2014年10月09日

菅野釣行 その12

とうとう12回目。ということは月一ペースですね。毎月行っても飽きが来ないのが菅野湖のいいところです。
ホントに素晴らしい環境だと思います。今はもう少し魚が釣れれば・・・w

今日は休日なので、早朝から開始です。と言っても、前夜に原因不明の腹痛に襲われて、悶絶からの睡眠となり、朝起きるまでプランもままならないというものでした。幸い起きてみると、そんなに辛くなかったので、いそいそと準備してGOという流れになりました。

平日という事もあり、上流のスロープは貸切。(下流からは3艇ほど出られていました)

1412801060991.jpg

スロープの水位はこんな感じ。普通車でも楽に下ろせます。水はクリアで、水温は22℃前後。水位、水温共に減少傾向です。

さて、まずはラインの巻き替えw

1412801072788.jpg

昨晩出来なかったので、ここで作業開始です。

といっても、今日は明確なテーマがあるのでロッドは3本。

メインはダイラッカ。これはおなじみのRO6100HにT-7 20lbを使用。
そして、スピナーベイトにHB680MにクイックショットFC 14lb。
最後に抑えでハッスン&シャッド用にHB640L-Sgt。ラインはアーマードF+ 0.6号。リーダーにはフロロプラス8lbを使用しました。

さて、今回はすべてのエリアをダイラッカで斬る!というのがテーマ。つまリ今までの経験では釣れそうもないと判断するような場所にもガンガン入れていくという事です。

これは先日アップされた田辺さんのyoutube動画があまりにも衝撃的だったので。こんなところからもダイラッカで出るんだと。。。

その可能性を菅野で検証してみようということです。

で・・・

その・・・

まあ・・・・・


撃沈・・・・orz

私のダイラッカではまったく歯が立ちませんでした。

ディープからはベイトも消え、ハッスンでも反応なし。シャローはあまりに単発すぎて手におえない。ならばというの事で、沖のサスペンドフィッシュ(大本命)だったのですが・・・やられちゃいました。


けれど、腕が疲れたのを休めるために投げた(笑)ディーパーレンジ1/2ozで、久々のバケットマウスを釣ることが出来ました。

1412800963385.jpg

どうですか?この口。

1412801026639.jpg

こぶしがすっぽり入りました。写真が取れないので変な入れ方してますけどw

1412800985251.jpg

うちわのような大きな尾びれ。少しやせていたので残念でしたが、プリの時期なら3kg越えコースの魚ですね!
本当に久々の55超えでした。

丁度今月のBasserがスピナベ特集だったので、ふとルアーをマジマジと眺めてみると。。。

1412801049820.jpg

ブレード・・・メッキ剥がれてますねw それでも釣れるディーパーレンジということで勘弁してください!

でも、このディーパーレンジのキモは、やはり振動です。フラッシングだけならば、ペラペラのブレードでも良いんです。そして、その出番も大いにあります。でも、ディーパーレンジは他のダブルウイローとはちょっとだけ違うと思っています。特にこちらのリザーバーでは一番使用率の高いモデルです。間違いなくディーパー1/2は一押しです。

1412801038282.jpg

これにHB680M。これも鉄板。そして、ラインはフロロ(クイックショットFC)、フロロナイロン(クイクショットFN)、ナイロン(ハードコアバス)と三種類使い分けます。今の時期はフロロですね。


昼を過ぎて、日も高くなるとスピナベではきつくなることも。そんな時はフラチャット。大人しめのブレードベイトが良いです。

1412800934567.jpg

1412800950192.jpg

トレーラーはシュリルピン5”。フラバグよりも一段深いレンジが探れます。

ちなみにこれは14gのプロトです。製品版も発売されているので是非お試しあれ〜。



次こそはダイラッカの何たるかを語れるように頑張ります!












posted by D.Tanaka at 14:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 菅野湖

2014年10月02日

菅野釣行 その11

なんだかんだで11回目の菅野です。
夜勤明け&15時までの釣行ということで、あまりじっくりと釣り込めない。そんな時はある程度ルアーかスポットを絞り込んでやりきる方が結果が出ますし、結果が無くても得るものが多いように思います。

ということで、今日のメインルアーはハッスン。

残り数が少なくなり、また、息子の溺愛ワームなので使う事を禁じられていました。しかし、フェイスブックで呼びかけた結果、少しばかり集まってきたので解禁した次第であります。

ハッスンに限らず、この手のロングワームは人気があまりないんですよね。。。でも、間違いなくこの手のワームにしか反応しない魚は居るし、なによりも釣りは簡単。ルアーそのものの力があるので小細工はいらないんです。基本はフォール&ボトムでチョンチョン。これだけ。

今回も風の当たる岩系岬でフォールにココンと小気味良いバイト。この時期のこの手のバイトはサイズが良いことが多いのです。予想通りのビッグバス!2度3度のジャンプもいなし、あまりの出来すぎぶりにFacebookに投稿して、こんな記事にして・・・と考えていたら、ランディングでミスりましたorz

ちゃんと最後まで集中してないとダメですね。。。

その後、同じような岩系を狙うもサイズが出ません。

1412165508230.jpg


というか、サスペンドフィッシュじゃないんですよね。このサイズは。

あまりの釣れなさにディープを触ると、すぐに反応があるもののこれまたこのサイズ・・・。

1412165491585.jpg


チェリーリグのフッキングの良さは素晴らしいです。

残り時間も少なくなったので、ダメもとでクランキンで締めようと思い、岩盤系をランガン。

そして、残り5分を切ったところで、まさかのドラマフィッシュが来ました。

1412165560184.jpg


ボトムノックはしてないので、完全に浮いている子だと思います。

1412165570755.jpg


ルアーはmibroのバレットヘッドDD。

カラーは心を鷲掴みされたトランスパープル。

はっきり言ってクランクにはそんなに詳しくもありませんし、語るほど使ってない私です。

そんな私の基準の一つが“ただ巻き”で釣れること。

これはスピナベやバイブレーションでも同様なんですが、カバーにぶつけて使うのは正直、根がかりしなければ、ある程度形になっていれば釣れるんです。ワームもそうで、カバーにぶち込めば何となくなっちゃうものです。

問題はオープンウォーターです。特に巻ものならば、そのルアーそのものの動きでちゃんと食わせられるかということは大事なことです。

NORIESのTADAMAKIはその名の通りただ巻きで釣れますし、レイダウンミノーシリーズもそうです。DUELのハードコアシャッドも同様にただ巻きでしっかり釣れます。

クランクはやたらとチドったり、ボトムノックを中心に考えられているものも多くありますが、その動きそのものでちゃんと魚を食わせられるものが好きなんです。良い悪いなんて大そうなことは言いません。

これが好きなんですよ! だから、投げる。そして、投げやすいことも大事。

塚本さん・・・良いもの作りますね〜!!一軍入り決定!!!




posted by D.Tanaka at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 菅野湖

2014年09月18日

菅野釣行 その10

GFFOでみんなの釣りを見て流石に釣り欲が掻き立てられ、疲れた体にムチ打って菅野に行ってきました。

あまり頭を使いたくなかったので、前回最高に良かったダイラッカを中心に、この秋までにやりこんでおかないといけないシャッドの釣りや、スモラバなどを少々。それとクランキンですね。

1411023550302.jpg


朝は気持ちよくクランクを巻いていくのですが・・・どうも水が綺麗すぎる。

これは巻きがきついなと思っていたら、シャローに見えバス発見!

