2018年11月18日

やりました!!!

背水の陣で挑んだ最終戦。

デコってもいいからデカい魚だけを狙いました。(って、チビツインとかも入れてますけど。。。)

デカイ魚だけにフォーカスした釣りです。でも、最後の方はちょっと弱気になってリミットとりに行っちゃったけどw

結果は優勝&AOYでした。

E637B424-5438-4B96-9269-F4727A2DBD12.jpeg


2465gのビッグフィッシュをキャッチした時は叫びましたよ。でも絶対にBF賞とったと思いましたけどね。

これはザキヤマ君に2500gでするっとかわされました。三位のGUTSさんところも2130gをキャッチしており、今大会は2kgUPが三匹あがるという恐ろしい大会になりました。

トータルウエイトは、210g差で勝ちました!でも、お互いに2本だったんで紙一重です。三位のGUTSさんとこも2本で3150g。しかもグッドサイズをばらした様で、とっても優しいGUTSさんです。その魚が入っていれば、優勝もAOYもありませんでした。

AOYに至っては、3P差です。

私が4727P。で、村田君が4724P。ウエイトに換算すると30g!!凄いです。こんなシビアな戦いになると思いませんでした。何かが一つ変わっただけで、結果が変わったと思います。

色んなことがあって、とても自然体で挑むことが出来ました。それが最大の勝因だったかもしれません。

6303F12B-E2E5-47E0-BE3C-3BF991253154.jpeg


通算8回目のAOYは今までと違った重さがありました。とても感慨深いです。

釣りについては、後日詳しく書こうと思います。

今は、ただただ疲れました。嬉しいというか、とてもほっとしています。
良い夢がみれそうです。

では!
posted by D.Tanaka at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2018年11月16日

準備

今回ばかりは悩むことなく4kg(もしかしたら5kg)越えを狙わないとAOYは無いと思う。
3kg釣って優勝しても、AOYをとられちゃうという状態。誰だよ、こんなルール作ったのは!(自分)

まあ、最終戦までAOYチャンスがあるというのが複数いるというのはとても盛り上がるんで良いんですけど。しかも、ちゃんと釣ってこないと逆転できませんし。

なので、自分が逃げ切るにもちゃんと釣って来いという話なんで。そういった意味ではイーブンです。


デカい魚だけに絞ってみても、タックルが減らないw
やっぱり10本くらいなっちゃう。。。タックル本数の制限があったら本当に悩んで眠れなくなりそうです。

ちょっとライン巻き替えて寝ます。。

では。
posted by D.Tanaka at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2018年11月15日

やり残したこと

今日は久しぶりに髪を切りに行きました。

「もう11月も半ばですよ。年末の紅白のメンバーも発表されましたね。やり残したことはないですか?」と店員さん。


そうか。命拾いをしたんだから、もっと自分の人生を生きなければ。。。。


もう時間が無いと思えば、大事にしておけばよかったと思う。
もうお金がないと思えば、大事に使えばよかったと思う。

無いと思っていたものが、あった。

だから、大事にしていこう。



まずは週末のPBT最終戦。

今年はA.O.Y争いの加わることが出来ている。ローカルかもしれないけど、本気で楽しんでいる。だから、大事。参加してくれるみんなに感謝。最後までドキドキさせてくれることに感謝。

だから準備も怠らない。もうプラには入ることは出来ないけど、出来る準備はすべてする。

最後の1秒まで本気で釣ってみよう。無駄な動きは全て無くして。

勝っても、負けても、すべてを出し切ったと思える試合にしたいと思う。

ここが自分のフィールドだから。

まだまだ頑張ります。

では!
posted by D.Tanaka at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2018年11月13日

余命宣告

暫くぶりです。ブログを書く気力もありませんでした。

実は、会社の健康診断で再検査という判定が出ていました。若干コレステロールが高めというのもあり、「またいつもの事か。」と思って見てみると、


“膵頭部低エコー域(11mm)”

との表記。。。。

つまり、膵臓の頭にCTで反応が薄いエリアが11mmありますよ。ということ。

それまでに、お腹を壊したり、嘔吐したり、かゆみがあったり、という事もあったので、自分で調べて結構ショックを受けました。

本当にいろいろな事を考えました。妻の事、子供の事、親の事、釣りの事、卓球の事、仕事の事、PBTの事、いろんなことをぐるぐると考えました。

とにかく再検査でMRIをとって結果が出てこないと何も始まらないと思いながらも、ずっと考えていました。

11/7に再検査を受けて、9日に結果を聞くことが出来たのですが、9日〜11日まで息子の応援のために松江に行くことになっていたので、それはどうしても行きたいと思っていました。特にこんな状況でしたから。9日に最悪の結果を告げられても、週明けまで何も出来ないのですから、どうせならしっかりと応援して、いつも通りの生活をしたいと思いました。

応援には、母親と姉も来ていて、息子にも変に心配かけないようにしながら過ごしました。

妻は毎晩のように泣いていました。松江に行くときも、帰るときも。。。本当に心配を掛けました。

膵臓の癌は、自覚症状もないまま進行します。でも、自分は多少の心当たりはあるものの、あまりに元気だったので、癌だとしても絶対に初期だろうと。絶対に直してやる!という気持ちでいました。なので、松江にいる間は、結構受け入れていて、「なるようになる。悪いようにはならない。」と思っていました。というか、自分に言い聞かせていました。

そして、結果を告げられる12日。

待合室での数十分は本当に長く感じました。

部屋に入り、先生の顔を見るのが少し怖かったように思います。
余命宣告をされるのではないかと。

すると開口一番「え〜っと、田中さんね。うん。問題ないですよ。」と。。。。。


「ん??」と戸惑う私。

「え!?」と奇声に近い声をあげる妻。

「膵臓に油があって、それが白く映っていたんですね。黒く映ったポリープだと思っていたところが、本当は正常な膵臓です。なので、問題ないです。」

妻は号泣でした。私は涙は流しませんでしたが、正直、その言葉も信じていいのか?と思っていました。

「まあ、とにかくゆっくり食べてください。もちろん、大食い、アルコールは控えめで。」




こうして文章にすると、本当に心配性だっただけだと思います。でも、半月ほどの生きた心地のしなかった期間は、とても貴重で、自分というものを見つめ直す時間でした。妻は今でも思い出して泣いてしまう事があります。食事もほとんど出来ないくらいでしたから。私は、体力を落とすわけにはいかないと思って、なんとか食べていましたが。


考えてみれば人間は必ず死にます。余命宣告というは、特別なものではなく必ず誰にでもあるということです。言われることもなく亡くなることも多いですが。でも、死は必ず訪れるのです。

どう死ぬかというのは、どう生きるかと同義語だと思っています。

生きているということは、他者とどう関わっていくかという事。

妻に心から感謝しています。本当に心配かけました。ありがとう。

正直、今はあまりにも考え過ぎて、いつもの自分とまでは回復してないかもしれません。時間が空くと、ふと「実際に癌だったらどうだったんだろう。」と考えてしまう事があります。でも、そうであっても、そうでなくても、自分に正直に生きていくしかないんですから。

今回は、神様かご先祖様かわかりませんが、もっとしっかり考えなさいよ。と、時間をいただけたのだと思います。

また、朝になると新しい一日が始まることがとても嬉しく思います。毎日感謝して生きていこうと思います。
posted by D.Tanaka at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2018年11月07日

いろいろ使って学ぶこともある(卓球)

今日は、久しぶりにインナーカーボン使いました。
あ、卓球の話です。

ここずっと、木材7枚に、キョウヒョウ(F)、ラグザ7(B)という組み合わせでやってました。木材の良さが凄くわかってきたんですが、何せ中陣から力が要るということがあり、特にフォアの打ち方が変わってしまう事から、いろいろと試行錯誤の日々が続いていました。

入れるだけなら簡単ですし、むしろチャイラバ(中国ラバー)の方が楽だと思います。←私の感覚です。
でも、振り切れなったら本当にどうしようもない球になって、カウンターくらうことも多く、回転量のある質の高い球を打ち続けれないと難しいと思うようになりました。もっとも、チョリ(表現が難しいんですが、チョコっと回転を掛けた小さなループみないなドライブ)とかは、物凄く効きます。あとカスあたり(芯に当たってない)の時に、凄く変化するんで、勝手に点が取れます(笑)

んで、昨日は練習前に馬龍のトレーニングを見てたので、気分だけ馬龍になっていて、しっかり今日は筋肉痛になりました(笑)普段やり慣れないことはしてはいけませんね。

という事もあって、超久しぶりに、インナーのALCを使ったわけです。ちなみに、ヴェガプロ(F)C-1(B)です。

まあ、なんと楽に飛ぶこと。とっても気持ちよいです。でも、相手も綺麗にカウンター決まると、気持ちよく打ち返されます。卓球って相手の力を利用できるんで、自分の球が走れば、それだけリターンも走っちゃうんですよね。


一応、釣りブログなんで、ここで釣りに変換してみます。(この時点で釣りの人は読んでない可能性高いですが)

木材はグラスロッドです。カーボンは、そのまんまカーボンですが、インナー系は中弾性ですね。んで、アウター系は、高弾性だと思ってもらえれば良いと思います。
ラバーを例えるのが、とても難しいんですが、高弾性はややこしくなるんで外します。んで、テンション系は・・・硬度が低いものはナイロンかな。んで、硬いものはフロロ。でも、小さい技術だと柔らかいのは難しくなったりもするから、一概に言えないんだけど。。チャイラバは、カーボナイロンですね。良いところ取り。


グラス&ナイロンは、とてもクッション性が高く投げやすいわけです。(フッキングなどの話はここでは置いておきます)ただ、アキュラシーに欠ける部分もあり、また風の強い時などにキャストスピードが欲しい時はこれまた難しかったりします。
高弾性カーボン&フロロは、ビシっと直線的に投げ込みやすくなります。でも、とてもセンシティブ。キャストスピードもあるんで、スキッピングなどはしやすかったりします。ただ、ちょっとミスると大バックラッシュで終了という事も。。。

まあ、道具なんで使いこなしてなんぼの話なんですが、こうやって組み合わせで考えることがとても大事なんです。ラケットもラバーも、ロッドもリールもラインも、単体で使う事はないんですから。ここ大事な話ですよ。自分の技量に合わせたトータルバランスが大事なんです。

今日は、インナーカーボンでとてもよい発見と経験が出来ました。次はインナーカーボンに、チャイラバ貼ってみようと思います。ホントはフレアが良いんだけど、ストレートでもそれなりに使えるんで、自分がどっちが合っているのかわからないんですよね。。。器用なのか鈍感なのかわかりませんが。

とにかくいろいろ使ってみるのは楽しいです。こういった卓球の楽しみ方もあるんだなと改めて思いました。
そう考えれば、そうした釣りの楽しみ方もあるわけで。。。。一概に「それは間違っている!」とも言えませんね。成長の楽しい瞬間を奪ってしまう事も無いかなと。。。

ということで、卓球は楽しいというブログでした(笑)
posted by D.Tanaka at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2018年11月05日

夜勤明け釣行

今日は夜勤明けで10時から菊川湖に浮いてみました。

バックシートは久々のO方さん、いや今は、わタナベさん。

本当に久々です。

FBE11AB8-F811-40E6-BCA4-5CC71DAC4600.jpeg


水温は19℃前後。相変わらず高め。

ベイトは居るところにはこれでもかというくらいいます。でも、バスの反応は無です。

本当に難しいですね。

ライトリグをしっかりやったら違うかもしれないけど、自分にはやりきれないなぁ。。。

なんだかんだで、最後の最後にグッドサイズに出会えました。

CA193FDD-5E06-465E-92FD-E06F8A8D74D9.jpeg


この写真(笑)ライン入ってるって!!

27C379BD-6E58-4F70-BA1B-66A4DC0187CE.jpeg


結局、いろいろローテしても最後に頼るのはエスケープツインです。

最近はST6100MHと合わせるのがお気に入り。リールはカシータス。

6116FDAF-1B4C-4F37-86BE-6DF336FEE9A5.jpeg


前日にクリーニングしました。相変わらずグリングリンいいますが、やっぱり使いやすいリールです。もう少し精度があったらこれでいいです。

これからいろいろあるんで、しばらくは釣り休止かな。次は18日の大会当日になりそう。

しっかりと脳内プラをして、準備したいと思います。

ただ今、絶賛参加者募集中です!
posted by D.Tanaka at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2018年11月04日

アルミボートDIY

最近、デッキの上をちょっとだけ綺麗にしています。

心と一緒で綺麗にしておかないといけないと思うようになりました。
整理整頓というわけではないのですが、いろいろ感じるところありまして。。。

んで、考えたのがタックルボックスがデッキ上にあるのは嫌だなと。

便利なんですけどね。でも、すっきりしない。

今までは、ストレージに小さなボックスをガラガラと入れてました。でも、雨が降ると湿気でフックが錆びたりして。。。

何か良い解決方法は無いかなと思っていたところでの、ドカット。たしかにこれは良い!多くの人が使っているし。ただ・・・大きすぎでストレージに入りません!椅子の代わりになるのですが、デカすぎるのもただのゴミ箱になってしまいそうで。。。ということで、タックルベリーに行ってみたところ、手ごろなボックスを見つけました。

バーサスのVS-7070ってやつ。中古で3000円切ってました。お試しで購入。とても良いサイズ感です。ボトムがちょっとデカいのが個人的にマイナスですが、まあまあ何とかなりそう。

ということで、VS-3080と2個並べられるストレージを制作。

EA2DD9BB-646A-432E-992F-02125C98A232.jpeg


家に転がっていた廃材とLアングルで作りました。Lアングルは0.8mmを使用したので簡単に加工できました。手で簡単に曲がってしまうくらいですが、そんなに負荷も掛からないと思うんで。

埋め込んでみるとこんな感じ。

BC79DB5B-F79B-4610-9650-959556489741.jpeg


ボックスを並べるとこんな感じです。

39D24109-0B99-40A3-A2FE-9F710207E226.jpeg


真ん中に、このボックスが2つで、両サイドに適当なボックスが並ぶという形です。

0ECA1C59-14C2-4D47-8AD8-22C86A03C5E7.jpeg


まあまあスッキリ出来ました。

ちなみに・・・よくフックやシンカーはどうやって整理していますか?と聞かれたりするんですが、答えとしては整理なんてしてません。
その日に使うかな?と思うものを袋でバサっと出しておくだけです。あとはタッパーにいれてごちゃっとしてます。シンカーも2個くらい転がしておきます(笑)だって、一日に何個もロストしないですし、フックだって考えてみれば、いろんな種類を何個も使うなんて無いと思いますよ。

ハードルアーにしてもそうです。試合のプラの時は、いろんなものをローテーションするので、ボート上が大変な事になりますが、プライベートでは大体ルアーを決めて回るので、そんなにローテしないです。ロッドを持ち替える程度のローテです。試合に至っては、かなり絞り込んでいるのであれこれ使う事自体がないですから。

ボックスに入れて、ボックスごと錆びしまったという経験を何度もしてきたので、今は片付けない派ですw

お勧めですよ!←出来る人は絶対に片付けた方がいいですw

では!
posted by D.Tanaka at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ボート関係

2018年11月03日

弥栄プラ

ブログさぼってます。いろいろありまして。。。でも、釣りは行ってます。
1日に弥栄に行ってきました。

朝はとっても寒くて車温計で、3℃!!

2E3C0982-20F0-43ED-996E-01499763E5A8.jpeg


ちなみにレンタルボートは11月から8時オープンで17時までとなります。
12月以降は、土日、祭日のみの営業になりますから。お間違えの無いように。。。

冬季の釣りの人気のなさは知っているけど、やっぱり寂しいです。冬季の大会開催するかな。。。


さて、今回はさゆみなさんと釣行でした。本格的にバスフィッシングを初めてまだ2年というさゆみなさん。

今回はlessonではないのですが、lesson並みにダメ出ししました(笑)バス釣り嫌いにならなきゃいいけど。。。

で、結果は、キーパー1本のみです!厳しいです。

9D05CAA1-2FCA-4031-9006-0437B538341D.jpeg


クリエスでの魚は嬉しいですね。気持ちよいバイトでした。

さゆみなさんも最後にキャッチ!

4CC6A760-C326-4FE1-9D3A-A9EB78C745DE.jpeg


ちょっとかわいいサイズでしたが、良かったです。

プラということもあって、かなり偏った釣りになってしまいましたが、得るものもあり、当日頑張りたいと思います。

やはり、釣りをしているときは癒されます。
posted by D.Tanaka at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 弥栄湖

2018年10月27日

盛り上がりの週末

今週末は、Basser All Star Classicが開催されています。

この大会だけはとても楽しみです。何がというとアベマTVでの放送です。この試みは本当に日本のトーナメントが変わったと思います。メジャートーナメントの必須条件ともいえるのではないかと思います。
せめて動画での配信です。でも、アベマTVのように解説まで付けて盛り上げるというのは、やっとバストーナメントがこのレベルまで来たと思えるのです。

もちろん、地上波で取り扱えればそれが最高だとも思うんですが・・・地上波でこの時間をLIVEで行うというのは無理です。もし、良いところだけをカットされて放送されるのであれば、今の形の方が良いと思います。自分としては、良いところに着地したと思うのです。

ただ、4カメラというのは少ないです!せめて8カメは欲しいところ。そして、トップウエイトを叩きだしている選手やエリアを見たいと思うのですよ。なので、途中で船を変えるカメラがあっても良いかもと。まあ、その選手をずっとみたいという人もいると思うのでなかなか難しいところですけどね。

それと・・・どう考えてもこの大会は、日本最高峰と言ってよいと思います。ならば、その結果にもたらされるものは名誉だけではなく、プロとしての金銭も必要だと思います。それがもう一つバスフィッシングを一段上のランクにあげる条件だと思います。もっと多くのプロトーナメントが行われると良いと思います。

アメリカで始まるBPTのように魚をウエイインしないという形も、条件によっては日本に定着すると思います。これからの可能性を大きく含んだ大会だと思います。

ちなみにNORIESチームとしては、田辺さんが暫定4位!伊藤くんが暫定7位!とどちらも優勝を狙えるポジションです。ウエイインの時のコメントでは、どちらも自信ありと読み取りましたがどうでしょうか。

明日も仕事なので、リアルタイムで見ることは出来ませんが、ドックでペンキを塗りながら応援しておこうと思います。


また、Tリーグも続いています。今回は開幕戦の両国国技館ではないです。開幕戦は平日にでしたが5000人を越える盛り上がりだったそうです。しかし、今回の岡山リベッツVS琉球アスティーダでは500人ほど。。。やはり、集客の課題が現実に出てきました。これは釣りと一緒で、いかに競技者以外を呼び込むかということが大事だと思います。

言うなれば、“する”ことより“見る”ことが楽しいと思える演出です。これって、中の人はなかなか気付けないものなんですよね。。。自分も具体的に何が良いのかなんて思いつきません。思いついていたらPBTでやってます。けど、ぼんやりとしたものはあります。

それにはお金も時間も掛かるかも知れません。でも、それを形にしようと思わなければいつまでたっても変わりません。どんなちゃちなものでも作った人は凄いんです!なので、作れなかった人は、作られたものを一所懸命に盛り上げないといけないと思います。自分に出来ることをする。

どの業界も成功するまでは、苦労の連続だと思います。その過程を見れるということはある意味楽しいことです。

なるべく早くに、Tリーグも、オールスターも直に見に行きたいと思っています。

山口にもTリーグのプロチーム出来ないかなぁ。。。
posted by D.Tanaka at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2018年10月24日

Tリーグ開幕!!

今日は記念すべき日です。卓球のプロリーグであるTリーグの開幕です!!!

ついに日本にプロリーグが誕生しました。

残念ながら両国国技館に見に行くことは出来ませんでしたが、TVにて見ることが出来ました。
地上波は放送が無かったんですが、BSテレ東でしっかりと見させていただきました。

いろんな演出もあってとても盛り上がってます。
本当に見に行きたい!!!

世界のTOP選手が日本に来てプレーする日が来るとは。。。まだ中国とドイツの選手は参戦してない(男子)ので、これからの課題でしょうね。ボルが来たら見に行っちゃうかもな。。。

プレーは流石にトップ選手というところで、見どころ満載でした。

面白いと思ったのは、ダブルスを1番に行ったり、3-0で試合の勝ちが決まっても、4番の勝負をするところ(獲得得点に影響があります)や、2-2のフルセット後のセットは6-6からスタートするところ。また、サーブを出すまでの時間も決められていて、よりゲームをスピーディーにするようにしています。

ルールというのはとても大事です。でも、そのルールは何のためにあるのか?と考えれば、より盛り上がるため、そして業界を大きくするというところに繋がります。

何かを変えるという事は、とても勇気がいることです。その結果、面白くなくなったり、魅力が無くなったりします。でも、何かに挑戦するという事はとても大切な事だと思います。

同じルール、システムでやり続ければデータが取れます。データは同じ条件でないと意味がなくなります。でも、時間が流れ、以前のシステムで盛り上がれなくなったら、変えるしかないのです。また、新しいことをするのでれば、チャレンジするしかないのです。

釣り業界(というか釣りトーナメント業界)も、縮小傾向になっているのであれば、変化しなければいけないと思います。

今日の開幕戦を見て、そんなことを感じました。

ルールは何のためにあるのか。

色んな答えがありそうですが、先細りになっているのであれば、それは良いルールと言えないのではないかと思います。

ともあれ、これからの卓球界は楽しみです。盛り上がりますね。いえ、盛り上げなければいけないと思います。
posted by D.Tanaka at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき