2017年09月17日

GFFOその後の作業

ご無沙汰です。

大会が終わっても、仕事はなくなりません。。。

今日は小野湖まで行って反省会をしてきました。
9時から13時くらいまで、たっぷりとみんなが建設的な意見を出して、話し合いました。

間違いなく今までで一番良い会議でした。
なかなかの充実感です。でも、これを次に生かさないとダメですからね。頑張ります!



あとはデスクワーク。

先ほどTOP10タックルをアップし終わりました。

http://www.potberry.jp/archives/4719

毎回、このアップは上位入賞参加者からの提出がないとアップ出来ないので、遅くなるのですが今回は皆さんが協力して頂けたので丁度1週間で完全終了!
夏休みの宿題が終わった時のような気分ですw

このタックル類のリストは、参加者や小野湖に行く人の参考になって欲しいというのもありますが、協賛して頂いたメーカー様、ショップ様へ、現場のタックル利用状況を知っていただくという意味もあります。

なので、比較的ニーズの高いものです。なので、お手数だと思いながらも、何度もメールで聞き直す仕事になります。

今回もいろんな傾向が見えて、個人的にも楽しい作業なんですけどね!



そして、photogalleryもアップ完了!

photogallery 1

photogallery 2

photogallery 3

こちらも、複数枚あるものからベストを選んだり、ピンボケを省いたりと、なかなか大変です。

掲載されている写真は、ご自由にお使いください。
出来ればHPにリンクをはるか、記事に#GFFOおよび#PBTあたりを書いてくれると助かります。



RIMG0549_959-150x150.jpg


あとは、報告書を制作して、郵送作業が残っています。

近日中に終わらせます!!!

DSC_0335_1119.JPG


皆さんありがとうございました!!!
posted by D.Tanaka at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2017年09月12日

別の視点からのGFFO

今回のGFFOは今までの6回とは違ったことがありました。

それは自分が、出場する(参考記録ですが)という立場になり、多くの仕事を仲間に割り振ったことです。

実際には、きちんと割り振れていたものに関しては、ほぼ出来ていたと思います。でも、私が引継ぎや、割り振りのミスをしたところは、参加者に大きな迷惑を掛けてしまいました。これはとても反省しています。

改善できることは、すぐにでも改善し、出来ないことは参加者に納得していただく。要望は出来るだけたくさんあった方が良いと思います。でも、出来ることと、出来ないことをちゃんと見極めることが大事だと思いました。

そして、自分が今回感じたというか、嬉しかったこと。それは私たちのミスを快く許してくれ、笑顔で対応してくれた方があったということです。

何か問題が怒ったときに、いろんな対応の仕方があると思います。大きな声を上げて相手を威圧したり、泣いてみたり、物に当たってみたり、また、紳士的な態度だったり、相手をかばってみたりと。

以前のブログで、参加者が作るイベントだという事を書きました。それは無責任という話ではなく、随所にそういったことでの起点があるということです。

今回のミスが出た時に「なんでだよ?どうなっているのか?!こちらは金払って参加してるんだぞ!」と大声をあげていたら、周りの人はどんな気分になったでしょうか。そういう行動をとることも出来たのです。でも、笑顔で何事もなかったように対応して頂くことで、そのミスもちょっとしたサプライズのようになります。←実際、こういう風に言ってくださいました。

自分人の言動が、周りをどんな気分にさせるのか。

今回、田辺さんが開会式の時に「相手が嫌なことはしなきゃいんだよ。」と言われました。まさにこれです。

21430052_666364520235892_196622327709048564_n.jpg


不満に思ったり、疑問に思ったり、わからなかったり、と自分が不安になることがあります。けれど、その聞き方、言い方、表情で、すべてが変わります。

人が沢山集まるという事は、いろんなことが起きます。それをどうするか。

そんなことをいろいろと考えた大会でした。

本当に自分の不手際で、年に一度の大切な大会が台無しになるところでした。

けれど、今回、様々な仕事を周りに任せたことで、スタッフのスキルは大きく上がったと思います。

間違いなく来年は、もっと素晴らしい大会になると思いました。

個々の目的、団体の目的。

それをぶれることなくやり続けていれば、いろんな人が支えてくれるようになり、前に進んでいくことが出来ます。

21559029_478516549186952_4579118232039827298_n.jpg


大きな会社だけでなく、個人でもいろいろと支えてもらっています。県外からも。

21414678_1900785213271082_2945543684879610339_o.jpg


小野湖というフィールドと、バスという魚あってのイベントです。でも、そこには人が居る。

人が良いものも作るし、壊すこともあるんです。

どうせなら、良いものを笑いながら作りましょう。

21616532_2006900156211347_8967362878218448930_n.jpg


このイベントスタッフは、かけがえのない仲間です。感謝です。

文句ひとつ言わずにきつい仕事をやってくれます。

ぜひ、すべてのスタッフの頑張りをみてください。
posted by D.Tanaka at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2017年09月11日

