2015年07月04日

弥栄プラ&大会準備

昨日は弥栄にプラ行ってきました。

まあ、大会のプラということで、釣り方や場所はシークレットですね(笑)

開始早々でこんな魚を。

1436017600378.jpg


ルアーはフラチャット10g。(←全然かくしてないし)

そして、その2投目でこの魚。

1436017570034.jpg


ルアーはもちろん同じフラチャット。

このフラチャットは、実は今回のGO FORで田辺さんがあのビッグフィッシュを連発させたフラチャットなんです!「流石釣り癖がついているルアーは釣れるわぁ!!」と感心していたんですが、この日釣りすぎて破損しました(笑)針の付け根から折れました。まあ、あれだけいい魚釣ればそうなるでしょう。ワイヤーベイトの
宿命ですね。

開始早々にキロオーバーを2連発したんですが、その後は沈黙。エリアを見て回ったというのもあるんですが、ワームで釣れなかったなぁ。。。

エリアを変えて今度はクリエス1/2でキロアップ。

1436017539937.jpg


なんとか、エスケープツインでキロアップと、それなりウエイトを釣ることが出来ました。ただ、1500を超えるようなクオリティーフィッシュに出会わなかったのが不安材料。

まあ、これは当日に取っておきましょう!ポジティブに!!


今回の釣行も前回の菅野も巻き中心で組んでいるんですが、やっぱりキャスト数が多くなるとナイロン系はとても使いやすく感じました。キャストの精度も格段にあがるので、私はなんといってもナイロン系を勧めます。

1436017500973.jpg

(写真は巻く前なので下巻きのPEラインが見えています。)

ただ、劣化はフロロよりも早い気がするので、豆にライン交換をするのがベスト。フロロのように逆くれやヨレでダメになるというよりは、限界まで伸びててしまってクッション性が無くなるような感じだといえばよいでしょうか。私は機械を使って調べているわけではないので、フィーリングの話になるんですが、お年寄りのお肌のように、なんとなく張りが無くなってきているなと感じたら交換ですね。

特におすすめはDUEL クイックショットFN 16lb。

素晴らしいラインです。ちなみにこれはシャローのスピナベ、バズ全般ですね。クランクはフロロを使うことが多いです。これも状況で使い分けますけど。

今回はクイックショットFC 12lb。クランクは深度も稼ぎたいのでちょいと細めであります。


それと今回気付いたのはリールのブレーキメンテ。前回の菅野で最後に雨が降ってきたのですが、こういった時はちゃんとメンテしないとダメですね。

今のシマノのインフィニティーブレーキで異音がするという話をよく聞きますが、ブレーキシューとシューの当たる面をちゃんとメンテしていれば、とても気持ちよく使うことが出来ます。

1436017511169.jpg


これがシューが当たる面です。ピカっと光っている傾斜の部分ですね。
これを少し粘度のあるオイルでキュキュっと拭いてあげます。汚れも落ちて良い感じです。
私はIOS FACTRYのIOS-02を使っています。

もちろん、ベアリングも1滴挿しておきます。1滴で十分です。というか、挿しすぎは余分な油分が飛び散って余計に悪くなるのでお勧めしません。というか、高価なオイルなんで大事に使いたいです(笑)

1436017525415.jpg


そして、シューはこの赤と白のプラスチックパーツ。以前のブレーキシステムはこのシューが遠心力で垂直方向に動くのですが、今のシステムはこれが開くので、力の掛かり方が違うんです。なので、このシューがスムーズに動くようにシューの付け根に、粘度の低いグリスをほんの少しつけておきます。オイルでも良いのですが、なるべく揮発せずに留まってくれる方が良いのでグリスにしています。

と、まあこの程度のメンテなら数分で可能です。

キャスティングはフィーリングの技術だと思っているので、こういったことはとても大事です。

恐らくもうプラには入れないけど、これで準備はOKです。

では!







posted by D.Tanaka at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 弥栄湖

2014年05月11日

弥栄釣行 その1

2014年の弥栄初釣りに行ってまいりました。

5月も半ばということで、スポーニングの進行状況を中心に見て回ります。

今回はS戸君というPBTに参戦中のルーキーと同船しました。おまけで杏侍も着いてきましたが。。。

まずは美和方面へ行ってみます。エレキ全開で岸際を見ながら行くと、数匹のバスを確認。ここは!という場所ではネストも見えます。しかし、風向きが悪いのかトナカイワンドあたりは物凄い水。リールから滴る水がかなりやばいです。カーペットにシミが・・・(汗)リールもラインも・・・。それに臭いも。

もともと水は透明度の高いエリアではないが、今日は酷い。。。

結局、何も起こらないので、水通しを考えて岩盤エリアを丁寧に探ると30cmがぽろっと釣れました。

そして、ロデオドライブでも30cm。なかなかサイズアップしません。

仕方なく美和を諦め、良い水を探しに。ミズスマシ1号が見えるあたりで少々マシな状態。風の当たるバンクを狙うと、バイトはあるもののすっぽ抜け!しかも、2連発で。タックルバランスが悪いのか、使い方が悪いのか、やっぱりスモラバ苦手です。。。

そこで、スプーンテールシャッドのジグヘッドの中層スイミングで。サイズが小さいと思い、モグモグしているのを長く感じでからのフッキング!「あれ?思ったよりもでかい??」想像とは違うサイズでびっくりでしたが、アフター回復の40UPでした。

1399789191764.jpg

この一匹から、ネストの魚よりもこの魚を釣るほうが面白いと思い、小瀬の中流域へ。

ここでもネストはたくさん見えますが、ネストのある付近からちょっとずれたベイトを追える場所を中心に狙う。

今度はレイダウンミノー110Fで50UP(目測)

1399789202388.jpg

これは相当気持ち良い出方をしてくれました。これは半プリのメスでした。

その後はカメラバでもキャッチ。最初は2.5gを使っていたのですが、5gに変えたらなんとか乗せれました。私はある程度、しっかりしたウエイトがないとやり切れないようです。ここは努力が必要なところ。。。

杏侍も小さいながら2匹キャッチ。そして、ばらしちゃったけどなかなかのサイズも立木エリアで食ってきました。40半ばでした。

ネストを狙わないでも、こういった回復した個体を狙ってもちゃんとしたスコアが出ることがうれしく思いました。弥栄って、実はこういった釣りがうまくはまり易いような気がします。サイズを狙うのは難しくても、ちゃんと嵌ればネストいじめをしなくても良いというのは、精神衛生的にうれしいです。

やっぱり、出来るだけネストは触りたくないですからね!もちろん、一番釣ってはいけないのは卵&フライ(稚魚)を守っているオス。釣ってもリリースすれば戻ることもあると言いますが、戻らないこともあるということです。当然、ライブウエルにキープしてしまったらお終いです。それ以外のバスでも、もしかしたらスポーンが出来なかったりする可能性があるわけですから、出来るだけ触らないというのが基本だと思っています。

でも、あまりにも重く考えると釣り自体を辞めないといけなくなってしまうので、そのあたりは自分の尺度でよいと思います。考えれば考えるほど難しくなるけど、自分で線を引いてしまえばシンプルなものだと思います。


あっという間に夕刻。もうボート屋さんの時間(17時までにスロープを出ること)まで時間もありません。S戸くんは苦戦している模様。いろいろアドバイスしますが、なかなかリズムが合わない感じがしました。

「もう10cmでいいから食ってくれ!!」という悲痛な叫びも空しく・・・

私にバイト!

1399789170277.jpg

しかも10cm(爆)

トレブルフックがすべて掛かるという本気の食いっぷり!流石ですね、ロデオドライブ!

そして、タイムアップとなりました。

ちょっといろいろ脇道にそれながらの釣行でしたが、スコアはなんとか纏まりました。

PBT第二戦にはまだまだ期間があるので、どうなるのかわかりませんが、今年の弥栄も楽しいことになりそうです!
posted by D.Tanaka at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 弥栄湖

2012年10月11日

弥栄釣行

今日は弥栄湖へ行ってきました。まだ水位のほうは大丈夫でした。でも、スロープの縁が目視できるくらいの水位です。もう少しがんばって欲しいものです。

今回の同行者は小方。朝は思っていた以上に寒かったです。自分はウインドブレーカーも持参して4枚持っていっていたので、大丈夫でしたが、小方は“シャツIN”するくらいしか対応できずに、リアル痙攣シェイクになって、凍死しそうになってましたw

けれど、それが効いたのかグッドサイズをキャッチしていましたよ。悔しいので写真は載せないけどw

自分はといいますと・・・・最大で300gくらいじゃないでしょうか。まったく相手にされませんでした。でも、今回の釣行はとても自分にとって意味あるものになったと思います。

ややスランプに陥っている感がありましたが、これで復調できればと思います。

夕方気分転換で、ジャークベイトで連続HITを楽しみました。やっぱり、バスフィッシングは楽しい!
posted by D.Tanaka at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 弥栄湖