、一緒に釣りをするのは初めてなのでとても楽しみにしていました。

ブログを拝見していると、とにかくビッグフィッシュに的を絞った超ストロングスタイルというのが私の印象だった。しかし、そこはハイプレッシャーの関東レイクをホームにしているだけあって、ライトリグも難なくこなします。今回もラッテリーのネコリグでパパッと釣るあたり流石だと思いました。

そして、一番感じたのはエリアの見切りや、絞り込みの早さ。すべては独自のビッグフィッシュ理論と経験からくるもので、こちらのロコアングラーでは見落としてしまうようなこともありました。やはり、いろんなレイクを釣るということが大事なんだと思いました。久しぶりに河口湖で釣りがしたくなりましたね。

IMAG0370.jpg

さて、菅野釣行なんですが、天気はあいにくの雨。実は12月の雨は条件によってはビッグフィッシュラッシュになったりするのですが、それも経験から言えば魚が浮いてくることから、ハードベイトのゲームが成立するからである。しかし、今の菅野は超満水。。。冬のビッグフィッシュを釣るキモの一つがレンジのキープだと思っている。
例えば5m水深の3mにサスペンドしたバスを釣る場合に、何かぶつけたりしてヒラを打たせたりすることが出来ればいいのだが、そうではない場合にレベルをキープすることで反応させることが出来ということだ。もちろん、メタルのように素早く上下することで口を使うバスも居るんだけど、基本的には同じ水温(水質)の層で動いているように思う。

満水の場合はショアラインを効率よく狙えないので、とてもストレスが溜まってしまうんです。そこで、カバーを絡めたテキサスというのが王道になるのですが、今年に限ってはあまりシャローに数がいないのと、とにかくサイズが伸びない。

IMAG0372.jpg

これはファーストフィッシュの30cmくらいのバスです。

二人であーでもない、こーでもないと言っていると、ふとフットボールジグの話になり、すぐにテキサスから、フットボールに持ち替えた第一投目。ゴゴっと明確なバイト!

IMAG0375.jpg

やっと菅野らしい54cmのバスを手にすることが出来ました。ホントは足立君に釣ってもらいたかったんですが、私はガイドではないので、他の人に釣ってもらうような釣りは出来ません。意地悪でそうしないのではなく、それはとても技術のいることなんです。だから、ガイドは職業として成り立つのですから。
私のようにただの釣り好きなおじさんと行くのでは雲泥の差があるというものです。

IMAG0385.jpg

バイトもロードランナーらしく丸のみです。フォールの釣りでは、パキパキ過ぎないマイルドなテーパーがこういった深いバイトを生みます。ランディングも余裕をもって行えます。

<タックル>
ロッド:ロードランナーヴォイス 680MH
ライン:T-7 14lb
ルアー:NORIES オーバルヘッド1/2oz
トレーラー:ECOGEAR バグアンツ

まあ、詳しい釣行内容は足立君の方が綺麗にまとめてくれているのでそちらにお任せ(笑)

でも、やっぱりいろんな人と釣りに行くと良い刺激を受けますね。自分の足りない部分もわかるし、逆に自分らしさもわかる。

結局、バスフィッシングの深さに感心してしまうんですよね。いや〜バスフィッシングって面白い!!!

2013年05月17日

菊川釣行

PBT第一戦で打ちのめされたので、気分転換に川上ダムに行ってきました。といっても、ここが第二戦の会場なので、プラも兼ねてはいるのですけれど。

最近のリズムの悪さを払しょくするためにも、あまりプラとか考えずに自分のやりたい釣りでやってみました。時間もあまり無かったのもありますが。

スタートはやや遅めでしたが、先行者はなし。

一人での釣行の場合はロープをトレーラーに結んで、沖にボートを出し、トレーラーの引き上げで湖岸までボートを持ってきます。んで、川上ではよくある結果に(笑)

IMAG0332.jpg

片足入水でなんとかボートに行けました。水が温いと思ったら水温は20度を超えてます。

まずは、スロープの延長上をインザベイト7gでトレース。と、いきなりバイトです!そして、ジャンプでサヨウナラ・・・。PEのセッティングだったのですが、PEは伸びがないからバスを暴れやすくしてしまうし、追い合わせをしすぎると高ぎれしちゃったりするので、使い込んでいかないとなかなか手駒になりません。これも課題ですね。

シャローにクルーズする30cmクラスを発見。そのエリアのレイダウンにクランキンジグを通すと強烈なバイト!

