2017年05月12日

トレランス

トレランスって知ってますか?

辞書によると、(他に対する)寛容さ。寛大。また、公平さ、許容度。

とあります。

ここでは、この許容度という意味で取り上げます。

自分が、この言葉を知ったのはこのラバーです。


06020_01.jpg

(バラフライHPより拝借)

私もバックに使用しているラバーなんですが、とても気に入ってます。

このラバーの売りは、トレランスの高さ。つまり、微妙なラケット角度やスイングの誤差を補い、安定感を出すという事です。


私が思うに、初級者と上級者の差に、フットワークの差があります。これは、足を使って打つというのではなく、万全の体制がとれる場所まで動ける足という事だと思います。
ワンコースでの練習では、ちゃんと強い球が打てるのに、試合になると・・・(私ですw)という人は、自分の考える形になってないことが多いと思います。なので、どこかで力が抜けてしまったり、変なスイングになってしまったり・・・。そんな時に、少しだけラバーに助けてもらうというのがトレランスの高さだと思います。


と、まあ、ラバーを薦めるブログではないで、本題に行きますが(笑)、私がこのロッドに求めるのはトレランスの高さかもしれません。

SP_buttom_s.jpg


NORIES ハードベイトスペシャルです。

その名の通り、ハードベイトを思いのままに操るためのロッドですが、私が特に感じるのは許容範囲の広さです。

これはハードベイトスペシャルだけではなく、LTTシリーズにも共通するものですが、とにかく投げやすい。これに尽きます。自分が思い描いた場所にルアーを送り込むところからゲームは始まります。

すでにHPでも告知されていますが、新しいハードベイトスペシャルが順次発売されます。

(初回出荷予定)
・HB560L 6月〜
・HB511LL 6月〜
・HB600L 7月〜
・HB600M 8月〜
・HB630LL 7月〜
・HB630L 6月〜
・HB630M 8月〜
・HB640ML 8月〜
・HB660H 8月〜
・HB680L 7月〜
・HB680M 8月〜
・HB680XH 9月〜
・HB710LL 7月〜
・HB760L 7月〜
・HB760M 9月〜
※生産状況によって出荷予定に若干の前後が生じることがございます。
※受注数が初回生産予定数を超えた際は、次回生産時以降の出荷となります。

ということです。

まあ、これもアナウンスする必要もないと思いますが、いつものNORIESです。初回は品薄が予想されます(泣)なので、早めのお店への注文がベストだと思います。

私もフィッシングショーでしか、触っておらず、実際には使えてませんが、とても期待しています。

新しいハードベイトスペシャルで、次の扉が開かれることを祈っております。

では!
posted by D.Tanaka at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年05月10日

大会のない月

5月もあっというまに1/3が過ぎました。

5月は釣り大会がありません。これはW.B.Sの吉田さんの提唱で、全国的に広まっていることなんですが、要はスポーニングの時期に、ライブウエルを使ってバスを移動させないようにしようということです。
目的は言うまでもなく、スポーニングの成功率をあげたいということです。

なので、以前にも書きましたが、ライブウエルに入れないからと言っても、長くボート上に転がしていたり、写真にもたついたりしていては意味がありません。素早くリリースしてあげたいです。バスを守れるのは、バサーしかいないという事を自覚する必要があると思います。

スポーニング事情は、単年ではなく福数年で考えなくてはいけません。山口では、丸山と菅野では子バスがちゃんと育っているように思います。川上は小さいのが少なく大型化しています。その分数は少ないように感じます。と言っても、条件が良ければ1500gオーバーを二ケタ釣れるんですから、とんでもないフィールドだと思います。大事にしていきたいですね。小野湖はどんどん大型化していってましたが、ちょっと落ち着いたかな?という印象。でも、釣れてます。いや、釣れ過ぎ(笑)

結局、山口県のフィールドはとても恵まれていると思います。だからこそ、アングラーが守っていかないといけないという話です。

まあ、ここでウダウダ書いても、出来ている人は、ちゃんと出来ているし、出来てない人は自覚もないだろうし、そもそも、この面倒臭いブログは読まないだろうし(笑)

ということで、5月は大会がないので、大会を意識した釣りじゃなく、本当に楽しめる釣りをしたいと思います。クランク投げたりね。

今年こそはビッグベイトで釣りたいです!←投げろよ!!

釣るというより、出しどころを理解したいです。

"理解する"これに尽きますね。だからこそ、プロセスに拘りたい。

これからも我がままなバサーを目指しますよ!

では。
posted by D.Tanaka at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年05月08日

菅野釣行

今日は休みという事で、菅野に行ってみました。
先行者は1名。

しばらくlessonの予約も入ってないけど(絶賛募集中!)、状況は見ておかないと対応できなくなるのでまずは、ぐるっと回ってみました。

水温は20℃超えています。水は、場所によって違いますが、思っていたよりもクリアです。2.5mダイブのクランクもずっと見えている感じ。

そして、シャローにはネスト。。。

1494249158075.jpg


とある場所のネストには、45cmくらいの雄が居て、その周りに50後半(もしかしたら60?)というクラスの雌がいてました。なかなかの迫力でした。

こういった魚は釣ってもうれしくないので観察だけにしておきます。
その沖目の待機しているバスを狙ってみるも反応なし。

そこで、水深のあるカバー(縦のカバー)を中心に、プリ&ポストを狙いますが反応なし。

それではインレット最奥はどうかと行ってみました。

1494249132225.jpg


インレットに溜まるゴミ下からグッドサイズが釣れました。

1494249147572.jpg


横たわる竹越しだったので、完全に宙ぶらりん状態で抜き上げましたが、T-7 18lbだったので安心でした。

ルアーは安定のエサケープ(笑)いつもいつもで、申し訳ないのですが、釣れるんだから仕方ない。

最近は他社のルアーもちょこちょこ使っているんですよ。でも、結局これが釣れちゃうんですよね〜。


少し粘ってみたけど、やる気のない個体が2匹みえたくらいで、魚は少ないです。

どこに行ったんだろう・・・。


あれこれしていましたが、結局何も見えずに時間も少なくなりました。

ふと、昨日ばらした魚が悔しくなり(笑)昨日のセッティングで残り時間をやりきることにしました。

ただ、ちょっとヒララっぽくない状況だったので、バレットヘッドDDに。

このルアーは、実は結構使ってます。投げやすくて巻きやすくてというスタンダードクランクだと思います。
あまり、クランクを投げ込んでない私でも釣れるんですから間違いないのでしょうw

んで、ファーストフィッシュは・・・ばらしました(泣)

どうやらフッキングは良くないみたい。私はHB630Lはスピナベで使うことが多く、トレブルフックのハードルアーはあまり投げないのです。680Lの方が多いんで。

ということで、次こそはとキープキャストし続けました。

1494249125912.jpg


小さいながらゲット!

さらにゲット!

1494249115120.jpg


30分で3バイト2フィッシュ。チェイスは多数ということで、もしかしたらこの釣りで良かったのか?なんて思いました。40cmクラスのチェイスもありましたしね。

そろそろトップもありかな〜なんて思う菅野ダムでした。

では!

あ、lessonお待ちしております!!
posted by D.Tanaka at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2017年05月07日

夜勤明けの菊川釣行

今日は9時過ぎから菊川湖に浮いてきました。
今日は河口御大のバックシートです。

いろいろ思うところもあり、バックシートからの目線で釣りをしたいという気持ちもありました。また、リールのセッティングが出し切れてないので、操船よりもそういったことをしたいというのもあり。。


IMAG0572.jpg


ということで、河口おんじの背中を見ながら釣行開始です。

水温は全域で20℃を超えており、場所によっては22℃近くあるところも。。。

相変わらずワカサギとオイカワがいたるところで見受けられます。

ファーストフィッシュは、安定のエスケープツイン!

IMAG0575.jpg


苦し紛れに対岸のシェードにロングキャストしたらフォールで食ってきました。
狙いの釣りではなかったけど、狙いの魚。

それからインレットに入りディーパーレンジで鯉(笑)

received_824867904330342.jpeg


自分のボートじゃないので、遠慮して船べりでフックを外してあげました。スピナベの口掛かりはなかなかレアでした。

そして、またまたエスケープツインで。

18301992_825043987646067_4413531355754247482_n (1).jpg


スモークマスタードは良いカラーですね。って、手持ち切れました。。。

さらに・・・

18222568_825044007646065_7636095850475534095_n.jpg


ドドンと1900g超え。もう満足です。

河口さんも魚が触りたいと必死になりますが、ここでの時合いはここまででした(笑

それから小移動して、河口さんに連続ヒット!

IMAG0576.jpg


魚がデカすぎて、フレームに入りません!(嘘)

岬でもナイスフィッシュ!

18301413_825044040979395_4562450531001503567_n.jpg


これはラッテリー(スカッパノン)

それから小さいのを追加して、気分上々になっていたら、B-ヒララディープでグッドサイズをバラシ。。。

これは痛かった。。。

その一匹からヒントを得た河口さんがグッドサイズをキャッチ!

IMAG0577.jpg


良い笑顔です!

ということで、6バイト5フィッシュという結果でした。船中8匹です。

グッドサイズには恵まれましたが、以前の春爆川上というパターンはなかなか再現できないでいます。

これが今の川上かもしれませんね。

明日は菅野に行ってきます。
posted by D.Tanaka at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2017年05月06日

GW最終日

明日はGW最終日ですね。
と言っても、毎年のことながら私にGWなんてものはなく、昨日も、今日も仕事でしたが。
Facebookを見ていると連日のようにビッグバスの釣れ釣れ情報が・・・。今年は冬から春にかけての天候が安定せず、スポーニングが心配されていましたが、結局例年のように今くらいからポストスポーンの魚が釣れ始めているので、予定通りだったのかもしれません。ただ、エリアが変わっていたり、水深が変わっているのか、ネストを多く見ることはないように思います。もっとも、ネストを探すような釣りをしないというのもありますが。

昼中の気温も高くなり、水温も20度を超えるようになってきました。こうなると魚へのダメージが気になります。

釣りをする以上、魚にはダメージを与えるので、どうしろ、こうしろというつもりはありません。極論でいうなら釣りをするなという話になってしまうので。これは、この時期のネスト論とも共通するテーマかもしれません。目視してネストを狙わないでいても、結果として釣ってしまうことがあるのですから。

となれば、なるべく早く水に戻してあげるということが一番なのかと思います。

そうすればネストに戻る可能性も高くなるそうです。そうですと書いたのは、これも私が実際に確認した話ではないからです。そういう風に言われていて、実際にはどうだかわからないのですが、長くキープする場合と、素早く返してあげる場合と、どちらがその可能性が高いのか?という2択で考えているだけです。

水から魚を出してしまうと、えら呼吸が出来ないという事になります。いわゆる酸欠状態です。とある調査では、20分水から出していたバスの生存率は、ほとんど落ちないという結果もあるようです。でも、10分の方が良いだろうし、5分の方がより良いだろうという事はわかると思います。結局のところ、各自が判断するしかないという事でしょう。

ということで、最近の私の考え。

バスって長さや重さよりもその状況に酔える魚だと思っています。そして、それは写真では到底伝えられないこと。ならば、メジャーに横たわる魚が何センチかなんてどうでもよく、もっと言えば全身が映っている必要もないのかと思うようになりました。
自分のスマホのフォルダーを見ると、以前はそんな写真が多くあります。でも、いつ、どこで、どうした魚なのかはデータを見ないと思い出せないくらいに同じ様な写真です。その写真に物語がないのです。

これは魚を対象物とするか、アングラーを対象物とするか、はたまた釣行自体を切り取る写真なのか。求めるもので違ってくる話だと思います。

また、SNSでアップするという事は周り影響するということ。ならばより良い影響を与える方が良いと思うし、そういった影響を受けたいと思うのです。

バスを釣り始めて30年以上経ちますが、いまだに楽しませてくれる貴重な存在です。そんな彼らと、この先少しでも長く楽しめるように、自分なりに考えていきたいと思います。
少なくとも、乾いたデッキやコンクリの上にごろんと寝転ぶ魚は、私には魅力的には思えません。

優しさが伝わる写真が好きです。私もそんな写真を撮りたいと思います。まだまだ勉強中です。
posted by D.Tanaka at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年05月03日

今日は癒され小旅行

今日は、嫁サービスということで広島の大久野島に行く・・・予定でしたが、途中の車の多さで断念しました。

どうにも人混みが苦手なもので。。。

ということで、急きょ予定を変更して、湯の山温泉に行ってみました。

IMAG0559.jpg


とてもノスタルジックな時間が流れていました。

IMAG0568.jpg


無人の新聞販売機(笑)



そして、驚いたことに無料(お気持ちのお賽銭はお願いします)でドクターフィッシュの足湯(といっても水)がありました。

IMAG0564.jpg


人がいないので順番もなく、ゆっくりと魚に癒されていました。ちょっとしたレジャー施設だと結構な値段しますから。

IMAG0567.jpg


しかし、こういった施設が、ある意味放置してあるのは、いかにも日本という感じでとても好きです。


マナーの無い人は絶対に行かないで欲しいです。人気がないくらいが丁度よいのかもしれません。


それから温泉も行ってみました。湯の質は好きですね。シャンプー類もあるし、ドライヤーもあります。350円なのが驚きなくらいです。

そして、その施設の上には湯の山明神社があります。あまりに素敵だったので、写真はやめておきました。拝殿も本殿も、歴史を肌で感じることが出来てとても好きです。山そのものがお社の様です。

森井旅館さんのホームページを張り付けておきます。参考にしてみてください。 森井旅館

IMAG0569.jpg


山歩きも楽しそうでしたが、今日は嫁サービスなのでまたの機会に。あとクマ注意という事で。。。


小腹がすいたので、ほたる茶屋さんで食事しました。 ほたる茶屋さんのフェイスブック

正直、こういった場所での食事はあまり期待してないことが多いのですが、ここは良かったです。美味しい上に、ボリュームもグッドです!そして、値段も手ごろです。また来たいと思うお店でした。

ちなみに、お蕎麦(5割蕎麦です)が1400円/2人前、季節の天ぷらが、700円/1人前です。天ぷらは1人前を二人で食べましたが、十分な食べ応えでした。春の山菜もたくさんで、とても満足です。

本当に癒された温泉でした。


帰りは、あっちに、こっちに、行って結局疲れて帰ってきました(笑)

でも、帰りの山道も個人的にはとても好きな道でした。対向車もないくらいの集落を延々と走りました。

気分もリフレッシュしたので、明日からも頑張ります!

では!
posted by D.Tanaka at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年05月02日

夜勤明けからの菊川釣行

今日は昼から釣行でした。

時間も少なかったので、簡単にテーマを決めていきました。

@下糸を入れたリールはどうなのか。

A魚探の新たな使いかたを試す。

Bインレットのワカサギパターンを楽しむw

と、まあこんな感じで。

@のリールなんですが、案の定ブレーキの設定から変わってしまって、ちょっと時間掛かりましたが、セッティングが出るとすごくよくなりました。ただ、18lbを巻いたリールだけは、スプール径小さくなった分だけ糸癖がひどく感じました。糸巻き量が減った分だけ、こまめに巻き替えるというのがベストですね。

ちなみにこの仕様は、13メタニウムだけやってます。今のMGLスプールでは必要ないと思います。糸巻き量が減る分だけお得かもしれませんが。。。

Aはこちら。

IMAG0558.jpg


サイドスキャンで作った画像を等深線マップに張り付けるというもの。これはなかなか使えますね。ただ、思ったよりも精度がないような気がしました。これも使い込んでみないとね。
それと、この写真をみてもらうとわかるように、ボートの真下は正確には出ないんですよ。なので、狙いたい場所の横20mくらいを流す必要があります。それも真っすぐに。エレキだとこれが大変。自分は振動子をリアに付けているんで、ちょっとヘッドが振れただけで、ブレイクラインが曲がってしまいます。
これも使いこなすしかないですね。

さて、Bですが、これが苦戦(笑)

水温は20度を超えているんですが、魚の食い気が全くない!事実、サイトでナマズを狙ってみてもまるっきりの無視!!!

巻いても巻いても釣れないので、ネコを落としてみると小さなバスが反応しました。(写真なし)
通常ならデカい魚が入ってくる場所なのに、こんなサイズ。ということは、タイミングが間違ってますね。

ということで、さらに移動して、四熊のインレットへ。おかっぱりさんも居てますが、あまり釣れてない感じ。ワカサギもあまり見えないです。
一方で、オイカワを目視することが多い。水温が高くなって一気に水の中が変わったように思います。

そこで、ワカサギパターンから、オイカワパターンへ。

すると、すぐに反応がありました。

IMAG0554.jpg


IMAG0555.jpg


お腹もポンポコリンです。食ったのは水深30cmもないところ。

やっぱり、オイカワ意識の魚かな?と、サイドアプローチすると、またまた反応が。

IMAG0556.jpg


これまたグッドサイズ!

満足です。

このままラッテリーで狙っても良いのですが、よりオイカワパターンを強固にするべく、スピナベやジャークベイトを中心に狙いました。。。

撃沈(笑)

やはり、そう簡単じゃないですね。というか、そういう日かも。

最後に、オイカワが多いバンクでテキサスをコロコロと落としていったら、35cmくらいの雄(?)らしき個体が反応しました。雌のポジションは少し違うんでしょうね。

もうちょっと煮詰めたかったのですが、時間がなくここで終了。

4フィッシュでした。

その後は気分よく卓球しましたとさ。めでたしめでたし(笑)
posted by D.Tanaka at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2017年04月30日

卓球は惨敗。。。

今日は周南市の卓球市民大会でした。

シングルスとダブルスにエントリー!
もちろん、勝てるようなレベルではないので、一つでも多く試合がしたいと思っていたら、ダブルスは一番シードリーグで3試合(1勝2敗)&本戦1試合(3位リーグ初戦負け)、シングルスも二番シードリーグで3試合(2勝1敗)&本戦1戦(2位リーグ初戦負け)ということで、6試合もやりました。

正直、内容は良くなかったんですが、疲れました。ラリーになるようなことも少なく、やはり三球目までが大事だと思いました。もっとしっかりした目標をもって頑張らないとダメですね。

試合がダメダメで討たれているときって、本当に何も考えたくないですね。こんな時に親にグダグダ言われたら、子供だって切れますね。今になって息子の気持ちがわかる42歳です(笑)


さて、卓球の試合が終わったので、今度は釣りです。次、いつ行けるかはわからないですが、最近ちょっと気になったことがあって、今さらながらの作業をしています。

それはリールの下糸です。

IMAG0547.jpg


リールに下糸を巻く理由は、いろいろありますが、おそらく一番はメインの糸巻き量を減らして、スプール総重量を軽くしたいということでしょう。軽くなると慣性が働きにくくなり、ブレーキが細かくかかるようになります。

今までは雑に下糸としてPEラインを巻いていたのですが、今回はきっちりと巻いてみました。

IMAG0548.jpg


そして、シールテープでさらにがっちり。

IMAG0549.jpg


今まではPEラインを普通に巻いて、それにメインラインを結んでいたんですが、今回はこんな風に。

それは、下糸の硬さがリールの感度を左右すると思ったからです。本当は、下糸がない方が感度は上がります。なので、ちょい浅溝のスプールがあると良いのですが。ただ、浅くなると使うラインによってかなりの差が出ます。なので、自分で使うラインに合わせて下糸の量を調節するのがよいのかなと。

以前は、あまり下糸も巻かずに、多めにラインを巻くことが多かったんですが、リール感度のことを考えることから、ちょっと少な目をこまめに交換する方向にしてみます。

これで、都合悪ければまたやり変えです。

トライ&エラーです。

ちなみにリールの調節は、使うロッドによっても変わるので、細かなセッティングが大事だと思っています。

posted by D.Tanaka at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年04月29日

明日は試合

明日は試合です。といっても、卓球。

自分にとって卓球は、今はライフスタイルの一つと言えるし、釣り同様に本気で挑んでいます。なので、卓球繋がりの友人など人脈も多くなりました。嬉しいことです。

自分は「何事にも全力で。」をモットーに考えています。それ故に回らないようになることも多々ありますが。

本気で向き合っていると、いろんなことがわかりますし、いろんな人が助けてくれます。

いい加減な気持ちで向き合っている(逃げているともいう)と、何も分かりませんし、人脈も広がりません。

明日は、初めての人も多く対戦することでしょう。いろんな人と知り合うことができるとうれしいです。


ただ、いろんなところから春バスの釣れ釣れ情報が入ってくるので、それだけが心配(笑)卓球に集中できるのかと。。。

楽しみで仕方ないのですが、頑張って寝ますw

では!
posted by D.Tanaka at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年04月28日

思考を止めない

自分のバス歴ってどれくらいだろう?小4くらいからだから、裕に30年は超える。といっても、ずっと釣り続けているわけではないし、釣行回数も年によっても違う。なので、単純にキャリアが長ければどうだこうだという話は何一つないと思っている。

これだけ長くやっていると、なんの疑いもなく信じていることがたくさんある。理論的に説明できないことも、自分がそう考えたいという理由からか、「そうに違いない。」いや、「そうあって欲しい。」と思って考えることも止めてしまう。

これは自分の成長を止めてしまう一番の原因だと思う。

自然相手の釣りの中では、理解でき無いことがたくさんある。理由付けが出来ないこともたくさんある。それを素直に受け止める頭が必要だと思う。

道具も日々進化している。だから、それを使う動作も変わってくる。

変わらないものは何一つなく、すべてのもの、現象が日々変化している。

なのに、自分だけ変わらないようにするなんて、不自然な事なんだろうな。。。


目の前で起こることを、そのまま受け入れる勇気が欲しい。

すべてのことに通じる進歩のコツかも。

明日は、今日よりも前に進んでいるはずだ。

posted by D.Tanaka at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき