2015年11月02日

無理くり菊川釣行

今日は、夜勤明けで用事もあったんですが、無理やり時間作って菊川湖に行ってきました。

魚探の調子が悪いのと、この間のハンドルを試してみたかったことなどありまして。

魚探の方は、どうやら配線に問題ありのよう。線だけ買うと結構な額になるし、そこまで良い魚探とも言えないし、なかなか悩むところです。ローンレンジャーになるかなぁ(笑)

一方、ハンドルの方はというとこれは大正解でした。まず、バランスはとても良いです。ノブが重たくなったかと思ったんですが、それは全く感じません。そして、予想通りに慣性が働くのか、巻きがものすごい軽い。
HB760Lにover5というセレクトだったんですが、「あれ?ルアーがおかしいかな?」と思うくらいでした。あまりに巻き抵抗が軽く感じたんです。でも、もしかしたら感度は下がっているのかもしれません。でも、必要な感度はありますので、まずは魚を釣って総合的に判断したいと思います。ロッドもそうですが、感度が高ければ釣れるというものではないので。

さて、レイクの状況ですが、ターンでアオコが出て、これがまた良い具合にブレンドされています。なので、良い水のエリアが少ないです。そこで、間違いなく良い水の入っている水量のある中野筋の9mをメインで釣りました。

かなり渋い状況でしたが、魚探に映ったベイト&バスを発見し、シューティングで食わせました。ボートの真下9mです。

1446468642649.jpg


ルアーはフットボールにこだわりたかったので、ガンターオーバル。ウエイトは最初1/2ozを使っていたんですが、あまりに深いレンジなのと、トレーラーをエスケープツインからエスケープスイムツインに変えたので、5/8ozに変更したのが良かったみたい。

先日の菅野も(ミスしたやつですが)5/8ozでしたが、ST680MHでディープを探るのに自分にはとても合ってますね。もっと浅いところだと1/2ozでも良いと思うんですが。ボトムの起伏に良い感じで絡んでくれて、食わせの間が作りやすいです。お勧めですよ!

あと、以前のオーバルヘッドジグはガードを全抜きにしていたんですが、今回のガンターオーバルだとほとんどガードを抜かなくてもフッキングできます。手で広げるくらいの事はしてますが。
フットボールのガードは、根掛かりの防止というよりは、湖底のゴミを拾いにくくするのと、フッキング後にバラシを軽減するように思っています。フットボールはヘッドが挟まることが多いですから。

gunter_oval.jpg


ということで、一味違うフットボールジグ"ガンターオーバル"をお試しください。

posted by D.Tanaka at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年10月19日

ちゃんと釣りしてます。

いろいろと忙しいのもあって、「しばらく釣りにいけてない。。。」と思っていたが、考えてみれば2週間ほど前には菅野に行っていたし、それなりに釣りはしている。ただ、PBTのプラクティスには行けないことが多くなった。一番の理由は、一日フルの休みが取れないという事だ。

昨年の10月から、中学校の卓球部の外部コーチとして部活のお手伝いをさせてもらっている。自分で申し出たことだけど、任せてもらっている以上無責任なことは出来ないと思っている。なので、時間がまったく足りない。早朝から出かけても16時30分の部活開始に間に合わせるとなると、なかなかしんどい。

けれど、うちの会社は何かとフルでなければ時間が作れるので、近場には短時間ながら釣りにいける。むしろ、そういった環境なのだから行ける時に行ってちゃんとコンディションを作っておかなければと思っている。

良い練習環境があれば、それが一番である。でも、今ある環境の中で自分にできることをコツコツとしてきたものだけが、結果を残すことが出来ると思っている。これは卓球も同じ。確かに強い選手の中で練習出来れば、自然と上達することが出来るかもしれない。しかし、そうでないのであれば、それを羨んでも仕方ないので、自分の出来ることを意識高くやるだけだ。

釣りの時間が少なくなったことで、釣りのスタイルが少し変わってきた。時間をじっくりかけて釣り込むことが少なくなった。というか、それをやっていたらあっという間に終了になる。それと、予測をなるべく細かく、精度あるもので立てるようにしている。以前はあまり予定を立てずに、目の前の状況から分析して釣りをしていた。言葉にするのは難しいのだが、フィーリングを重視しているという感じ。今はある程度の準備をして、リカバー出来るパターンを2つくらい作って、あとはなるべく早くに見切るということが多い。

その結果・・・何もないことも多くなった(笑)でも、これは自分の"見立て"が甘かったという事を発見させてくれる良い機会になったと思っている。釣りというのは、釣れてからコメントを述べることが多い。つまり、結果を残してからしゃべる。これは何を言っても正解となってしまう。けれど、釣る前に状況を読むという事ということはとても大事なことだ。今はそれを研ぐ時間だと思っている。

1445241452519.jpg


その精度が甘いと、このような鱗だけという事にもなる。しかし、スプリットリングに鱗って。。。


土曜日は息子と、学校の同級生と3人で課外部活(まあバス釣りですね)をしてきた。

私は1匹、息子は2匹、友人は残念ながら釣れなかった。

1445241443656.jpg


ROD:RR680H
LINE:T-7 16lb
LURE:ESCAPE TWIN (1/2TX)

自分の追いかけている魚のコンディションが大きく左右するのだけれど、今回はボトムをしっかりと取っている方が良かった。息子はなんとかベイトタックルが使えるというレベルだが、ちゃんとボトムの起伏を感じフッキング〜ランディングまでこなした。一方、友人はスピニングしか使えず、ベイトと回遊する魚がを追いかけきれなかった私の技術不足もあり、バイトまで持ち込めなかったように思う。

1445241431029.jpg


1445241418923.jpg



ROD:ST680MH
LINE:T-7 14lb
LURE:ESCAPE TWIN (3/8oz TX)