そのまま手にしてたバレットヘッドDDを投げると、微妙に反応。。。でも、とても鈍いのでトップでチョンチョンとしているとジワ〜っと近づいてパク(というかチョンくらいw)一瞬乗りましたがすぐにばれました。たぶん、口外に掛かっていたくらいでしょう。

それならトップはアリなのか?とアッパーカッターを焦らし気味に投げていきますが何も起こらず。。。

では、メインの岬&ダイラッカでランガンするも・・・さっぱり・・・。

仕方なくディープをやるも反応がとても薄い。。。

腹をくくってチェリーリグ1/2に餌(エスケープツイン)で丁寧に探るとやっと一匹釣れてくれました。

1411023513796.jpg


その後は何も起こらないで、とにかく巻いて反応を見ることにしました。

しかし、釣れない。。。ならばとエレキを早めにしてサイトをすると・・・ポロポロ見えるんですよね、これが。

何か合ってないんでしょう。

そのうちの一匹をスモラバで釣ってみることに。
普段はあまりやらない釣りなので慎重にキャスト!!!!バスから5m以上離れたところに落ちましたw

しかし、それにバスが一直線!

1411023537849.jpg


やはり、シャローを意識しているのでしょうね。

ただ・・・ものすごい痩せっぷり。。。

1411023526635.jpg


はかりもしませんでしたが・・・40半ばはあるんですが・・・これではね。。。

そんなこんなで終了です。

逆にストレスが溜まってしまったじゃないか!という釣行でした。

菅野はかなりのウグイが川から降りてきつつありますね。シャッドを入れると一撃でしたw
例年の冬ならばジャークベイトやシャッドが軸になるんですが、ここ数年はウグイ将軍のおかげで投げきれないでいます。でも、ウグイサイズのダイラッカがもしかしたら菅野の冬でも嵌るんじゃないかと今から楽しみでもあるんですよ。

先日のDUELミーティングも踏まえ、いろいろとラインのセッティングを出しています。自分なりのパーフェクトなセッティングが完成しつつありますよ。






posted by D.Tanaka at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2014年09月03日

菅野釣行 その9

久しぶりの菅野釣行です。前回はディープが良かったんですが、今日は一人なんでガンガンシャローで心中コースです。

1409725817842.jpg


ちょっと雨の影響もあり、かなりの巻きday。意気揚々と巻きます。巻き続けます・・・巻き・・・巻・・・・・何にも起きねぇww

仕方ないのでアッパーカッター95をジュブッジュブッっとカービングターンを楽しんでいるとドカン!っと激しいバイト。しかし、すっぽ抜け・・・。しっかりと待ったんだけど、サイズが小さかったのかな?
でも、激しい動きのトップには激しいバイトが出ますね。これは面白い!

今度はシャローのフローティングカバー周り。これまた新作のホショクオンをキャスト。着水でポフッっとかわいいバイト。しっかりと沈んでいくのを見てフッキング!からの〜すっぽ抜けwww これは絶対に魚が小さい!!

という事で、結局そうそうにめげてとりあえずのディープを触りに。しかし、ディープにはベイトが少ない。それよりもハンプやブレイクのそばにベイトが浮いている感じ。ボトム付近のベイトはよくわからないけど、表層にはウグイの群れもちらほら見えます。それならこれでしょ!!とダイラッカ投入。

すると一発目でゴン!!

1409725682793.jpg


いきなりの50UPの2kg余裕の振り切れ!

釣れるぜ!ワカサギカラー。

1409725698640.jpg


しかし、凄い腹だわ。。。

1409725716583.jpg


ファイト中にもう一匹同サイズが付いてきたと思いながら、写真後に同じスポットに入り2投目。

ゴン!!! まさかの連続バイト!こういった展開はダイラッカとしては珍しいなぁと思いふけってたらばらしましたorz。フッキングのパワーが足りなかったようです。

悔しいからfecebookにUPしがてらに休憩していると、ピュルリロっとスマホが鳴る。「これは足立が早速バイトしたな!」と思いスマホを開いてみると・・・

10403640_592334034223238_1788932294964025284_n.jpg

「すみません。プレミアムゴールドばっかし売れちゃって。」という意味の分からない投稿が。。。

しばらく考えてハッと気づいた。これは「プレミアムゴールドはちゃんと売れているので、プレミアムシルバーよろしくお願いしますね!田中パイセン!!」という隠れたメッセージだと(笑)

メッセージというか、挑発にも似たこのメッセージでソッコーでプレミアムシルバーに交換。そして、次なるエリアへ。

その一投目・・・・

1409725732429.jpg


来ちゃいましたよ・・・2kg越え再び。

1409725750921.jpg


驚愕のサイズでした。「こ、これはキテル・・・。」と投げた次のキャスト。

ゴゴゴゴゴ・・・・

ジョジョでも出てくるのかと思うくらいの重たいバイト!フッキング後にとっさにドラグも調整しましたよ。

そして、激ファイト!!

1409725791545.jpg


ほとばしる水しぶき!!!

1409725807043.jpg


ん・・・ん!!!

前回の釣行で杏侍が釣ったナマズに違いないですwww

1407848558104.jpg


ヒレの切れ具合とかそっくりだもん。ここの主だな。。。

それからはうんともすんとも・・・。

しゃーないので、ベイトの溜まる場所をランガンし、大きな岬へ。その一投目・・・ゴゴゴ!!

今度は完全にバス!!

広いリアデッキでファイトしようと、移動しようとしたら、足がもつれてよろけましたwww そのタイミングでジャンプ!!!もちろん、バレマシタヨ。。。。 足腰鍛えなきゃね。

その後は30cmくらいのにちょっとだけ遊んでもらってタイムアップ。

この時期のバスはちょっと痩せてるイメージがあったんですが、今日のバスはどれもコロコロさんでした。もし、4本取れてたら9kgいってたかもしれないくらいのクオリティー。ちょっとびっくりでしたよ。

しかし、全国的にダイラッカ釣れてますね〜。流行に乗り遅れなくて良かったですw

<使用タックル>
ロッド:オリジナル6100H
リール:メタニウム7
ライン:T-7 18lb



















posted by D.Tanaka at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2014年08月12日

菅野釣行 その8

再び菅野へのリヴェンジ釣行です。今回の同行者はH多野くん。それと杏侍。

んで、いきなりの遅刻・・・orz。
6時に現地待ち合わせで、起きたのが6時。ありえない失態です。
ソッコーで準備して7時前にはなんとか着きました。本当にごめんね。

前回は上流が良かったのですが、前回と同じことをしても芸がないので下流方面へ。
朝はトップ&巻きでと流していくと、いきなり杏侍のルアーにバスが2匹飛び出てパクリ!

1407831399438.jpg


ちょっとかわいいサイズですが、幸先良いです。

が・・・・やっぱり巻きが厳しい。。。

なので、ちょっと深いところも早い時間から攻めてみることに。

すると答えはソッコー。

1407831480313.jpg


45cmくらいのバス。ちょっと痩せているかな。

1407831450274.jpg


ルアーはエスケープツインという名のエサw リグは最近勉強中のチェリーリグ。段々と出しどころが分かってきました。得手不得手というか、適所適材というか。やはりテキサスリグも必要だし、フロリダリグも必要。そして、チェリーも必要です。

エリアを変えるもやはり巻きは厳しい。この間の雨で水温が急激に下がっているのも影響しているのではないかと思います。

けれど、ディープではグッドサイズが釣れる。

1407831434394.jpg


連発はしないけど。

やっぱりディープなんですね。。。

スローダウンでは・・・

1407848558104.jpg


ナマズw しかも激太!!! 体に傷も多く主のような鯰でした。あまりの歯の強さにタオル持ちの写真になっています。しかし、杏侍は鯰率が高いなぁ。。。ボガ買っとかないといけませんね。

バイトが止まったのでさらにエリア移動。

ここでは私がクランク2連発(バラシ・・・)で、H多野くんがダイラッカ(バラシ・・・)なんて、こともありバスは高活性。

んで、H多野くんがオーバー3でキャッチ!

1407831358884.jpg


巻きだとこのサイズ。

その後もエリアを変更しながら釣るもサイズは上がらず。

1407831343692.jpg


ここで杏侍がひらめきで「カメラバ使いたい」と。
トレーラーはスイムツイン。そして、エビパウダーたっぷりw

これをレイダウンのそばにフリーフォール・・・・ラインが走ってる!!

渾身のフッキングでHB640L-Sgtが満月のように曲がっている!!内心折れるかも?と思ったけど、ロッドのパワーを信じました。そして・・・・ブツ! ラインブレイクです。メインラインはアーマードF+だったので安心していましたが、ルアーとリーダーの結束部分からブレイクしていました。

ファイトの質から考えてもかなり巨大な・・・・鯰だと思います。下に下に引っ張る感じがバスじゃないような気がしたんですよね。もし、菅野でカメラバ付の鯰が釣れましたらご一報くださいませ。

その後は上流へ行ってみるもゴミだらけで巻けないし、釣れない。

悪あがきで日没まで頑張ったけどグッドサイズは追加出来ませんでした。

でも、小さいながらB-HIRARA DEEP68やオーバー5でも反応有りなので、いろんなゲームが成立すると思いますよ。













posted by D.Tanaka at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2014年08月02日

菅野釣行 その7

このブログを書こうと思って、過去の釣行を見てみると前回の菅野釣行が3月(!)。

そんなにブランクが開いていると思いませんでした。

あまりに久しぶりなので、まったく状況もわかりませんが、今日のテーマはとにかく楽しく釣るということで、ダイラッカ、ヒラクランクギル、エビガエルで釣るというものにしました。

今回の同行者は、K玉くん。OSP好きの好青年です。
待ち合わせのセブンでは最高に綺麗な朝焼けも見れました。

1406895148870.jpg


K玉くんが到着するまで、いろいろと準備をしてデッキの上にルアーやらばらまいて、スロープに着いてみると・・・

1406895110678.jpg


ヒラクランギルが(笑)あわや一匹も釣らずに道路で砕けるところでした。まさに皮一枚で踏ん張ってくれたことに感謝です。

水温は27度くらいとまあまあ安定しているのではないでしょうか。水位は満水から2m減水というところか。

水はやや濁りが入っていて、巻きゲーにはちょうどよろしい感じ。

さっそくフロッゲーでバイトを得るもバラし!あまりに久しぶりなので焦っちゃいました(涙

K玉くんは良い調子で釣っていきます。

1406895097666.jpg


ルアーはドライブシュリンプかな?とにかくワーム系の方が調子よろしい感じ。

自分はくじけずに巻きます・・・・巻きます・・・巻きま・・・巻き・・・。。。。




くじけました。。。。


そこでエスケープツインを入れてみると、即バイト!そして、40UPキャッチ(ちょっと釣られ傷がひどかったので写真はなし。それにこれ以上が釣れると思っていたしさ〜w)

嬉しい反面、少し悲しい。だって、巻きで釣りたいんだもん。インレットも最奥も行ってみるけどちょいと厳しい。滝を釣れば小さいのが遊んでくれる。
ディープなのか?ということでディープの魚に狙いをシフトし、ダイラッカを投入。ついにバイトをとらえるも、あまりに深くて巻き疲れでランディングでミスりました(泣)もっとゆっくりと巻いても良かったかもしれません。それと下あごにフッキングしているときのボート際の突込みは注意が必要ですね。勉強になりました。

時たま雨が降りますが、まとまった感じでもない。

夕方近くなってまとまった雨が来たタイミングで、上流へ。

朝の失敗したカエルエリアでリヴェンジ成功。今度はしっかり待てました。

1406895045891.jpg


やっと目標の一つが達成。

クリエスフィッシュを追加してからの、ついにヒラクランクギルに!

1406895069895.jpg


浮かして釣りたかったのですが、雨も降っていましたので巻きで食わせました。

そして、レンジを捉えたのかクランクで連続フィッシュ。5フィッシュくらい。

1406895082438.jpg


ただしサイズがかわいいw K玉くんも数匹追加。クランキンタイムが来ましたね。

最後にクリエスフィッシュを追加し、締めの魚を狙って橋脚に行くと予想通りのバイト!!

渾身のフッキングでしたが、なぜかジャンプ&ばらし・・・!!??

アーム折れてました。。。釣り過ぎでしたね。これも不注意でした。ちゃんとフッキングしちゃったから、ヘッドだけ残っているかもしれません。やはり金属疲労があるので、ワーヤーが伸びた時などは早めの引退が必要ですね。

ということで、スコアはまずまずでしたし、ゲームの内容は良かったです。

でも・・・・やっぱりデッカイヤツ釣りたかったですね。。









posted by D.Tanaka at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2014年03月30日

菅野釣行 その6

今年6回目の菅野釣行です。

今回は息子と行ってきました。しかし、息子はスピニングしか投げられないし、なによりフェザーリングが下手なので、カバーの際を丁寧に攻めるなんてできません。

なので、バスが上がってきそうなブレイクを中心に狙い、自分がカバーを狙うという作戦で釣りこんでいくことにしました。

1396003231293.jpg

朝はもの凄い霧で、完全にホワイトアウトしてしまうくらい。

ボートを走らせても、服が濡れるくらい。

朝の気温は6℃。そして、水温は12℃。しかし、どんどん気温は上がって、水温も最高で16℃まで上がりました。

これだけ上がったのならば、一気にシャローに射してきそうな気もするんですが、そんなに簡単じゃないのがバスフィッシング。

ず〜っとバイトがありません。当然、息子も飽きてます(笑)

そして、14時30分ついに待望のバイトが来ました。

1396003173473.jpg

ルアーはエスケープツイン(オキチョビクロー)。やはりこれは餌ですわ〜。

しかし、自分のゲームに持ち込もうと、フラチャットやスピナベを投げまくっていたのですが・・・本当に上手くいきませんでした。

もっと可能性があったと思うので、喜びよりも悔しい思いの方が勝っていますが、これは次に繋がると信じて、また行ってみることにします。

春爆はいつなの!?
posted by D.Tanaka at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2014年03月23日

菅野釣行 その5 リヴェンジ達成

遂にデコ街道から脱出することが出来ました!今年の冬は本当に手ごわかったです。

釣行したのは3/21。泊まりでの仕事明けでボートを浮かべたのは10時過ぎ。夕方も少し早く帰る用事があったので、今日の釣行はかなり短め。

ということで、ロッドは珍しく6本に絞ってました。

その中でもメインはこちら。

1395549976799.jpg

上がジャングルスティックライトに5/8ozのテキサス。ラインはDUEL クイックショットFC 20lb.。
下はST680MHに1/2ozのテキサス。ラインはDUEL T-7 16lb.。
ルアーはNORIESのエスケープツインやリトルなど、いろいろ使いました。使い分けもそれなりにあるのですが、もっと結果が出てからにします。

1395549988276.jpg

家を出る時の温度は9℃だったのですが、菅野に着いたらなんと2℃!水温こそ10℃を越えているのですが、体感は寒いです。こんなに晴れているのに、霙や雪もチラホラしていました。それに爆風も・・・。こんな日に釣りをすると4凸もかなり高確率でリーチが入りますw

そして、気が付けば15時(笑)インレットの上にも上がったし、クリエスやフラチャットも投げまくったのですが、反応は無し!とてもいい感じの場所も発見したのですが、まだ時期が早かったようです。

でも、絶対と感じる場所に魚がいなかったことから、もう少し前の段階だと確信でき、それを夕方のタイミングでアジャストすることが出来たのです。

その一発目がこちら。

1395549616690.jpg

1500g位でしょうか。フローティングカバーに浮いてました。夕方の温められた水を求めて入ってきた個体だと思います。ルアーはエスケープリトルツイン(マッドシュリンプ)。リトルツインは今期から本気で使いはじめたルアーなんです(プロスタッフなのにスイマセン)が、なんとなく使い分けが出来てきたように思います。シンカーは1/2ですが、ペイントしてあるもので、直感的にイケル!とおもっていたのですが、あまりのバイトの無さに「失敗したのか?」とも思ってました。でも、この一匹で安心して今シーズン使うことが出来そうです。

この一匹で確信しました。絶対のこのエリアにもっとデカイやつが入っていると。

しばらくフラチャットで流して、次のスポットへ。最初の場所よりも少しだけ奥行きがあるので、今度はジャングルスティックの出番です。

一級のスポットにアプローチした瞬間・・・ドン!!


1395549645925.jpg

出ましたよ・・・。しびれました・・・・。

長さは55cm(推測)重さは2300g(予測)。嬉しすぎてはかるのを忘れていたくらい。あまりに貴重だから早くリリーズしてあげたかったしね。

1395549636705.jpg

バイトも深く、すべてが一致した瞬間でした。
ルアーはコンポジットツイン(グリパン) え?カタログ落ち???銘品なのに。。。
キモはしっかりと重たいシンカーを背負わせること。そして、それをきちんと投げられるロッド。そして、ストレートフックですね。

1395549666125.jpg

こんな素晴らしい魚に出会えるなんて。。。菅野湖に感謝です。本当に良いレイクだと思います。

嫌いになりそうな菅野でしたが、やっぱり菅野が好きですわ。
posted by D.Tanaka at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2014年02月11日

菅野釣行 その3

え〜・・・・。今日という日を忘れたいと思います・・・。

連続凸は正直つらいです。

川上ダムでメタルワサビーはめていい気になっいたらこの様です。

また、ウグイ将軍に成り下がっております。

しかし、今年の菅野は厳しい!満水という要素が大きく立ちはだかっています。

ちなみに水温は9℃から9.7℃。決して悪くはないです。

悔しいからもう一回くらい2月にリヴェンジしたいです!

posted by D.Tanaka at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2014年02月07日

菅野釣行 その2

今日は単独釣行ではありません。

湖上で準備しながら待っていると、ポンさん登場。菅野をホームとしている同氏なので、お互いに興味津々。案外、近すぎると一緒に行くということが少ないんですよね。

んで、朝の様子はこんな感じ。

IMAG0589.jpg

まあまあ、寒いです。

今日の出で立ちは、頭からNORIESのTMキャップ。そして、ネックウォーマー。上半身はモンベルのアンダーウエアに、ユニクロのマイクロフリース&ライトダウン。そして、いつものXFFOのウォームスーツ。下半身は、モンベルのアンダーにユニクロの暖パン、そして、XFFOのパンツ。靴下は2枚重ねで、カイロは4枚&靴下用!これで完全防備です。あとはグローブはNORIESのキャスティンググローブのフルフィンガー。

これで体はまあまあ暖かかったのですが、指先は死んでました。クラッチが切れません・・・。

スタート後、ドンドンと雨足ならぬ雪足?が酷くなっていきます。

あっという間にこの様よ!

IMAG0594.jpg

山も真っ白!

IMAG0591.jpg

ポンちゃんも真っ白ww

IMAG0592.jpg


ガイドも凍りっぱなしです。

愛竿であるST680MHですが、こんな時はセミマイクロが命取り。ガイドの内部が凍ってシャリシャリ言ってます。「これだからセミマイクロは・・・」と、ヴォイスを手にしましたが、ヴォイスのガイドも凍ってました(笑)

IMAG0593.jpg

こうなったら、どんなものでも一緒ですね。

んで、釣果の方ですが、正直釣りになりませんでした。キャストも全然精度がでませんし、ボトムの様子もまともにわかりません。そりゃ、この天気ですからね。

IMAG0590.jpg

ということで、今年2回目の凸という結果になりました。

ポンちゃん帰宅後に、一人で少し頑張ってメタワサ撃ってみたんですが、ウグイだらけでした。1月よりもウグイが育っていてちょっと嬉しくなりましたw 

生き物が育つのは本当に早いですね。25cmくらいのウグイになるとバイトの出方もバスっぽくなってドキドキします。でも、トレブルフックを丸飲みして、三本すべて刺さってしまうと外すのが凄く大変!

ということで、痺れまくりの極寒菅野釣行でした。でも、信じてもらえないかもしれませんがこれはこれで楽しいんですよ。非日常を実感できる瞬間って、あまりないですからね。

posted by D.Tanaka at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2014年01月30日

菅野釣行2014 その1

ちょっとタイトルを変えました。自分の釣行のメモ代わりとしても、このブログを書いているのですが、記事タイトルが全部同じになってしまうと、何が何だか分からなくなってしまうので。今更ながらナンバーを付けることにしました。

今回は単独釣行での菅野湖。

朝は須々万の街も10m先が見えないくらいの霧。須々万の街は盆地のようになっているので、雲海の中に居るような状態になってしまうことがあります。当然、菅野湖も凄いことになってました。


1391079013086.jpg

こんな時は湖上のゴミも見えないし、対向のボートも見えにくいので注意が必要です。

今回のメインは、@テキサスAジャークベイトBメタルジグです。

@は1/2テキサスが軸。ロッドはST680MH。ラインはT-7 14lb。
AはレイダウンミノージャストワカサギディープとTADAMAKI、FLATがメイン。
ジャスワカには、HB640L-Sgt&T-7 4lb。
TADAMAKI132には、HB680M&クイックショット14lb。
FLATにはHB560L&ハードコアBASS 16lb。
Bはメタルワサビーとジャカブレード。
メタルワサビー18gにはVOICE600BSMH&T-7 14lb。
ジャカブレード9gにはHV660MLS&ハードコアX8(シルキーブルー)リーダーフロロ10lb。

これで、釣れそうなところを攻めますw

何処が釣れるかなんて、やって見なけりゃ分からない。まあ、それなりにシーズナルパターンはあるんですが、でかい魚ほどパターンから離れていることもある。だから、柔軟な姿勢で挑みます。

カーブのアウトサイドの岩盤をジャークするが反応なし。そのカーブにあるポケット状の場所に浮きゴミがちらほらありました。ジャーク場なんですが、ゴミが掛かってしまうと、貴重なチャンスを逃してしまうので、テキサスへ。

その一投目。


ゴン!

1391079040355.jpg

丸飲み!!


IMAG0573.jpg

ちょい痩せですが、53cmのグッドサイズでした。

出だしは悪くない。いや、むしろ良い。




しかし・・・・






その後は、全くの不発!



水温も高く11℃を越えていくエリアも。ただ、透明度がやたらと高くて、ブッシュの中で居眠りするバスが見えるくらいに。。。

その後は完全に見失いました。どうにも攻め方を間違えたと思います。





でも、貴重なミサゴ(かな?)の捕食シーンを見ることが出来ました。

1391079053308.jpg

分かりにくいですが、ハトを捕まえていました。魚じゃない獲物を捕まえている姿は初めてみました。

自然の中で釣りをするといろんなことが分かります。

外来種が食い尽くす!とか、言っている無知で無責任なメディアの報道が真実かどうかも、ちゃんとわかります。自分の目でしっかりと見定めていきたいと思います。






posted by D.Tanaka at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2013年12月29日

釣り納め

先日の釣行が2013年の釣り納めになってしまったようなので、思い出しながら書いております。

12月25日のクリスマス。同船したのはサンタクロースではなくウクレレ。

今回のテーマというか、目標は3つ。

@お互いにシェイクダウンしたタックルでバスを釣る。

A最大サイズ

B数で勝負

こんな感じで、まったり釣行です。

@は私はストラクチャーST680MHで。ウクレレはTATULAで。

それぞれのタックルを書くと、

daisuke'S tackle

ROD:NORIES ST680MH
LINE:DUEL T-7 16lb
LURE:NORIES escapetwin

ukulele's tackle

ROD:NORIES VOICE680H
LINE:DUEL T-6 16lb
LURE:NORIES escapetwin

と、まあまあ似たタックル。

開始は上流から。ココ数回生命感の豊富なエリアだ。いつものようにシャローのチェックから始めたがノーカンジ。そこで、足立君との釣行を踏まえて、“ハードボトムでライトリグ”を実践・・・してもらった。

ウクレレにダウンショットを要求すると、すぐに答えが!

IMAG0392.jpg

まずまずのサイズです。そして、小さいのを追加。

早々に2匹やられたorz

その後も私はシャローに拘り、バイトが遠い。考えてみれば、その前の釣行も、その前の釣行も、シャローで苦戦しているのに、シャローをやってしまう。満水だから攻めが単調になる。。。そんな繰り返しで、いまいち納得の釣りが出来ていない。


でも、今日はNEWRODだから、キャストだけでも楽しいwww 

まあ、こういったことも含めてのバスフィッシングということで勘弁してください。

エリアを変えて、シャローカバーに打ち込むと・・・ググ・・・グ!!!

ついに来ました!!!

IMAG0395.jpg

ストラクチャーフィッシュです!今までこの手の釣りにはVOICE680Hを使っていたのですが、パワー不足はあまり感じられなかった。ブランクの系はRR680HがTOP2.1mm、BUTTが12.1mm。ST680MHはTOP2.0mm、BUTT11.7mm。その差は、0.1mmと0.4mm。塗装の厚さが考慮されている数値なのかわからないが、バットの0.4mm差は大きなものだと思っている。しかし、それを補うのがセミマイクロガイドだ。ブランクにラインが近づくほど、ブランクのパワーをロスなく使えるからだ。

今回のフッキングも下あごを縫うように刺さっていた。カバーの中で反転したバスをトルクでフッキングした形だと思う。こういったバイトの時は、トルクの無いロッドだとすっぽ抜けたり、木化けしたときにばれてしまう。カバー越しのフッキング成功率の高さはテキサス/ジグロッドでは絶対に必要な条件である。

でも、魚をリフトしなければいけない条件や、ブランクのパワーが必要な時は、やはりグランクそのものが強いほうが分があると思う。



これで勢いついたと思ったら、すぐさまウクレレフィッシュw

IMAG0397.jpg

またしてもダウンショットである。

ダウンショットの方が魚のコンディション、サイズ共に上なので、どうやらこちらの釣りの方が正解に近いようだ。

そこで、私はフットボールにシフト。オーバルヘッド5/8ozにシュリルピン5”をセット。完全にリアクションセッティングである。これはなかなかいい仕事をしてくれたのだが、今回はキャッチに至らなかった。あとでトレーラーをフラバグにしてみたのだが、これもなかなか良かったですよ。

hulabug.jpg

ノンソルティーならではの動きはとてもいい感じです。


そして、時は流れ・・・・このまま、@は達成したものの、A、Bを負けたまま終わるのかと思っていたら、「来ました!」

なんと、終了間際に、ウクレレのTATULAフィッシュがwww

やばい・・・これは完全に負ける・・・。

そして、サングラスをしていては見えないくらい暗くなった、本当の終了間際。ついに私のストラクチャーがしなった!!





ピヨ〜〜ン





30cmほどの可愛いバスが2013年の釣り納めフィッシュでしたw 

暗くてカメラも映らないほど。限界まで頑張りました。シャローで2匹捕りました。でも、シャローではなかったようです。

でも、こだわってしまうんだよな。。。



ということで、2013年のバスフィッシングも終了です。凸らなくて良かった〜www

posted by D.Tanaka at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2013年12月14日

菅野&菊川

12/11に菅野に行ってみました。

IMAG0363.jpg

同行は小方。とても久しぶりの釣行でした。

・・・・。

IMAG0364.jpg

と、こんな感じで終わりましたw 

魚はメタルワサビーで25cmくらい。あと、エスケープツインで35cmくらいととても貧果。でも、ウグイは20匹近く釣ったと思いますw 

相変わらずの満水でカバーでの釣りが中心になります。ディープやブレイクでは、ベイトが居ないところでは何も起こらず、ベイト反応があるところではウグイ地獄です。このあたりを上手くやりきらないといけないのでしょうけど、とても難しいです。シャローカバーはタイミングもありますが、やはり丁寧に探らないといけないと思います。実際には1すっぽ抜け(これは私のミス)、2歯形、1キャッチでしたので。

悔しいのでこれはリヴェンジしなければいけません。

ということで、二日後に行ってみました・・・・菊川へ(笑)

夜勤明けだったので、10時ごろからの出船でしたが、予想よりは寒くなく「これはいけるんじゃね?」と思っていたら、予想通りの激風になりました。

ディープも不発。シャローも不発。これは、どげんかせんといかん!ということで、迷走しまくっていましたが、ふと、風を読んでみると、山に沿って流れる風に二つの向きがあることに気づきました。

そこで、その風が当たる場所にある小さな岬(ホントに小さな岬)を丁寧に探ると・・・

IMAG0365.jpg

クオリティーフィッシュが反応してくれました。久々のラッテリーフィッシュです。とても久しぶりにスピニングで釣ったような気がします。

<タックル>
ロッド:HB-640LS-SGT
ライン:T-7 4lb
ルアー:ラッテリー5-1/4” (1.8g)

それから、30分ほど周りを釣って、もう一度そのスポットへ。サイズアップを狙って少し強めのシュリルピン6.5のベイトネコを入れるが反応なし・・・。そこでラッテリーを入れると一投でバイツ!

IMAG0369.jpg

ちょっと痩せているけど、パターン化出来たのが嬉しい一匹でした。

ちょっと気分を良くして、この時期の定番であるシャッドの釣りをして、この日は終了しました。夕方になって魚が浮いてくれればと思いましたが、上手くアジャスト出来なかったようです。

IMAG0366.jpg

分かりにくいですが、菊川湖から虹が出ています。虹の真下に行ってみたくなりますよねw

何とか凸らずにすんだ、菅野&菊川釣行でした。

そろそろ冬らしいビッグフィッシュ釣りたいなぁ〜。。。

posted by D.Tanaka at 19:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2013年12月04日

基本に戻る

久しぶりの休みだったので、独り菅野へ行ってきました。

一人での釣行は、怠け心が出やすく惰性で釣りをしてしまいがちなので、テーマを決めていくことにしています。今回のテーマは「3匹釣る。」最近の菅野は厳しいようなので、サイズを問わず3匹をミスらずしっかりと釣るということにしました。

8時頃にスタートしました。先行者は1名。その後、2艇ほど見かけましたので、おそらくこの日は4艇での貸し切りだったようですw

まずは上流方向へ。エンジンをあまり使わず状況を把握しながら速いテンポで流していきます。何も起こりません・・・。ふと、最近こういった展開が多いなと思う。

状況を把握すると言いながら、手軽な場所からダラダラと釣り始めてしまい、気が付いたら昼過ぎとか。何か大事なことを忘れているような。。。

話は変わって、最近息子の卓球でとても良い話を聞く機会に恵まれた。その方の話を要約すると「君(息子)は、気持ちよく卓球しているね。相手が誰でもいい。自分が打ちたい球を自分の打ちたいように打つ。でも、それでは勝てない。相手と卓球をしなければ。」と。他にもいろいろ。出来ていると思っているテクニックも実際に勝てないのであれば、それは出来ていないかもしれない。常に向上心を持って、自分に厳しくしないといけない。特に練習であれば。
息子もとても刺激になったようだが、同時に私にもとても刺激になる出来事だった。

ふと、今年の釣りを思い出した。トーナメントでは一度も表彰台に上がることもなく、BF賞を取ることもない。クオリティーの高い魚はほとんどパートナーが釣っている。かろうじてクラシックには出られるけれど、全く納得のいくものではなかった。そして、勝てるパターンを感じながらも、実践出来なかったり、完全に釣り負けたりしていた。そして、それを「自分の魚ではないから」とか「この手の釣りはもうできないから」とか、言い訳ばかりしていたようにも思う。

話は菅野に戻る。自分が得意としているテキサスリグの釣りも、本当にきちんと出来ているのだろうか。もしかしたら、下手だから釣れなかっただけじゃないんだろうか。そこに(自分の)魚は居ないなんて逃げ口実じゃないのだろうか。

いろんなことを感じながら、真剣にエリアを見定めて、丁寧に釣りをすることにした。ディスタンス、着水音はもちろん、ラインの送り込み、ロッドの寝かし、シンカーがボトムにタッチする感覚など、細部に至るまで神経を研ぎ澄ませてみた。狙ったところの30cm横にキャスト出来たら、次は20cm、次は10cm、5cm、3cm、1cm、5mm・・・。と、どこまでもストイックに。

すると、すぐに答えが返ってきた。

IMAG0349.jpg

そして、続けざまに。

IMAG0347.jpg

サイズは大きくないもののとても嬉しい2匹だった。ちなみにルアーはNORIES エスケープツイン。シンカーは3/8oz。ロッドは680HでラインはDUEL T-7 16lbを使用した。

この2匹で、今年の釣りがいかに雑で、集中できていなかったのかを痛感した。もちろん、大局観を養うために、細かなところをあえて目をつぶっていたこともある。しかし、結果が出ないのであればそれはただ釣りが雑になっただけで何の意味もない。

今年はあまりスピニングを使うことが無く、巻きの釣りやテキサスなど早めの展開に持ち込むようにしていた。しかし、それは時には「相手を見ない卓球」のように独りよがりで、気持ちの良い釣り(釣れてない)をしているだけだったのかもしれない。早い釣りであっても、丁寧に釣りをしなければ結果はでないという、とても初歩的な落とし穴にしっかりと嵌って抜け出せなくなっていたのかもしれない。

その後、ディープで2匹釣る。このディープの魚も連続キャッチという最近の自分ではあまりない釣れ方だった。丁寧に釣りをすれば、フットボールジグでもプレッシャーを与えることなく釣りをすることが出来る。今まで当たり前のようにしていた事が出来なくなるんだと、不思議な気持ちになった。

ま、これでドカンをビッグフィッシュをキャッチすればカッコいいのだけど、現実はそう甘くないです(笑)目標の3匹はクリアできたが、更なる欲が出て目標は「テキサスで3匹」となっていた。

下流に見切りをつけ、中流域もパス。もう一度上流域に帰ってきた。時間は15時くらいだったかな。ついに3匹目をキャッチ。

IMAG0353.jpg

これもキロを切るくらいの菅野にしては、いまいちなサイズだったが納得の一匹だった。

自分が納得できる釣りをするために、信頼のおけるタックルで、納得のキャストを決める。ルアーの垂らしから、テイクバックのスピードまで、細かに集中した。昔は拘っていた部分も、考えずに出来るようになれば、それも意識はしない。体が覚えているからだろう。でも、無意識に狂った歯車を直すには、もう一度意識しないといけないということだ。

私は釣りが下手だと。まだまだ、バスフィッシングの少しも理解できていないと。

出来た気になっている。出来るような気がする。慢心とはそういったことかもしれない。

ここ最近、身近に起こっているミスやトラブルはそういったことが原因なんだろう。田中大介を39年生きてきて、そのことに慢心しているみたいだ。どうにかなるだろうと。でも、自分で考え、動かないとどうにもならない。

ああ、バスフィッシングって哲学なんだなぁ。

posted by D.Tanaka at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2013年11月16日

NEWボート(デッキのみw)シェイクダウン

ちょっと遅めのスタートとなりました。そんな時は行きしのアクセルペダルを踏む力も入るというものです。

その結果・・・

IMAG0336.jpg

デッキステッカーが飛んで行きました(涙)付け方が悪かったのかな?

あの綺麗なステッカーの寿命は1日でした。トホホ


コンビニで車載温度計を見ると、なんと4℃!寒いはずです。須々万のガソスタで給油しながら、お姉さんに聞くと、ここ数日で寒くなったようです。昼中はそうでもないでしょうけど、朝晩は冷え込むので防寒対策はしっかりしましょうね。

IMAG0337.jpg

今回の私は、Tシャツ、フリース、パーカー、ウインドブレーカーという出で立ちでした。風を通さない工夫をしないと耐えられませんね。手にはもちろんNORIESのキャスティンググローブです。
靴もそろそろ冬用を出しますかね。

現在の菅野は超満水です。例年にない水位じゃないでしょうか。正直、この時期の満水はかなり苦手です。好きな釣りができませんから。

クランク、スピナベを中心にアプローチしていきますが、全くダメ。仕方なくテキサスを入れていくと待望のバイト。しかし、木化け・・・。久しぶりの釣りなのでタイミングが悪かったみたい・・・。

でも、次のチャンスはものにしました。

IMAG0338.jpg

でも、このサイズ。コンディションはいいのですけどね。。。

それからもいろんな釣りをしていくも全く反応なし!

大きくエリアを変えるとすぐに反応が。

IMAG0339.jpg

デカイというサイズではないですが、綺麗な魚でした。バイトの出方も気持ちよかった〜。

しかし・・・その後は何も起こらずに・・・納竿。

ベイトの集まっている場所がとても限定されていて、とても難しいです。ショアラインをハードベイトでドバーンと釣りたいのですが、オーバーハング(というか、水に浸かってます)ばかりでは、テキサスやジグで丁寧に探るしか手が無いです。ディープも自分のエリアは深くなりすぎちゃって・・・。

ということで、駒が進まないストレスで悶々とした菅野釣行でした。
posted by D.Tanaka at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2013年10月18日

ちょこっとだけ釣行

朝は病院にて健康診断でした。昨年まではバリウムを飲んでいたので、なかなか釣りに行こうという気になりませんでしたが、今年は胃カメラにしたので、安心して釣りに行きました。

でも、胃カメラで、胃をグリグリされたので、どことなく体がおかしいです。でも、下すことはないということで一安心。それと、台風の影響で、結構な風が吹いていましたが、台風が遠ざかっているのと、警報が出ていなかったので、恐る恐る釣行に行ってきました。

湖上の人になれたのは11時頃。日没のことを考えると5時間くらいの釣行かな。

風が強くなったら撤収だと思っていたので、なるべくスロープから離れないように、近場を丁寧に釣っていきます。でも、この風は巻かなきゃダメでしょ!?ということで、クランク&スピナベ中心で巻きまくります。

・・・・・・。やっぱり簡単じゃないですね。

でも、やっとのことでグッドサイズが反応してくれました。

IMAG0273.jpg

超BIGというサイズではないですが、とてもトルクフルにファイトしてくれました。

<使用タックル>

ロッド:HB680L
ライン:クイックショットCN 12lb
ルアー:B-HIRARA

IMAG0270.jpg

綺麗なバスです。出てきたシチュエーションも最高でした。


しかし、その後は全くのノーバイト。ワーム系を投げようにも風の当たるところは全く釣りになりません。風裏で投げると・・・

IMAG0276.jpg

このサイズ(笑)

やはり、ビッグフィッシュは風の当たる面でしょう!

ということで、シャローからディープまで巻きまくって・・・無!

なんだか、簡単そうで難しい菅野です。いや、簡単じゃない菅野でした。。。

またリヴェンジだ!

posted by D.Tanaka at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2013年10月07日

ちょっと前の釣行

10/4の菅野釣行をUPするのを忘れていました。時間が経ってしまっているのですが、記憶をたどってUPします。

朝はややゆっくり目でスタート。昼くらいまでは全体を見る意味でざっくり流していきます。前回と同様の場所をやっても、何かが違います。昼前に沈橋でネコるとなんとか30ちょいが釣れました。

でも、なんだかなぁ〜て感じなので、エリアを変えて・・・迷走です。

天気などもあるかも知れませんが、全くノーカンジで時間が過ぎていきます。

仕方なく、もう一度沈橋にw

すると・・・

IMAG0246.jpg

まあまあのサイズが釣れました。

ST640M-Ftが良い感じに馴染んできました。某氏に言わせると、このロッドはベイトフィネスという感じでもないそうです。世間のそれはもっと小さいものに対応していて、ある意味使用幅の狭いものかもしれません。

けれど、自分がメインと考えているのは3.5〜5gくらいの釣りなので、本当にこのロッドがしっくりきます。やはり、ロッドというのはスペックだけで判断してはいけませんね。それに、少し使ったくらいではなかなか理解できないものかもしれません。


いい感じでしたが、その後は全く続かない。

こうなったら巻きです。散々巻きました。。巻きまくりました。。

そして、エリアを変えたら答えはすぐでした。

IMAG0247.jpg

やはり、大事なのはエリアなんですね。その時に一番良いタイミングで一番良いエリアに入ること。

IMAG0249.jpg

そこに、信じられるルアーを投げ込む。

サイズはそこそこでしたが良い出方をしてくれました。

余韻にふけってもう一度キャストすると、今度は30cmほどのチキータバスが咥えました。

「なんだこれww」と笑っていたら、後ろからデカイやつが!!!

「こ、これはチキータのファイトでダブルヒットを狙うのか!?」と、新たな境地に立ち入ろうとしたら、チキータがばれましたwww

当然、デカイやつも沈んでいきました。そして、納竿。

なんだか、最後のバスが無かったら気持ちよく終われていた気もしますが、これが次への原動力になるのでしょうね。

まってろよ!菅野!!!
posted by D.Tanaka at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2013年10月01日

出来すぎ菅野釣行

昨日は一人で菅野に行ってきました。先行者は2艇。平日にしては、ハイプレッシャーな感じですw

まずは上流方向のチェック。前回はノーマークでしたから。んで・・・異常なし!水も自分の好みではないし、ドレインにも魚が確認できなかったので移動です。

渡良瀬橋付近から釣りを開始。秋ということで、水通しとベイトを見ながらとにかく流します。今日は巻きの展開で魚を取りたいのです。

良さげなところからも魚の反応がありません。かなーり厳しいなぁ。。と思っていたら、ドカーンとフラチャットで50UPが来ました。

IMAG0215.jpg

重さは量ってないけど、痩せているんので1500gくらいじゃないでしょうか。背中の病気(寄生虫?)がちょっと気になる一匹でしたが、ナイスファイトでした。

カバー際ではなく、少し離れたところで食ってきたので、追って来たのではないかと思います。

そのまま流そうと思ったら、向かい側からボートが来ました。流石のハイプレッシャーですw こちらは一匹釣って、心に余裕があるので(笑)対岸に移動。シャローを確認しながら流しますが、いまいちベイトの寄り方が気に入りません。そこで、少し水深のあるところまで行き、ボトムを探ることに。

ルアーはシュリルピン6.5(3.5gネイルシンカー)です。はい、現在勉強中のベイトネコですね。ラインはT7の10lb.。ロッドはストラクチャーST640M-ft。今のところこのセッティングで強化中です。まだまだ使いこなしているとは言えない状況なので、また変わるかもしれません。

少し長めのポーズの後に、軽くアクションさせると、ココッとギルのようなバイトが。ソリッドティップの張りを使って、軽く聴くと、再びバイト。大きなスイープで合わせるとズシっと乗りました。そのトルクから結構でかいと思ってましたが、ファイトはややおとなし目であっさりと手中に収まりました。

IMAG0220.jpg

釣ってびっくりの55cm超え。ウエイトは2kgを余裕で振り切りました。いい加減3kg計買わないといけないかなぁ?でも、滅多に釣れるものでもないからまた今度(笑)

嬉しかったのでもう一枚パチリ。

IMAG0222.jpg

今年はスランプで本当に大きな魚に出会えてなかっただけに嬉しい一匹でした。それに、勉強中の釣りで釣れるというのは嬉しいです。やはり、人間謙虚でなければいけませんね。

ふと、対岸に目をやると岬の先端でベイトが追われている。バスッぽくも無かったのですが、とりあえず移動して、クランクでも投げてみることに。

ルアーはStrikeKingのseries6XD。カラーはハニスポの内村さんお勧めのもの。品番は知りませんw

第一投目!グリグリと軽快に潜っていき、ボトムにタッチした瞬間ゴゴゴゴ・・・っと、ヘビーなバイト。バイトの感じからも魚の大きさが感じ取れました。そして、ボート際で大ジャンプ!! さっきと同サイズです。

「俺は天才か!!!」と思った瞬間、2本掛かりだった一本が外れました。そして、一気に走る・・・プン・・・。はい、見事にばらしました。情けないです。

IMAG0224.jpg

激ファイトで返り水だけ浴びました。この手のデカイルアーは口の外に掛かることが多く、浅い掛かりの場合は、ロッドのテンションをかけていても、水圧で外れることが多いような気がします。とは言え、上手い人は、こんな掛かり方でもちゃんと取り込むのですから、単純の自分の技量不足です。謙虚に反省します。。。

それから、下流に行き巻きまくりますが、全く反応なし!岬でスローにベイトネコをしながらパンをかじってたら、40くらいのが釣れましたが、これはなんか流れが違う魚だったので、写真もとらずにリリースしました。この手の魚を追っかけていけば数は取れるのかもしれません。

ここまで、スコアは4バイトの3匹。悪くないと言えば、悪くないのですが・・・。やはり最後の締めになる魚を釣りたいものです。

そして、少し雨が降り始めたタイミングで、最初のエリアに入り、その数投目。

IMAG0227.jpg

バイト丸見えの53cmです。ルアーはB-Sweet。これはクランカーではない私が溺愛するルアーの一つです。まっすぐ泳ぐこと。ノンラトルであること。適度な質量であること。などなど、いろんな要素がお気に入りです。

IMAG0228.jpg

これも2kgを超えるグッドプロポーションでした。でも、最初の魚同様の背中がなんだか気になりますね。

ということで、出来すぎな菅野釣行でした。

クランクの釣りがちょっと理解出来てきたように思います。次の釣行で良い釣り出来たら調子にのります(笑)今はまだ謙虚でいますw


posted by D.Tanaka at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2013年09月26日

久々の菅野

主要なトーナメントもほぼ終わって、少し落ち着きを取り戻しつつある近頃です。

昨日は、仕事も少なかったということもあり、昼から一人でのんびりと菅野を楽しんできました。


だけど、簡単じゃなかったですね。もっと小さいのを含めば楽に釣れてくれると思ってました。けれど、厳しければ、それだけパターンは絞れてくるので、それもまた楽しいと思いました。

IMAG0207.jpg

ファーストフィッシュは、大きな岬の尾根でのディープクランキン。サイズはwww

一級場所での、XX3+。それでこのサイズって・・・・。

そこで、シャローに狙いを変更。といっても、シャローを単純に流して釣れるほど、今日の状は良くありません。シャローカバーを舐めるように巻くと・・・

IMAG0209.jpg

バイトまで丸見えの綺麗なバスが飛び出てきました。DT-6はいい仕事してくれますね。流石です。某C店でワゴンに入っている銘品ですw また買いに行こうっと。

そして、すぐにXX2+でスコア追加。

IMAG0210.jpg

シャローカバー周りでクランキンが嵌りましたが、少し減水しているので、そのカバーそのものが小規模&少ない。ランガンして走り回れば効率も良いのですが・・・今日はのんびりフィッシング(笑)

ちょっとディープもやってみたくなり、滝へ行ってみました。

最近お気に入りのアノストシンカー(ネジネジのやつ)を使ったネコリグでディープ攻略の練習です。

アノスト5.5とシュリルピン6.5でそれそれキャッチ。サイズは30ちょいの可愛いやつでしたが、なんとなく理解出来ました。

今期のPBTでは山藤さんがぶっちぎりのAOYでした。その原動力となったのが、3.5gシンカーのベイトネコ。私も引き出しに加えたいと思い、練習中なのであります。

結局、今日のスコアは5匹。最大はキロくらいと、菅野にしては少々控えめな釣行でした。でも、好きな釣りを展開し、楽しい時間を過ごすことが出来ました。涼しくなってきたのもグッドです。
posted by D.Tanaka at 05:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2013年07月01日

菅野釣行

ちょっと前に行ってきた菅野湖です。最近、バタバタしていてなかなか更新できていません。すいません。

この日のテーマは「フロッゲー」です。

正直、このジャンルも少々苦手意識があり、フロッグを入れなくてもテキサス入れたらいんじゃね!?というような誘惑にいつも負けてしまいます。なので、この日の最大の難関は、心折れずにやり切れるか!というものでした。

しかし、某友人からもらった魚探用バッテリーが電圧不足で、早々に使えなくなりました(笑)ということで、フロッゲーをやりきるしかない状況となりました。

IMAG0022.jpg

今回の主役は「エビガエルjr」(プロト)です。サイズはほんの少し小さくなっているのですが、カップ形状やスカートも変更されていて、さらに釣れるフロッグ(エビ?w)に仕上がっています。心配していたキャストフィールも問題ありませんでした。

IMAG0024.jpg

そして、気になっていたフロッグをもう一品。TeckelのHONKER。こいつは、スカートではなく、メタルパーツの足がついています。テーブルターンも綺麗に決まりますが、なによりただ巻でチリカラチリカラするのは、とても釣れそうでした。

IMAG0026.jpg

タックルですが、ロッドはロードランナーオリジナル630H。ラインはDUEL HARDCORE X8の60lbです。

魚探が使えないので、ベイトの寄り具合もわからないまま、とにかくフローティングカバーがあれば撃っていきます。

とあるオーバーハングの下に投げ込んだHONKER。よそ見をしていたら、ドカーン!ととてつもない水柱&爆発音!しかし、これはバスだと気付くのに10秒以上かかりましたw 釣れるイメージが沸かないとこんなものかもしれません。

キャスト→着水→よそ見(数秒)→水柱(まだよそ見w)→ルアーが見当たらない(まだ気付いて無いww)→ルアーを探すためにゆっくり巻く(まだww)→やっと気づいた!!!→慌てて合わせたらすごい走られてた(爆)→ジャンプ1発でバラシ・・・。

という流れ。思っている以上にバスが離さないことも理解できましたが、「バイト後にしっかり待つ」のが基本とされるフロッグで、待ちすぎて横に走られると、PEラインのスラッグを取るのは結構巻かなければいけないということも理解できました。

そして、その直後に念願の一匹が来ました。

IMAG0027.jpg

IMAG0031.jpg

このフッキングにしびれていましたが、その筋の方に聞くところによると、これはフロッゲーとしてはまだまだのようです。しっかり飲み込んで、口の横面に刺さっているのが良いらしい。精進せねば!

その後も、HONKERにもエビガエルjrにも多数バイトがあったものの、すべてミス!!! 見に来て反転してしまうバスもいました。

反省点としては、ディスタンスと間の取り方。

リベンジしたいと思っていますが、なかなか時間が取れません・・・。でも、エビガエルjrは完全にオープンウォーターで、連続首振りでじらしてバイトに持ち込んだの最高に気持ちよかったですよ。まあ、これもばらしましたけど。。。。


あまりにばらすんで、ヴォルケーノグリーパーを投げたら、あっさり釣れました。

IMAG0033.jpg

サイズはそんなに良くなかったですけど、久しぶりのバズバスだったので嬉しかったです。

終わってみれば、スコアもサイズもそんなに行かなかったのですが、収穫の多い釣行でした。次行くときはもう少し、頑張ってきます!自分がヘタすぎて参りました。
posted by D.Tanaka at 06:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