GFFO終了。そして、思い出。

心地よい疲れです。とても満足しているからでしょうか。

大会運営としては、反省点ばかりで、参加者の皆様に大変な迷惑を掛けてしまって申し訳ないと思っています。すべてのご意見を来年の糧として、より発展させていくつもりです。

今回のGFFOに関わっていただいたすべての人に感謝です。

GFFOについては次回のブログで書きます。

今回は私個人の視点のブログです。


今回のGFFOはゲストとして田辺哲男プロをお招きしていました。ということで、前日から行動をご一緒させて頂き、とても勉強になる二日間でした。この経験は、lessonなど様々な事で生かせるのではないかと思っています。

そして、一生の思い出。

21587019_1164299450338432_347115170698089087_o.jpg


こんな写真が撮れるとは思っていませんでした。まだまだ自分の中にもミーハーな部分というか、ときめく感覚があるんだと知りました(笑)ときめくおっさんというのも気持ち悪いですが、ときめきに向かって走っていた若さとは違って、いまは到達したときに「ああ、こういうことなんだ。」と気づくことが多いです。

さて、プラもなかなか厳しいものでしたが、田辺さんの見切りの早さ、釣りの煮詰め方、様々なことを目の当たりにしました。何度も取材同行をしてきたので、そういったことは知っていましたが、一緒に釣りをしたうえで、経験するのはまた違うものでした。

177.jpg


プラでは、なんとかB-SWEETで一匹。気持ちよいバイトでしたが、サイズはいまいち。けれど貴重な一匹です。

そして、本番は、田辺さん曰く"禁断のエスケープツイン"いや、"15年前から進化してない釣り"←こんなディスり方あります!?(笑)

192.jpg


193.jpg


194.jpg


2本リミットなので、2530gということで参考記録ながら7位というポジションでした。今週末にはPBTがあるのですが、そちらは3本リミット。今回3本なら3700gくらいなので、悪くないウエイトだったと思います。

タックルはいつものばかりですが、LTT680HにT-7(フロロ)16lb、10gシンカーにエスケープツインwithダブルエッヂ3/0です。

田辺さんが本気の巻きを入れた直後でも、一発で食ってくることから、状況は極めてこういった釣りだったのだと思います。

自分もちょこちょこ巻きを入れていたんですが、「あれ?もうツイン終わり?」とか「今日はそれしかないんじゃないの?」とか、"お前はツインを投げておけ!"ビームが痛いくらいに届いてまして、8割以上ツインを投げ続けていた感じです。

田辺さんの写真もあるんですが、モバイル等で使われると思うので、一枚だけこっそり載せておきます。

1204.jpg


「人生初のサイズだよ!」と、子供のような笑顔でした。

最高の場所に、最高のルアーを入れてこそ、その状況がわかるというのはこういうことなんでしょう。

田辺さんには無礼ばかりで申し訳なかったですが、本当に記念になる二日間でした。

ありがとうございました。
posted by D.Tanaka at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2017年09月08日

明後日はGFFO(笑)

しつこいですかねw

ただ、明日から小野湖入りで、明日は宇部泊まりということで、自宅からのアップが出来ないので今日しっかり書きたいと思います。

大会の時に、いろんなことを話したいと、いつも思うんだけど、なかなか出来ないので。

それは、開会式の時は「はやく釣りしたい!!」オーラが凄く、なるべく手短にしようと思っちゃいます。まあ、自分も選手の時もありますので、その気持ちはわかります。

そして、閉会式の時は、みんな疲れていて「はやく帰りたい。。。」オーラが凄いから(笑)

ということで、小難しい話をする空気がなく、いつも話せないでいます。



なぜ、GFFOを開催しようと思ったのか。

これは、目的の部分であり、絶対にぶれてはいけない部分だと思っています。

細かく書けばいろんなことがありますが、私が一番だと思っているのは、「釣り人間の繋がりの場」ということ。つまり、同じ釣りという趣味をもった仲間だという気持ちを共有してほしいということです。その先には、些細なトラブルもなくなるし、ちょっとした配慮だって出来ると思います。もちろん、盗難なんてものは論外だし、釣り以外のことも助け合える仲間になるかもしれません。

GFFOというイベントを通じて、さまざまな人と出会い、いろんな話をしてほしいと思います。今年は昨年以上に県外の人が多いように思います。小野湖の魅力を感じてもらいたいと思うし、小野湖に通うアングラーの魅力も感じて欲しいと思います。

私自身、以前は日本を回るトーナメントに出ていました。その先々で、いろんな人に助けられ、いろんなことを学びました。そんな場が、山口にあったらとても素敵な事だと思いませんか。

PBTという団体は、たくさんの人々に支えられて、GFFOという大会を開催できるようになりました。今年で7回目。つまり、7年目。月日が流れるのは本当に早いです。

今後も、この大会が続いてくれることを祈っています。それは、小野湖にとって欠かせないイベントという位置になって欲しいということです。そのためには、毎回、事故なく、楽しめる大会にしなくてはいけません。

PBTのメンバーが頑張って、GFFOという舞台は用意できました。あとは、選手の皆さんが、いかに楽しみ、いかに有意義なものにするかだと思っています。

毎回、金曜日くらいに気持ちが高揚して、土曜日にマックスになり、当日が終わると、抜け殻のようになってしまいます。毎回、反省点も多くありますが、それも楽しんでしまおうというくらいの気持ちで乗り越えていこうと思います。

今年は、ゲストに田辺さんを迎えるということで、私自身の役割を多くの仲間に振り分けました。また、一味違った大会になると思います。

大会が終わりましたら、いろんな感想を聞かせて頂ければと思います。

あと、Facebookやインスタグラムに投稿される際は #GFFO をお忘れなく!

参加者一人一人で作り上げていく大会です。それでは当日よろしくお願いします。
posted by D.Tanaka at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2017年09月06日

しつこいけど週末はGFFO!

めっきり涼しくなりした。一雨ごとに気温が下がります。

雨が降って水位は大丈夫だと思ったら、台風が発生しました。

ドキっとしましたが、今のところこちらには来ないようです。とりあえず一安心。



先日、田辺さんと電話しました。

「どうよ?」って感じで、いつも話が始まるんですが、今の小野湖や菅野の話をいろいろと。

そこで、最近のフラチャット1/2ozの釣れっぷりを伝えると、「それならよー、こういうのはどうよ?」みたいな。

教えてもらったリグに、ムフフと笑いがこみ上げてきました。


以前から、リグやルアーは魚ありきだと思っている。状況が合わなければ、どんなルアーも釣れない。

状況を伝えるだけで、教えてもらったリグ。

それがどうなって、どういう風に魚を引っ張るのか、簡単に想像できる。

新しいルアーを、やみくもに使ってみたり、テスト的にすることはあるけど、投げる前からリアリティーを感じるリグって。。。

この秋から使い込めるルアーが出来ました。

楽しみです。

あ、話が逸れましたね。

今週末はGFFOです。

皆さんよろしくお願いします!
posted by D.Tanaka at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2017年09月04日

週末にむけて

久々の投稿です。

週末は第七回GFFOですよ!

今回は、田辺さんがゲストということで、がっつり運営というポジションではないので、いつもと勝手が違って戸惑ったりしています。

不手際がないように、いろいろ連絡を取り合っておりますが。。。

今晩から雨のようなので、水位はなんとかなりそうですね。

とにかく無事に終わってくれ〜。延期や中止は勘弁です。

今年は開催運がとにかく無いので。。。

あ〜何か忘れてい居るようで不安ばかりです。
posted by D.Tanaka at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2016年09月13日

GFFOが終わって。。。

まずはGFFOに関わっていただいた、すべての人にお礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

スタッフ、参加者、協賛メーカー様、協賛ショップ様、アクトビレッジおの様、ほかにも書ききれないくらいの支援、応援を頂いて、この大会は運営されています。それが何よりもうれしく、素晴らしいことだと自負しています。


二日経ってやっと一息ついています。でも、例年と少しだけ違う気持ちです。
もちろん、感謝の気持ちはいっぱいです。事故もなく終えられたことが何よりです。

でも、もっと上手にできたのではないかという欲のほうが出てしまっているという感じでしょうか。

今回は、新しいことに挑戦しすぎた気がしました。それゆえに、スタッフへの指示や配置も十分ではなかったように思います。そして、賞品のこと、司会のこと、オークションなどなど。。。まだまだでした。

けれど、それは向上の余地ありとも言えます。ということで、真剣に考え、悩みましたが、半日で復活しました。

まずは、お礼状、報告、そして、ホームページへのアップなどなど・・・仕事は終わりません。

やはり、シンプルにしていくことが大事なのかもしれません。それも経験してわかること。

自分の成長のために、いろんなこと、人を巻き込んでしまって申し訳ないと思います。でも、やってみないとわからないというこのスタイルは変わらないでしょう。行動あるのみです。考えて動かないのは、考えてないのと同じなので。

まだまだ動けない私ですが、もう少しだけフットワークを軽くしたいと思います。

posted by D.Tanaka at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2016年09月07日

GFFOの賞品

今回はGFFOの賞品についてです。

釣り人というのは、つくづく我儘です(笑)

リールを出せば、ロッドが良いというし、ボートを出せば、エレキが良いという。。。


メーカーとしても、欲しいと思う人に渡ってほしいと思うし、使ってほしいはず。

そこで考えました。

今回のGFFOの賞品は、選べる賞品です!

一番高額な賞品は、もちろんサウザーボートです!

14237581_679391305546516_325868470834664973_n.jpg


でも・・・・ボート持っているし・・・・リールの方が・・・・。

という方は、リールを選んでください。ロッドが・・・という人はロッドを選んでください。
自分が選んで、愛着を持って使える道具を選んであげてください。

これが、良い方法かどうかわかりません。

けれど、いろんなことをやってみたいのです。もし、不都合があれば次回から変更します。
参加者、協賛メーカーからのクレーム、要望があればすぐに対応します。


ということで、今回は中身が見える福袋方式で、20袋御用意します。

つまり、上位10組は選べる賞品です。以下、何位まで作れるかわかりませんが20位くらいまでは固定の順位賞をご用意します。それから飛び賞とブービー。そして、参加賞です。

参加賞に関しましては、GEECRACK様が協賛とは別に大量のワームを全員分ご提供していただきました!

14222170_1823030311265000_1410637091096092619_n.jpg


それからボレアス様も全ペアに試供品のワームが御座います。

1468486587680.jpg


注)一番上に置いてあるワームになります。すべての商品が全ペアにあるわけではありません。

こちらの2点は朝の受付でお渡ししたいと思います。ぜひ、大会で活躍させてあげてください。

ということで、上位の方々に賞品が偏る通常の大会のようになってしまいますが、2匹リミットということで、優勝チャンスはどなたにもあると思います。最後まで諦めずに頑張ってください。

また、上位の賞品は結構なボリュームになっております。使い切れないと思ったときは、是非周りの方にその幸せを分けてあげてください。きっと良いことがありますよ。

この大会に対して、ご協賛していただいたすべてのメーカー様にこの場を借りて御礼申し上げます。
ありがとうございました。


posted by D.Tanaka at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2016年09月05日

熊本地震寄付金チャリティーオークション

悲しいことに毎年何か大きな災害があります。今年も熊本が地震で大きな被害を受けました。

GFFOでは、熊本地震寄付金チャリティーオクションとして、プロの方からサイン入り等の商品の提供を頂きました。こちらの商品をオークションし、全額寄付したいと考えております。

こちらは一部ですが、その商品を紹介したいと思います。

13918499_1079605628788427_138068568_o.jpg


菊元俊文プロからはルアー各種。


1471899413185.jpg


田辺哲男プロからはビッグなルアー2種。


13950905_1081230638625926_1263788938_o.jpg


奥村和正プロからはプロトのロッドを。

14191844_1102326193183037_1973406563_o.jpg


平岩孝典プロからは尺ワン!


13902116_1081338138615176_286949621_o.jpg


伊豫部健プロからは本人使用のサングラスを。


13902047_1079610502121273_456299813_o.jpg


吉田撃プロからはジョイクロ他。


14114569_1033741723399486_1758349474_o.jpg


村上晴彦プロからはタックルケースを。


14191709_1104291869653136_135696361_o.jpg


関和学プロからは、ルアー2種を。


1472172652845.jpg


小野俊郎プロからはガンタレルを。

ほかにも当日までに提供いただけるという連絡もありました。
商品の方は、まだ受付中なので、商品を提供できるという方は連絡お願いします。
もちろん、一般の方もOKでございます。


少しの気持ちを乗せて購入していただければと思います。


少しでも被災地の力になればと思います。

集まった金額は、私が責任をもって寄付し、最後まで報告させて頂きます。

皆様のご協力をよろしくお願いします。
posted by D.Tanaka at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2016年09月04日

新たな試み

今回のGFFOで、プチセミナーを開催しようと思っております。

メインは地元で活躍するプロスタッフです。一応、私もプロスタッフの端くれなんですが、プロとついているので、スポンサーという契約しているメーカーがあります。それは、タダでなんでもくれるという関係ではなく、様々な仕事に対する対価として商品があると思っています。なので、プロという以上は、人前でそれなりの商品アピールをしたいと思っているわけです。しかし、ローカルではそういった場面が本当に少ないです。

もちろん、雑誌などの取材もありますが、それもかなり少ないです。そんな自分自身の悩みを考えていた時に、ほかのプロスタッフも同様に考えているのではないか・・・と思ったのです。

それと、もう一つは大会に協賛してくれたメーカーに何が返せるのか?ということ。大会への協賛も、タダでくれる物ではないと思っています。協賛するということが、売り上げや、イメージアップなど、メーカーにとってプラスと感じてくれるものでないと継続できないものだと思います。

商品を賞品として配るだけでは、協賛している側は満足できないのではないか?と考えました。もちろん、今回のプチセミナーで満足していただけるのかはわかりません。けれど、何もしないよりは、何か動いているほうが良いと思うのです。

今回、スタッフを含めると170名以上の釣り好きが小野湖に集まります。170名を前にプロモーションする機会は、地方にはなかなかないと思うのです。ぜひ、この機会を有効に使てほしいと思います。本当は自分がしゃべりたいくらいです(笑)

そんな初めての試みに、快く賛同していただいた5組で今回のプチセミナーを行いたいとともいます。
お題は「今回のGFFOで使った契約商品の使い方」です。

まずは、前回の優勝者でもあるサンラインスタッフの田中俊治プロです。

11112541_529824130508501_27278526565233999601_o.jpg


クランク、フロッグにとてもこだわりがあり、サンラインの多数ある商品から、どの商品を田中プロはチョイスするのか?大変興味のあるところです。

続いては、山口の雄といえば、ハンクルスタッフのノムジィーこと野村友博プロ。

1095040_305083026310529_184350957_n.jpg


ハンクルといえば、言わずと知れた泉和摩プロのメーカーですが、近年はソフトルアーも多くリリースされています。その中からどんなルアーをセレクトするのか?

少し騒がしいセミナーになるかもしれませんが(笑)、盛り上がること間違いないでしょう!

そして、広島の姫こと住田あゆみ嬢と四国からの刺客 伊藤俊也くん。二人はGEECRACKテスターです。
sumida.jpg
 

12802975_942021785893221_6479662535980256792_n.jpg


今回GEECRACK様からは参加賞も含め、大量の協賛をいただきました。まずは弊社の商品を知ってほしいということでした。とてもうれしいことです。ぜひ、販路拡大のために当大会を有効活用していただきたいと思います。

そして、最近ブログでも活躍中のエモ兄こと恵本将文さんと、岡山から遥々参加されるC馬監督こと千葉潤一プロです。

o0480064013733763522.jpg


13315677_1747110742174223_5591797131758102283_n.jpg


お二人にはフラッシュユニオンの商品をご紹介いただく予定です。何の紹介になるのか気になりますが、やっぱりデカアバカスですかね?最近、至る所で絶好調な釣果をもたらしているようです。でも、もっと凄いルアーがあったりして!? と、ハードルあげておきます(笑)


そして、そして、山口といえばこのお方。エバーグリーンスタッフのLAYLAです!

layla.jpg


山口の有名人(名物おやじ?)のGUTSさんのご息女ですが、現役JKです!
しかし、釣りの腕前はすでに親父越えとの噂も。。。。

そして、関和学プロがメインアドバイザーであるエバーグリーンの新ブランド B-TRUE のアンバサダーということです。このB-TRUEアンバサダーは現在5名しかいないとのこと!!!


そんなLAYLAがどんな商品を紹介してくれるのか。とても楽しみです!

ちなみに・・・LYALAのオファーは取れてませんが、GUTSさんがOK出したので決まりです(笑)

この5組で30分くらいの時間を考えております。楽しいセミナーになると思いますので、ぜひ楽しんでください。

よろしくお願いします!
posted by D.Tanaka at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2016年09月03日

来週日曜日は第六回GFFO!!!

今日からGFFO週間です。

GFFOの話をちょっとずつしていこうと思います。

第一回は、2011年の6月でした。参加は37組。

PBTとして、山口県のトーナメントを発足したのが2009年。それ以前はWFENという団体で大会をしていました。しかし、それらの活動では伝えきれないものがあると思い、GFFOを企画しました。

私が考えるやり方では、いろいろと厳しい(自分では思ってないですが)と言われ、いろんな人の意見を取り入れて、今の形になりました。そして、今もルールを変えて時代に沿った形になっています。

今回はバッグリミットが、3本から2本へ変更になりました。これは魚へのインパクトの軽減だったり、運営のスピード化だったり、すべての人にチャンスがあるイベントにするためだったり。いろんなことを考えてます。

賞品もとてもありがたいことに、たくさんの人の協力あって、豪華な商品が集まっています。もちろん、皆さんの参加費からもたくさん購入させていただいております。釣り具の購入は、地元だったり、PBT、GFFOに理解、協力していただいているお店で行っています。

協賛に対しても、様々な意見をいただいております。そこで、今回は少し今までとは違った企画も考えております。その話はまた明日。

posted by D.Tanaka at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2016年07月08日

第6回 Grand Fishing Festa ONO <告知>

今年もやってきました!GFFO!!

第6回GFFOチラシ.jpg


今年は定員160名(80組)です。さらにスケールアップして、いろんなアイデアを盛り込んでおります。そして、参加費は据え置きの6000円/1組。お買い得です(笑)

今のところ決まっているのは、優勝賞品のサウザーボート(パントタイプ)!!!
他は今から(笑)なので、提案や意見があれば伝えてください。昨年からの要望でも結構です。
ローカルトーナメントだからこそ、フレキシブルに動けるのです。
みなさんで大会を作っていきましょう!!

今年の参加申し込みは7月10日より開始です。
尚、通常のPBTの大会と異なり、GFFOの参加はポスターのQRコードからお申込みください。
メール、電話では申し込み出来ませんのでよろしくお願いします。

今年も、すでに協賛の賞品がたくさん届いております。この場を借りて、感謝申し上げます。
PBTのフェイスブックにて、内容はご紹介していく予定なので、そちらも楽しみにしておいてくださいね!
posted by D.Tanaka at 22:31| Comment(1) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2015年09月15日

田辺さんからのサイン入りルアー

今回もたくさんのプロの方からサイン入りのグッズ、ルアーを協賛して頂きました。

個人的にはルアーも道具であり、使ってナンボなんですが、好きなプロのサイン入りとなると、なかなか使えませんね!思い出のルアーと一緒に飾っておき、お酒でも飲みながら語らいあうというのもなかなか粋なもんじゃないでしょうか。「第5回のGFFOはね〜。」とか言っちゃったりしてね。

1442299757874.jpg


田辺さんもしっかりと送って頂きました。嬉しいことです。

「小野湖をしっかり頼むぜ!」というエールだと思って受け取りました。

そんな貴重なルアーは、みなさんのおかげで東日本水害の援助金として生まれ変わりました。

1442299720366.jpg


本日、ちゃんと振り込んできました。頼みましたよ!日本赤十字社さん!!!

ただ、この貴重なルアーをもっと高く評価してあげたかったというのが心残り。

しかも、会場には私以外にNORIESのプロスタッフが居てたはずなんですけどね。。。

1442299739712.jpg


ねえ!? 誰とは言わないけどね(笑)

来年はどんな企画をしようかな。。。あっと驚く企画を考えますよ!







posted by D.Tanaka at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2015年09月14日

無事に終了しました!

いつもの事だけど、一日経ったくらいでやっとホッっとしている自分が居る。それでも、これからタックルレポートの集計や大会結果などを、協賛して頂いたメーカーやショップ様に届けなければいけないし、その資料も作らなければいけない。ということで、なかなか一段落とはいかないのです。


今回のGFFOは今までの大会よりも、より大きな意義があったように感じた。今までも東日本の震災だったり、広島の災害への援助金は大会で集めて、寄付させて頂いておりました。そして、今回も大会直前に起こった東日本の大水害への援助金を集めることになりました。

そのきっかけを作って頂いたのは菊元俊文プロ。

IMG_5539.JPG


スタッフの中にも「何か寄付とか考えた方が良いのでは?」という意見もありましたが、なかなか形にできないでいました。これは私の怠慢です。多忙を言い訳に申し訳ありません。
そして、前日に菊元さんとの直接電話で何かの形にしようと決心しました。そして、その夜にミーティング(といっても10分くらいか)をし、ほぼアドリブ状態で当日に突入しました。

入念な打ち合わせが必要な場合もあります。でも、決め事の無い状態でこそ、いろんなものが見えるし、それに対応出来た時に双方に満足感が得られると思います。バンドの演奏での、アドリブも似たような感じですね。なので、私は大会などの司会進行などはほとんど決めずに、しゃべりながら皆さんの表情や反応を見て、力不足なりに飽きさせないように努力しています。かなり失敗してますけど。。。

そんな私流のいい加減なやり方だったんですが、チャリティーの時の菊元さんの人間力にとても感動しました。場を作る力だったり、人を惹きつける力。釣りのプロというのは釣りが上手くて当然です。しかし、それだけでは成立しません。その、"釣り"以外の部分を、傍で実感できたことが、私にとってとても大きな収穫だったと思います。

どんな優れたイベントであっても、そこに人があり、その人の力が大事になります。今回集まった援助金は、間違いなく菊元さんが居られなければ、集まることが無かった金額だと思います。

そして、大会の絞めでの挨拶も、環境に対して、魚に対して、子供に対して、そして、釣りに対して語られました。これもとても意味があり、大きな世界を見てこられたからこその言葉だたっと思います。本当は最後に自分が〆の挨拶をしようと思っていたんですが、それ以上の挨拶だったので、何も言う事はありませんでした。

12006308_479433272236956_8462522648022024958_n.jpg


私も釣りは当然の事、最近では卓球だったり、学校の場だったり、様々な人に出会うことがあります。そして、本物だと感じる人には"想い"があります。プロという言葉の枠は様々ですが、私は心底プロだと感じる人が大好きです。

そして、出来ることならばそうありたいと思います。その為にも、よりたくさんのプロフェッショナルに逢いたいと思います。
今回のGFFOは、私にとっても、小野湖にとっても特別なものになったのではないかと思います。
少しでも皆さんの、何か良いことへのきっかけになれば幸いです。

さて、もう少し作業します。では。




posted by D.Tanaka at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2015年09月09日

サプライズゲスト!

GFFOの準備に追われています。と言っても、今日も卓球行ってきましたが。
昨日は数キロ走ってみました。煮詰まった時は運動に限りますね。
私は煙草もアルコールも要らないので、適度な運動で心地よい汗を流していれば、体も心も頭もスッキリします。
考えるよりも行動が大事ですね。

さて、Facebookなどでご存知の方もいると思いますが、今回のGFFOにビッグサプライズゲストが来られます。

菊元俊文プロです!

IMG_5539.JPG


このことは菊元プロのオフィシャルブログでも紹介されております。

http://www.kikumototoshifumi.jp/2015/09/09/27856/

要するにシークレットサプライズだったのにGUTSさんがばらしたわけですね(笑)

まあ、嬉しいことは黙っていられないですからね!!

今回は参加者というわけではなく、ちょこっと顔を出されるという事ですが、まあ、そこは釣り人なんで恐らく釣りはされるのではないかと。ということで、いろんなことを考えております。

特設ブースも出来れば作って、皆さんとのふれあいの場を設けたいと思いますので、よろしくお願いします!

こんな距離感でメジャープロと接することが出来るイベントも他にはないと思いますよ!

もちろん、参加者ではない方も大歓迎です!

当日、仕事などで大会参加を断念された方も、是非遊びに来てみてくださいね!





posted by D.Tanaka at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2015年09月08日

大会の意義と協賛

今回のGFFOもたくさんの協賛を頂きました。釣り業界のメーカーはもちろん、釣り業界以外からも頂けました。また、個人の方からも。感謝という言葉だけでは足りないくらいの気持ちです。大変ありがとうございました。

商品であれ、お金であれ、企業からすれば大事な資産であることには間違いないと思う。それを他の団体に委ねるという事は、とても意味のあることだと思っています。"只より高い物はない"というわけではないですが、PBTは"只"もらっているとは思っていません。どれだけの事を協賛して頂いた企業に返せるのかと考えています。

また、この協賛はPBTに対して出されたものなのですが、厳密には"GFFO"という大会に対して出されたものです。つまり、PBTはあくまで運営の団体であって、イベントとしての"GFFO"が大事なのです。

GFFOの開催の意義は、いろいろと書いてきましたが、その一つがマンパワーです。
マンパワーとは、一般的に"労働力"と訳されることが多いですが、別に参加者を働かせようというわけではありません(笑)
適当な言葉が思いつかないのですが、人が集まることで発生する力という意味です。どんな仕事でもお客がいないと何も起きません。人と人が繋がってこその社会です。企業はいかに多くの顧客を獲得するかを常に頑張っています。イベントも、どれだけ良いことを言っていても、どれだけ良い理念であっても、人が集まらないのは何か原因があると思います。

多くの人に支持される。多くの人に愛される。それには意味があると思うのです。

小野湖というフィールド。バスという魚。アクトビレッジという施設。いろんな要素が重なってGFFOというイベントが行われます。どれも欠かすことのできない要素です。

特に私たちが分かって欲しいのは、バスという魚です。他の魚では成立しないゲーム性。そして、その難しさ。なぜここまで愛される魚が、日本ではこんな扱いになるのか。

私は日本という国の成り立ち(戦後の)にも、問題は多くあると思いますが、とにかく未来を見て話をしたいと思います。今のままで、内水面の水産環境は大丈夫なのかという事です。細かく書くととても書ききれませんが、今のままで10年、いや100年と持つとは思えないのです。

バスを駆除せずに、利用することで潤っている自治体や地域も多くあります。一方で駆除をする地域。駆除のためには多くの税金が投入されます。そして、そんな理解できない理由の元に多くの命が失われます。

バスを観光や遊漁で利用していくという事はとても難しいことのように思います。しかし、それは言われもないレッテルをはがしてやれば簡単に出来ることだと思います。すべての意味付けは自分が行っているという事実を知って欲しいです。
"原因があるから現在があるのではなく、目的があるから原因をつくるということ。"これは心理学の言葉ですが、実際の生活にも多く関係する言葉です。バスの問題も同様だと思います。

話が若干逸れましたが、多くの人に愛されるバスという魚。そして、バスフィッシングというスポーツをもっと理解してほしいと願っています。その為に、釣り業界はもちろん、地元の人々、企業を巻き込んだ大きな流れを作りたいと思います。
そんな大きなパワーを9/13の小野湖から発したいと思います。

自分が"バサー"だと胸を張って言えるように。
posted by D.Tanaka at 15:16| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2015年09月06日

GFFOまであと1週間!

依然として準備は進まない私ですが、これから一週間で一気にGFFOモードにしていこうと思います。

参加者の方はすでに締め切っております。定員150名に対して、参加者は154名です。ハイ、申し訳ないですが集計のミスにより、2組オーバーしました。皆さんの優勝確率が少しだけ下がった訳ですが、なるべくたくさんの方と小野湖を楽しみたいと思い、定員オーバーのまま開催することにしました。その分、商品も多くなりますのでご了承ください。

前日から準備に入りますが、タイムスケジュールは以下の予定です。

4:00 
スロープゲートオープン  係りの指示に従って、速やかに準備してください。
6:30
ミーティング、フライト抽選
7:00
スタート
13:00
帰着
14:00
表彰式、豪華賞品抽選会
17:00
撤収完了

当日の朝は、スロープをトレーラーレーンとカートップレーンに分けます。カートップレーンでは、事務局で空のトレーラーを用意しておりますので、そちらを利用してください。

ランチング方法、順番などはスタッフTシャツを着た係員が指示しますのでよろしくお願いします。

今年から前日のボート停泊が可能になりました。
前日からボートを停泊させる方はしっかりと係留ロープで縛り固定してください。また、17:00までにスロープから出てください。尚、停泊時でのトラブルには対応できませんので、各自の責任の元でお願いします。

また、前日の夜にアクトビレッジにて前夜祭という名の準備会をします!
前日プラをされて、そのまま宿泊することが可能です。もちろん、バッテリーの充電も可能です!
宿泊は大広間ですので、公害レベルのいびきの方、また、超潔癖症で他人とは寝られないという人はご遠慮ください(笑)ちなみに、私はほとんどのケースで車で寝ています。独りが好きなもので(笑)

前夜祭の料理は地元の仕出し屋さんで頼みます。仕出しの料理なのでご飯ものはありませんので、必要な方は自分で用意をしてください。もちろん、ご当地の差し入れも大歓迎であります!

宿泊費用は料理(ご飯もの、飲み物は別で各自持ち込み)込みで3000円です。
シャワー設備も完備のきれいな施設です。
また、シャワーのみ利用という方は、宿泊施設の外にもコインシャワーがありますので、ご利用ください。こちらは普段の釣行後にも利用することが出来ますよ。

今回の定員は38名で、強制的に賞品の仕分けを手伝ってもらいます。また、体育館での親睦卓球大会も企画しております。私はこちらが本番です(笑)

ある程度の融通は利きますが、料理、宿泊はなるべく早めに連絡お願いします。連絡先は藤高まで(参加申し込みをされた方は連絡先を知っていると思います。)
冷やかしに来るという方は、このブログのコメントにでも書いてください(笑)

最新の釣り情報と、最新の卓球情報を酒の肴に盛り上がりましょう!
大会は前日から始まっている!!!これが合言葉です!
posted by D.Tanaka at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2015年08月26日

第5回GrandFishingFestaONO

締め切りも間もなくです。

ホントはブログでも紹介していかないといけないのですが、準備やらいろいろと忙しくどうしても自分の事が後回しになってしまっています。

現在の参加申し込み者は、62組ということで、残り13組です。毎年の事ですが、駆け込みの参加もありますので、これは満員御礼!必至ですよ。

11822844_511802588972056_3649389282857453973_n.jpg


それに、たくさんのメーカー様、プロの方からの協賛を頂きました。とてもありがたいことです。

これらは小野湖の将来に対しての投資だと私は思っております。これだけの支援を頂いているのですから、その役割を果たさないといけないと思います。

IMG_7533.JPG


1440487399313.jpg


2965def5e0239948c350a29249be849a-615x461.jpg


IMG_7046.JPG


1440487420642.jpg


ほんの一部ですが、他にもたくさんの有名なプロの方々にサイン入りのルアーを頂いております。


私は人が集まるという力をとても大事に思います。取材などで、潰れてしまったり、釣り禁止になるフィールドもあると思います。しかし、取材のおかげで地元が活性化し、バスの存在意義を再認識するような場所もあると思います。小野湖は、まだその位置にあるとは言えませんが、私はそういった位置に小野湖をしたいと思っています。

アクトビレッジという施設を、ただの"箱モノ"として扱うのか、それとも、意義ある施設として扱うのかは、利用する側が決める事です。せっかくの施設なので、思う存分利用したいと思います。

ということで、大会の前夜は賞品仕分け&親睦会をアクトビレッジで開催します。もちろん、大会に参加できない方もお越しいただいて結構です。いろんな話をしましょう!

そして、今年はなんと体育館もおさえました(笑)1/3ほどなので、卓球くらいしかできません。というか、卓球します(笑)

ということで、GFFOに参加しない方も、前夜の卓球大会に参加してみませんか?体育館は19:00〜22:00までたっぷり3時間おさえております。
挑戦者募集中です。というか、私に稽古付けてくれる人募集です!!

ちなみに私は裏/裏のシェイク攻撃型です。息子には、大きなスイングで遅い球と言われます(爆)

こんな感じで、いろんなことでたっぷり遊んでいくGFFOにしたいと思います。

では!


posted by D.Tanaka at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2015年07月21日

第五回 Grand Fishing Festa ONO

さあ!今年もGFFOの時期がやってきました!

今年は9月13日の開催です!お間違えの無いように!!

11029943_505840792901569_7891910848492051775_n.jpg


エントリーの方法やルールは概ね昨年までと変わりません。

参加の方法についてもう一度おさらいを。

PBTのシリーズ戦と異なり、GFFOは別のフォームから申し込みをしてください。

フォームはこちら!



エントリーフォーム
http://my.formman.com/form/pc/A8NmLc20f5kau724/

PBTの大会は抽選方式のペア大会です。なので、ボーター、ノンボーターは別々に申し込んでいただき、当日に抽選するシステムです。
一方、GFFOは最初からペアで申し込んでいただきます。もちろん、参加はそのペアで競技していただきます。そして、賞品は山分け!賞品はきれいに二つづつ・・・というわけではないので、仲良く喧嘩しながら分けてくださいね(笑)

今年も続々と賞品が届いております。昨年よりも協賛メーカーが増えています!(21日現在)

参加者が多いと、賞品も豪華になります!

お祭り的な大会ではありますが、山口だけでなく、遠方からの参加者も多いGFFOです。

バスという魚が居るから、こんなにも人が集まり、こんなにも楽しいことが体験できる。
そんな想いを、みんなで共有して、行政に伝えましょう!地道な活動ですが、何かが繋がるはずです。

皆さんの参加を心よりお待ちしております!!!



posted by D.Tanaka at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O

2014年09月21日

追われています

GFFOも終わりましたが、報告書の作成に追われています。

もう、一週間も過ぎてしまったので、早くしないといけないのですが。。。スイマセン・・。

なんとか明日には発送したいと思っています。

posted by D.Tanaka at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | G.F.F.O