息子曰く「バスは簡単にルアーを離さないことが分かったから、バイトからフッキングまで慌てないで準備できるようになった。」とのこと。もちろん、状況が良くなかったり、ルアーが合ってないとショートバイトが起きることもある。けれど、それも経験しなければ分からない。なので、今はちゃんと釣れる形を覚えることが大事。つまりは初期設定の大切さである。

「物事の意味づけは自分がしている」というのは常に自分が意識していることだが、「バスはすぐにルアーを吐く」と思っている人と、「バスは比較的ルアーを吐かない」と思っている人の動作には大きな差が生まれる。
「フォアサイドに球が来る」と予測している選手と、飛んできた球に慌てて対応する選手とは、当然ながら歴然の差が生まれる。そして、どちらのサイドに来ても良いようなスタイル、スタンスで準備している人は尚更だ。

「バス釣りとは・・・・・である。」という意味付け。「卓球とは・・・・である。」という意味付け。もっと掘り下げれば「クランクベイトは・・・である。」「チキータとは・・・である。」など。その意味付けによって、性質が決まるのだが、それを誤ると可能性もとても小さなものになってしまうことがある。

最近、ふと感じることがある。それは「自分はそんなに技術的には優れていないな。」と。釣りの話である。ただ、魚の気持ちを考えることはそれなりに出来ているかな。まったく釣れないというわけではないので、何かどこか優れている部分もあるのだろうけど、トッププロとの差は歴然と感じてしまうことがある。歳かな(笑)
一方、卓球は胸を張って言えるのが「技術が無い」ということだ(笑)。キャリアもないので。でも、頑張っていろんな知識を得ている。それは、自分で実践し、自分で理解してから、子供たちに伝えるために。

昨日、「冬に向けて練習時間が少なくなる。なので、土、日練習の時間を長くしたいのだがどうか?」と聞いた。ほぼ即答で全員が「お願いします!」と言ってくれた。それに応えなければと思った。

中学校の頃に「頑張ったら報われる」ということを実感させてあげたい。本気で取り組むという事を教えてあげたい。そんなことを考えている近頃の私です。











posted by D.Tanaka at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年09月28日

懲りずに菊川釣行

ホームというわけでもないし、気にっているレイクというわけでもないけど、近いという理由だけで菊川湖に通ってます。いや、ここしか行けないです。

夜勤明けから部活までの間しかないので、良くて5時間とれるかどうか。今日は4時間ちょっとでした。

なので、パターンを煮詰める作業をしているとすぐに終わってしまいます。でも、これがバスフィッシングの醍醐味なので、バタバタとしながらもあれやこれやと試すのです。

今日はサングラスとワームバッグ(バッカン)を忘れてしまって。。。私は魚探とサングラスが無かったらテンサゲになる人なので、とても辛かった。

1443446768820.jpg


なにより秋だというのに暑いし、眩しいし。スペアのサングラスでも積んでおけばよかった。こういう時はホントメガネっ子は困ります。度入りじゃないとダメなので簡単にスペアを買ったり、人に借りたり出来ないですから。どこかにサングラスサポートしてくれる物好きなメーカーないかしら。

まあ、今日はサングラスで魚が見えるような水色でもなかったですけどね。

1443446754490.jpg


それでもラインやショアライン際などやっぱり有ると無いのでは雲泥の差です。

しかし、タフというか、魚が深いです。ベイトは浅いのですがどうにもバスがリンクしてない。自分が釣れないだけかな。。。

なんとか絞り出したのはパンパンの1500超えでした。

1443446745965.jpg


ルアーはまたもやエスケープツイン。ボートの隅っこに1パックありました(笑)

ロッドはオリジナルの680MH。このロッドは本当に良いロッドですね。

投げて良し、巻いても良し。LTTにもラインナップされているので、違いを比べて使い分けても面白いと思いますよ。

ラインはT-7 14lb。これも文句なし!

自分に合ったタックルで、狙って魚を釣るというのは、考えてみればとても贅沢でありがたいことだと思います。

さあ、次はどこに行こうかな?



posted by D.Tanaka at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年09月24日

菊川釣行

釣行回数がめっきりと減ってしまったので、釣り感が鈍っているんではないかと思って、短時間ですが菊川湖へ行ってみました。

平日ということもあり、当然の貸切です。

要所ではかなり良い映像が出てきます。

1443098536056.jpg


でも、簡単じゃないんですね。ベイトとバスがリンクしてないのか、ヘラに占領されているのか、ニゴイが元気すぎるのか(笑)

そんな時はハプニングも起こります。

エレキを踏んでもボートが動きません。「あれ?焼き付いたか?」と思いましたが、耳をすませばブーンとモーターの動く音は聞こえてきます。エレキを上げてみると異常なくプロップは付いてます・・・・が、その先のプロップナットがありません!!!

1443098545152.jpg


ガッテーム!!!でも、プロップを無くさなかったので良かったです。プロップナットはスペアの純正を付けて、なんとか釣行開始しました。

すると、すぐにフラットでグッドサイズが釣れました。

1443098522907.jpg


ROD:ロードランナーRR680H
LINE:T-7 16lb
LURE:NORIES ガンターオーバルジグ(トラッドブラックブルー) 5/8OZ + エスケープツイン(ダッピ)

しかし、その後はさっぱりでした。。。

やっぱり釣りもちゃんと練習しなきゃダメですね。

でも、久々のバスフィッシング。癒されました〜!







posted by D.Tanaka at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年06月03日

苦戦の菊川湖

久々の朝からの釣行。しかも、曇り〜やや雨の予報とくれば=爆釣!となるわけで、テンションもアゲアゲだったんですが・・・・結果は激渋!

1433311569870.jpg


テンション高いのはこの子だけ!ダイラッカに食うわ、ブリトロには複数で追ってくるわで大変でした。あ、そうそうマナズもテンション高かったですね。要注意!