IMAG0335.jpg

クランキンジグをガップリと食ってます。激バイトの激ファイトだったので物凄く楽しめました。

そして、今度はラッテリーネコで1500gはありそうなが来ました。これもフックの相性などを見ているので、ジャンプさせてみたりと実験(?)させていたら、突っ込みでポロっと外れました。予想外の外れ方だったので不思議です。

小さなインレット方向へ入り、ディーパーレンジを投げ倒すとやっとバスが釣れました。

IMAG0340.jpg

そして、エリアを変えて、クランキンジグでも追加。

IMAG0345.jpg

いい感じです。クランキンジグにHB680Mはなかなか良い感じです。カバーが多かったりするとまた違うのでしょうけど。

一旦、スロープに帰り沖ハンプで今年の課題を少々。それは、ゼロダンとか、ジカリグとか言われているあのリグです。ちょっと思うところあって、取り入れたいと思っています。んで、早速バイト!!フッキング!!!ポロッ・・・と、リールが外れました(笑)リールシートへの取り付けが甘かったんでしょう。ありえない・・・。しかし、バスを付いてました(ラッキー)そして、ファイトに入った瞬間ばれました(アンラッキー)。やはり、フッキングが出来てなかったんですね・・・。

それから、ちょっと迷走して走ってみたが、ナマズしか見えません。しかも、高活性(笑)二度ほどチェイスもありました。

ふと、岸を見るとグッドサイズの・・・ナマズが! 慎重にアプローチして食わせましたw

IMAG0347_BURST002.jpg

スプーンテールシャッドキラキラはナマズを狂わせます。それと・・・ホントは公表したくなかったけど・・・モエビパウダーを付けるとナマズの反応が違います(笑)シークレットだったんですけどね!

ナマズばかり釣っていてもしかたないので、巻きながら流すと・・・ココっと小さなバイト!

IMAG0350.jpg

本日3匹目のナマジーでした(笑)ホントに高活性です。つか、スプーンテール釣れすぎ!!どれもスーパーキッカーサイズだったので、本日は3ナマズリミットで5kgは優に超えてます。

本当にナマズばかりでは仕方ないので、四熊のインレットへ。そこでグッドサイズを発見!こんどこそ、プロっぽいサイトフィッシングでと、ラッテリーのネコリグをキャスト!すると、ちょっと遠くでポチョン。ラッテリーはふわ〜と落ちてます。シンカーが飛んじゃったみたい(笑)しかし、そのノーシンカーアクションにバスは好反応www

IMAG0353.jpg

しっかりとキャッチしました。ちょっとスッキリしないけど。

スプーンテールシャッドでちゃんとバスが釣りたくなって巻きまくってから、やっとバスが釣れてくれました。

IMAG0355.jpg

これもいいサイズでした。その後、至近距離すぎのバイトでバラシ・・・。

最後に沖ハンプで、バラシと、10バイト5ばらしの3ナマズという結果で終了でした。

IMAG0346.jpg

あり得ないくらいばらしているのに、結構満足しちゃっているのはナマズのおかげかもしれないですw



2013年05月03日

シャキットグラス!

先日導入したHB640L-Sgtで早速ビッグな奴をゲットしてきました。

IMAG0307.jpg

長さはざっくりみて54cm。

ボートの横(縦の面)に張り付けてあるスケールに、そっと合わせる測り方なので。正直、正確なスケールは出ません。でも、その1cm、2cmよりも、魚体をカーペットに置くとことで起きる火傷を避けたいので。
だから、私のブログで書いている長さは全くあてになりません。

そこで、ウエイトです。

が・・・2kg計までしか持ってないので、これは計測不能。

ということで、デッカイバスが釣れました!という事実だけで十分です。


見ての通り、ルアーはラッテリー。

このロッドを触った時から、自分が欲していたものとかなり近かったので、本当に嬉しかったです。ただ、一点を除いて。

それは、ハードベイトスペシャルという括り。

私の使い方では、これはライトリグスペシャルなのです。

まあ、ロードランナーって本当に懐の深いロッドたちで、「〇〇スペシャル」というような表記があっても、いろんな使い方ができます。

例えばHB680Lでベイトフィネスという人もいますし、ヴォイス650Mなんかはジャークベイトロッドとして有名です。ヴォイス680MHもハードベイトに良いという人も多いです。また、ストラクチャーシリーズでも640M-Ftもジャークベイトにお勧めという人もいます。

そんなわけで、私としては最高のライトリグロッドを手に入れたわけです。当然、スモールジャークベイト系はかなり良いです。ということは、ロッドを多く持てない人や、多く積めない時などは、これ以上ないというロッドだと思います。

相変わらずロッドは深いと唸らせてくれるロードランナーです。

2013年02月27日

春の爆釣劇・・・ならず!

昨日はウクレレ野郎こと三澤氏と、菅野ダムへ行ってきました。

テーマというものはなかったのですが、春の爆釣劇のさわりぐらいでも感じてもらえればと思っていました。ウクレレさんは「2月に魚を釣ったことがないので、まずはキャッチ。その上で50UP!」と意気揚々です。

天気予報では、午後から暖かい春の雨ということだったので、午後からの巻きゲームに期待していました。

7時過ぎ出船。

水温は7.7℃。思ったよりも低い。そして、なにより水位が高い。正直、冬の高水位は良い経験が少ないので、嫌な予感がしていました。

いきなり岸ベタを流していくと、バックシートが釣りにならないので、まずはテキサスを投げながら駄弁りタイムw

釣りに関するいろんな質問を大介流にぶった切っていきましたw お金に関する相談は無駄ですけど。

すると、枯れ木のオーバーハングの下から一匹目。

IMAG0197.jpg

カバーに入りきっているというほどではなく、これは春爆の予感を感じさせる魚でした。
ロッドは680MH。ラインはフロロプラス14lb。ルアーはエスケープツイン(ライトグリーンパンプキン)3/8ozのテキサスです。

この一匹から感じたポジションやコンディションで釣りを進めていきますが、なかなか次が出ません(汗

やっとのこと絞り出したのは、カバーの奥でした。

IMAG0198.jpg

首についているのはDJきどりのヘッドフォンではなく、イヤーマフです。

カバーの奥ということで、ロッドは680H、ラインもフロロプラスの16lbにパワーアップ。そして、ストレートフック仕様の1/2oz。

カバーの濃さに合わせて、使用タックルも変えていきます。

この魚で、思ったよりも春に成っていないことを実感。ということで、やや冬を意識したエリアに移動。

すると・・・バックシートが騒がしいw

IMAG0200.jpg

ついに来ました!2月の50UP!!!

長さについては、本人が計測していたので、怪しいものではあります(笑)が、妙な太り方の魚です。何か大きなベイトでも食ったのでしょうか。
ともあれ、目標達成おめでとう!

ルアーはこれまた、エスケープツイン(オキチョビクロー)です。前回、前々回と釣行を重ね、キャストもフッキングも様になってきました。今回はワームの刺し方をレクチャーしたのがよかったのかな!?

その後、インレットを上ってみるも、濁りがあり魚は見えず。この濁りはとても好きな状況なんですが、とにかく水温が上がらない。そして、寒い!どこが春なんだよ・・・。

とうとう、雨が降り出しました。それも、結構な雨。

あたりは暗くなってきましたが、それでもめげずにキャストを繰り返していると・・・

IMAG0204.jpg

やはり、キープキャスティング!投げないルアーには、魚は食いつかないということです。

結局、スコアはエスケープツインでの3バイト3フィッシュ。

要所ではスピナーベイトやクランクも投げましたが、何にも起こりませんでした。



考えてみれば、一日中、息は白かったしw

要するに、冬の2月だったというオチで、春爆はもう少し先ということでした。

2013年01月16日

明日は菅野に。

明日は菅野に出撃!

今からライン巻き変えです。

IMAG0103.jpg

この間の釣行は、夜勤明けでまったく準備も出来てなかったから、今回が初釣りな気分です。

なんとか、goodfishに行きつきたいですね!

プランなんて、行く前からたてるとろくなことはないんだけど、シャローで何とかしてやろうと思います。

2013年01月11日

討たれました

記念すべき初釣りは、見事撃沈!バイトもなしの完凸ってやつです。

夜勤明け釣行で時間が短かったのもありますが、よさそうな魚探映像に縛られてやりこみすぎました(涙)

IMAG0070.jpg

いくら魚がいても、それが口を使う魚(使わせることが出来る魚)かを判断できないと、時間の無駄になってしまいます。そんな時は移動が基本なんですが、エレキレイクだと、どうも移動が億劫になってしまっていけませんね。

でも、久しぶりにメタル系をやり込めたのでとても楽しかったです。

IMAG0071.jpg

でも、やっぱり魚釣りたいですわぁ!!!

2012年12月16日

土師ダム釣行

行ってきましたよ・・・土師ダム。

ホントは記憶からさっぱり忘れたいくらい(笑)

ということで、結果は完凸。バイトも無ければ、バスが泳いでいるのを見ることも無し。というか、ギルもエビも、その他のベイトも何にも見えなかった。居たのはコイだけ。

水温は7℃後半から、最大で8.4℃。

メインとした釣りは、ジャカブレードを主体としたメタル系と、ジャークベイト、クランク。そして、ライトリグ、テキサス・・・という、言い訳抜きに何でもしてきました。

そして、完凸。完敗というやつですね。

でも、初めてのフィールドは楽しい!次はどうなんだと、どんどん進めていけるのは本当に楽しかった。ただ、ベイトが見えない(映らない)ので、基準となるものが作りにくく、いまいち釣りの軸が作れなかったのが敗因かな・・・。魚がとても薄いレイクのようなので、もっと釣りの軸をはっきりさせて、攻めきらなければいけなかったのかもしれません。

今度はもっと良い時期に行って見たいと思いました。

2012年11月25日

下準備

釣りは釣行が楽しいのは言うまでもないですが、準備も楽しいものです。
「このルアーであそこを攻めて・・。」とか、妄想しながら自分の世界に浸ります。

121125_2050~01 (2).jpg

私はネコリグでは、ほぼ100%伸縮チューブを使うので、こうした準備は大事です。

このチューブの質感にも拘っていて、ずっと愛用していたものがあったんですが、その電気屋さんがいつの間にか閉店していたので、手に入らなくなってしまいました。ネットでもいろいろ検索したんですが、いまいち分からない。まあ、伸縮チューブの質感なんて、気にする人はいないからHPにも説明ないしね。。。

これは6mmなんですが、本当はラッテリーには5mmがピッタリです。でも、6mmならハッスンSFなど他のワームにも使える。ただ、熱する手間がね・・・。


あと、写真に写っているエビパウダー。どうなんでしょうね?使い分けをしていないからなんとも言えませんが、最終戦の2kgUPはラッテリーWithパウダーでしたよ。

個人的には、余分な油脂をコントロールできるという効果に期待しているんですが、これも経過を見ないと分かりませんね。昔はベビーパウダーとか使ってましたが、ダマになったりしちゃってこれも使わなくなったなぁ。旨みを閉じ込めるのは片栗粉かな(笑)

パウダーを振る前に、キッチンペーパーで余分な油脂は取っておくと良いですよ。

2012年10月24日

菅野釣行

今日は菅野でテスト釣行。

テストをするのはライブウエルポンプとST650Mです。

ポンプの方はまったく問題無し!若干音が以前のよりもうるさいですが、動いているかどうかが良く分かるのでOkとします。それに、カートリッジ式になったので、スペアを持っておけばいつでも簡単交換ですからね。

ロッドの方は、これまた良い塩梅。

121024_1314~01 (2).jpg

フッキングもバッチリだし、ランディングのトルクは、やっぱりロードランナーだと実感できる。

ルアーはシュリルピン6.5。今回はシンカーに2.3gを入れました。

121024_1315~01 (2).jpg

その後はTADAMAKI112でもキャッチ。

121024_1517~01 (2).jpg

嫁に写真を頼んだらメインのルアーが切れてるしw

そんな嫁は・・・

121024_1356~02 (2).jpg

ズバーンとグッドサイズを釣りました。ルアーはハッスンSF。これ本当にイイルアーなんですよね。見つけたら絶対に買いですよ!!!

2012年08月31日

リハビリ釣行

昨日は25日ぶりの釣行でした。仕事らや、卓球やら、体調く崩したりで忙しい日々でした。

まだ、完全に風邪が直りきってないので、午前中だけにしようと思っていたが、行くとどうしてもいっぱいまでやっちゃって、体力的にばててしまう。どうしたもんかと思っていたら、息子が行くと言うので、午前中のみの釣行となりました。

久しぶりの釣行なので忘れ物が無いようにと、入念に準備したのですが・・・・ボートを浮かべてタックルをリギングしようとすると何か無い。そう、タックルボックスですwww

ちょっとショックでした。あんまり忘れるようなものじゃないんで。。。

幸いバッカンの方に数個のルアーが入っていたので。それに、ソフトルアー類はボートにつみっぱなしですから。


時間も短いの、早速魚が居そうな場所へ・・・って、アオコが凄いです。ファーストエリアはアオコでダメ。ならば、水通しの良い岬か?と思って移動すると、息子のファーストキャストにビッグバイト。ロッドを伸されるくらいの大きさでしたが、ラインブレイク。水中の立ち木だと思われます。私と違って、どこにどんな木があるのか分からないから、仕方ないけどバスに悪いことしました。

気分を変えて、今度はハードルアーで釣りたいというので、ハードコアシャッド50をつけてキャストさせます。何でこのルアーかというと、バス以外のチェイスもあり、魚を釣るイメージが沸きやすいからです。

120830_0755~01 (2).jpg

早速ハスがヒット!ハスを釣りたいと願っていたので、とても喜んでいます。今はバスよりも種類を釣りたいようです。今度はウグイかな?と、思っていたら・・・

120830_0817~01 (2).jpg

見事、婚姻色のウグイをゲット!なぜか笑顔が無いですw

バスのチェイスは無いのですが、ハスが飽きない程度に追いかけてくるので楽しそう。

そこで、私もテーマを決めて釣ることに。今日はHB680Mに入魂すること。しかし、スピーナーベイトも無いので、どうしたもんかと思っていたら、秘密のボックスから、往年のルアーが出てきました。ファットフリーシャッドです。それをレイダウンの際に通すと・・・

120830_0814~01 (2).jpg

出ました!!!40半ばくらいですが、いい出方でした。逆光ですがw

その後は、滝や沈橋などで時間をかける釣りをして、息子も無事にバスをゲット。

120830_0956~01 (2).jpg

ルアーはハッスンSF。これ大好きなようです。

私は、オーバルヘッドにバグアンツという組み合わせで二桁くらい釣りました。み〜んな30くらいでしたがw サイズアップを測るには別の釣りをしないといけないような気がします。今回は子供付きだったので、数釣りで楽しみました。時間も少なかったし。

そして、13時過ぎに無事に家に帰りました。が・・・・バッテリーはボートに忘れて・・・(涙)

結局、再びボート置き場へ行き、ボートの配線をしてました。これについてはまた今度。

2012年07月15日

菅野いいね!

今日は河口さんと菅野釣行。

詳しくはレポート書きます。

しかし・・・今日は厳しい中にもビッグフィッシュラッシュといって結果でした。

120715_1314~01 (2).jpg

特に河口さんは念願の2kgフィッシュをゲット!

120715_1441~02 (2).jpg

ルアーはスプーンテールシャッド。

ほんとにいけてるワームです。

山口県のスプーンテールシャッドは河口さんが大人買いするそうなので、欲しい人は早めにお買い求めくださいw
posted by D.Tanaka at 18:42| プライベートフィッシング

2012年07月11日

悪くないなぁ

今日は休みだったので菅野釣行。

ポンさんも出るような事をブログか何かかで見たので、連絡を入れてみた。

「貸切で寂しいです。」とのこと。

早速、上流スロープへ急いだ。

ところが、『通行止め』の看板が。。。

よく見ると『7km先』と書いてある。それならスロープよりも奥なので、安心して看板の横を通過。

案の定、スロープまでは大丈夫でした。


釣果の方はゴキゲンradioならぬ、ゴキゲン釣行でした。

最初はちっこい奴らに、少々てこずりましたが。。。

120711_0855~01 (2).jpg

最終的には1900gを含む、グッドサイズを数匹。

120711_1312~01 (2).jpg

暇をみてレポート書きます。

ポンさんもGOODな奴を釣ってましたよ!


二人で貸切釣行でしたが、よく遊んでもらいました。

thanks 菅野!
posted by D.Tanaka at 17:31| プライベートフィッシング

2012年07月06日

菅野釣行

今日は短時間の菅野釣行でした。

まあ、短時間といっても7時から13時すぎなので6時間も浮いていましたがw

120706_0717~01 (2).jpg

こんな感じで、3タックルのみをもってやりきりました。

結果は3バイト2フィッシュ。乗らなかったものは数回です。

120706_1124~01 (2).jpg

レポートは書くかもしれませんし・・・書かないかも・・。

あんまり、内容が無かったので。

でも、素直に綺麗で元気なバスを釣って、気持ちも爽やかになりました。見た目どおりに。

ただ、ドラグですが、座金(ワッシャー)を足すものは、確実にきつくなりますが、調整幅が少なくなるので、イマイチです。別の改善策を友人から聞きましたので、今度それを試してみます。

また、パーツ注文しなきゃ!

posted by D.Tanaka at 20:06| プライベートフィッシング