2018年04月20日

人の繋がり

前回の大会後に「今回の大会中にエリアが被った時に、自分のボートの入り方は問題なかったですか?」とわざわざ聞いてきてくれた選手がいました。

もちろん、問題はなかったですし、もし、問題があると自分が感じたのであるならその場で言ってます。あとで言うのであれば本人に「あの場合は、こうした方がいいよ。」という程度。←これは、自分は納得できるけど、他の人はそうでもないかもね。という、とっても親切な人だと思います。

後に本人にも言わずに、周りに言うのはマナー違反というか完全にダメ。話のネタとか笑い話にするくらいなら良いけど、本気で思うならその場で解決するべきです。←これは、解決しなくてよいと判断しているので、その怒りは相手の行動から来ているのではなく、自分が怒りたいために相手の行動に着目していると考えます。なので、問題は相手ではなく、本人にあり。


こうやって相手に聞くというのはとても良い事だと思うし、素晴らしいと思いました。
なかなか出来ることじゃないです。それも、パートナーとそのことについて話し合って、入るポジションを決めたとも言ってました。

これがペアが居ることの大事さだと思います。難しいことは一人で判断しないで、周りと相談して決める。
そうやって、一人の時でも周りに気を配って釣りをすればトラブルは起きにくいと思います。


こんな事を書いてますが、自分が出来ているかというとまったくです。よく批判も受けます。その都度、反省しています。完璧にすることなんてできません。相手がどう思っているかなんて理解も出来ません。だから、相手のことを思い行動。それが違っていたら謝る。それだけです。間違わないようにしたいとは思いますが、完全にすることは不可能ですから。

出来れば「こんにちわ!」とあいさつが出来ればほぼ大丈夫です。そのタイミングで相手がクレームを入れてこなければOKです。でも、微妙な距離とかあるじゃないですか。大きな声で挨拶するには遠いなと。そんな時は、相手を見て会釈ですね。それで相手も会釈したら了承です。←これは自分の解釈です。それでも納得できないという人もいるかもしれません。

良かれと思って行動している側と、良いと思ってない側。これは100%の一致することはないと思います。たとえ、言葉で話しても決裂することだってあると思います。でも、その話し合いや決裂も大会や釣りの面白さだと思って楽しんでしまえばよいと思います。

「今日は釣りは上手くいったけど、交渉術がいまいちだったな。もっとしゃべれるようにしなくちゃ!」とか。

卓球のダブルスだってそんなもの。それぞれのプレーが良くてもコミニュケーションが上手くできなければチームとして機能しません。どちらも必要な技術という事です。

なので、釣り大会におけるエリア交渉も必要な技術だし、パートナーを納得させることや、楽しいムードにすることや、いろんなこと全てが必要な事だと思ってやってみればよいと思います。

自分もまだまだ足りない部分が多く、日々反省ですが、こうした機会を少しでも作りたく思って、大会を企画しています。気になることがあれば遠慮なく聞いてください。

話は変わって、川上や菅野が好調です。lessonありません(笑)お待ちしています!!!

では!!
posted by D.Tanaka at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2018年04月15日

悔しいったらありゃしない

今日の第一戦。

ナイスなビッグフィッシュをやらかしました。。。

前回のクラシックでも勝てる魚をばらしてしまい、バラシには結構気を使っていました。

今回はスピニングではまたやらかすと思って、巻きで対応したのですが、そのセッティングが出来てない状態で使ってしまいました。完全に自分のミスです。

ラインブレイクではないだけマシですが、フラチャットでジャンプというか、首ふりだけでやられると結構ショックでした。タックルバランスを次戦までに考えます。

ちょっと嬉しかったことは、今回2kg越が3匹ウエイインされたのですが、そのすべてがNORIESルアーでした。

優勝&BF賞となる2110gはエスケープツイン。二位もエスケープツイン。三位はクリエス1/2ということで、小野湖の魚はNORIES大好きということが分かりました。(自分がミスらなければ4本目でした)

15艇30名で釣りをして、ここまで偏るのも凄いなと。

まあ、いいかえれば「で、プロスタッフ何してんの?」という事なんですが(笑)

魚には行きついているものの、結果が出せないことに苛立ちすら覚えています。

時間をつくって、もう一度一からやり直すつもりで頑張ります。

あ〜悔し!!!
posted by D.Tanaka at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2018年04月10日

PBT CLASSIC IX 2017 D.TANAKAの動画

プレスの児玉くんがGoproで撮影した動画が上がってきました。




まあ、自分に突っ込みどころ満載ですが、とりあえず見てやってください。

もう少し撮り慣れなければいけませんね。

あと、思っていた以上にエレキの音ってするんですね。ボートに反響しているのが気になりました。
posted by D.Tanaka at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2018年04月08日

PBT CLASSIC IX 2017 二位でした。。。

今年も二位です。悔しいです。。。

1523192999706.jpg


でも、自分のミスがあったから仕方ないです。ファーストフィッシュは手にぬめりだけをつけて消えていきました。焦ったからなぁ。。。反省。

朝は激寒で霜まで降りてました。気温は1℃。

IMAG0520.jpg


そして、エレキのプロップナットが割れる。。。不吉。

IMAG0521.jpg


それでも、終了20分前に起死回生の2kg!!

IMAG0526_BURST002_COVER.jpg


必然からのキャストはガンターライトwithエスケープツイン。

IMAG0527_BURST002.jpg


あの状況では、これしかないと即断した結果でした。

最高の瞬間でした。

今回はプレスで乗ってくれた児玉くんがgoproで撮影してくれているので、のちほどご紹介出来ると思います。

しかし、疲れた。。。もう2位はごめんだ!!!

須藤君、おめでとう!!!来期は負けないぜ!!!
posted by D.Tanaka at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2018年04月06日

明後日はPBT CLASSIC IX

明後日はPBTクラシックです。早いものでもう9回目となります。

大会を企画、運営するものとして、この大会だけはなんとか出場したいと常に思い続けているわけですが、今回もなんとか参加できることになりました。一応、連続出場です。危ぶまれた年もありましたが。

この小野湖をたった8人だけで使う(もちろん、9時以降は一般の方も釣りをされます)大会というのは、とても贅沢なものです。

とても狭き門です。昨年のクラシックチャンプの名もありません。ディフェンディングチャンピオンですらシードを貰えないという厳しさです。(繰り上げの特典はありますが)

人一倍想いの強い大会なので、2度もプラに入りました。それなりに煮詰めました。そして、今日の雨。。。しっかり、リセットされたことでしょう(涙)でも、少しのヒントでもあるのは、自分のゲームをする上で大事な事です。

やっぱり試合は面白いですから。

どんな結果になるかはわかりませんが、精一杯楽しんで来ようと思っています。

今年は動画の配信もやるようです。いろいろとチャレンジしてます。

いろんなことから地方からバス業界を盛り上げていこうと思っています。

あと、series戦という年間5戦の大会も4/15からスタートします。こちらは誰でも参加できるペア戦(パートナーは当日抽選)です。まだまだ申し込みOKなんで、ぜひ参加してみてください。お待ちしております。
posted by D.Tanaka at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2018年01月29日

PBT2018ルール変更点

昨日、ルールの変更点についてアップしたのですが、とても大事なことを書き忘れていました。

それは、ルールブックの第4条の3項、<ボート上ではライフジャケット(国土交通省型式承認品に限る)を着用すること。>という点です。

ライフジャケットの着用はこれまでも順守だったわけですが、その種類が国土交通省型式承認品ということです。

簡単にいうと桜のマークがついたものじゃないといけませんよ!ということです。

詳しくは、国土交通省のHP(http://www.mlit.go.jp/report/press/kaiji06_hh_000146.html)を見て欲しいのですが、PBTとしては、どのボートに乗るのかは当日までわからないという事と、ボーターであっても、抽選や不測の事態で他のボートに乗ることもありうるということで、すべての選手に適応するということにしました。

私も仕事がらライフジャケットを着用することが多いのですが、この桜のマークがあれば安全なのか?と言われると、そこは疑問しかありません。でも、これがルールである以上は守っていかないといけないということです。

まあ、いろいろと思うところはありますが、こういうことはまず目的をはっきりさせることです。それは“事故を防ぐ”ということ。そのためにどうするのかという事です。義務になっていることは果たしたうえで、足りないものは各自で足せばよいのですから。

ライフジャケットの着用は船舶だけというわけではないです。陸であっても、砂浜であっても必要であるならするほうが良いでしょう。その判断が出来ないと思われるなら、周りの人が手助けする方がよいでしょう。特に子供の場合は。大人もですが。

登山などで軽装のまま山に入りとても大変なことになったというニュースをたまに見ます。キャンプで中州に取り残されるとかも。どのジャンルであっても、それ相応のものがあるということです。

分からなければ聞く。そして、周りをみてみる。これはとても大事です。

話が逸れましたが、今期のPBTでは桜のマークが必要ですよ!という話でした。

<補足>国土交通省型式承認品のライフジャケットですが、タイプがあります。

小型船舶機構の表を参照にしてください。

http://www.jci.go.jp/inspection/houteibihin_heisui/raijyake.html
posted by D.Tanaka at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2018年01月28日

PBT2018シリーズ

お待たせしました。

やっと今期のスケジュールが決定しました。


■ PBT CLASSIC IX(2017年度のクラシックになります)

<日程> 4月8日 <開催地> 小野湖

■PBT2018Series

第一戦   <日程> 4月15日 <開催地> 小野湖
第二戦   <日程> 6月10日 <開催地> 中山湖
第三戦   <日程> 7月 15日 <開催地> 弥栄湖
第四戦   <日程> 8月 19日 <開催地> 小野湖
第五戦   <日程> 10月 14日 <開催地> 弥栄湖
予備日   <日程> 未定   <開催地> 弥栄or菊川

■GFFO
<日程> 9月16日 <開催地> 小野湖
<予備日> 9月23日

こんな感じです。
第一戦がクラシックの翌週ということで、プラも出来ないじゃないか!という意見もあると思います。
すいません・・・日程が組みきれませんでした。

なので、ぜひクラシックのプレスでしっかりとプラをしてください(笑)もちろん、クラシック当日にボートを出してプラをしてもらっても構いません。ただ、出来ればエリア等に関しては選手を優先していただければと思います。最終目標としてクラシックを目指して一年頑張ってきたわけですから。大一番のクラシックを応援して頂ければと思います。

5月はスポーニングの関係で、今年もトレイルから外すことにしました。大会以外でも、ネストを直接釣ることや、ライブウエルに入れての移動など、各人の出来るレベルで結構ですので、少しだけバスが増える方向へ考えて行動して頂ければと思います。バスを守れるのは、バサーしかいないという事を知ってください。

6月の中山戦。これも楽しみな一戦ですね。そして、8月の小野湖。高水温時期になるとディープの魚も多くなります。エア抜き、酸素供給など、魚を生かすための技術があります。元気にリリースする為の技術。これは魚を釣ることよりも大事な事です。自信の無い方は遠慮なく聞いてください。また、ディープの魚を生かす自信が無い方は、シャローで勝負するというのも大事なことだと思います。“生かして”こその大会ですから。殺めるための大会ではないのです。ここはとても大事な事なので、声を大にして言いたいと思います。

9月はGFFOですね。今年も盛り上げていきたいと思います!

そして、最終戦は10月の弥栄。昨年もなかなか厳しい大会でしたね(笑)今年はお手柔らかにお願いしますよ、ホント。。。

こんな感じのスケジュールです。

ルールの変更も数点あります。

一番大きな変更点としては、大会の申し込みの方法が変わりました。今までは各大会の1か月前から受付開始でしたが、これが常時受け付け可となりました。つまり、もう受付しております(笑)受付箇所はメールのみです。本部にメールが届き、それがHPにアップされた時点で受付完了なので、お間違えのないようにお願いします。申し込みの後に、確認までをお願いします。

申し込みは、全戦ボーターでも良いですし、弥栄のみノンボとか、小野湖戦だけ参加とか、いろんな形があると思います。すべていつでも受け付けております。運営上、役員を優先としますが、それ以外は申し込み順となりますので、早めの申し込みをお願いします。

今年もPBTをよろしくお願いします!
posted by D.Tanaka at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2017年12月10日

PBT2017終了!クラシック権利獲得!!

やっと今シーズンの大会が終わりました。

延期、延期で本当に疲れたシーズンでした。

AOYの可能性はほとんどない状態だったので、今回の目標はクラシック出場権利の獲得。私の場合は年間成績11位までに入ること。

そのためには必ず1匹釣ることが大事でした。

パートナーはあゆちゃまこと住田お嬢様。つか、あゆちゃまなんて呼ぶ人みたことないんだけどね(笑)

blogはこちら。

あゆちゃまの気ままなフリーぶろぐ

25299667_2000009330015336_8640728929631418192_o.jpg


今回のプランはプラから煮詰めてきた立ち木エリアでのジャークベイト。


24019967_864494693724847_896967318_n.jpg


くまちゃんとのプラではワンテンRで。

1888.jpg


ウクレレプラでは、TADAMAKI132で。

数は出ないけどサイズは良かったです。

んで、今日は立ち木エリアでやりきる切ることにしました。

結果は、なんとか一匹を絞り出しました。

25075156_2000010290015240_6359371556114228800_o.jpg


でも、テキサスなんですよね。エスケープツイン。

結局、魚は深かった。。。。雨が降っても魚は浮いてこなかった。いや、数の問題かも。

何しろ厳しかったです。

でも、この一匹で、なんと2位になりました。そして、年間成績も5位に!!

これで来春のクラシックにも出場できることになりました。ヨカッタ!


そして、PBT2017のAOYは、昨年からの参加であり、2年目にしてAOY獲得という離れ業を見せてくれたザッキーこと山崎選手。

2157.jpg


この第五戦もリミットメイクで優勝。マジで強いな。。。おめでとう!


来期は、基本に帰って、一段とキレた攻めが出来るように頑張りたいと思います。

では!
posted by D.Tanaka at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2017年11月12日

PBT第四戦終了

疲れました。しかし、釣れん。。。今年はと言っていいのかわからないけど、とにかく魚との距離がある。

魚の気持ちに近づいているという感覚がない。

そして、大会においての感がない。

釣りの精度は悪くないと思っているんだけど、大会においての攻守がちぐはぐなんだな。

前回の大会は動けなくて失敗した。今回は動いて失敗したように思う。

今年の弥栄戦は、いまだキーパー釣れず。ホントに情けない。

でも、パートナーの皆様のおかげで、来月の最終戦も楽しめる状況になっている。とてもありがたいことです。

しかし、討たれるなぁ。。。釣れない大会は辛いよ。

最終戦まで約一か月。出来ることをコツコツと。

頑張るぞ!
posted by D.Tanaka at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2017年10月21日

明日はPBT第四戦のはずだったのに。。。

明日はPBT第四戦 中山湖の予定でした。

が、台風接近のために延期となりました。中山湖はツンデレ湖なので、なかなか簡単に釣らせてくれないのですが、前日のプラでは雨パワーもあって、いい魚が釣れてました。

507.jpg


クリエス1/2ozで50UP!(1950g)

513.jpg


XXクランク3+で48cm。

これは頂きだね!と、昨日プラに入ったんですが、完全デコ(笑)

でも、当日は雨なので何とかなるのかな〜なんてお気楽極楽で考えていましたが、中止となりました。

残念!気持ちを切り替えて11月の弥栄の準備をしたいと思います。

上記の2匹は、HB680Mでの魚です。

前にも書きましたが、旧モデルよりトレブルフックのルアーに寄っている感じなので、3〜5mのディープダイバーにも幅広く対応します。投げていてすごく気持ちよいです。

50UPを釣ったことで無事に入魂です(嬉)

魚が釣れるロッド。魚が釣れるリール。そして、ライン。

釣りって楽しいですね!

<10月の予定>
予定あり日(予約不可) 27〜29日(私用)
<11月の予定>
予定あり日(予約不可) 4日(lesson)12日(PBT)18日(lesson)19日
posted by D.Tanaka at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2017年10月07日

明日はPBT第三戦

明日は久々の(笑)PBTです。

今年はなんというか、延期に次ぐ延期のPBT。10月というのにまだ2戦しか消化できてません!

しかも、釣れない大会が続いたので、まったく先が読めない展開となっています。

私も第一戦を、見事にこけてしまったので、崖っぷちの状態です。

AOYそして、クラシック目指して頑張ります!

今回も、タックルは絞りに絞って10タックル(笑)

全く見えてないですが、全力を尽くします。

では!
posted by D.Tanaka at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2017年07月11日

第二戦を振り返って

第二戦は、本当にバイトが遠い大会でした。

ちなみにプラでは3バイト2フィッシュ。

IMAG0747.jpg


この魚は、53cmありました。でも、重さはちょっと軽いかな。

IMAG0745.jpg


最上流での魚ですが、コンディションはいまいち。もしかしたらアフターっぽいのかな?とも感じてました。

その後、河口さんと情報交換したんですが、やっぱりほっとけとかそんな釣り。巻くのはちょっと辛いというか、コツが要りそう。ということで、当日はあまりランガンせずにしっかりと粘って釣ることにしました。

パートナーは、高瀬くん。初めてペアになるのですが、タックルをみて得意な釣りを聞くと・・・やっぱり、巻き専門(笑)状況を話し、きょうのプランを説明すると、巻きでもシャッドテールの結構遅い目の釣りをセレクトしてくれました。こちらから釣りを選択しても良いのですが、自分が得意なものが一番結果が出ると思うので。

ファーストエリアは、もちろん最上流。プラでは、魚が居なかった箇所に、今日は居たんですが、それに気づかず逃がしてしまいました。ポジション的に居れば食う魚だったのに。。。これは自分の失態です。そして、プラで釣ったオーバーハングの近くには魚はいません。なので、その奥に今回のシークレットルアーのヤマセンコー3インチ(!)を入れてほっとくと・・・ラインが走りました!!!

カバーに絡みながらの激ファイト!!しかし、カバーから離れた瞬間「あれ?何か違う。。。これ魚が違うかも。。。」上がってきたの大きな251・・・。

「大会中にバスを釣って手が震えなくなったら引退だな。」と常々思っておりますが、このニゴイで手が震えていました(爆)うん、まだまだ頑張れそうです。

インレットのパターンがダメだったので、インジェクション付近の沈みもの周りでクルーズするバスに狙いを絞ってタコ粘り。

そこで高瀬君に待望のバイト!!しかし、ジャンプでサヨナラ〜。。。結構良いサイズだったのでとても残念!「大丈夫!」と平静を装ってましたが、結構立ち直るのに時間掛かりました(笑)
ミスをするような要素は、ほとんど無かっただけに不運としか言いようがないです。強いて言えばタックルのバランスかも。でも、これは当日にどうにかなる話でもないので。もし、フッキングやファイトに問題ありと感じたら、私は大会中でもレクチャーします。だって、次の魚までミスする可能性があるわけですから。面倒かもしれませんが、これは私の為でもあり、相手の為でもあり、二人の為でもあります。これがペア戦だと思いますから。ただただ、相手のミスを罵っているわけではないです(笑)

それから迷走・・・といっても、今回はほとんどがそうだったように数少ないバイトチャンスだったようです。

そして、終了1時間前に、あの魚が来ました。

コツコツと小さなバイト・・・ギルかな〜バスかな〜?くらいの効き合わせからのフッキング。バットまで持っていかれて激ファイト。ドラグが止まらない。半分くらいコイかも?って思ってました。そしたらなかなかのバス!さすがに逃がしてはいけないと思いテンパりましたね。

「フッキングは?大丈夫かな?一本掛かり???」って必死に聞いてましたよ。シングルフックなのに(笑)

「引き抜けるかな?」と聞くと「どうでしょう。。。。」という返事。じゃあ、信じるよ!!と、ランディングを任せました。ちなみに我が艇は、いまだにハンドランディング主義。最後までドキドキです。

高瀬君が、下あごをがっちり掴んだ時。

忘れないですね。この感覚は。。。

そこからは、さらなる一本を求めて頑張りましたが、敢え無く終了となりました。

釣れない大会は嫌いじゃないんですが、今回はなかなかアジャスト出来ずに苦戦しました。

でも、もう少しで勝負できる展開にはなっていたので、最後まで盛り上がれたように思います。

残り3戦です。

相変わらずの崖っぷちには変わりありません。最後まで頑張ろうと思います。
posted by D.Tanaka at 06:02| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2017年07月09日

PBT第二戦

苦しかったです。。。なかなかかみ合わない大会でした。

最後は、いつものエスケープツインに助けられました。

19821065_862266670597577_660914738_o.jpg


長さは余裕の50UPでしたが、ちょっと痩せていたのか1660gでした。

もう少し早くアジャストしたかった。。。

でも、ゼロとイチは大きな差。

なんとか次に繋げられました。

最近、リズム悪いなぁ。。。
posted by D.Tanaka at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2017年06月20日

いろいろあって・・・

しばらくぶりです。

元気です。

釣りにはいけてないですが。


やっと雨が降りましたね。梅雨っぽく感じますが、まだまだ梅雨前線は沖縄付近にいるようなので、本格的な梅雨というわけではなさそうです。

PBTが延期なって、なんとなくトーナメントモードになり切れてないのですが、GFFOも気がつけば三か月を切ってました。

明日から協賛依頼書の作成&送付をしたいと思います。

ちょっと疲れる数日になりそうです。指紋が擦り切れるまで、依頼書を折りたいと思いますw

では!
posted by D.Tanaka at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2017年04月24日

PBT開幕戦

あ〜忘れてもいいかも(笑)

久しぶりにやらかしました。。。

ゼロ申告というやつです。PBTで2回目のデコ。どちらも春の弥栄。鬼門ですね。。。


今回は、プラも出来なかったということで、いろんな情報から“勝負する!”と思ってました。というのも、キーパーを捕りに行くリスクとキッカーを狙うリスクはそう変わらないと思いまして。

ということで、朝は小瀬を選択。しかし、水の悪さから、途中のシャローで様子見。

しばらく粘りましたが、上がってくる魚も見えないので美和へ。

美和は相変わらずの水色なので、サイトも出来きそうじゃないので、水温の上昇をキーにエリアを選択。

そして、これが失敗。

結局、数回入りなおすもバスのタイミングに合わずでした。

最後に5mラインを丁寧に探ると、ノンキーが。。。

やはり、デカい魚はシャローだったと思うんですが、なんともエリアを絞り込めずに大外ししたというわけです。

大会後に、優勝者のキッカーエリアを一流しすると、すぐにキーパー(500gくらい)が。
魚は小さかったけど、すぐに反応があるということは、良いエリアだったということでしょう。

やっぱり水なんだよなぁ。。。

違いの分かる男になりたいです。宮本亜門のように(古い?)

ということで、初戦から背水の陣になってしまいました。

辛い!!!
posted by D.Tanaka at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2017年04月22日

明日はPBT開幕戦

布団に入ってブログ書いてます(笑)

準備も終わって、あとは休むだけ。なぜか股関節と膝が痛いです。明日が卓球の試合じゃなくてよかった。でも、バストーナメントも、立ちっぱなしなのでちょっと心配です。

明日はシーズンの良いスタートを切れるように攻めの釣りで頑張りたいと思います。

クラシックの反省も込めて、丁寧(これをディンニンと読むひとは卓球人)な釣りを心掛けていきたいと思います。

楽しみで眠れないかも(笑)子供か!!

では!
posted by D.Tanaka at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2017年04月09日

激動で撃沈なclassic

今日はPBT CLASSIC VIIIでした。

結果は、一番悔しい2位でした。

IMAG0137.jpg


優勝者はこの人。

IMAG0135.jpg


まあ、憎たらしいお顔(笑)

昨年のclassicでは、私が4位、拓ちゃんが5位。その差70g。そして、今回は825gでした。小野湖の一匹の大きさから考えると、かなり惜しいというところでしたが、敗因は自分にあると理解しているので、なんとも悔しい限りです。

プラから、どんな状況にも対応できるようにと11タックルに絞りました(笑

IMG_20170409_053612_327.jpg


結局、魚をキャッチしたのはエスケープツインのテキサスのみ。でも、私としてのメインパターンはスピナーベイトでした。しかし、これはプラでもキャッチ出来てないのです。願望と現実が。。。

とにかく今日は疲れました。また、明日以降に振り返って書きたいと思います。

今回は釣り以外のイベントもあり、心身ともに疲れてしまっていました。

こんなことではいけませんね。体の疲れが、頭の疲れを生みます。そうならないためにも卓球で体を鍛えたいと思います!←結構マジ。

うん、卓球したい(笑)
posted by D.Tanaka at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2017年03月09日

今日は中学校卒業式でした。

今日は息子の中学校の卒業式でした。

IMAG0017.jpg


私にとっては、息子だけでなく、最後の卓球部の面々と会える最後の日でした。

いろいろと感慨深いものがあります。

全くと言っていいほど、中学校の卓球についてわからないまま、勢いだけで始めてしまった外部コーチ。

17200500_1798244450442619_1603111411_o.jpg


高知のウインタースクールをはじめ、いろんなところで見聞きしたことだけを頼りに、いろいろと伝えてきました。

うまく伝わらなくてヤキモキしたことも多々ありました。

大事な試合で勝ち切れず、責任を痛感したこともありました。


けれど、すべての経験がプラスになりました。少なくとも、私にはなりました。

彼らの糧になったかは分かりませんが、なんらかの繋がりが持てたことはとても嬉しく思います。

IMAG0018.jpg


こんな素敵な色紙まで貰えるんですから、嫌われてはなかったのかな?(笑)



中学校によっては、外部コーチというものを受け入れず、閉鎖的になってしまっているところもあると聞きます。その点では、前の校長先生、顧問の判断に感謝です。とても親切に対応していただきました。

現在の顧問の先生にも大変お世話になりました。練習球を増やしてほしいなどの要望も、素早く対応していただきました。感謝以外の言葉が見つかりません。

私からは部員8人と顧問に記念品を贈らせていただきました。そして、自分も持っています。
苦楽を共にしたみんなで共有できる事があるのは素晴らしいことです。



17203853_1798244363775961_741113399_n.jpg


練習環境の少ない息子にとっても、仲間の存在は大きかったと思います。
親に似て、人間関係の作り方が上手くないので、自分の思った通りに突き進んでしまいます。
そして、いろんな壁に当たることもあると思います。

でも、ぶつかる壁は必ず越えられます。必ず。

IMAG0016.jpg


あとひと月ほどで、次のステージへ進んでいきます。

卓球部のみんなもすべて違う進路になりそうです。

また、何年かして集まるときは、ちょっとだけ声をかけてくれると嬉しいな。

ゆっくりお酒でも・・・いや、どこかで卓球もありですね(笑)

次に彼らと会うときには勝負できるくらいの体力は保っておきたいと思います。

若いっていいですね。明るい未来がまってるぞ!!!




posted by D.Tanaka at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2017年01月25日

今期のスケジュール発表!

やっとスケジュールが決まりました。

遅くなってスイマセン。
他の団体やイベントと兼ね合わないように、ずらすのが一苦労でしたが、何とかなりました。

<招待トーナメント>
PBT CLASSIC VIII 4/9 小野湖
<オープントーナメント>
PBT2017series戦
第一戦 4/23  弥栄湖
第二戦 6/25  小野湖
第三戦 7/9  小野湖
第四戦 8/6  中山湖
第五戦 10/8   弥栄湖
<ペアトーナメント>
GFFO  9/10(予備日9/17) 小野湖


これにlessonに、卓球の試合に、キャストやWJBTなどの試合、それから遠征・・・。

うん、休み足りないわ(笑)

でも、すべて全力投球!

「強欲に生きる」が今年のテーマ。毎年同じようなことを言っている気がするけどw


欲張りだっていいじゃないか。自分に正直に生きよう!

今期もいろんな人と出会い、知り合えたら幸せです。

では!
posted by D.Tanaka at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2016年10月18日

PBT最終戦

ちょっと体調不良。。。なので、手短に。

さて、当日です。パートナーは初ペアの三宅さん。最近はソルトが多いみたいだけど、キャリアは十分。ペア戦は、自分の戦略が理解されないと、釣り以前になかなかかみ合わないことが多いです。もちろん、理解されるように説明はしますが、同じくらいの理解力があれば、そういったところがスムーズにいくのも事実。というところも今回は気が楽でした。

エリアは美和。プラから魚を見つけていたのは、美和入り口のワンド群とトナカイより奥のチャンネル。美和方面に進んだのは3艇だったのですが、そのワンド群には田中/須藤ペアが向かっていきます。なので、自分は奥へ。もう一艇の伊藤/上妻ペアは奥まで進みませんでした。ということで、自分たちは結構好きなようにバッティングすることなく釣りが出来ました。ただ、一般の方がとってもいい場所に入って釣りまくられてましたが(笑)

まずは、トナカイ奥のチャンネルですが、さすがに朝から雨ということで、隣接しているシャローをスピナベでチェック。すると、結構早い段階でファーストフィッシュをキャッチ。しかも、約750g。悪くない。そして、立て続けに450gを。いづれもクリSのオリジナル。いつもはディーパーレンジを使うことが多いのですが、よりゆっくり引きたいのと、よりアピールしたいのでオリジナル。シャローロールもありだと思うんですが、キャストがちょっと難しくなるんですよね。それなりにディスタンスも欲しかったので。

それから・・・リミットが揃いました。三匹目は何で釣ったか覚えてません(汗

最奥にはおかっぱりさんが居てたので、それよりも手前で折り返すも、反応は薄いです。

ガレ場(捨てコンクリ場)で、ライトリグを入れるとバイトがちらほら。そして、ハッスンSFで700gをキャッチ!これで1900gくらい。あとは450gを入れ替えると。

それからミスがあったり、ノンキーだったりで苦戦。。。

もう一度、チャンネルの沈橋に入り、500g越えをキャッチ!しかし、自分の不適切なファイトから、最低なデッドという結果に。。。エア抜きの方法もダメでした。。

ケア虚しく、デッドになってしまったのですが、すぐに450gをキャッチ。これはファイトからケアまで慎重にしましたので、元気でした。

それから、もう一度ガレ場付近に絞り、もう一度条件を洗い出し、「だったら、この場所でしょ!」と投げたエスケープツインで一発バイト!少し小ぶりだったけど600gでウエイトアップ。その後は、入れ替えならない魚をポロポロ。

残り時間も少なくなってきたので、帰りながらテキサス撃ち。ここしかないと岩盤を丁寧に、丁寧に撃つとほぼ真下でバイト!これが700g越えでウエイトアップ!

しかし、この後キャッチはありませんでした。結果、2210gで4位。3位に60g差という僅差で入賞を逃しました。

年間成績には影響ない結果になってしまいましたが、ゲームとしては満足しています。ただ、もっと勝負するタイミングがあったのではないかと思います。


う〜ん・・・なんか、思い出を書いているだけになっちゃった。まあ、自分の記録として残しておきます。

また、機会を見て、そのタックルたちについて書いてみたいと思います。
posted by D.Tanaka at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT