2017年06月24日

FGダディのプチチューン

そろそろ各店舗にデリバリーされているらしいFGダディ。


fg_daddy.jpg


近所のお店に行ってきましたが、ありませんでした。。。まあ、品揃えもない店なんで当然ですが。

そんな時はネットショッピングですね。私がいつもお世話になっているハニスポさんをチェックしてみましたが、結構な売れ行きのようですでに欠品も。。。

善は急げですね。

さて、そんなFGダディなんですが、私にとっても第二のマネーベイトとなるべく使い込んでいます。夏後半から秋にかけてのディープでは、プロトで美味しい思いをさせてもらいましたが、春以降は自分のリズムが合わずにイマイチに。。。

でも、前回の釣行からいろいろとセッティングしています。

ひとつ、お勧めなのが身切れを防ぐアイテムです。ボリュームがあるワームですので、縫い差しにしなければ、結構身切れを起こしやすいのは事実。

そこで、スプリングを埋め込んで、ちょんがけするとかなり良いです。

IMAG0722.jpg


私は釣り具用のものを使用しています。

IMAG0721.jpg


が、なかなか無くならないし、ワームがボロボロになったら、外して次のワームに付けれるので、一度買うと相当持ちます。なので、ホームセンターなどでステンレスのスプリングを購入しても良いと思います。

注意点としては、ねじ込むときに自分の指に気を付けることです。案外やってしまいます。そして、思いのほか痛いです。。。

あと、このワームは裏表があります。写真のようにワッフル?腹筋?の方が表です。こちらを上にします。平らな方が下です。どちらでも食うと思いますが、フッキング率向上のための工夫がありますので、この方がグッドだと思います。

スプリングを入れておくと、スキッピングでカバーの奥に滑り込ませても切れないので、本当にお勧めですよ!

posted by D.Tanaka at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?

2017年06月23日

tour series

今回の釣行でちょっと活躍したザグバグ3フック。

しかも、ボーン素材のtour series。

以前のNORIESは、tourseriesという名でボーンのルアーを出していました。

これが結構好きだったんですよ。

br_57t.jpg


今回使ったローカルブラウンというカラーは品番がBR-57Tです。このTがtourのTなんですね。

他にはクランクのover seriesにはボーン素材がありますね。

アッパーカッターにもあると嬉しいなぁ。

実際に、動きの差はあると思うんですが、その使い分けまでは出来ていません。

でも、ボーン素材という言われるのと、tourseriesと言われるのでは、後者の方が格好いいですよね(笑)


あと、久々にHB560Lも使ってみましたが、やっぱり楽しいロッドです。特にトップを使うには最高。ジャークも小さく刻むには良いですね。

久々のロッドワークでしたが、そんなに衰えてませんでした。ただ、今日は体が疲れすぎて大変でしたがw


今度はマイケルでも投げてみるか!トップは楽しいな〜。

では!
posted by D.Tanaka at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | どうよ、これ!?

2017年06月22日

久々菅野

今日は休みで菅野。

と言っても、ガソリンを入れないといけなかったので、スタンドが空く時間まで待機。

「バスですか?」なんて、声をかけてもらうと嬉しくなりますね。

7時半くらいに湖上に浮き、最上流まで見てきました。

クランクで小さな奴(B-SWEET)と、45cmくらい(ハッスンSF)の、疲れているけどお腹は太いという変なバスを釣って、児玉くんと合流。

特にテーマもないけど、何か児玉君にうらやましいと思わせる釣りではめてやろうと思いながら釣りをしました。


バンク沿いがいまいちだったので、沖に狙いを変えると・・・

19416012_1156527827826394_1479604706_n.jpg


余裕の50UP。しかも、バイトミスからの巻き上げフィッシュ。
夏らしいダイラッカフィッシュ。

<使用タックル>
ロッド:LTT690PH
ルアー:ダイラッカ(プレミアムシルバー)

うらやましい・・・。自分がつぶやくことになるとは。。。

それから、同じような場所をローテして、やっと自分にトップフィッシュ。


19427812_1408006702602414_1314450855_n.jpg


さらに追加。

19478003_1408006662602418_1441417098_n.jpg


<使用タックル>
ロッド:HB560L
ライン:クイックショットFN 14lb
ルアー:ザグバグ(ローカルブラウン)

いい感じでサイズもあがり、次は40UPか?と思っていたら、本当に来ました。

19415830_1156527927826384_2043148374_n.jpg


うらやましい・・・・。

<仕様タックル>
ロッド:HB640ML
ルアー:フラチャット

自分は、なぜか釣っても小さい。

そして、アルビノズーナマ。

19427804_1408006625935755_852511536_n.jpg


<使用タックル>
ロッド:LTT680H
ライン:T-7 16lb
ルアー:エスケープツイン(WM)

菅野の主です。

やっと逢えましたね。

嬉しす。

そして、最上流へ行き、私は小さいのをぽろぽろ。

一方、児玉君は・・・

19433490_1156528021159708_1469252773_n.jpg


もう、浦山鹿。

今日は児玉ディーです。

もうお手上げ。

こうなったら夕暮れクランキンだということで、ハードコアクランクXX2.5+を投げまくり。

最後に8フィッシュくらい釣って、トータルスコアでは二ケタ釣りました。満足。

でも、最後にデカイのをミス。いや、魚がミス。食いそこないでした。丸見えでした。

ということで、いっぱいいっぱいまで楽しみました。

今はいろんな釣りが出来ますね。

posted by D.Tanaka at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野湖

2017年06月20日

いろいろあって・・・

しばらくぶりです。

元気です。

釣りにはいけてないですが。


やっと雨が降りましたね。梅雨っぽく感じますが、まだまだ梅雨前線は沖縄付近にいるようなので、本格的な梅雨というわけではなさそうです。

PBTが延期なって、なんとなくトーナメントモードになり切れてないのですが、GFFOも気がつけば三か月を切ってました。

明日から協賛依頼書の作成&送付をしたいと思います。

ちょっと疲れる数日になりそうです。指紋が擦り切れるまで、依頼書を折りたいと思いますw

では!
posted by D.Tanaka at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | PB TOURNAMENT

2017年06月16日

リールいじり

空いた時間を使って、分解バラバラ。

IMAG0691.jpg


メタニウムMGLは優等生なリールですわ。

カシータスは駄目な子みたいで、いじり甲斐があります。

メタニウムMGLは、基本的にいじる必要はないのですが、カシータス同様ウォームシャフトにベアリングを一個足せます。

ちょうどメインギアもグリス切れだったようで、よいメンテになりました。

年に一度は掃除してあげないとダメですね。

あとドラググリスもきれてました。

最近のリールは、昔と違ってグリス多目にしてないのかな?

ばらしてわかることも多いですね。

分解バラバラ(笑)

分解楽しいです。

では!
posted by D.Tanaka at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年06月14日

ちょっと気になる釣り

最近、少し気になる釣りがある。

それはジグストとか言われているもの。

要はラバージグを使って、中層を引いてくるらしい。

昔、ホンガリングとか言われていたものに近い気がする。

シェイクの幅はいろいろあるようだが、スピニングのような細かなシェイクではなく、やや大きめのシェイク及びラインスラッグを大きく弾くような釣り。


足立プロも河口湖で、この手の釣りが好調らしく自慢げにFacebookにアップしてくる(笑)

18922781_1333183330138301_6019055889545133628_o.jpg


河口湖はワーム禁止なのでポークを使用している。


18952601_1333182633471704_7944390042290169474_n.jpg


これが自慢げな顔・・・いや、魚。

そして、満を持してNORIESからはワーム素材のポーク型ワームが発売される。


fg_daddy.jpg


FGダディです。

プロトでは、散々良い思いをさせてもらいました。

スポーニングの時期は、自分が釣りを外してしまって、いまいち活躍させられなかったのですが、ポスト以降はかなりの活躍が期待できます。

ボトムの釣りでは、好釣果でしたが、ジグストをして中層の魚も攻略出来れば、また引き出しが増えそうです。

まだ、やり切れてませんが、ロッドアクションが中心になるのであればストラクチャーシリーズの方が軽くて楽そうな気がします。ST680MHかなぁ。

最近、LTTの汎用性に惚れてSTの出番が少なったんですが、また活躍してもらえそうです。


posted by D.Tanaka at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年06月13日

成長した後に見える景色

最近、とっても卓球が楽しいです。それは、上達したということを実感できているからです。

誰もが上手くなりたくて、練習します。でも、その練習が間違っていたり、遠回りだったりすると、徒労に終わってしまうでしょう。

"百聞は一見に如かず"

まさにこれ。

私の卓球が変わったのは、一人四国合宿でK-TCCに行ってからです。教えてもらったのは主にバックハンドでしたが、考えてみればバックからの展開は多くの場合であり、サーブ、レシーブ後の3球目を攻撃するにしても、繋ぐにしても、バックハンドが不安定だと、ラリーまでいかないのです。いくらフォアラリーの練習をしても、そこまでいかないうちに失点を繰り返してしまうのでは話になりません。

どうすればよいのか?を習うことで、"何が悪かったのか?"も理解することが出来ます。そして、我流故に、そういった打ち方をしていたのだから、我流でやっている人は多くがそんな打ち方になっています。

