2018年05月11日

2018年05月10日

志向が変わる〜考え方も変わる

歳をとると味覚が変わるというのは本当だと思う。

小さなころに美味しくなかったものが、今は美味しく感じることが多くある。

それは肉体の変化だと思う。良い方にも変わるし、悪い方にも変わる。進化と退化は表裏一体なのだと思う。

体が衰えても、その分頭を使って問題を解決したりと。

卓球もパワーが落ちても、戦術でカバーして、勝ち続けている人もいる。

一方で、釣りは・・・結構無理している多いような気がする。

プロと呼ばれる人は、ちゃんと体を作っているし、なによりもフィールドに立っている時間が比較できないほど長い。それ故に釣り筋(釣りをするための筋肉)は一般の人よりも長けている。

と、考えればプロが薦めるものは、一般目線で見てくれているのであれば良いのだけれど、プロ目線ではちょっとオーバースペックなものになりがちな気もする。ちゃんと配慮してくれているものもありますが。

そんな風に考えてタックルセレクトを見直してみると、釣りがグッと楽になった。

「そういう事か。。。」

また一歩釣りが進化した気分。

でも、これも私の釣りであり、万人に当てはまるものではない。

でも、同じような釣りサイクルや、体格、身長などいろいろと参考になるものがあるのではないかとも思う。


まあ、結構コアな話なので、ここでは掘り下げませんけどね(笑)

この点に関しては、卓球から教えてもらったなぁ。。。やっぱり、異種目をやり込んでみるのも大事です。

そんな理由で、LTT620PMH。違いが分かるロッドです。久々の気持ちよさ。そして、リール、ラインのマッチング。そして、巡り合うビッグフィッシュ。

幸せですな。

では!

posted by D.Tanaka at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2018年05月09日

ちょっと川上ダムに

今日は昼から短時間釣行ということで川上ダムに行ってきました。

この時期は、雨で出来たカレントにワカサギが引っ張られて、インレットが入れ食い!!というのが大本命なので、これは楽勝でしょう!とかる〜く考えていたんですが、なんといってもバイトが遠い。。。

そして激濁り。。。スピナベも見えないレベルです。

でも、インレットに。。。と各インレットを回るも何も起こりません。

なぜ???水を嫌っている??

結局ファーストフィッシュをキャッチするのに2時間も掛かってしまいました。

IMAG0617.jpg


でも、余裕の2kg越えのこのプロポーションで満足です!

ルアーは、勉強中のチャター系です。フラチャット1/2にツインテールリンガーです。トレーラーワームとのバランスも大事な要素ですね。

今回も動画撮っているんで、後日編集してアップしたいと思います。

その後も、エスケープツインでレギュラーサイズを追加。

その後は何も起きませんでした。

思っていたよりも難しいです。


あとは浮きごみが多すぎて巻きにくい。。。なかなか思ったような釣りが出来ませんが、それでも釣れてくれることに感謝です。

最近の川上ってサイズ上がっているような気がする。。。数はどうなんだろう?

湖が大きくないので、ちゃんとパターンにはまると釣りやすいレイクですね。

でも、菅野の方が難易度が高いから攻略し甲斐はありますけどね。ドMな人は菅野ですかね(笑)

中山にも行かなくては。

やりたい釣りが多すぎる〜

では!
posted by D.Tanaka at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2018年05月07日

メンテをしながら

先日の大雨のlesson後に、娘のところへ行っていました。高知です。

まあ、いろいろを高知を堪能してきましたよ。今度は釣りに行きたいですわ。卓球もセットでw

1週間くらい休みないかなぁ。。。

帰ってやっと落ち着いたので、今日は先日のタックルを分解していました。雨水が入っているので乾かさないといけないので。

使い方もあると思うんですが、クロナークはとても水が入っていたんですが、メタニウムはそれほどでもありませんでした。これって造りが違うからかな?入りにくいのか、入っても出やすくなっているのか。

カシータスはまだ分解出来てないのですが、ちょっと心配。

値段の差ってこういうところにもあるのかもしれません。

随分と前にカシータスをべた褒めしていましたが、今はそれ相応だと思うようになりました(笑)当然と言えば、当然だし、値段からすれば十分だとも言えます。思いっきり主力リールですし。

ただ、もう一台追加するかというと、それは無いなと。。。

一番の理由は、やはり品質が均一ではないというか、個体差があるように思います。これは精度の問題なのかもしれませんが、やっぱりリールという機械を扱う上では大事なのではないかと思うようになりました。

特にハンドルノブを交換すると、ノイズとか結構わかるんですよ。なるほどそういう事かと。。。

でも、十分魚釣れます。というか、凄く釣ってますw キャストも決まりますし。

バンタムもあれだけ煽っておいてまだ買ってないし・・・つか、最近クロナークって良いなって思っているし(笑)

昔から使い込むまで時間が掛かるんですよ。一年くらいしっかり使わないと良さってわからないんです。私の場合。そして、その良さって言葉じゃなくて、トータルバランスなので、結果として釣れるタックルだという事に尽きるんです。何かダメなやつって、大事なところでキャストが決まらなかったり、ばらしたりするんで。

その時のマイブームもありますけどね。最近はクロナーク(古い方ですよ、CI4のほう)とLTT620PMHに16lbフロロ(TB CORBON)というのが何よりも良い。

気持ちよいタックルで、気持ちよい釣りがしたい今日この頃です。

では!
posted by D.Tanaka at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2018年05月03日

昨日のlessonは

昨日のlessonは、もう常連様となっているM様です。

過去にもビッグバスをたくさんキャッチされており、正直lessonの必要はないのでは?と思うところですが、シーズンに対することや、タックルなど、こちらも色々とネタを仕入れておりますので、まだ飽きられて無いようで安心です(笑)

今回も、雨パワーを借りて爆釣!と思っていましたが、想定外の大苦戦。

そんな中、ヒントとなる一匹を釣っていただきました。

IMAG0563.jpg


ルアーはエスケープツインのTX。やっぱりそういう事なのねと、巻きの釣りに拘り過ぎないようにして、プリ&ポストのビッグバスが留まるようなエリアを狙うと、ドカーン!とやってくれました。

IMAG0565.jpg


56cm、2550g(ゲスト様が秤を持っておられ計りました。すいません。今度はこちらで用意します。。。)のスーパービッグでした。ちなみにラバージグです。トレーラーは内緒。

そして、この魚からさらに紐解き、私に来ました。

IMAG0574.jpg


54cm、2300gです。(秤借りましたw)

ルアーは最近好調のガンタージグライトとエスケープツイン。

そのエリアはバイトも多発(私が悉くミスして・・・)で、きっちりゲストはキャッチ!

IMAG0577.jpg


やっぱりlesson要らないかも(笑)

他にもポロポロと釣れました。

IMAG0572.jpg


終わってみれば、ジグ、テキサスの魚ばかりで、最後にフラチャットで釣った一匹だけが巻きの釣りとなりました。もしかしたら巻きの良い展開があったのかもしれませんが、これもバスフィッシングです。

いろんな釣りに対応出来るように頑張ります!

最後に激しいバイトで破壊されたエスケープツインです。

IMAG0580.jpg


こんなにかじられちゃって。。。(実際はファイト中にラインで切れたのではないかと思いますが)

ホント、バスってエスケープツインが大好きですね!

posted by D.Tanaka at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | Bassers Lesson

2018年05月02日

雨の菅野lesson

今日はlessonでした。それなりに良かったと思います。

が、疲れすぎてもう無理です。。。寝させて。。。。

雨の中の一日釣りの後の卓球練習は、なかなか体に堪えます。

でも、トレーニングだと思って、いつも全力で動いてます。はい。無駄に動いてますw

lessonの事は明日アップします。

lessonのネタもそれなりに出来てきました。現在、申し込みはありませんので、気軽に連絡してください。こちらで調整いたします。

〜Bassers Lesson〜

基本料金 18000円/一日 (休日) 
     15000円/一日 (平日)  

            
1名でも2名でも同じ料金です。
割引は以下の場合。
高校生以下、女性を含む場合は、1000円/人を割引致します。
実施日の2週間前までにオーダー頂ければ1000円割引させて頂きます。


<講習場所>菅野湖、菊川湖  〇小野湖、弥栄湖 の場合は交通費として別途2000円頂きます。
      

<申し込みの流れ>
@下記のアドレスかフェイスブックにて日程を申し込みしてください。
A日程が確定しましたら、メール及びメッセンジャー、LINEにて打ち合わせ
B現場にて、講習及び実釣となります。


申し込みはフェイスブック及びメールでお願いします。
     申し込み、お問い合わせメールアドレス bassers_lesson〇potberry.jp です。
     (注)〇を@に変えてください。
posted by D.Tanaka at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2018年05月01日

昨日の続き

もう少し掘り下げて考えます。

人は比較対象があって、価値を見出すことが多いです。例えばテストで100点と取っても、全員が100点だったら。。。価値が下がる気がしません?でも、実際は100点なので何も変わりません。

自分の収入があり、それで十分な生活が出来ていれば、何も問題ないはずです。でも、平均年収を気にする人が居ます。それってなんでしょうか。

つまり、それそのものに価値を見出しているのではなく、比較があって価値を確認するという作業をしていることが多いという事です。

「このラーメンは、あの店よりも美味しいわ。」とかね。

“世界で一つだけの花”ではないですが、オンリーワンだという事を、何が何でも大事だというつもりもありません。そんなことを言っていては、そもそも競技という事が成り立ちません。人としての価値はオンリーワンで良いですが、競技の結果はナンバーワンを目指して行くものです。混同して考えてはいけません。

昨日、“理想の自分と比べて精神的に負ける”というようなことを書きました。これは卓球に限ったことではなく、子供や妻、夫などを罵る人も良く使う手段です。

「みんなこうしている」とか「他の旦那さんはみんなそうだよ。」とかとか。。。でも、実際にそんな人がいるのかというと、実はそんな人は実在しておらず、言う側の理想の人が対象になっていたりします。空想の理想の人物がライバルなので、これは絶対に勝ち目はありません。勝てない勝負をさせられているわけですから、これは苦しいものです。

この形を、自分の中で自分の理想と戦わせて、自己嫌悪に陥っていくというのが、試合におけるメンタルの崩壊ではないかと。同じ戦術に拘り続けるとか、自分善がりな理論で変化させていたり。。。相手がだれであっても関係ありません。勝手に自滅していくのですから。相手はほとんどパーしか出さないのに、一生懸命にグーを出し続けるジャンケンのようなものです。勝ち目はありません。

発想の転換が大事なのですが、グーからパーにするかチョキにするかは1/2です。でも、相手を見て判断すればどちらにするかという判断は、もっと良い方向に行くと思います。相手を見て「パーの割合が多いから、チョキの方が勝ちやすいかも。」と仮説を立てられればしめたものです。ただし、ミスなくチョキを出せるかどうかは練習次第です。練習抜きでは語れません。

ここでもう一つ嵌ってしまう事があります。それは「自分はちゃんとチョキが出せるはずなのに・・・。」というもの。実際には練習不足や才能不足(これは書きたくない。いや、認めたくないw)で、チョキが出せないのに、自分は出来ると信じていて精神的に壊れていくものです。出せないと自分で理解すれば、せめてパーを出していて、勝機を伺うのがベターです。

全く卓球をしたことのない人に、YGサーブを出してみて!と言って、ミスをしたとき。その人は、苛立って怒り出すと思いますか?ほとんどの人は「初めてだから出来なくて仕方ない。」と考えると思います。これは“出来ない自分”を認めているからです。つまり、卓球における理想の自分がそこに存在していないのです。しかし、少しばかり卓球をやると、出来ない自分に腹を立てます。出来ている自分がイメージ出来るので。いや、練習では出来ていることが多いのですから。でも、試合と練習では大きな違いがあります。試合において出来るかどうかが大事な事なのですから。

結局のところ謙虚になるということに尽きるのですが、自分の身の程を知るという事が大事だと思います。でも、決して自分を卑下する必要はありません。必ず勝つための方法があると思います。奇跡は起こすものです。その可能性は低くても土俵の上に立っているのであれば、勝つチャンスは必ずあります。言い換えれば、負ける可能性の高い手段を切り捨てることです。そして、腹をくくって(自信をもって)その手段をやることだと思います。迷いは禁物!

そうしていると、今度は相手が「いつもはこれで勝てているのに」とか「この程度は出来るはずだから」と、理想の自分と戦い始めたら、これは勝機です。一番自信のあるプレーをミスし始めたらこっちのペースですね。まあ、こんなに上手くいくことはなかなか無いですが(笑)

自分に起こることは、相手にも起こる可能性があります。自分が緊張するということは、相手も緊張していることでしょう。じっと耐えて勝機を待つことは大事なことです。勝ちを急いではいけません。

思ったままにダラダラと打ち込んでいるので、話がまとまってませんが、まとめながら書くと大体無難なものになるので、見直しなく書きました。殴り書きのメモのようなものです。もしかしたら矛盾もあると思います。でも、アイデアなんてそんなもの。書きながらじっくりと醸していこうと思います。

そして、行動に反映出来れば、とてもすごいことになりそうです。まずは、釣りと卓球で自分に試していきます。今のところ、卓球は好調です(笑)相手を見ることで、勝負どころが分かるようになった気がします。もちろん、市民戦の底辺レベルの話ですよ(笑)

では!
posted by D.Tanaka at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイスケ的心理学

2018年04月30日

自分を知るには

昨日、一昨日と出雲に行っていました。息子の応援です。結果は、団体こそ2位ですが、ダブルス、シングルと本戦出場を逃すという結果になりました。私自身、とても落胆しましたが、落ち着いて考えてみればこれが今の実力です。相手も努力しています。ここからどう這い上がるかが大事な事ですね。一緒になって落ち込んでいても仕方ないので、いろいろと考えてみました。

今回の(今回も)一番の敗因は、いつものプレーが出来てないこと。これの原因は何か。やはり、相手があるスポーツなので、相手に呑まれてしまって、自分を見失うのかなと。だから「自分のゲームを!」とか「落ち着いてしっかり!!」という応援をしてきました。でも、ちょっと腑に落ちない。。。

ふとテレビを見ると、体操で新旧交代というか、内村選手が11連覇を逃すというニュースをしていました。

あれ?相手が居ないスポーツでも自分を見失う事があるのかと。。。そりゃ、緊張しますからね。当然と言えば当然だ。

そこで、ひとつの考えが出てきました。それは、自分を見失うという事は、「いつもの自分と違うと感じること」からかもと。。。でも、考えてみれば体や心のコンディションは常に違うのだから、同じであるはずはない。

「いつもは出来たのに。。。」とか「こんなミスをする自分じゃない」とか、そんな風に見失っていくのではないかと。これは相手を見ているのではなく、自分を見ているから起こるのではないかと思ったのです。

つまり、理想の自分との比較で、現実の自分に失望することからメンタルは崩壊していくのではないかと。

試合において、大事なのは今の状況における自分を認めること。対人競技であれば、相手に対して自分のプレーはどうなのかを知ることではないかと。例えば自分のフォアドライブが全然走らないと感じていても、相手がそれをミスしているのであれば使いべきだし、最高のドライブをカウンターされて苦しくなるなら、へなちょこでバックドライブの方が有利な展開になることも実は多くあることです。

もちろん、試合のレベルはいろいろあるなかでの話であり、すべての状況で当てはまるものではないと思います。

そう考えるなら、選手に対して有効な応援は「相手をよく見て!」かもしれません。

相手を観察し、その有効打を考えることで、相手に合わせたプレーが出来る。つまり、自分は無色であり、相手のカラーに合わせて色を付けると。カメレオンのように。それが、“理想の自分と比べない”ことかもしれないと。。。理想の自分なんて、この世には居ないのですから。

もちろん、どの色にでも出来るというのは、たくさんの練習の上に成り立つのは言うまでもないです。メンタルだけで勝てるほど甘くない世界はあります。

そう考えれば、釣りにおいても同じで、今日は巻く感覚があると思えば、バスの多くは反応しなくても、巻き続ける方が結果が出ることがあります。魚に合わせるのが基本中の基本ですが、私は自分のリズムというのをとても大事にしています。結局のところ、湖中のすべての魚を釣るわけではないので。また、大きな魚ほど気まぐれというか、同じパターンに当てはまらないことが多いようにも思います。まあまあ、コアな話なので、理解しがたいこともあると思いますが、自分のリズムではない釣りをしても、結果としてばらしたり、ラインブレイクしたりしてしまって試合が纏まらないことがあるんです。釣ったからこそ迷ってしまうとか。。。

釣りと卓球をセットで考えるのが、今の自分のテーマなので、どちらも理解できる人じゃないと良くわからないブログになってます(笑)

ということで、これはあくまで仮説なんですが、自分を見失わない為にということを書いてみました。明日には違う事を言っているかもしれません(笑)
でも、自分を客観視するというのは、矛盾を孕んだ言葉だと思うのです。それを可能にするのは他人との比較だと思うのです。他者を見ることで、自分を見失わない・・・というか、自分を知るということ。

結構、よいアイデアだと思うんですが、どうですかね。

では!
posted by D.Tanaka at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイスケ的心理学

2018年04月27日

すがの〜

今日は夜勤明けで菅野。なので、10時で湖上の人です。

ちなみに貸し切りw 人気ないなぁ。。。

んで、小方様と久々の釣行でした。

まあ話がメインになるのは間違いないわけで、とても楽しい釣行となりました。

魚の方は3バイト2フィッシュ。

IMAG0554.jpg


ファーストフィッシュは、最近勉強中のチャターで。

タックルはこちら。

IMAG0555.jpg


私はこのタックルがとても合っているようです。6ft2inという長さは短く感じるかもしれませんが、フッキングまでの動作をコントロール出来るので、結果としてバラシが無くなりました。もちろん、そのためのリールもちょこちょこと細工。そして、ラインも大事です。ラインはフロロ16lb(QUICKSHOT FC)です。

いろいろ試しましたが、いまのところこれがベターです。ベストはまだあると思いますが、探し続けてみます。

もう一匹は、これまたマイブームのガンタージグライト。

IMAG0556.jpg


余裕の50UPでした。

IMAG0560.jpg


ジグに対して、少し苦手意識があったのですが、一気に払拭出来ました。

このジグとチャターは自分の中で一気に消化した感じです。

この春は、本当に発見ばかりで楽しいです。試合の結果はなかなか厳しいものがありますが。

IMAG0558.jpg


シーズンの最後に笑っていられるように楽しんで頑張ります。

今回のファイトシーンはGoproで撮ったので、また編集してアップしたいと思います。

では!
posted by D.Tanaka at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2018年04月24日

GOPRO

やっとGOPRO編集しました。

まだまだ全然ですが、とりあえず形になりました。

もっと素材を集めて頑張ります。

ただ、このブログには容量的にアップ出来ませんでした。

なので、フェイスブックを張り付けておきます。

私のフェイスブックは、基本友人限定にしているので、公開記事しかみれません。

大したこと書いてませんが、是非友人申請してくださいね。

https://www.facebook.com/daisuke.tanaka.712714/videos/1370339546445220/?hc_ref=ARRTVaeG6Vv4NsvDqX8m1iHAr6O6-Xzy5afVytRhGuxek_nS_obWkNy1PhsvxsttXLM

では!
posted by D.Tanaka at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき