2017年12月28日

取材同行

昨日、一昨日と田辺さんの取材同行に行ってきました。

いつも新しいことを見せて頂き、とても刺激になります。

IMAG0224.jpg


今回はBasserの田辺道場です。

来月の発売が楽しみですね!

IMAG0206.jpg


なかなかのグッドフィッシュも!!!チラ見せですw

そして、中日の夜は楽しい食事会。

IMAG0221.jpg


書けない話もたくさんありますが、釣りにフィードバック出来る話もたくさん!(当たり前ですが。。。)

今後のトーナメント、lessonに生かしていきたいと思います。


考えてみれば、片田舎の私が田辺さんと一緒に仕事が出来るというのは、本当に奇跡的な事だと思います。

子供のころには、本当に雲の上の存在でした。人生は本当に面白いと思います。


緊張していたわけではないと思いますが、怒涛の二日間が終わり、今は少し疲れが出ています。

年始もイベント盛りだくさんなので、気を抜かずに頑張って走って行きたいと思います。

【取材の最新記事】
posted by D.Tanaka at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材

2017年12月25日

2017年釣り納め 菅野釣行

いろいろ計算したら、今日が2017年の釣り納めになりそうです。

ということで、自分の好きな釣りをしてきました。

IMAG0197.jpg


多いようで、いつもよりも少なめのタックル達。

水温はまだなんとか12℃をキープです。まだまだ魚は元気です。

ファーストフィッシュはカバーテキサス。

IMAG0198.jpg


45cmには届かないくらいですが、コンディションもグッドです。

カバーの中からグイグイと持っていかれるバイトは病みつきになりますね!

ちなみにこんなカバーです。

IMAG0199.jpg


ゴージャスカバーですね。

ルアーは、エスケープツインです。当然ですね!安心、信頼、絶大!褒める言葉が見つかりません。


さて、テキサス納めは出来たので、次はジャークベイトです。

ひらめきからのエリア変更で、いきなり50UP!!

IMAG0203.jpg


これには痺れました。。。釣り納めにこのクオリティ。。。最高です。

IMAG0205.jpg


ルアーは、TADAMAKI132。カラーはローテしてたけど、結局パールアユオレンジベリー。
パール系好きだなぁと自分でも思います。これも絶大な信頼を置いてます。

もうお腹いっぱいでしたが、最後に帰りがけにガンターオーバル+FGダディで1kgくらいのをキャッチして終了としました。ディープの魚なので、写真はナシで素早くリリースしました。

今年もたくさん楽しませてもらいました。バスに感謝です。

本当にバスフィッシングと出会えてよかったと思います。

さて、落ち着いた年末を・・・とは、いかないんですよね。まだ一仕事あるんで。

さあ、気分を入れかえてがんばっぞ!!

では!
posted by D.Tanaka at 22:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 菅野湖

2017年12月23日

時間を見つけて短時間釣行

昨日の話です。

仕事が早く終わったので、菅野に行っている児玉くんのバックシートを強奪しに行ってみました。下流に居たのに、上流まで呼びつけてね(笑)

時間は2時間ちょっとくらいしかできない。なので、良いと思われるところをランガンしようと思ったんですが、いきなり長距離移動不能になりまして。。。

んで、仕方ないの近場で。お気に入りのエリアに行くと比較的すぐに反応してくれました。

2694.jpg


大きくはないですが、きれいな魚でした。

んで、私は・・・何も起こりませんでした。まあ、釣果よりも楽しい時間を過ごせたので良かったですが。

水温はまだ12℃近くあり、年末年始もしっかり釣れてくれそうです。ただ、デカいのは探していかないといけないですけど。

1月はまだまだlessonの予約空いてます。

魚をキャッチするまでのプロセスをもう一度見直してみたいという方、ぜひお越しください。

キャスト、フッキングなど、基本動作、初期設定はとても大事です。

ミスをするには、それなりの理由があります。

〜1月のlesson日〜

<予約不可日> 4.5日 8日、  

上記以外は、遠慮なくお問い合せ下さい。
posted by D.Tanaka at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2017年12月20日