ということは、以前自分が苦手としていた球を送れば、相手は簡単にミスをします。

つまり、以前の自分を相手にしているようなもの。そうなると、相手の精神状態が壊れるのも手に取るようにわかりますね(笑)大体、ミスをすると素振りをします。でも、その素振りがすでに間違っているわけですから。もう一度、送るとまたミスしてくれます。アッという間に11点です。

こんなに楽に試合がコントロール出来るのかと。。。

出来ればフォアも、サーブも、レシーブも・・・すべて習いたいです!また、いつか高知へ合宿したいと思います。あ〜高知が近い人がうらやましいです。。。食べ物も美味しいしw

バス&卓球という日本初の卓球場ですよ!どちらも興味のある人は是非行ってみてください。



と、卓球の話だけをしたいのではないです(笑)

もちろん、釣りにおいても同じという事です。自分が自覚することもなく、なんとなくやっていることや、いつも失敗してしまうこと。そんなことをlessonで直して、ステップアップしませんか?魚の探し方だけではなく、キャスティングやフッキング、また、タックルセッティングやリールのセッティングまで、どんなことでも対応します。

一歩進んだあとで、振り返ると自分の立っていた場所は小さく見えます。

前に進みたい方募集中です。
posted by D.Tanaka at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年06月11日

菊川釣行

今日は仕事が早く終わったので菊川湖へ。

目的は先日チューンしたカシータスの調子を見に。

天気も曇り気味で暑くないだろうということで、久しぶり(何年振り?)に嫁もついてきました。

まずは、カシータスでいろんなルアーを投げていきます。予定通りに使いやすい。そして、巻きやすい。ベアリングの差は実感できますね。

さくさくっと小さいけどキャッチ。


IMAG0670.jpg


ルアーは、USBC。これの1/2テキサスは最近のお気に入り。

ロッドはLTT680Hをセレクト。ロッドの溜めも効いて、とても投げやすいです。

そうこうしてテストしていたら、後ろが騒がしい。。。

バシッと40UPを釣っておられます。写真はNGということでナシ。

私としては、魚の写真が欲しいので、あなたのことはどうでも・・・(汗

アドラー曰く「あなたの顔に関心があるのはあなただけ。」ですけどね(笑)←こんなこと言ったら殺されます。

ルアーは、ハッスンSFです。ポストのこの時期は、ロングワームが効くというのはあまり知られてないのかも。

世間ではあまり人気がないというロングストレートワーム。出しどころは今でしょ!

それからエリアを変えるとすぐに40後半が・・・嫁に。またまたハッスン・・・。

それから、ボトムにベイトびっしりのエリアで、40後半が・・・嫁です。。。ハッスン!


残り30分に泣きを入れて、ここしかないという場所に移動して、ハッスンを握って一投目。


IMAG0687.jpg


納得の一匹をキャッチできました。こうまで差が出るのならそういう日なんでしょう。

ちなみに、今日はライジャケを忘れて(自分のは嫁に取られた)、久々にイエロー救命胴衣w

ロッドのバットが当たって釣りしにくいこと!やっぱり、釣り用のライジャケは違いますね。レンタルボートで着ない人がいるのも、少し納得。なので、ちゃんと自分のライジャケを買って持っていきましょうね!ライジャケも釣り具のうちですよ。

posted by D.Tanaka at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 菊川湖

2017年06月07日

カシータスその後

相変わらず仕事で釣りに行けてません。まあ、応援やらで連休をとっているので仕方ないですね。

お金がないと仕事は欲しいし、暇がないと釣りにはいけない。なんともわがままな悩みです。

さて、カシータスをベアリングチューンしました。

カシータスは簡単にベアリングを5つ追加することが出来ます。純正ではS A-RB/ボールベアリングが2/2ということで、合計4個です。

シマノの非円形リールだと、アンタレスやメタニウムMGLが10個というこで、5個プラスすれば、カシータスも9個ということですね。

今回追加したベアリングのサイズは、4x7x2.5(内x外x幅)というものです。これは、ハンドルノブのものを同じです。
追加した箇所はハンドルノブ4つとウォームシャフト1個。

ハンドルノブと同サイズということで、使ってないリールのハンドルノブから拝借。

IMAG0663.jpg


純正ではグリスまみれになっているので、取り外して丁寧に拭いて、パーツクリーナーに漬けておきます。その後、もう一度洗浄して、ドライヤーで軽く乾かしてから、オイルを数滴です。オイルはIOS-02PROを使用しました。

純正ハンドルノブの中もグリスまみれ。まずは、プラスチックカラーを取り出します。

IMAG0666.jpg


そして、キッチンペーパーをこよりにして、アバウトに拭きます。それから、カラーの代わりにベアリングを入れておしまい。スペーサーとして座金が入っている場合もあるので、調整しましょう。←自分は適当。。。


次にウォームシャフト。クロスギアとも言いますね。

レベルワインダーを動かすシャフトです。

普通に分解して、ここを取り出します。この白いものがプラスチックカラーです。これをベアリングと交換します。


IMAG0665.jpg


ウォームシャフトは反対側から、Eリングで止まっています。ちょっと細かいパーツなので無くさないようにしましょう。また、変な力を加えると変形もしやすいので注意しましょう。


IMAG0664.jpg



この内部のベアリング等については、普通に分解出来ない人はやめた方が良いと思います。カシータスはボディーもタッピングビスなので、力を調節出来ない人も分解しない方が賢明です。

もっとも、誰でも最初は出来ないものです。壊すつもりで分解するなら、安いモデルがよい。つまり、カシータスはうってつけですね(笑)

それとチューンアップさせるのは、安いモデルほど差が出ると思います。ハイエンドは、その時点で最高のセッティングが施してあるので、最高よりも個性を出すためのチューンとなります。でも、安いモデルは最高を目指すためのチューンの余力が残っているものなので、簡単に良くなったという実感が持てます。

MGLスプールになったことで、スプールを支えるベアリングを交換する必要性は、いまのところ感じてませんが、今回の交換でリーリングフィールは、かなり向上したんじゃないかと思います。

あとは現場で確認ですね。

こういった簡単な分解は、水浸しになった場合や、クラッチが重くなったり、ドラグが滑り出したなど、軽度の故障の場合に、出来ると便利です。

趣味程度ですが、メンテ、チューンに関しても教えますので、遠慮なく連絡してください。

出来ればlessonで聞いてくれると嬉しいです。←予約お待ちしております!

では!


追記 
桐山孝太郎さんのブログによると、バスマスターエリートで優勝したスティーブケネディは20年もののシマノクラドみたい。
当然、現行のリールよりも性能としては劣るはず。でもね・・・それに勝るものがあるということでしょう。
ホント、こんな素敵なアングラーになりたいと思います。
posted by D.Tanaka at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき

2017年06月04日

値段と性能

数日家を空けていました。というのも、息子の応援で島根に居ました。

数日釣りのことは忘れて、しっかり応援してました。のどが枯れるくらいに。息子は実際に枯れてました。
尊敬する先輩のために、そこまで尽くせるのは凄いと思いました。私の高校のころでは考えられない事。熱中できることがあるということはとても幸せな事です。そして、その環境に感謝ですね。


さて、現実に戻ってきて今日は仕事でした。釣りには次いつ行けるのだろうか・・・なんて、考えながらタックルのことを考えていました。

最近のお気に入りのリールがあります。

それはカシータスというリールです。

search_s.jpg

シマノHPより拝借

定価21000円ということで、実売価格は14000円前後というところでしょうか。

私は友人から安価で譲ってもらい使っていたのですが、これがなんというか・・・とても使いやすい。
何かにずば抜けたということではなく、かなり高次元でのバーサタイル性を持っていると思います。

そして、最高ののコスパ!(笑)

某友人は「これはチューンや修理して使うのではなく、悪くなったら買い替える。そんなリールだ。」と、褒めているのか貶しているのかわからないコメントをしていました。

このリールの最大の欠点は、樹脂ボディーということかも。

でも、実際に使っていて「あ、ボディーが歪んだな。」なんて、感じることは自分にはありません。もしかしたら、「以前よりも飛ばなくなくなったかな?」とか「ちょっとメインギアがかみ合わなくなってる?」とか感じている時は、ボディーが歪んでいるのかもしれません。でも、ものが劣化するのは当たり前のことですし、そういったところは案外体の方が調整していると思っているんですが、どうですかね?

というリールですが、細かな仕様等は、自分で調べてください(笑)ほかのブログの方が相当詳しくちゃんと書いてあるので。

私が言いたいのは、数値で比べることよりも、自分のフィーリングに合うということの方が大事なことがあるという事です。なので、すべての人に良いなんて言いません。

ということで、私なりにこのリールをチューンアップして、使い込んでみたいと思います。

もしかしたらメインリールになるのかも?と思うくらい気に入ってます。

ココ数年のなかでは、なかったリールです。

「今さら・・・?」という声もありますが、自分は自分で納得するまで使うとなると、これくらいの時間は掛かります。

ちなみに・・・私はハイギアは必要だと思いますが、エキストラハイギアは・・・。ってくらいの感じです。可もなく不可もなく。釣りにおいてのメリットはありますが、機械的にどうなのか?と考えると・・・。

という事で、ギア比7.2の77cm巻き上げならば十分です。
posted by D.Tanaka at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | つぶやき