何が原因かと考えたんですが、まずは水位。

1433311556854.jpg


水位が高いことというよりは、放水がないんですね。ほぼ全域で泡がブクブクしてます。そして、最上流にはイノシシの腐乱死体。。。←これには参った。。。

インレットなどの水の良いところは鯉や鮒が大量に占拠しておりました。バスが優位種だといった奴はだれだ?完全に数で負けております。

ディープに良い水があれば、案外釣れるのか?とも思いましたが、いまいち探り切れませんでした。まだ、アフターということで動ききれないところに水が悪くなり、さらにきつくなっているのかも。。。
でも、今日の雨でなんとか変わってくれるのではと期待しております。

風もなかなか具合よく、クリエス、フラチャットを中心にスローに攻めてみたんですが、何も起こらず。。。今になってみればトップやジャークベイトの方が良かったかな?なんて・・・。

んで、頼みの綱のハッスンで終了10分前になんとか画になる魚をキャッチ。

1433311526094.jpg


落ち込みで食ってくれたのでほっと一安心でした。


ところでこの写真は撮影ようにルアーの位置を変えているんですが、実際はこちら。

1433311525099.jpg


マスバリということもあって、貫通しきれないところにバーブの手前で止まっていました。私はトーナメントはもちろん、普段からランディングネットを使わない人なので、ランディングもゆっくり目なんですが、このバスには2,3回ジャンプされちゃいました。でも、ばれないんですね。

ラインテンションを抜かないでいれば、案外ばれません。もちろん、一番良いところにしっかりと貫通させれば良いのですが、今回のような箇所だとなかなか難しいです。実際に、その場でラインを引っ張ってみましたが、刺さるよりもフックが広がる方向へ力が入り、まったく刺さる感じになりませんでした。

こういった時に威力を発揮するのが、ソリッドティップだったり、ハイブリッドバキュームのグラスティップです。特にHB640ML-SgtやST620MLS-Ftなどは自分が愛用していることもありお勧めです。このロッドじゃなかったら獲れていない一匹だといえると思います。







posted by D.Tanaka at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年04月17日

全てを全力で!

昨日の当直は03時なんて仕事もあって、ほぼ睡眠なし。明けで仕事をして、15時から菊川湖へ。
新製品で釣ることが目的でしたが、そんなに甘くありませんでした。

1429275491154.jpg


急激な増水で一気に満水です。しかも、水は濁りが残ってます。そして・・・水温低目(涙)

簡単じゃないですね。

1429275502717.jpg


毎年のスポーニングエリアでちょこちょこってやったら魚には触れるかなと思ったけど、本当に甘かった。何も起こりません。。。

今日は3時間しか釣行時間は取れないので、ささっと移動して四熊のシャローを見てみたが不発。インレットに行ってみるとなぜか鯉がぞろぞろと並んでいる。数匹バスも見えたけど反応なし。
その後、他を回ってからラスト30分で入りなおして見ると、ワカサギだらけ!!!明日は大潮ということでワカサギの遡上が始まっていました。

1429275527645.jpg


そして、それを食す鯉。鯉ってワカサギ食べるんですね。しかも食いまくり!もしかしたらワカサギの卵を食べているのかもしれないですが、とにかく鯉がワカサギとリンクしているんです。
その下にバスがちらほら・・・。けどサイズは良い!

結構無視られてショボーンってなっていたんですが、なんとかブラインドで食わせることに成功。

1429275515083.jpg


1400gでしたが、なかなか綺麗な魚でした。惚れ惚れ。。。

その後は沈黙でしたが、今回もST620MLS-Ftでのキャッチとなりました。フッキングもばっちりだったし、本当良いロッドです。

ルアーはマイフェイバリットのラッテリー5-1/4。今日はスカッパノンが良かったです。
しかし、ネコリグ釣れるなぁ。。。ホントはインレットミノーで釣りたかったんですけどね。









posted by D.Tanaka at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年04月02日

菊川釣行でグッドサイズ バス&ナマズ

3/31の釣行です。

私の卓球の先生である中岡さんと菊川湖へ行ってきました。

何とか一匹キャッチしてもらおうと頑張ったのですが、結果はナマズのみ。

でも、ナイスなナマズでした。外道と言えばそれまですが、釣りという大きな括りでは立派な好敵手です。

そう、器が違うんですよ。中岡さんは(笑)

1427835851234.jpg


おちゃらけたキャラを演じていますが、本当にストイックに物事を捉えている人です。

そして、卓球のコーチとしてぶれない、揺るがない信念と指導力を持っています。

これは釣りにも通じるとことが多くあります。いろいろなものを学ばせて頂いています。やっぱり、どのジャンルでもプロというものは凄いと感心させられます。

卓球のプロというと選手だと思われがちですが、コーチや指導者というも、もちろんプロです。釣り業界でいうならば、プロアングラーは当然ですが、メーカーやショップなどもプロであることは間違いないです。

プロという定義は人それぞれですが、私は心意気というか、覚悟だと思います。それを感じられる人を信じたいと思う。信じることが出来る人をプロと呼びたいと私は思います。


1427835839016.jpg


しかし、立派なナマズです。大会中に来たらちょっとイラっとします(笑)が、実はかなり好きな魚です。

独特のファイトも魅力ですね。ただ、バスよりも歯が痛いのでハンドランディングは気を付けて。

私は、なんとか一匹ながらグッドサイズをキャッチすることができました。

11125639_717035505075691_543951803_n.jpg


今回のヒットルアーもラッテリー5-1/4。ただし、今回のカラーはスカッパノンです。春には強いと感じるカラーですね。

11086978_717035471742361_1075776129_n.jpg


キャストの感じも、フッキングのリズムも自分なりに分かってきました。もっと数を釣って自分の右腕にしていきたいと思います。


あと、こんな風景初めて見ました。

1427835786080.jpg


ワカサギの産卵かなと思ったのですが、どうでしょうか?入流水は生活排水などはないと思うんですけど。。。

ちなみにこのエリアではたくさんのバスは見えるもののキャッチには至りませんでした。

まだまだ精進が足りません。

















posted by D.Tanaka at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年02月17日

忘れたい菊川釣行

まあ、こんな日もありますよ。
なんて、割りきれるか!!!

5凸ですよ。こんな年は初めてです。流石に厄年って事なのか!

厄払いの御利益が無かったのか、それとも、厄払いに行かなかったらもっと悲惨なことになってたのかもしれない。

反省なんて出来る精神状態じゃないので、卓球動画でも見てふて寝します(笑)
IMAG1488.jpg
posted by D.Tanaka at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年01月27日

菊川釣行 その2 2015

夜勤明けからの菊川釣行。

1422366741045.jpg

平日だというのに先行者あり。しかも、2艇。スーパーハイプレッシャーじゃないか(笑)

といういい訳で、また凸ってしまいました。バイトもありません。。。

何と申してよいのやら。。。

部活があるので15時半には揚がったんですが、その時点で水温は9.8℃まで上がりました。絶対に釣れなくてはいけない状況。それだけに悔しさ100倍ってやつです。


とりあえず、この間メンテナンスしたクロナークCI4+はすこぶる良い感じでした。やはり、メンテは重要ですね。

しかし、年々冬が厳しくなります。菅野にフラれて、今度は菊川。。。

次はどこに行こうかな〜。釣れなくてもやっぱり行っちゃうのがバスフィッシング。

釣果は無くても、経験が積み重ねられると、次の景色はまた違うものになっている。

ルアーのテストもしたいし、調整もあるし、時間と体が足りません!!!


posted by D.Tanaka at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2015年01月03日

2015年初釣り

2015年の初釣りは、昨年と一緒で菊川湖に行ってきました。

1420288742354.jpg

冬っぽい画像ですね。

魚とか内容はちょいと事情あって、後日アップしたいと思います。

しかし、冬のバスフィッシングは面白いです!

冬には冬の、夏には夏の釣りがある。

バスの奥深さって半端ないですね〜。

posted by D.Tanaka at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2014年09月29日

菊川釣行 その8

久々の菊川釣行with息子。

日ごろから部活で疲れ切っているので、今日はお気軽お気楽モードでディープのベイトでも見つければなんとかなるでしょ!と来てみたんですが・・・激ムズ!!! 

バスはどこにいるの?って感じで、早々に息子はこの状態。

1411814175220.jpg


自分は必死になってやっとこさ1400g弱。

1411814262127.jpg


ルアーはエスケープツイン。もう餌を導入するしかないです。

ちなみにエスケープツインはナマズ大明神も大好きであります。

1411814188357.jpg


この日はこのサイズが2匹です。しかも、最高のバイトでのナ〜マズ。うむ、悪くない。むしろ良いw

シャローは基本的に壊滅だし、ディープも横の動きには反応が薄い・・・。

残るはメタル系になるんだが、時代はダイラッカ。

まあまあ、投げたんですけどね・・・・。私には無理な感じでした。某K君はダイラッカで4発となかなかイケてる釣果でしたけど。。。何が違うんだろう???

息子も特訓中のカメラバでバイトが無いから、半分あきらめモード。仕方ないので禁断のアノワームを出すことに。

そう、ハッスンSFです。

リグって数投でこれですよ・・・。

1411814149227.jpg


1400gオーバー。

しかも、ほぼ連発。。。

1411814129501.jpg


タフッた時のロングワームは恐ろしいです。

私も使いたいけど残りが無いので、仕方なくトリックワームのネコでキャッチ。

1411814160046.jpg


けれど、サイズ負けw やはり、あの長さは重要なんじゃないかな。。。

ということで、15時には納竿。

私の1/3も釣りをしてないのに、サイズ負けするなんて。。。

若さっていいですね〜。←若さのせいにしておきますw












posted by D.Tanaka at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2014年09月27日

工事のお知らせ

現在、菊川湖(川上ダム)のスロープ付近の道路を拡張工事をしています。

工事の様子はこちら。









1411814252663.jpg



あ、これは“こうじ”違いでしたねw ポーズを要求すると、なぜか野グ〇ポーズでしたwww


スロープのすぐ上のあたりです。

1411814216167.jpg


工事の場所以外にも、関係車両が止められる場合もあります。また、重機の移動もあるかもしれないので、駐車には十分余裕をもってお願いします。

ちなみに期間は・・・

1411814233274.jpg


1月30日ということです。

トラブルを避けるためにも、皆様のご協力をお願いします。












posted by D.Tanaka at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2014年07月03日

菊川釣行 その7

夜勤明け釣行です。湖上の人になったのは10時過ぎ。先行者は1艇。平日に人ありとは、なかなかのハイプレッシャーですよ(笑)

今回は時間もまあまああるという事で、いろんなタックルを持ち込みました。

今回わかったことは、13メタのブレーキ(これは昨日のブログで書きました)と、ラッピングミノーのタックルセッティング。

以前はHV660MLSにPE(Armored F+)というセッティングで使っていたのですが、ボトムすれすれを這わしたり、微妙なフォールを交えたりと、小技を入れようとするとちょっと使い勝手が良くないと感じていました。

そこで、HB640L-Sgtで使用することに。まずは通常の使用のままフロロ(T-7)を入れてみたのですが・・・見事ミス!一瞬乗ったのですが、バスかニゴイかわかりませんでした。

やはりグラスティップ+PEというセッティングが一番自分には合っていますね。

そこで、HB640L-SgtにArmored F+(リーダーにはフロロ 6lb)というセッティングで試すと・・・ガツンとニゴイ!

1404306786144.jpg


そして、次のニゴイはリアのシングルフックに来ました。これを貫通させるのはPEラインならではだと思います。スプーンテールシャッドのノーシンカーやジャカブレードなどもPEを入れてないと、遠くでフッキングなどはかなり難しくなります。それでもMLのパワーならまだよいのですが、Lパワーだと尚のことパワー不足は否めません。

HB640L-Sgtはガイドセッティングからとても感度は上がっています。しかし、このロッドは投げてよし、巻いてよし、落としてよしの最高のロッドですね!もう一本欲しいですわ。。。

そして・・・

1404306807225.jpg


美しい魚体のラッピングミノーフィッシュ!!

ボート近くでの食いあげバイトでした。もちろん、フッキングはばっちりです。


それから、ラッピング場を探しに行きますが・・・orz

まだまだ、未熟です。なかなか嵌められません。


何を投げてもダメなので、諦め半分でキャロを投げるとココン・・・

1404306821229.jpg


1400gオーバーの綺麗なバスでした。

リングマックスバスいい仕事しますねぇ〜。

レギュラーマテリアルなので、水をうまく噛むような使い方をすると良い感じで誘ってくれます。個人的なお勧めは、ヘビダンとキャロ。気になるのはジグヘッドとか。まあ、ストレート系同様にとてもベーシックなワームなので、どんな使い方もいけると思いますよ。


んで・・・そのあとは何にも起こらずに終了となりました。

ローライトコンディションでベイトもバスも浮き気味だったと思うのですが、何かアジャスト出来ないままでした。消化不良な釣行となってしまいました。

やはり、バスフィッシングは難しい!!でも、楽しい!!!
posted by D.Tanaka at 18:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2014年07月02日

菊川釣行 その6

今日も仕事が早く終わったのでショート釣行です。

今年のPBTはとてもハイスコアで、ここで行われる第三戦が山場になると考えている私はなるべく時間を作ってプラに入っているわけですが、ホント釣り人いないですね・・・。

貸切はとても釣りがしやすいのですが、ちょっと心配になるような閑散ぶりです。

さて、ショート釣行は時間の関係もあり、普段よりも強めの釣りで早くエリアを見極める必要があります。

ということで、メインになるのはダイラッカ、フットボール、などウエイトあるもの。ダウンショットも7gくらいのいわゆるヘビダンがメイン。あとは巻きですね。

今回もダイラッカフィッシュをキャッチしました。

1404248086019.jpg


ダイラッカはとても勝負が早く、こういった釣行ではとても重宝します。それに、かなり強い釣りですが、それに反応しなかったバスは、ほかの釣りで釣ることが可能です。これは縦の動きで誘っているということが大きいのではないかと考えます。

スピナベなどのビッグウイローリーフも同じようなフラッシングを有するルアーですが、横の動きがメインのルアーの場合、バイトに至らなくても魚を追わせて、その場所から引っ張ってきてしまうという事があります。そうなると、バスはとてもスプーキーになってしまうことも多いのですが、縦の動きだとバスの場所を大きく移動させないため、見切られてバイトに至らなかった時でも、フォローで釣れることがあるのではないかと思うのです。もちろん、相手にしているのがスクーリングの魚であるという事も関係していると思いますが。

ともあれ、とても気持ち良いバイトだったダイラッカでした。カラーはワカサギ。


そして、本日のクライマックスがこれ!

1404217626215.jpg


いや、これじゃない(笑)

これもとても激しいファイトで楽しませてもらったんですが・・・

1404217663772.jpg


この魚です。

55cm、2kg越えのまさに菊川モンスターです。自己レコードですね。

久々に「これなんだかデカいな。」と感じて、長さをはかりましたよ。

これはリングマックスバスの魚です。

ring_max_bass.jpg


NORIESのHPにもレポート送っていますので、そのうちアップされると思います。

使い方はそれなりにキモもあるのですが、HP内の動画や伊藤巧プロのレポートなどにヒントが隠されているので、ぜひ見てくださいね。

今回の使用タックルのST640M-Ftですが、やっとというか、自信をもって使っているという実感が沸きはじめています。

1404217641237.jpg


フッキングがしっかりと決まるところなど、このロッドならではと思うこともしばしば。

ベイトフィネスが有利なことの一つにラインの太さもあり、キャッチ率は格段に上がっています。

対カバーというベイトフィネスは、あまり出来てないのですが、ヘビダンやベイトネコなどいろんな状況で出しどころを模索しています。

夢屋のベイトフィネススプールもいい感じだし。

って、ヘビダンの7gとか使っていたら、普通のスプールでも問題ないかも(笑)

posted by D.Tanaka at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2014年06月26日

菊川釣行 その5

仕事が早く終わったので3時間ほどのショート釣行です。

めぼしいところからいつものダイラッカでバン!バンバン!!としゃくっていきますが、まったく反応無い。

時間も少ないので、粘らずに次へ。

赤土のバンクで、フォールでグッドサイズを釣り、調子に乗って普段やらないエリアまで手を伸ばすも反応なし。。。

仕方ないので、前回の爆釣エリアへ行くも・・・??? 何かが違う??

自信のあるエリアで思う存分巻いてみるが、これも反応なし。ラッピングミノーでニゴイが釣れただけw

残り時間も少なくなったところで、別のエリアへ。ベイトフィネスでグッドサイズを掛けるもバラシ。。。フックのセッティングを間違ったようです。ST640M-Ftは他社のベイトフィネスよりもパワーがあると言っても、やはり通常のセッティングではラインスラッグの処理をミスると掛かりませんでした。何事も基本が大事ですね。

最後のチャンスでしゃくりまくっていると、とても気になる魚探映像が。。

後ろにポチョンと投げ、ちょんちょんとしゃくると「ん??」と違和感。でも、乗らない。さらにシャクルと「ん?ん??」また違和感。でも乗らないw さらにちょんちょんちょん!!

ゴン!!

やっぱり来ました〜!!

1403787982322.jpg

フッキングもばっちりの2本掛かり!

1403787995615.jpg

やはりオリジナル6100Hとの相性は抜群ですね!


先日の釣行の様子もNORIES HPにアップされているので、こちらもご覧ください。

文章で伝えきれないこともあるので、現地で捕まえるか、メッセージくださいね。自分のわかる範囲で説明いたしますから。
posted by D.Tanaka at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2014年06月22日

雨の菊川釣行 その4

雨の中の菊川に夜勤明けで行ってきました。

夜勤明けなので、浮いた時は9時半くらい。

先行者は1艇のみ。

1403345554777.jpg

ということで、そんなに撃たれていないだろうと思い、ダイラッカからゲーム開始。

すぐにバイト!これはいけるんじゃないの?と思っていたら・・・

1403345684081.jpg

そういうことねw メタル系ではとても反応の良いニゴイさんですが、ダイラッカも大好きなようです。この日は2匹のニゴイをキャッチしましたが、水面まで追ってくる姿は何度も見ました。

それからブレイクに絡むベイトの群れをラッピングミノーでシューティング。

1403345624113.jpg

結構良い魚でした。一撃ですね!

ほぼ貸切ということで、シャローゲームにシフト。グリッパーを片手に流しますが反応はなし。

エリアを大きく変えてディープを狙うもイマイチ・・・。ふとシャロー沿いを見るとワカサギの群れがピチピチし始めたので、ファーストブレイクをフットボールで狙うとすぐにゴゴン!とグッドサイズ。

1403345702217.jpg

オーバルヘッドwithスイムツイン。

そして、とある(笑)岬。先行者がいたのですが、移動されたようなので、すかざす入ってみる。ある程度のプレッシャーがかかったような状況で、ダイラッカがどうなのか気になったもので。

そして・・・

1403345717634.jpg

ズバーンときましたよ。この手の釣りはやはり別物。先行者がいても関係ないですね。ま、先行者がダイラッカ投げてたかダメですけどwww

ここまでキャッチはすべて1500gオーバー(目測ですw ただ、後半戦で三澤さんと合流したときは、彼の秤ではかりましたがやはり1500g越え。なので、誤差100g位の話だと思ってください。)

しばらくするとバイトが止まったので、ライトリグを入れてみることに。

するとこれも一撃!

1403345762387.jpg

連発!

1403345785828.jpg

少し前から導入した夢屋のベイトフィネススプールですが、結構良いですね。

1403345798868.jpg

シュリルピン6.5でも!

1403345821685.jpg

ベイトフィネスである必要はないのですが、やはりラインが8lbであるということは安心感がありますね。それにフッキングがしっかりと決まります。ちゃんと掛けて、ちゃんと取るという事では、とてもアリなセッティングだとおもいました。

ということで、岬で5匹。流石にサイズは下がってきましたが1200gはかたいということろ。


ここでウクレレから連絡があり、間もなくつくという事でスロープへ移動。
スロープ付近で時間つぶしで8mにフットボールでズルズルしてました。「ベイト薄いな〜」なんて思いながら釣ってました。スロープにウクレレが到着したので、ハイバイパスで移動&回収をしていたら中層でゴン!!!これも1500gクラスのグッドサイズ!これって祭りですか!?

ウクレレにも「今日は祭りだぜ!!!」と声を掛けて、テンション高く再び湖上へ。

少し雨がぱらつきましたが、そんなものは気にしない!

そして・・・ドカン!!!

1403345860177.jpg

プレミアムな輝きに我慢できなくなったビッグママ。とても良いバイトでした。気持ちよすぎる・・・。

陶酔しながら投げていたら次のバイトはミスっちゃいました(汗

でも、これは祭りだよね!!ということで、新たなエリアに移動。

このあたりで雨脚が・・・。でも、ちゃんとしたバスアングラーである私はレインウエアはちゃんと持ってます。もちろん、着ます。一方、ウクレレは・・・・(爆)

ガンガン降ってきておりますwww ウクレレの事よりも、この状況でなぜバスが釣れないのかが分かりません。。。

しかし、川上の神様は彼を見離さなかった。

1403345874437.jpg

ずぶ濡れラッピングミノーフィッシュ!良い魚でした。1800gくらいありそうな。

それから、リングマックスのダウンショットでもキャッチ。(これは1000gくらい)


エリアも変えても、あれこれ巻いても落としても反応無いのに、ダウンショットではなんとか釣れる。

1500gクラスを3匹釣って納竿としました。

あ、ウクレレは自信のあるといってたC〇ールのダウンショットでばらしてましたからね。まだまだですよw 

キャスティングとフッキングはちゃんとマスターしましょうね!



posted by D.Tanaka at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2014年05月06日

菊川釣行 その3

久しぶりの菊川湖です。今日は夜勤明けですが、GWに何処も連れて行ってあげられなかったので、長男と釣行です。

バスに拘る私と違って、彼はいろんなものを釣りたい人。なので、この時期の菊川はナマズが熱い!という話をすると、ホイホイ着いてきました。

まずは、シャローのバスの状態を見ていきます。スポーニングベッドを作るであろうシャローの周りをライトリグで。そして、彼はすぐに飽きてしまいますw 

そこで、ナマズも釣れるというスプーンテールシャッドのジグヘッドにチェンジ。でも、浮いているバスをメインとしている(少なくとも私は)ので、スキップインザシェードを通常刺しにしてリギング。この方がロールが強く出るので、よりスローに引けます。そして、強すぎない。スポーンで疲れたメスがチョイ沖で浮いているのを狙っちゃおうという作戦であります。

しかし、レンジをキープするというのがどうにも難しいらしく根掛かり連発。そうなると、もう飽き飽きです。スマホでパズドラモードに突入ですwww

エリアを変更してバスを狙っていますが、いまいちの反応。。。。ふとシャローを見るとナマズ発見w

すると長男もテンションアゲて釣り開始。仕方ないので大介スペシャルのナマズリグに交換。

もう効果覿面でした。

1399295420620.jpg

リグについてはスーパーシークレットなんですが(笑)ニーズがあれば公開します。無ければシークレットのままでw いろいろ工夫しているんです。

ちなみに長さは60UPでした。重さは量ってないのですが、アフターなのかちょっと痩せてました。でも、ギュンギュンに引いたらしく本人は大満足でした。

一方、メインのバスは不発。。。

シャローには目視できるのですが、ちょっと気難しいですね。

そこで、シャローのカバーを確認しておいて、休ませてからのロングアプローチ。

すると・・・杏侍のラインが走っています。

「お!バスだろ、これ。合わせろ!!」と私。 ガッチリフッキングも決まり、ジャンプしたバスはグッドサイズ!

慌てて自分のルアーを回収したら、なんと杏侍のラインと絡まりましたwww

「何やってんだよ!!」と彼。自分のラインを切ったのですが、ルアーは取れません。変に結べてしまってます。そして・・・バラシ。。。

「ホント、マナーがなってないよね。」とか、「人としてどうかと思うよ。」とか「もし俺が田辺さんだったら激怒だよ!」とか(爆)終いには、「このボートを持ち上げてひっくり返してやりたい気分だよ!!!」と・・・。

「ごめんね〜!」とニヘラと笑いながらキャストした私にバイトwww

1399295406464.jpg

「ふざけるな!!!ばれてしまえ!!!」という罵声をうけながらのランディング。

いや〜本当にバスフィッシングって楽しいですね!

今日は釣果よりも思い出の釣行となりました。

<ナマズタックル>
ROD:HV660MLS
LINE:DUEL Armored 0.8号
LEADER:T-7 5lb
LURE:NORIES スプーンテールシャッド5”

<バスタックル>
ROD:HB640LS-Sgt
LINE:DUEL T-7 5lb
LURE:ラッテリー5-1/4 ネコリグ




posted by D.Tanaka at 17:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 菊川湖

2014年01月28日

菊川釣行<ウインターカップ>

1/26にウインターカップという大会に参加してきました。この大会は別名「軍曹CUP」と言い、極寒のリザーバーで繰り広げられる苦行である。主催の軍曹から、暴言に近い激が飛び、参加者は涙を流して、打ちひしがれるという素敵な大会なのです。

会場は菊川湖。ちゃんと申請も行っており、この点もとても評価している。ただ、とてもまったり大会なので、真剣勝負というよりは、みんなで冬のリザーバーの勉強をしてステップアップしましょうということろである。

今回は6名の参加がありました。8時、みな意気揚々とスタートしました。

そして・・・


オワタw


全員討死!

私はノーバイト、ノーフィッシュという完全試合でした。





流石にこのままでは悔しくて帰れないということで、ウクレレ氏ともう一度湖上へ出撃しました。

大会中はディープを中心に、フットボール、メタル、ライトリグなど様々なもので攻めました。しかし・・・。

なので、残業時間では、もう少し頭を柔軟にして攻めることにしました。残業も1時間を経過し、日もかなり傾いてきました。水温はやっとの9.5℃。ちなみに朝は8℃台。

ベイトの反応の強いディープを切り捨て、ベイトまばらなシャローに狙いをシフトしました。

小さな岬で岩も混じるようなスポットです。

この答えはすぐに帰ってきました。

IMAG0551.jpg

最高に嬉しい一匹でした。ウクレレは後ろで悔しがっていましたw

でも、メタルで釣ったことも無ければ、釣ったところを見たことなかった彼はとても感心していました。

『ここで連発すれば、マジでカッコいいだろうな』と邪な気持ちで投げたメタルワサビーにビッグバイト!!

1390732037849.jpg

二匹目は50UPでした。シャローの魚らしく良い色加減。しびれました。。。

1390732072220.jpg

フッキングも最高のところでしたね。

<タックル>
ROD:ノリーズ600BSMH
REEL:メタニウムDC MG7
LINE:T-7 14lb
LURE:メタルワサビー 18g

ディープは重く、シャローは軽いというセレクトをする人もいますが、大介流ではシャローこそ18gです。シャローにあがってきているということは、高活性ということ。ならば、より強いルアーで良いのです。ディープであっても、フィーディングに入っているものは18gでもガンガン食います。しかし、ショートバイトが多発する時などは、ウエイトやカラーの変更をするタイミングです。

それと、根掛かりを外しやすいのも18g。フックが軽く掛かったときにはボディーの重さがあればあるほど外れるのです。当然、ボトムを釣るのでフックポイントが甘くなりがちです。スペアフックも持っていきましょう。

アクションは2or3シャクリでフォールが基本です。バイトのほとんどはフォール時。特にファーストフォールでのバイトが多いので、手返しをよく釣りをすることがキモです。それゆえのショートロッドは必須です。

結構、この手の釣りを経験していないバスアングラーは多いように思います。この力を感じるのは今の時期しかないので、皆さんもメタワサ片手にフィールドへGO!ですよ。
posted by D.Tanaka at 20:31| Comment(7) | TrackBack(0) | 菊川湖

2014年01月07日

釣り初め

2014年の釣り初めは、菊川湖こと川上ダムに行きました。思い起こせば、昨年の釣り初めは中山川ダムをチョイスするというドM釣行で、予定通りの撃沈!その悪い流れのまま一年を過ごしてしまったように思います。

だから、今日は何としてもグッドサイズをキャッチしなければいけません。一年を占う意味でも大切な釣行です。

IMAG0505.jpg

今日は息子と一緒に行ってきました。年末の釣行から比べるとかなり水が減ってました。より冬っぽくなっていて、ちょっと期待できそうです。水温は朝で10℃。

スロープ前から順番に釣っていきますが、釣れそうでつれません!ワカサギと思われる映像が綺麗に入るのですが、バスのバイトは遠い・・・。

それでも、ベイトとリンクするような場所をまわり、やっとよさげな場所に行き着きました。

IMAG0522.jpg

これはいただきでしょ!

ということで、今年のテーマでもある「丁寧に!」の精神で釣り込むと、コ・・ココ・・と小さなバイト。
これはST680MHじゃないとわからなかったバイトだと思います。これがVOICEだと、コという違和感の後にグーっと重たくなる感じ。どちらもキャッチはできると思っているのですが、バイトの出方の差は確かにあると思います。

そのバイトにガツーンと合わせたら、ズリリ〜っとドラグが出ました。メンテ後でドラグをキチンと締めてませんでした(笑)すぐにドラグを締めて、ラインスラッグをとると、ググっと生命反応は残ってました。

IMAG0506.jpg

これくらい深いバイトだと、ばれませんね!高感度でありながら、深いバイトも得られるのがST680MHの特徴でしょう。

IMAG0510.jpg

念願の2014年ファーストフィッシュはST680MH&オーバルヘッド3/4withエスケープツインがもたらしてくれました。ラインは信頼のT-7 14lb。寒くても硬くならずに使用感は抜群です!


テンション高く、息子に説明していると、息子のテンションはサゲサゲ・・・。

そこで、久しぶりにマーカーを投入して、しっかりと地形を説明して、息子の18番であるハッスンSFのネコリグ(シンカー2本刺し!)を投げさせると・・・

IMAG0512.jpg

どーん!!!

そして、連荘!!

IMAG0520.jpg

一匹ならかわいいけど、連荘されると少しムカツクw

ちなみにタックルはハードベイトスペシャル640LS-SgtにハッスンSF。ラインはT-7 4lb。

これはイージーか?と思ったが、そこは冬のリザーバー。そう甘くないですね。

IMAG0524.jpg

こんなゴージャスな映像も出るけど、うまくアプローチができてないのか、バイトが遠い。

結局、このまま15時に納竿となりました。

夕方にチャンスタイムがあったかもしれないですが、子供のことを考えるとこの辺が引き時かな。


考えてみれば2013年の釣り納めもウクレレに釣り負けて、2014年の釣り初めも息子に釣り負け・・・。魚はキャッチしているものの、勝負には負けているというなんともしっくりこない年末年始です。

今年は勝負に拘る一年にしたいなぁ〜。。
posted by D.Tanaka at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2013年10月15日

菊川湖釣行

今日は久しぶりに息子と休みがあったので、近所の菊川湖へ行ってみました。といっても、自分が夜勤明けなので、10時ごろからの出船となりました。

スロープについてみるとビックリの車の数。10台以上いたのではないでしょうか。それでも、みなさん端の方へ上手く停めておられ、スロープ上には誰も停めていませんでした。今のような満水状態だとスロープ上(看板下のスペースも含む)に車があるだけで結構難儀します。全く通れないわけでは無いですが、不要な接触事故とか起こらないためにも、心ある配慮をお願いします。

サクサクっと準備をして、対岸のあたりをサクサクっと釣ってみたけど全く反応はありません。そこで先行していたウクレレ野郎こと三澤氏に電話。案の定釣れてないというw

ケンチャンフラットといじっているところで合流。いろいろ情報を聞くが厳しそうな雰囲気です。。。

そこで、河口岬へ突入。入念に魚探を掛けると8〜10mへのブレイクにベイトが固まっていました。そこで、私は勉強中のベイトネコ“シュリルピン6.5”で。杏侍は伝家の宝刀“ハッスンSF”で攻めることに。

先にGETしたのは・・・杏侍でしたw

IMAG0259.jpg

杏「いや〜このワームは本当に釣れるね!」
私「でも、もう数少ないからね。廃盤だから。」
杏「なんでこんな釣れるワームが廃盤になるの?」
私「いろいろ大人の事情があるんだよ。でも、一番はちゃんと売れないからかな。企業はものを売らないとダメだからね。」
杏「ふ〜ん・・・パパの押し(プロスタッフとしての)が甘いんじゃないの?」
私「・・・・・ごめんなさい。」

と、強烈なダメ出しをくらい、心に深刻なダメージを負いながらも、なんとか私もキャッチ。

IMAG0261.jpg

私「えらく写真が遠いな。これだと魚が小さく見えちゃうよ。」
杏「だって、そうなるように写したんだもん。」
私「・・・・・。」

誰に似たのでしょうか?親の顔が見てみたいものです。

その後はいろいろ試しますが、反応がありません。そのうち杏侍も飽きてきました。

杏「ねえ、グルグル巻くやつで釣りたい。」
私「クランクベイトとか?」
杏「そう。」
私「なら、これは?スピニングしか使えないなら大きいのは無理だし、小さすぎでも飛ばないからね」

といって、DUEL ハードコアシャッド60Fを渡しました。Fをセレクトしたのは根掛かりしにくいからです。

今日のバスの状況から言って、このルアーでは少々厳しいと思います。それでも、一生懸命投げています。

杏「今日は絶対このルアーで一匹釣る!」
私「結構厳しいと思うよ。」
杏「いや、絶対に釣る!!!!」

そして、その時がついに来ました。

IMAG0263.jpg

HB640L-SGTがギュンギュン言っています。けれど、主導権はこちらにあります。

IMAG0262.jpg

T-7でのファイトは安心そのものです。ルアーもしっかり掛かっています。

そして、ハンドランディング。ちょっと苦労しましたが。

IMAG0268.jpg

60UPでした!

ちなみにこの鯉は狙って釣りました。ふら〜っと泳いでいた鯉の少し前にキャスト。気付いた鯉がゆっくりと近寄ります。そこで、軽く巻き&ジャーク!すると鯉はダッシュでルアーにもう突進しました(笑)その様は、バスそのものでした。

そのトルクフルなファイトに杏侍も大満足だったようです。

杏「だから絶対一匹は釣るっていったじゃん。これで俺の勝ちだね。」
私「え?鯉もカウント?」
杏「だって、一匹釣るっていったけど、バスとは言ってないでしょ?」
私「・・・・。」

結局、私のスコアはキロアップ1匹でしたが、久しぶりの息子との釣行に心癒されましたw

また、時間を作って行きたいと思います。

でも、真面目に今の菊川はなかなか手ごわいですよ・・・。
posted by D.Tanaka at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