気が付けば残り11日ですか。。。

年末のネタがないときは、こういったカウントダウンか、一年の思い出を書き綴るのが常套手段です。

しかし、今年もあっという間に終わりますね。

年末までの予定を書いてみても、結構びっちりでした。そして、年始も。

釣り納めも、なんとか行けるかどうか?という感じですし。。。最後はグッドサイズで絞めたいなぁ。


実釣ネタがあまりないので、思い出の話になってしまいますが、今年はとにかく天気に翻弄された一年でした。

PBTは、延期に続く延期。なので、プラもしっかりすることが出来ず、苦戦しまくりました。

これまでもPBTは、プラをしっかりと行ってプランを立てるのではなく、当日の魚を考えて動くという事を第一に釣りをしてきました。でも、今年はそういった準備も出来なかったり、中山湖という新しいフィールドが入ったりと、今まで通りとは行かないことがあって、なかなか本戦でアジャストすることが出来ませんでした。

でも、釣るも、釣らないも実力です。

今年のPBTは、とにかく釣れない大会が多く、総ウエイトでは過去最低だと思います。でも、参加している人は全てイーブンの条件です。

運が全くないとは言いませんが(すべての勝負ごとに運は少なからずあるので)、運だけでどうにかなるものではないと思います。勝負の世界において運で決まるのは、本当に実力が均衡している場合のみだと思っています。

運も実力のうちとは、昔から言います。これが真実かどうか知りませんが、運だからということで片づけるのは好きではないです。チャンスはすべて同等にあると思います。それを掴むのか、逃すのかの違いです。勝負が出来るだけの、土台があるなら、必ずそのチャンスが来ます。それを掴む準備が出来ているかどうか。

ただし、その土台がないなら、もっと努力するだけです。自分の足りなさを運のせいにしてはいけない。


PBTの自分の結果と、息子の卓球を見てきて、いろいろと感じたものがありました。反省し、気付きがあるなら、前に進めます。努力の方法がわかっているから。でも、調子が悪かったとか、運がなかったとかいうのであれば、そこでお終いです。そんなことを言う強い人がいるかもしれません。でも、どこかでしっかり努力しているものです。

今日もいろいろと頭を使ったので、夜はしっかり打ち込んできます(笑)
体の疲れと、頭の疲れは別物です。
posted by D.Tanaka at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年12月18日

人のふり見て我がふり直せ

16、17日と出雲に息子の応援に行ってました。

2538.jpg


16日はちょっと寒いかな?くらいでしたが、その夜から防風&雪という状況。

そして、朝にはこの景色。うん、山陰だよね!って納得。

昔、「野音でやるからには雨くらい降らなきゃ!」みたいなことを言ってたアーティストが居ましたが、せっかく山陰に行ったんだから雪くらい降らなきゃね(笑)晴天の山陰なんて面白くないですよ。

ということで外は寒い日でしたが、体育館内は激熱でした。

2536.jpg


まあ、息子の試合は・・・ちょっと寒くなるような出来だったので、ここでは触れませんが、チームとしては最高に盛り上がりました。

2537.jpg


ただ、インハイと違って、次につながる大会じゃないのがなんとも残念。この先輩たちとの試合もこれが最後だと思うと、とても寂しいです。

ということで、しっかり応援しながらも、どこかで冷静に選手のプレーを見ている自分が居ました。出来るだけ客観的に何が良くて、何が悪いのかを。

もう人に卓球を教えることはないので、自分の為に勉強しています。強い子と弱い子と何が違うのかを。

それを今日の練習でやってみたら、面白いように入りました。

「今日はえらく簡単に打たれるなぁ。」とパートナーが漏らすくらいに。

上手い選手のプレーって、とても簡単そうにするので、全然凄くないように感じてしまいます。でも、実際には相当な練習の上に成り立っているし、その簡単に見えるプレーに支えられて、ファインプレーが生まれます。

ということは、「簡単に打たれる」というのは、出来てきていることかと。ちょっと嬉しくなりましたね。

でも、これが続いて自分の身にならないといけません。釣りも一緒。

たまたま釣れたという事が、狙って釣るに変わらないといけない。

偶然を必然にする作業。とても難しいし、時間も掛かりますが、目標が明確になっていれば、向かっていくことが出来ます。

なんとなく〜ってやっていたら、なんとなく〜な結果しか生まれません。

タイトルですが、この“人の振り見て我が振り直せ”は、反省の意で使われることが多いです。でも、自分を前が前に進むときも同じで、良い例を見て、真似をすることがとても大事だと思います。

今年も残りわずかですが、相変わらず欲張りに生きています。最近、体がちょっとガタついてきているけど、やりたいことが多すぎるので、だましながらやっていこうと思います。

あ〜試合に出たいなぁ。。。

あ〜釣りに行きたいなぁ。。。

寝ている暇がない(笑)
posted by D.Tanaka at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年12月15日

菅野行ってきました。

久々の菅野釣行でした。

夜勤明けでゆっくり行ったんですが、10時まえで気温1℃!でも、風がなかったんでそんなに寒く無かったです。

今日はタックルも絞って、ディープ2タックル、ジャークベイト2タックル、クランク1タックル、ベイトネコ1タックル。

弥栄の反省も込めて、納得いくまでディープをやりましたが、30cmくらいのを1匹のみ。

デカいのはどこにいるんだろう???

水温は13℃まで上がりました。

水位は落ちていってますが、水はクリアアップしているので、ジャークベイト良さそうなんですが、何も出ませんでした。まあ、ひとストレッチしか流してないですけど。

あまりの貧果なので、土砂崩れで新作のサンカクティーサンを使ってみたら釣れました。

25299194_1276312025847973_3747995090915717420_n.jpg


ちょっとかわいいサイズですが、初物なので嬉しいです。弥栄戦の時も使っていたんですが、シンカーは3.5gくらいの方が良いですね。パーツが多いのであまり軽いシンカーだとノーカンジになりますね。

フッキングは悪くないです。ま、一匹しか釣ってないですけど。シャローカバーが残っているうちはいろいろ投げ込んでみようと思います。

posted by D.Tanaka at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2017年12月14日

CDの整理

師走の忙しい日々ですが、ちょっとスイッチが入っちゃって、家じゅうのCDの整理を始めました。

以前は普通にCDを買う生活をしていたのもあって、家中にCDがとっち散らかってます。。。しかも、嫁のも合わせると300くらいはあるんじゃないかと。。。

んで、好きなものだけを外付けのHHDに落として聞いていたんですが、そのデータが、これまたでたらめな入れ方をしていて(私?)、気になって整理したら、半分くらい消えちゃった。。。

ということで、CDがどこにあるのか探していたんですが、こうなったらとことん落としてやろうと。

ということで、夜な夜なCDをいじくり倒してます。

しかし、懐かしいCDが沢山出てきますね。

自分と嫁はの音楽趣味は対極なので、まったく合いません。

例えば、自分は中島みゆき派。嫁はユーミン派。でも、私はさだまさしは好きだけど、嫁は千春を聞きません。。。

今はCDをショップで買う人も少ないのかな?時代は変わりましたね。。。

釣り具店も老舗が閉店になる時代ですからね。。

変われるものは変えていく。変えられないものは受け入れていく。


しかし、自分の音楽趣味は80年代で止まっているな(笑)

昔は〜って言っている時点でじじぃ決定だな。釣りでも「この間は・・・」っていう時は、10年くらいの範囲は含まれているから(笑)

明日は、少しだけ釣りに行ってみよう。気分転換も大事、大事!
posted by D.Tanaka at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年12月13日

大介的防寒対策

以前にもポストしていると思うんですが、今のベストというものをアップしてみます。

まずは頭から。

KNIT_CAP_07_2017_ASH_WHITE.jpg


NORIESのニットキャップです。これは新色。いいですね。

頭は暖かければよいと思います。ただ、私は“つば”が欲しいと思う人なので、このニットキャップは重宝してます。もう少し長い方がいいんですが、ビジュアル的にはこれくらいなんでしょうね。つばがない柔らか素材の場合は、通常のキャップ(メッシュとか)の上に被っていることが多いです。

あとは耳ですね。以前はイヤーマフラーとかいろいろしていましたが、今はフードをかぶっていることが多いです。アウターのフードはあまり好きじゃないんですが、ミドルウエアにダウン素材を着ることが多くなったので、ダウンのフードを被ってます。ダウン素材はとにかく暖かいのと軽いのが良いです。

ということで、ネックウォーマーもダウン素材です。

m_c_1118283_dknv.jpg

(モンベルHPから拝借)

モンベルのものを愛用しています。安いですし。ただ、ボタン式(スナップ?)なので、きっちり止めることが出来ません。やたらと首が細い人はぶかぶかになるかもしれません。

次に手先です。

普段は5本切りタイプ。

glove.jpg


極寒時は5本指タイプ。

CASTING_GLOBE_NS-02_fullfinger_OS_omote.jpg


いずれもNORIESです。とても使い勝手が良いのですが、あまり売ってないのがネックかも。。。手袋はサイズが違うとかなり使い勝手が悪いのでショップで着用してから購入することを薦めます。

5本指タイプの裏技として手術用手袋をつけるというのがあります。

f-folio_mats-07-2306-0001.jpg


こういうタイプで、大体2000円前後で買えます。これを着けておくと、手が濡れないので、ランディング時でも気になりません。まあ、グローグが濡れていれば、冷たいんですけどね。でも、ないよりはマシです。

他には、手首に巻くタイプのカイロもありますが、今はあまり使ってません。山口の冬は、そこまで寒くないので。。。

次に足先。

靴下は、いろんなメーカーから厚手の温かいものが出ているので、あまり気にせずに適当なものを履いています。お金を掛ければそれだけ良いのかもしれませんが、どちらかというと靴そのものにお金を掛けた方が良いです。

1017505_p.jpg

(KEENのHPから拝借)

今はKEENのウインターポートを履いていますが、足首がきっちりしないので、足のサイズをしっかりと合わせた方が良いと思います。私のは少し大きいです。。。横幅が大きめなので、偏平足の人にはお勧めです(笑)

足先カイロは、足が蒸れやすいので嫌いです。。。足先につけるよりは、足首に巻くタイプの方が良いと思います。んが、これも今は使ってないです。。。山口の冬は・・・・・まあ、そうゆう事です。

そして、ボディーウエアですが、直接肌につくインナー系は、暖かいということは大事ですが、肌の弱い私は痒くならないということも大事です。今のところ値段と相談してユニクロのヒートテックで落ち着いてます。汗をかくとあまり良くないのですが、バスフィッシングだとそこまで汗をかかないので、なんとかなってます。オカッパリなどはブレスサーモとか、もう少し高機能なものの方が良いかもしれません。わからないけど。

ミドルウエアは2着。最近はワークマンの裏アルミ長袖ハーフジップというモデルを着ています。特別暖かいとは思いませんが、カイロなしで十分いけているので良いのかなと。その上に、しまむらのライトダウンジャケット。これは上でも書きましたがフード付きがお勧め。モコモコするのが嫌ならフード無しでもよいですが。

ボトムは、これまたワークマンのライジングトレイルタイツを履いています。が・・・ちょっと痒くなるので、chargeheatロングタイツが気になっています。今度買ってみます。

そして、ユニクロの防風系の暖パン。何でもよいと思います。ただ、男性諸君は、前空きは忘れずに。冬はトイレも近くなります。そして、何枚も着こむとなかなか出てこなくなります。そして、間に合わない・・・なんてことも。。。今のところ、私は間に合ってますが、齢もいくといろいろ心配ではありますね。残尿とかね・・・・。もうやめます。

んで、アウターです。これはシマノのそんなに高くないものを着ています。たぶん3年前くらい。随分とくたびれてきましたから。アウターは、お洒落の部分も大いにあるので、好みのものを着ればよいのではないかと思います。雨や雪が絶対にないときは、私はダウンジャケットの厚手のものを着ています。軽い雨くらいだったら撥水するモデルです。ちょっとモコっとしますが、軽いのが一番の理由です。ボトムは、ダウンのものが高いので、中綿の入ったモデルを着ています。これもシマノです。

フルタイムで湖上に出るような人以外は、そんなに高くないモデルを1〜2年で着まわす方が良いのではないかと思います。撥水が落ちるということもありますが、ファスナーや袖回りなど、それなりにくたびれてくるので。丁度良いダウンがあれば、アウターはレインでもよいかなと思います。

あ、そうそうダウンの2枚着という方法もあります。この場合は、中に着る方をダウンベストにします。そうすると、腕まわりはすっきりするので、キャスティング時など支障がないです。暑くなったらどちらかを脱げばよいですし。

それと、着たら暑いけど、脱いだら寒いというときありますよね?そういう時は、ミドルウエアの前を開けるだけでも体温調整が出来ます。アウターはそのままで。
わきの下などにベンチレーションが付いているモデルもありますね。蒸れは水滴になり、体温低下の原因になりますので、こまめな調整が大事です。

今のところ、こんな感じですが、今年の冬はとても寒くなるようなので、また良いものを見つけたら紹介したいと思います。





posted by D.Tanaka at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | NORIES

2017年12月12日

安堵&安堵

大会が終わっても、収支だったり、HPへのアップだったり、来期の計画だったりと、まったくゆっくりできないのですが、今年ほど痺れたシーズンは無かったので、本当に安堵感でいっぱいです。

大会中に釣った1匹。実はプラの時にキャッチ後に死んでしまうという魚をディープからキャッチしており、立ち木エリアであっても、ランディングはゆっくり慎重にすると決めていました。

しかし、やっぱり、バイトがあると抜いちゃいますよね・・・・。ボートにあげてから「しまった!」と思ったので、なんというか、喜びとか、ガッツポーズとか、そいう心境ではありませんでした。

あとは、魚が心配で、心配で・・・。出来るだけエア抜きはしたくない人なんですが、今回は慎重に魚の状態を見極めて、パシュっとしました。

あとは、何度も確認して。。。

やっぱりディープの魚は苦手です。釣るのは嫌いじゃないけど、大会ということになると出来るだけリスクを減らしたいので、シャローで勝負したい方なんです。

今回はディープのウエイトとシャローのウエイト、そして数などを天秤にかけて、シャローを選択しました。

状況としては、シャローの日だったと思うんですが、経験不足なんでしょうか、最後まで目的の魚にはアジャスト出来ませんでした。今年の弱さを物語ってます。

それでも、信頼のテキサスでキャッチできたことは、何よりも嬉しかったです。ショートバイトも多くあったようですが、プラの時にキャッチした魚もバイトはしっかりありました。やはり、自信のある釣りがあるという事は、何よりも強いと思います。魚に合わせていくというのは基本だと思いますが、それをやりきらなくては絶対に結果は付いてこないので。

25152253_2000012156681720_8448899425393117864_n.jpg


今回、プラを通して一度も美和には入りませんでした。美和のディープが釣れているという情報もチラホラ聞こえてきました。でも、入った人がすべて釣っているわけではなかったですし、何よりもテクニカルすぎます。今の自分には到底勝負できないと思っていました。

そして、優勝ペアのコメントを聞いて、「行かなくてよかった〜」って思いました(笑)絶対にあの水深はやらないですから。魚探の水深が15mで設定してありましたし(笑)

湖の中にはたくさんの正解があって、どれを選ぶかはアングラーが決めることが出来るのです。それがバストーナメントの楽しいところ。正解はたくさんある。その中で一番釣ってきた人が、一番のパターンとなるのです。やっぱり、バスフィッシングって奥が深いですね。

もう12月の弥栄はPBTで大会をすることはないと思う(延期の延期のみかな)けど、もし再びチャンスがあるなら、もっとスキルアップしておかないと勝負できないですね。今年の冬はもう少しジャークベイトを勉強しなおします。今回560Lを久しぶりに投げてみたら、とても気持ちよくなってしまいました(笑)

では!

あ、lesson空いてますから〜。待ってます!


posted by D.Tanaka at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年12月10日

PBT2017終了!クラシック権利獲得!!

やっと今シーズンの大会が終わりました。

延期、延期で本当に疲れたシーズンでした。

AOYの可能性はほとんどない状態だったので、今回の目標はクラシック出場権利の獲得。私の場合は年間成績11位までに入ること。

そのためには必ず1匹釣ることが大事でした。

パートナーはあゆちゃまこと住田お嬢様。つか、あゆちゃまなんて呼ぶ人みたことないんだけどね(笑)

blogはこちら。

あゆちゃまの気ままなフリーぶろぐ

25299667_2000009330015336_8640728929631418192_o.jpg


今回のプランはプラから煮詰めてきた立ち木エリアでのジャークベイト。


24019967_864494693724847_896967318_n.jpg


くまちゃんとのプラではワンテンRで。

1888.jpg


ウクレレプラでは、TADAMAKI132で。

数は出ないけどサイズは良かったです。

んで、今日は立ち木エリアでやりきる切ることにしました。

結果は、なんとか一匹を絞り出しました。

25075156_2000010290015240_6359371556114228800_o.jpg


でも、テキサスなんですよね。エスケープツイン。

結局、魚は深かった。。。。雨が降っても魚は浮いてこなかった。いや、数の問題かも。

何しろ厳しかったです。

でも、この一匹で、なんと2位になりました。そして、年間成績も5位に!!

これで来春のクラシックにも出場できることになりました。ヨカッタ!


そして、PBT2017のAOYは、昨年からの参加であり、2年目にしてAOY獲得という離れ業を見せてくれたザッキーこと山崎選手。

2157.jpg


この第五戦もリミットメイクで優勝。マジで強いな。。。おめでとう!


来期は、基本に帰って、一段とキレた攻めが出来るように頑張りたいと思います。

では!
posted by D.Tanaka at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT