2016年11月16日

菊川で癒し

今日は朝から憂鬱でした。それは、大腸の検査があったから。
前日から食事制限+下剤。夜中も大変でした。

人生2度目なので、大体予測はしてましたが・・・やっぱり、痛い!!!

「痛くなったら言ってくださいね。」というのに、「痛いです!」って言っても、「まだ痛くしてません!」って先生は言うし(笑)

結果は、まったく異状なしということで一安心です。


帰ってからも、お腹が落ち着かないので、どうしようかと思ったけど、やっぱり行っちゃいました。

昼からなので、メインはリールのセッティング。借り物リールも試してみたかったし。


昼過ぎにボートを準備をしていたら、アストロボーイのUさんが来られました。でも、エンジン不調でそのまま帰られました(笑)あと、K氏も。ウクレレさんからの預かり物を渡しておきました。お礼にコーヒーを頂いたんですが、今のお腹にはかなり心配(笑)まあ、何事も起こらなかったんで良かったです。


さて、釣りの方ですが、ベイトがかなり良い感じで固まってきてます。水温は19℃越えているし、どう見てもバス映ってるし。。。でも、食わないんですよ。今の菊川は。。。

でも、テストがメインなので、普段やらないところとか、普段と違うディスタンスでやってみました。

まあ、釣れないですね。。。こんなリズムだと。


流石に魚が釣りたくなってきたので、ちょいと本気でやってみました。







釣れねぇ。。。。。




普通に釣れない。


でも、一番良さそうなところで時合を待つしかないのかな?と思い、夕方にベイトが浮いてくるのを待ってました。


1479302143680.jpg


やっと食わせたのが、このサイズ。
満足です。

でも、あれこれローテーションして、結局エスケープツイン。。。もう、これなしで私の釣りは成立しないです。


そして、その直後にガンターフットでミスバイト。というか、自分が気が付くのが遅かったです。
やっぱり、こういうのは時合なんでしょうね。

その後は全くでした。


貸切かと思ったら、1艇走ってきました。それも、この寒空に半袖。夕方は結構冷えますからね。

帰りのスロープで気付いたんですが、O方さんでした。最近、ハッピーになったらしいですが、やっぱり愛の力でしょうか、ビッグベイトで短い釣行を成功させていました。素晴らしい!

そろそろ、冬に向かって状況が変化しているように思います。
水位も落ちてきているし、ハードベイトの出番ですかね。

では!

posted by D.Tanaka at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2016年10月27日

夕方練習in菊川

今日は仕事が少しだけ早く終わったので、夕方特訓に出かけてみました。実質2時間半というショート釣行です。

もちろん、貸切!

短時間でエリアを絞るには、水&ベイトが大事!

ということで、さくさく見切っていきます。というか、結構早めのエリアで正解しちゃいました。

1477557317761.jpg


最近、好調のダイラッカ! 特にプレミアムゴールドはいい仕事してくれてます。思うに、最近よく釣れているのはロッドだと思います。まず、操作感がかなりUPしました。これは、自分が680シリーズを溺愛している関係で、長すぎるロッドは合わないんですね。なので、LTT690PHはかなりグッとくるロッドであります。それから、リール。使い回しが出来るようにローギア(といっても6.3)のリールを使っているんですが、なぜかこれが丁度良い。食い上げの場合などは、ハイギアが良いと思うんですが、自分にはちょうど良いリズムなんですね。もっと釣り込んでみないと分からないですが、今はしっくり来ています。

あと、ラインはもちろん、T-7 20lb。18lbを入れておくとスローロールにも使いまわせるのですが、ダイラッカ専用だと20lbの方が良いですね。

そして、同じエリアで、FGダディフィ〜ッシュ!!

1477557311763.jpg


これまたいいサイズ。

1477557324710.jpg


今回は、チョン掛けバージョン。個人的にはこちらの方が好きですね。フッキングも良いように思います。アピールも強めですし。ただ、ぬい刺しは、まだ別の動きになるので、これはこれでとってもアリなんです。


その後は、エスケープツインで、30cmを釣って終了。これはセッティングを変えたLTT680Hで。まだまだ、煮詰まってないですが、なるほどと感じられることがあったので、とても勉強になりました。

最後にそろそろかな?という時期なので、メタルワサビーの釣りをやってみましたが、ミス一発で終わりました。これもタックルを変えていっているので、まだ使いこなせてないのかも。もしくは、フック変えてないからなぁ(笑)


そうそう、こんな珍しい画像がみれました。

1477557300940.jpg


これ、FGダディで釣ったバスをリリースした瞬間の画像なんです。ディープで釣ったバスはやっぱりディープに戻るんですね。当たり前ですが。こうしてみると、バスって結構しっかりしたラインで出るんですね。


今は満水なので、ランチングは少し難しいです。

1477557292413.jpg


こんな感じで、一番道路寄りから、少しトレーラーを切ると、なんとか助手席から移動できます。運転席から出たら落水ですからね(笑)

こういう時に、スロープに車があると、かなり大変です。トレーラーじゃ無い人は、理解しにくいかもしれませんが、想像以上に旋回エリアが必要だったり、場所を選ばないといけなかったりするので、とにかく車は周回道路へ移動して頂けるとありがたいです。←この場合も、車が余裕をもって通れるようにお願いします。

短時間釣行ですが、なかなか満足でした。テキサスセッティングもかなり煮詰まってきたので、更なるビッグフィッシュを狙いたいですね!

では!

〜BASS LESSON〜

基本料金 20000円/一日 (最大、日の出から日没まで) 2名まで
     15000円/半日                2名まで

     人数は1名でも2名でも同じ料金です。また、高校生以下、女性を含む場合は割引いたします。
     リピート、50UPキャッチなど、複数の割引もご用意する予定です。

場所   菅野湖、菊川湖、弥栄湖、小野湖(自粛期間を除く)、他のフィールドも出張します。

〜お試し料金〜
     今年一杯は、私も試行錯誤いたしますので、5000円/1日、3000円/半日で行います。詳しくは申し込み後の打ち合わせにてお願いします。


申し込みはフェイスブック及びメールでお願いします。
     申し込み、お問い合わせメールアドレス bass_lesson〇potberry.jp です。
     (注)〇を@に変えてください。
posted by D.Tanaka at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2016年10月20日

昨日は菊川湖

PBT最終戦のタックルについて書こうと思ったのですが、昨日の釣行もなかなか深いものがありましたので、まずはそちらから。

夜勤明けなので、湖上に浮いたのは10時すぎ。

スロープでは、ちょっと混雑していたのですが、心よく譲っていただきました。ありがとうございます。

今回のテーマは弥栄でのディープ攻略の練習。

練習といっても、ここは菊川なので、弥栄の魚は釣れないのですが、自信のあるセッティングを出すことが何よりも大事だと思っています。このセッティングも、時期や状況によって変わるのですが、"今"という旬をしっかりつかむことを考えています。

下流に向かいながらベイトの濃いところを探していきます。ベイトはピンではなくエリアで溜まるような場所が良いです。そのエリアの中で一番良いと思うところに、一番強いリグを入れていく。これが私の一番好きなスタイルです。

ということで、ベイトの溜まったエリアのショートポイント。ここしかないでしょ!?という場所に、最近お気に入りで、弥栄で不発だったFGダットを入れると・・・ココッ、ドン!と来ました!!!
1500gクラスのグッドサイズです。これを待ってました・・・・って、ばれました(ショック)
まあ、こういうことの繰り返しでセッティングは決まるんですが・・・。もう、このセッティングは使いません。どんなセッティングかは書きませんけど、微妙な違いでバイトの深さって変わるし、キャッチ率も変わるんです。

それから、河口岬に行ってみると、素晴らしいゴージャスベイト。これはいけます!

そして、ドドーン!!

1476781763738.jpg


やっぱり釣れるFGダット。

1476781771680.jpg


上手く撮れてないけどいいルアーです。

この時のセッティングはこちら。

ロッド:ST680MH
リール:メタニウムXG
ライン:フロロプラス14lb
ルアー:ガンターオーバル 1/2oz(トラッドブラックブルー)
トレーラー:FGダット(プロト)

その後もベイトはい感じなので、FGダットのセッティングを変えてみました。

1476781781254.jpg


縫い刺しです。しかし、この動きでは反応がありません。やはり、ちょっとした違いで差が出るものです。

それでも、魚探には、バスも映ることからより攻撃的な釣りへ。ダイラッカですね。

14671070_973651239447388_5381842448017732927_n.jpg


良いバイトから、よいファイトでした。これはかなり合ったセッティングかもしれません。

ロッド:LTT690PH
リール:クロナークCI4(ノーマルギア)
ライン:T-7 20lb
ルアー:ダイラッカ(プレミアムゴールド)

バイトからフッキングまでの間が自分好みでした。以前の菊川釣行でも、小さいバスを弾くことなくキャッチ出来ましたし、これは良いかもしれません。数を釣っていかないと分からないことも多いのですけれど。

そして、写真はないけど、エスケープツインでもキャッチ。これはかなり煮詰まっているので、安心して使えるセッティングです。

ロッド:LTT680H
リール:メタニウムMG7DC
ライン:T-7 16lb
フック:キロフック3/0
シンカー:ビーンズ1/2oz(ペグなし)

これも好き嫌いが分かれるかもしれません。でも、私はこのセッティングは"釣れる"セッティングだと思います。

そして、最後にベイトフィネスのスルーダウンショットでばらしました。。。これはフックに難ありですね。リグはとても良いので、このあたりのセッティングもいろいろ試してみようと思います。少しだけ、ショートリーダーバージョンも気になりますね。

では!








posted by D.Tanaka at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2016年09月27日

撃沈川上ダム

やっぱり秋はむつかしいですね。。。こんなにも翻弄されるとは。。。。

今日は朝から出艇。そして、貸し切り。

1474983877757.jpg


朝からシャローにもディープにもベイトがいっぱい!!

これはいただきでしょ〜って思っていたら・・・激ムズでした。何をしても食いません!

こんなゴージャスな画像ですが・・・

1474983887981.jpg


ダイラッカでもこのサイズ。。。

1474983897643.jpg


もう、あんぐりです。

そして、この映像どうですか?ベイトに突入するバスでしょ??

1474983915643.jpg


すぐさまダイラッカを投入。

最初のシャクリでグっと重くなる。すかさずフッキング!!!重いけど・・・軽い。また小さい奴かと思ったら。。。

1474983939134.jpg


軍手!!!

ガックシ。。。

その後も、いろいろ回ってみましたが、最後にはベイトも居なくなり、まったくのお手上げ。。。

仕方ないので、ボートの中を乾かしてました。

1474983908549.jpg


荷物多すぎですね。少し整理したいと思います。

ということで、チビ一匹という貧果でした。カナシイ。。。


posted by D.Tanaka at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2016年04月29日

昨日の川上ダム

昨日は夜勤明けで川上に行ってきました。
目的は魚探のレクチャー。私の魚探&エレキの先生である小方センセーに一日弟子入りです。
朝になって思い立って電話したのです。

「今日休み?じゃあ9時くらいに仕事明けるから、魚探教えて。」
「分かった。じゃあ、行くわ。」

寝起きの小方にこれで通じたか不安でしたが・・・・9時過ぎにスロープに着くと、やはり居ない。
電話をしても通じない。。。マイッタ!

1461847730271.jpg


スロープから出て、電話の通じるところで待つこと30分以上。何もせずに待っていても仕方ないので、スロープでおかっぱりでもして待っておこうと向かうと、なんとすでに出船してました(笑)

しかも、シャローで50UPをキャッチしたという。まあ、見てないので本当かどうかわからないけど(笑)

早速、ボートに乗り込んで魚探レクチャー。レクチャーの内容は書いても分からないと思うので割愛。

いろんな事をしながら実際に釣ってみるけど釣れない。魚探が良くても釣れないじゃないかというと、「今日はシャローに決まっているだろ!」というので、四熊のインレットへ。

いい感じのニゴリが入っており、水量も多い。通常のスピナーベイトだと流されてしまうような状態でしたが、さすがはパワーロールです。そんな水の中でもブルブルです。そして、ガゴン!!!!
おNEWのLTT690PHが絞り込まれます!

ナイス(キャット)フィッシュです!!!

1461847755173.jpg


腹パンパン(笑)

しかし、ここから怒涛のエスケープツイン劇場でした。50クラスを2バラシ(ドラグの具合やロッドのベンドを見ていたらばらしました。ごめんなさい。)の後に、連続キャッチ。

1461847771238.jpg


1461847818424.jpg


小方の船に乗っていたので、自分のワームBOXもなく、持ち込んだエスケープツインを使いきるくらいの釣れっぷりでした。

結局、7バイト4フィッシュだったかな?インレットに居続けたらもっと釣れていたと思います。後半は魚探勉強に、ディープフラットとか行ってしまったから。

小方も意地になって「そんな釣れるワームは使わん!」といっていましたが、私が釣りまくっている間に、小方はノーバイト。ものすごい差が出ました。そして、場所移動後にこれ。

1461847702974.jpg


実は予告ホームラン系のナマズでした。釣れそうな雰囲気がプンプンしてましたからね。

今回は雨の後のニゴリ&ワカサギの遡上が重なった爆発でした。一時的なものですが、やはりワカサギレイクはこうなったら釣れますね。

久々に楽しい釣行になりました。魚探のことも分かったし、小方センセーお世話になりました。

posted by D.Tanaka at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2016年04月28日

時間が無い!

時間が無い中、無理くり釣行してきました。

けど、アップする時間もない!

ということで、詳細は後日。でも、改めてすごい経験だったと思います。コンフィデンスがさらに高まりました。

い〜感じ!!

1461847786871.jpg


NORIES SOULですから(笑)
posted by D.Tanaka at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2016年03月25日

一匹だけど癒され川上釣行

今日は昼過ぎまでの釣行でしたが、なかなか春を感じられる釣行でした。

しかし、釣果は1バイト1フィッシュ。なかなか厳しいですね。。

今日の課題は、魚探のセッティングとビフテキとスローロール。

魚探は、まだ固定されてないけどこんな感じになりました。

1458912598007.jpg


今まで使っていたLMS520Cを完全にGPS専用にしています。電源とポイント1のみの接続です。
そして、Elite7は通常の画面。ダウンスキャンはトランスデューサーの関係で写りません。

結構使いやすかったので、まずはこれでやってみます。マーキングなどの精度はこれからです。

そして、ビフテキです。これはBe Free Texasの略らしく、Beans Sinkerを使ったテキサスです。

シンカーが違うだけで、使い方は普通のテキサスリグです。

使用感としては、キャストも決まりやすいし、感度も良いです。そして、ピックアップ時の根掛りがとても少ないのが良いですね。特に竹の股などに挟まったりすると、通常のテキサスだとなかなか外れないんですが、ビフテキだと結構外れます。恐らくバランスが崩れるのが良いのだと思いますが、なかなか素晴らしい商品でした。

もう少し使い込んでみたいと思います。

最後にスローロール。HB760Lでのスローロールでグッドサイズをキャッチできました。満足です!

1458912588707.jpg


個人的には、やや柔らかめのロッドの方が使いやすいと思っているので、パワーロール用に早く690PHが届かないかと楽しみにしています。今は6100Hでやっていますが、ちょっと固いんですよね。。
ただし、カバーを越えさせたり、ウィードがあるような場所だと、あのティップが丁度良いと思います。

トーナメントシーズンインに向けて、いろいろ準備をしています。

今日は、ボートロープが・・・・(笑)

1458912574791.jpg


これでは、さすがに漂流しちゃうんで、なにか格好良いロープ探して来たいと思います。
ちなみにこれは100均ロープ。まあまあ、頑張ってくれましたよ。

次はいつ行けるかなぁ〜。

posted by D.Tanaka at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2016年01月08日

2016年あけおめフィッシュ!! in 菊川湖

やっと私にもあけおめフィッシュがやってきました。

昨年のあけおめフィッシュは1/7でした。オーバルジグwithエスケープツインでした。

そして、今年はエスケープツイン。まあ、そういう事ですよ(笑)いろいろ投げてはいるんですが、やはりコンフィデンスのあるルアーは釣れます。

ということで、今日の釣行の話です。

今日は珍しく仕事が早く終わったので、3時間は釣りが出来るということで、ソッコーで準備して菊川湖に浮いてきました。もちろん、貸切。平日の冬に浮く人は少ないですね。。。でも、それだけに自分の好きなことは出来る!ただ、言い訳もできない(笑)

1452258434158.jpg


今日から寒くなったのですが、水温はすぐには下がらないので、まだ11℃ありました。これからドンドン下がると思うのですが、今年はもしかしたら二ケタをキープするかもしれませんね。

3時間しかないので、あれこれ探している時間もない。なので、今回は最近気になっている右岸(下流に向かって)のチェックをしました。今年は特に左岸のフラットなどが不発で、個人的に左岸での釣果が良くないのです。ということで、右岸を釣りこんでいるのです。ちなみに年末の二匹も左岸です。

1450345197293.jpg


<2015年のラストフィッシュ>ラッテリーにて。

右岸は岩盤が絡む場所が多く、やはりキーはワカサギだと思います。ただ、今はワカサギだけではバイトまで持ち込みことが難しく、プラスαの要素を見つけることが大事です。

今回はシャローカバーでした。ただ、カバー周りをテンポよく打っていたのにはバイトがありませんでした。カバーの少しだけ絡めて、シェイクを続けると、一瞬くわえて、離しました。「うわ・・・」と思って、さらにシェイクすると、二度食いしてくれました。

1452258427787.jpg


嬉しかったので別アングルでもう一枚。

1452258446072.jpg


大した写真じゃないですね(笑)嬉しかったけど、早くリリースしてあげたかったので、写真の確認までしませんでした。でも、サイズは48cm(くらい)の1700g(くらい)なんですよ。もっと立派に写してあげたかったなぁ。でも、デッキに転がしている写真はあまり好きじゃないんです。メジャーに乗せるのも味気ない。何か粋な写真の撮り方ないかなぁ。入水写真はかっこよいけど、今は死にますね。。。

ルアーはエスケープツイン。カラーはダッピ。実は別のカラーが付いていたんだけど、ふとしたひらめきからダッピに変えた途端のバイトだったので、これまたコンフィデンスカラーとしての地位がぐっと高くなりました。
ロッドは3/8ozテキサスに抜群の相性のST680MH。そして、ラインはDUEL T-7 16lb。ラインは食わせられる範囲の中で最大数を使うのが基本です。魚を取り込むまでが釣りです。いたずらに細いラインを使うのはお勧めしません。

シンカーやフックの小物も少しこだわってますが、それは写真をみてくださいね。

その後は、岩が絡む岬でバイトを取ったもののすっぽ抜け。歯形のみでした。それも弱めの。。。やっぱり、バスの吸い込む力が無いんですね。ネコリグとかジグヘッドなら取れたかもしれませんね。もう少し浅かったら、サスペンド系のハードルアーでもいけると思うんですけね。

ということで、2バイト1フィッシュ。バラシ0。バラシはフッキング後でカウントです。

今年は、釣り方を拘らずに、バラシ0を目指すとともに、ラインブレイク0を目指します。ラインブレイク罰金基金でも作って、何かに寄付とかしても良いかも。本当は良いことで寄付したいけど、心が荒んでいるので(笑)

ともあれ、嬉しい2016年の初フィッシュで良いスタートがきれました。









posted by D.Tanaka at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年12月17日

川上リヴェンジ

昨日は遥々河口湖から足立プロが山口に来ていました。
冬恒例の修行釣行です。でも、どう考えても冬の河口湖より釣れるんで、修行じゃないよね!
まあ、ガイドで神経をすり減らしている日々から、一釣り人に戻れるひと時かもしれませんね。

ということで昨日の釣果は・・・

12376753_887781614678477_1516761158651031359_n.jpg


んズガーンとナイスフィッシュであります。1800gオーバーはガンターオーバルにエスケープツインという、まるでロコというセッティング。ワームが使えないレイクの人とは思えないですね(笑)

夜はO隊長と小林と4人で食事をしながらいろんなトークを楽しみました。

そして、本日の釣行。今日は足立くんのシングル釣行だったんですが、私の仕事が少なかったことから、会社に無理言って早退し、急きょタンデム釣行となりました。こういうところがわが社の大好きなところです(笑)

1450345135327.jpg


スロープは・・・2日くらいじゃ、変わりませんね。でも、気温は格段に下がっております。

「コーヒーでも買っていこうか?」と連絡して「ブラック以外」と連絡を貰っていて、しっかりとブラックを買っていきました。いや、嫌がらせじゃないですよ。自分がブラックしか飲まないので。やっぱり、バスアングラーはブラックですよ!!

合流直前に1匹キャッチしたようで、状況を聞くと昨日とはまた違うようです。気候も大きく変わって、この冬初の雪も降ってましたし、風も相当吹いていました。状況が変わって当然なのですが、今の厳しい川上でちゃんとキャッチするあたりは流石です。安定のオーバルだったようです。

まずは「釣れるところに連れていって!」と、デコ続きの私からの無理難題。

相変わらずのスパスパしたエリア選択で、釣っていく足立くん。狙いが明確なので、釣れても釣れなくても早いです。迷いがないということが素晴らしい。

今回は短時間バックシートということで、私は3本持ち込みました。

タックルはダイラッカ、ジグ用にRR680HにT-7 16lbを。テキサス用にST680MHにT-7 14lb。そして、ネコリグ用にST620MLS-Ft。ラインはT-7 5lbです。

今回活躍したのはST620MLS-Ft。強風下ということもあって、ラッテリーにシンカーは2.2g。しっかりとした使用感です。そして、それに負けないロッド。重要なところです。

ついに長い沈黙を破りました。慎重に・・・・神妙に・・・正座フィッシング(笑)
ハイデッキは恐ろしいので正座です!

12395651_887951424661496_1746568883_n.jpg


久しぶりのスピニングだったので、ファイトがぎこちなかったです。

ハンドランディングして、「おおお!」とか言っちゃって、ポーズを取ったら「いや、動画じゃないんで(そういうのは)よいです。」って言われちゃいました。少し恥ずかしかった。。。


1450345197293.jpg


んズガーンと釣れたのは、48cmくらいの1800gぐらい(笑)のグッドサイズ。メジャーも秤もありません!でも、記憶に残る良い魚でした。数字ではなく、シーンとして記憶に残る一匹でしょう。

そして、終了近くにも追加。

10449617_887951491328156_1304929316_n.jpg


やっぱり、ラッテリーは釣れますね。良いルアーです。

ということで、スコアは2匹でしたが、最近の釣れなさを考えれば上出来でした。

最近、"自分の釣り"という拘りを持って玉砕していたのですが、その状況に合わせることは大事。
やっぱり釣りの主役は魚だと改めて思いました。主役の機嫌を損ねたらダメですね。

もう一度、初心に帰って釣りと向き合ってみたいと思います。







posted by D.Tanaka at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年12月15日

何もなかった釣行

今日は雨の中菊川湖へ行ってきました。

ええ、行ってきただけです。

同行者に「朝は日の出からだ。遅れるな!遅刻は命取りだと思え!!」と(いうような感じ)言われ、慌てていくと・・・

1450184928364.jpg


誰も居ません。ふとスマホを見ると

「寝坊した。」との文字。

待つこと一時間。。。

1450184937853.jpg


来ました。もちろん、謝罪の言葉もなく、淡々と準備を進める。

「俺が一番嫌っているのは田中だ。」という言葉通りの行動である。

早速、ボートに乗り込み、魚探の説明を受ける。

自分の魚探セッティングの説明&自慢、そして私の魚探への罵声。。。

しかし、現代の魚探の解析度には驚きだった。こんなに違うものだとは・・・。

現代の魚探を使いこなせば、ワカサギだってシューティングで狙い撃ち!

1450184910822.jpg


メタルワサビーで口にフッキングですよ(笑)


さてさて、冗談はこれくらいで、マジで釣れねぇ。。。

バイトらしきものもニゴイだと思われるものが数回。

魚はかなり居るし、ベイトも相当良い感じです。

ただ、バスがね。。。。

幻の魚ですよ、本当に。

1450184896448.jpg


まあ、魚は釣れなかったですが、久しぶりに奴と釣行すると良い刺激になります。

半分は私への攻撃で、半分は世間への攻撃ですが、的を得ている発言も多く、考えさせれるものも多いです。

釣れなくてもバスフィッシングは楽しい!!!けど、釣れた方が楽しいに決まっているな(笑)









posted by D.Tanaka at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年12月08日

夜勤明け釣行 菊川湖

今日は夜勤明けの釣行。部活もあるということでやや短時間でした。と言っても4時間以上釣ってますが。

んで、完デコ・・・。久々にやられちゃいました。

そろそろメタルでどうにかはめていきたいと欲を出したのがいけなかったのか。

それとも準備不足なのか。

1449577373860.jpg


今回は4タックルでいきました。私が4タックルというのはかなり少ないです。人の船に乗る時も、平気で8本くらい積んじゃいますから。

結構な時間をメタルワサビーとインザベイト7g(写真ではジャカブレードがついてますが、途中から変更)に費やしました。

とにかくワカサギは多いです。水面にわらわらいてます。水中に大きく映っているのはヘラじゃないかと思います。けれどバスの反応が無いです。12月だというのに水温も15℃を越えているし、アオコも出ていますから。

まったく季節感のない川上ダムでした。

明日は菅野に出撃してきます。こだわりの釣りを展開しようと思っていましたが、やっぱりバスってそんなに甘くないと痛感しましたので、こだわりを捨てて、目の前の状況にアジャスト出来るように頑張ります。

ロッドは10本越えですね(笑)





posted by D.Tanaka at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年11月02日

無理くり菊川釣行

今日は、夜勤明けで用事もあったんですが、無理やり時間作って菊川湖に行ってきました。

魚探の調子が悪いのと、この間のハンドルを試してみたかったことなどありまして。

魚探の方は、どうやら配線に問題ありのよう。線だけ買うと結構な額になるし、そこまで良い魚探とも言えないし、なかなか悩むところです。ローンレンジャーになるかなぁ(笑)

一方、ハンドルの方はというとこれは大正解でした。まず、バランスはとても良いです。ノブが重たくなったかと思ったんですが、それは全く感じません。そして、予想通りに慣性が働くのか、巻きがものすごい軽い。
HB760Lにover5というセレクトだったんですが、「あれ?ルアーがおかしいかな?」と思うくらいでした。あまりに巻き抵抗が軽く感じたんです。でも、もしかしたら感度は下がっているのかもしれません。でも、必要な感度はありますので、まずは魚を釣って総合的に判断したいと思います。ロッドもそうですが、感度が高ければ釣れるというものではないので。

さて、レイクの状況ですが、ターンでアオコが出て、これがまた良い具合にブレンドされています。なので、良い水のエリアが少ないです。そこで、間違いなく良い水の入っている水量のある中野筋の9mをメインで釣りました。

かなり渋い状況でしたが、魚探に映ったベイト&バスを発見し、シューティングで食わせました。ボートの真下9mです。

1446468642649.jpg


ルアーはフットボールにこだわりたかったので、ガンターオーバル。ウエイトは最初1/2ozを使っていたんですが、あまりに深いレンジなのと、トレーラーをエスケープツインからエスケープスイムツインに変えたので、5/8ozに変更したのが良かったみたい。

先日の菅野も(ミスしたやつですが)5/8ozでしたが、ST680MHでディープを探るのに自分にはとても合ってますね。もっと浅いところだと1/2ozでも良いと思うんですが。ボトムの起伏に良い感じで絡んでくれて、食わせの間が作りやすいです。お勧めですよ!

あと、以前のオーバルヘッドジグはガードを全抜きにしていたんですが、今回のガンターオーバルだとほとんどガードを抜かなくてもフッキングできます。手で広げるくらいの事はしてますが。
フットボールのガードは、根掛かりの防止というよりは、湖底のゴミを拾いにくくするのと、フッキング後にバラシを軽減するように思っています。フットボールはヘッドが挟まることが多いですから。

gunter_oval.jpg


ということで、一味違うフットボールジグ"ガンターオーバル"をお試しください。

posted by D.Tanaka at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年10月19日

ちゃんと釣りしてます。

いろいろと忙しいのもあって、「しばらく釣りにいけてない。。。」と思っていたが、考えてみれば2週間ほど前には菅野に行っていたし、それなりに釣りはしている。ただ、PBTのプラクティスには行けないことが多くなった。一番の理由は、一日フルの休みが取れないという事だ。

昨年の10月から、中学校の卓球部の外部コーチとして部活のお手伝いをさせてもらっている。自分で申し出たことだけど、任せてもらっている以上無責任なことは出来ないと思っている。なので、時間がまったく足りない。早朝から出かけても16時30分の部活開始に間に合わせるとなると、なかなかしんどい。

けれど、うちの会社は何かとフルでなければ時間が作れるので、近場には短時間ながら釣りにいける。むしろ、そういった環境なのだから行ける時に行ってちゃんとコンディションを作っておかなければと思っている。

良い練習環境があれば、それが一番である。でも、今ある環境の中で自分にできることをコツコツとしてきたものだけが、結果を残すことが出来ると思っている。これは卓球も同じ。確かに強い選手の中で練習出来れば、自然と上達することが出来るかもしれない。しかし、そうでないのであれば、それを羨んでも仕方ないので、自分の出来ることを意識高くやるだけだ。

釣りの時間が少なくなったことで、釣りのスタイルが少し変わってきた。時間をじっくりかけて釣り込むことが少なくなった。というか、それをやっていたらあっという間に終了になる。それと、予測をなるべく細かく、精度あるもので立てるようにしている。以前はあまり予定を立てずに、目の前の状況から分析して釣りをしていた。言葉にするのは難しいのだが、フィーリングを重視しているという感じ。今はある程度の準備をして、リカバー出来るパターンを2つくらい作って、あとはなるべく早くに見切るということが多い。

その結果・・・何もないことも多くなった(笑)でも、これは自分の"見立て"が甘かったという事を発見させてくれる良い機会になったと思っている。釣りというのは、釣れてからコメントを述べることが多い。つまり、結果を残してからしゃべる。これは何を言っても正解となってしまう。けれど、釣る前に状況を読むという事ということはとても大事なことだ。今はそれを研ぐ時間だと思っている。

1445241452519.jpg


その精度が甘いと、このような鱗だけという事にもなる。しかし、スプリットリングに鱗って。。。


土曜日は息子と、学校の同級生と3人で課外部活(まあバス釣りですね)をしてきた。

私は1匹、息子は2匹、友人は残念ながら釣れなかった。

1445241443656.jpg


ROD:RR680H
LINE:T-7 16lb
LURE:ESCAPE TWIN (1/2TX)

自分の追いかけている魚のコンディションが大きく左右するのだけれど、今回はボトムをしっかりと取っている方が良かった。息子はなんとかベイトタックルが使えるというレベルだが、ちゃんとボトムの起伏を感じフッキング〜ランディングまでこなした。一方、友人はスピニングしか使えず、ベイトと回遊する魚がを追いかけきれなかった私の技術不足もあり、バイトまで持ち込めなかったように思う。

1445241431029.jpg


1445241418923.jpg



ROD:ST680MH
LINE:T-7 14lb
LURE:ESCAPE TWIN (3/8oz TX)

息子曰く「バスは簡単にルアーを離さないことが分かったから、バイトからフッキングまで慌てないで準備できるようになった。」とのこと。もちろん、状況が良くなかったり、ルアーが合ってないとショートバイトが起きることもある。けれど、それも経験しなければ分からない。なので、今はちゃんと釣れる形を覚えることが大事。つまりは初期設定の大切さである。

「物事の意味づけは自分がしている」というのは常に自分が意識していることだが、「バスはすぐにルアーを吐く」と思っている人と、「バスは比較的ルアーを吐かない」と思っている人の動作には大きな差が生まれる。
「フォアサイドに球が来る」と予測している選手と、飛んできた球に慌てて対応する選手とは、当然ながら歴然の差が生まれる。そして、どちらのサイドに来ても良いようなスタイル、スタンスで準備している人は尚更だ。

「バス釣りとは・・・・・である。」という意味付け。「卓球とは・・・・である。」という意味付け。もっと掘り下げれば「クランクベイトは・・・である。」「チキータとは・・・である。」など。その意味付けによって、性質が決まるのだが、それを誤ると可能性もとても小さなものになってしまうことがある。

最近、ふと感じることがある。それは「自分はそんなに技術的には優れていないな。」と。釣りの話である。ただ、魚の気持ちを考えることはそれなりに出来ているかな。まったく釣れないというわけではないので、何かどこか優れている部分もあるのだろうけど、トッププロとの差は歴然と感じてしまうことがある。歳かな(笑)
一方、卓球は胸を張って言えるのが「技術が無い」ということだ(笑)。キャリアもないので。でも、頑張っていろんな知識を得ている。それは、自分で実践し、自分で理解してから、子供たちに伝えるために。

昨日、「冬に向けて練習時間が少なくなる。なので、土、日練習の時間を長くしたいのだがどうか?」と聞いた。ほぼ即答で全員が「お願いします!」と言ってくれた。それに応えなければと思った。

中学校の頃に「頑張ったら報われる」ということを実感させてあげたい。本気で取り組むという事を教えてあげたい。そんなことを考えている近頃の私です。











posted by D.Tanaka at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年09月28日

懲りずに菊川釣行

ホームというわけでもないし、気にっているレイクというわけでもないけど、近いという理由だけで菊川湖に通ってます。いや、ここしか行けないです。

夜勤明けから部活までの間しかないので、良くて5時間とれるかどうか。今日は4時間ちょっとでした。

なので、パターンを煮詰める作業をしているとすぐに終わってしまいます。でも、これがバスフィッシングの醍醐味なので、バタバタとしながらもあれやこれやと試すのです。

今日はサングラスとワームバッグ(バッカン)を忘れてしまって。。。私は魚探とサングラスが無かったらテンサゲになる人なので、とても辛かった。

1443446768820.jpg


なにより秋だというのに暑いし、眩しいし。スペアのサングラスでも積んでおけばよかった。こういう時はホントメガネっ子は困ります。度入りじゃないとダメなので簡単にスペアを買ったり、人に借りたり出来ないですから。どこかにサングラスサポートしてくれる物好きなメーカーないかしら。

まあ、今日はサングラスで魚が見えるような水色でもなかったですけどね。

1443446754490.jpg


それでもラインやショアライン際などやっぱり有ると無いのでは雲泥の差です。

しかし、タフというか、魚が深いです。ベイトは浅いのですがどうにもバスがリンクしてない。自分が釣れないだけかな。。。

なんとか絞り出したのはパンパンの1500超えでした。

1443446745965.jpg


ルアーはまたもやエスケープツイン。ボートの隅っこに1パックありました(笑)

ロッドはオリジナルの680MH。このロッドは本当に良いロッドですね。

投げて良し、巻いても良し。LTTにもラインナップされているので、違いを比べて使い分けても面白いと思いますよ。

ラインはT-7 14lb。これも文句なし!

自分に合ったタックルで、狙って魚を釣るというのは、考えてみればとても贅沢でありがたいことだと思います。

さあ、次はどこに行こうかな?



posted by D.Tanaka at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年09月24日

菊川釣行

釣行回数がめっきりと減ってしまったので、釣り感が鈍っているんではないかと思って、短時間ですが菊川湖へ行ってみました。

平日ということもあり、当然の貸切です。

要所ではかなり良い映像が出てきます。

1443098536056.jpg


でも、簡単じゃないんですね。ベイトとバスがリンクしてないのか、ヘラに占領されているのか、ニゴイが元気すぎるのか(笑)

そんな時はハプニングも起こります。

エレキを踏んでもボートが動きません。「あれ?焼き付いたか?」と思いましたが、耳をすませばブーンとモーターの動く音は聞こえてきます。エレキを上げてみると異常なくプロップは付いてます・・・・が、その先のプロップナットがありません!!!

1443098545152.jpg


ガッテーム!!!でも、プロップを無くさなかったので良かったです。プロップナットはスペアの純正を付けて、なんとか釣行開始しました。

すると、すぐにフラットでグッドサイズが釣れました。

1443098522907.jpg


ROD:ロードランナーRR680H
LINE:T-7 16lb
LURE:NORIES ガンターオーバルジグ(トラッドブラックブルー) 5/8OZ + エスケープツイン(ダッピ)

しかし、その後はさっぱりでした。。。

やっぱり釣りもちゃんと練習しなきゃダメですね。

でも、久々のバスフィッシング。癒されました〜!







posted by D.Tanaka at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年06月03日

苦戦の菊川湖

久々の朝からの釣行。しかも、曇り〜やや雨の予報とくれば=爆釣!となるわけで、テンションもアゲアゲだったんですが・・・・結果は激渋!

1433311569870.jpg


テンション高いのはこの子だけ!ダイラッカに食うわ、ブリトロには複数で追ってくるわで大変でした。あ、そうそうマナズもテンション高かったですね。要注意!

何が原因かと考えたんですが、まずは水位。

1433311556854.jpg


水位が高いことというよりは、放水がないんですね。ほぼ全域で泡がブクブクしてます。そして、最上流にはイノシシの腐乱死体。。。←これには参った。。。

インレットなどの水の良いところは鯉や鮒が大量に占拠しておりました。バスが優位種だといった奴はだれだ?完全に数で負けております。

ディープに良い水があれば、案外釣れるのか?とも思いましたが、いまいち探り切れませんでした。まだ、アフターということで動ききれないところに水が悪くなり、さらにきつくなっているのかも。。。
でも、今日の雨でなんとか変わってくれるのではと期待しております。

風もなかなか具合よく、クリエス、フラチャットを中心にスローに攻めてみたんですが、何も起こらず。。。今になってみればトップやジャークベイトの方が良かったかな?なんて・・・。

んで、頼みの綱のハッスンで終了10分前になんとか画になる魚をキャッチ。

1433311526094.jpg


落ち込みで食ってくれたのでほっと一安心でした。


ところでこの写真は撮影ようにルアーの位置を変えているんですが、実際はこちら。

1433311525099.jpg


マスバリということもあって、貫通しきれないところにバーブの手前で止まっていました。私はトーナメントはもちろん、普段からランディングネットを使わない人なので、ランディングもゆっくり目なんですが、このバスには2,3回ジャンプされちゃいました。でも、ばれないんですね。

ラインテンションを抜かないでいれば、案外ばれません。もちろん、一番良いところにしっかりと貫通させれば良いのですが、今回のような箇所だとなかなか難しいです。実際に、その場でラインを引っ張ってみましたが、刺さるよりもフックが広がる方向へ力が入り、まったく刺さる感じになりませんでした。

こういった時に威力を発揮するのが、ソリッドティップだったり、ハイブリッドバキュームのグラスティップです。特にHB640ML-SgtやST620MLS-Ftなどは自分が愛用していることもありお勧めです。このロッドじゃなかったら獲れていない一匹だといえると思います。







posted by D.Tanaka at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年04月17日

全てを全力で!

昨日の当直は03時なんて仕事もあって、ほぼ睡眠なし。明けで仕事をして、15時から菊川湖へ。
新製品で釣ることが目的でしたが、そんなに甘くありませんでした。

1429275491154.jpg


急激な増水で一気に満水です。しかも、水は濁りが残ってます。そして・・・水温低目(涙)

簡単じゃないですね。

1429275502717.jpg


毎年のスポーニングエリアでちょこちょこってやったら魚には触れるかなと思ったけど、本当に甘かった。何も起こりません。。。

今日は3時間しか釣行時間は取れないので、ささっと移動して四熊のシャローを見てみたが不発。インレットに行ってみるとなぜか鯉がぞろぞろと並んでいる。数匹バスも見えたけど反応なし。
その後、他を回ってからラスト30分で入りなおして見ると、ワカサギだらけ!!!明日は大潮ということでワカサギの遡上が始まっていました。

1429275527645.jpg


そして、それを食す鯉。鯉ってワカサギ食べるんですね。しかも食いまくり!もしかしたらワカサギの卵を食べているのかもしれないですが、とにかく鯉がワカサギとリンクしているんです。
その下にバスがちらほら・・・。けどサイズは良い!

結構無視られてショボーンってなっていたんですが、なんとかブラインドで食わせることに成功。

1429275515083.jpg


1400gでしたが、なかなか綺麗な魚でした。惚れ惚れ。。。

その後は沈黙でしたが、今回もST620MLS-Ftでのキャッチとなりました。フッキングもばっちりだったし、本当良いロッドです。

ルアーはマイフェイバリットのラッテリー5-1/4。今日はスカッパノンが良かったです。
しかし、ネコリグ釣れるなぁ。。。ホントはインレットミノーで釣りたかったんですけどね。









posted by D.Tanaka at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年04月02日

菊川釣行でグッドサイズ バス&ナマズ

3/31の釣行です。

私の卓球の先生である中岡さんと菊川湖へ行ってきました。

何とか一匹キャッチしてもらおうと頑張ったのですが、結果はナマズのみ。

でも、ナイスなナマズでした。外道と言えばそれまですが、釣りという大きな括りでは立派な好敵手です。

そう、器が違うんですよ。中岡さんは(笑)

1427835851234.jpg


おちゃらけたキャラを演じていますが、本当にストイックに物事を捉えている人です。

そして、卓球のコーチとしてぶれない、揺るがない信念と指導力を持っています。

これは釣りにも通じるとことが多くあります。いろいろなものを学ばせて頂いています。やっぱり、どのジャンルでもプロというものは凄いと感心させられます。

卓球のプロというと選手だと思われがちですが、コーチや指導者というも、もちろんプロです。釣り業界でいうならば、プロアングラーは当然ですが、メーカーやショップなどもプロであることは間違いないです。

プロという定義は人それぞれですが、私は心意気というか、覚悟だと思います。それを感じられる人を信じたいと思う。信じることが出来る人をプロと呼びたいと私は思います。


1427835839016.jpg


しかし、立派なナマズです。大会中に来たらちょっとイラっとします(笑)が、実はかなり好きな魚です。

独特のファイトも魅力ですね。ただ、バスよりも歯が痛いのでハンドランディングは気を付けて。

私は、なんとか一匹ながらグッドサイズをキャッチすることができました。

11125639_717035505075691_543951803_n.jpg


今回のヒットルアーもラッテリー5-1/4。ただし、今回のカラーはスカッパノンです。春には強いと感じるカラーですね。

11086978_717035471742361_1075776129_n.jpg


キャストの感じも、フッキングのリズムも自分なりに分かってきました。もっと数を釣って自分の右腕にしていきたいと思います。


あと、こんな風景初めて見ました。

1427835786080.jpg


ワカサギの産卵かなと思ったのですが、どうでしょうか?入流水は生活排水などはないと思うんですけど。。。

ちなみにこのエリアではたくさんのバスは見えるもののキャッチには至りませんでした。

まだまだ精進が足りません。

















posted by D.Tanaka at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年02月17日

忘れたい菊川釣行

まあ、こんな日もありますよ。
なんて、割りきれるか!!!

5凸ですよ。こんな年は初めてです。流石に厄年って事なのか!

厄払いの御利益が無かったのか、それとも、厄払いに行かなかったらもっと悲惨なことになってたのかもしれない。

反省なんて出来る精神状態じゃないので、卓球動画でも見てふて寝します(笑)
IMAG1488.jpg
posted by D.Tanaka at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年01月27日

菊川釣行 その2 2015

夜勤明けからの菊川釣行。

1422366741045.jpg

平日だというのに先行者あり。しかも、2艇。スーパーハイプレッシャーじゃないか(笑)

といういい訳で、また凸ってしまいました。バイトもありません。。。

何と申してよいのやら。。。

部活があるので15時半には揚がったんですが、その時点で水温は9.8℃まで上がりました。絶対に釣れなくてはいけない状況。それだけに悔しさ100倍ってやつです。


とりあえず、この間メンテナンスしたクロナークCI4+はすこぶる良い感じでした。やはり、メンテは重要ですね。

しかし、年々冬が厳しくなります。菅野にフラれて、今度は菊川。。。

次はどこに行こうかな〜。釣れなくてもやっぱり行っちゃうのがバスフィッシング。

釣果は無くても、経験が積み重ねられると、次の景色はまた違うものになっている。

ルアーのテストもしたいし、調整もあるし、時間と体が足りません!!!


posted by D.Tanaka at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